スリランカ

学校保健プロジェクト
AMDA Journal 2003年7月号より掲載

−AMDA健康新聞発行−

対象地域:
ハンバントタ地域の4区(ハンバントタ、アンバラントタ、ルヌガムウヘラ、スリヤウェウァ)

対象学校:
生徒数200人以下の公立校20数校。

対象学年:
1年〜4、5年(5歳〜10歳)が直接対象。
上級学年学童も、保健活動を通しての参加。

1.目的
(1)国民意識の形成を目指す
・健康増進の目的のもと、民族意識から国民意識形成
・日本からの和平メッセージ
・敵対する民族からの相互和平メッセージ
(2)北部・南部地域学童の健康状態改善を目指す
・学校保健新聞及び学校保健活動への参加を通して、基礎保健衛生情報を得、正しい健康習慣を身につける。
・学童の健康への教員の責任感を強める。
・正しい衛生施設の使い方を指導し、健康習慣化を促進させる

学校視察(右が樋口看護士)
学校視察(右が樋口看護士)

2.対象
対象学童は、1年から4、5年(5歳〜10歳)とする。対象地域の保健衛生監視員より定期発行の保健新聞を配布、 新聞テーマに関する説明を受ける。 他の上級学童も、学校保健クラブを通した保健活動への参加を通し、プロジェクトの受益者となる。

3.プロジェクト活動、方法
(1)AMDA健康新聞(Healthy Life)の定期発行(月1回)3言語(シンハラ/タミール/英語)表記。対象地域関係機関との懇談に基づき、テーマを決定。配布は対象地域の保健衛生監視員を通して行なう。
(2)対象校での保健クラブの設立、活動
(3)生徒の絵を使用したポスターを作成し、学校関係者、保健関係者に配布
(4)教員への保健教育セミナー開催
(5)教員・保健衛生監視員を対象としたワークショップの開催
(6)学校水衛生施設の補修・設置
(7)絵画展の開催

4.現在までの活動報告
(1)学校訪問・基礎調査(30校訪問)
(2)保健衛生監視員による新聞配布
   22校配布、うち6校同行参加、及び観察・評価
(3)4地区の保健衛生監視員との会合で、アンケート収集・彼らからの報告・意見交換




緊急救援活動

アメリカ

アンゴラ

イラク

インドネシア

ウガンダ

カンボジア

グアテマラ

ケニア

コソボ

ザンビア

ジブチ

スーダン

スリランカ

ネパール

パキスタン

バングラデシュ

フイリピン

ベトナム

ペルー

ボリビア

ホンジュラス

ミャンマー

ルワンダ

ASMP 特集

防災訓練

スタディツアー

国際協力ひろば