ミヤンマー

大きな樹と果実


母と子のプライマリーヘルスケアと
参加型開発による成功モデル
     
AMDA本部職員 藤田 真紀子

    
巡回診療
医療機材の利用法に関するトレーニング

2002年7月に開始された「母と子のプライマリーヘルスケアプロジェクト」が2005年6月に終了した。このプ ロジェクトでは、母子の健康を促進するため、ミャンマー連邦中部乾燥地帯の3地域で、主に保健施設の拡充 、農村住民を対象とした巡回診療、母親や巡回診療の患者を対象とした保健衛生教育、そして5歳未満の幼児 を対象とした栄養給食プログラムの実施を通じ、当該地域における乳幼児と妊産婦の死亡率及び罹患率の減少 に寄与することを目的として活動を行ってきた。また、このプロジェクトでは持続可能な活動を考慮し、地 域保健スタッフや住民と協力しながらより地域性の高い活動を住民主体により実施してきた。住民の主体的 な活動を促進する、いわゆる「参加型開発」というものに焦点を当てたが、ミャンマーという上意下達が国 全体に染み付いている場所で参加型開発を行うということは、ある意味大きなチャレンジであった。しかし 、住民は我々の予想に反して参加型の概念を素早く習得し、行動し、そしてそれが大きな流れとなり、最終 的にプロジェクトは成功を収めることになった。

プロジェクト概要

プロジェクト対象地域はメィティラ県、ニャンウー県、パコク県にまたがり、東西250キロに及ぶ。ミャンマ ー中央部に位置する乾燥地帯は、年間の降水量が500〜600mm程度に過ぎず、乾燥した生活環境により、呼吸 器系疾患や皮膚疾患などを患う人が多い。また、乾燥地であるために飲料水や生活用水が不足しており、不 衛生な水を利用せざるを得ず、多くの人が慢性の下痢や赤痢にかかっている。さらに、乾燥気候に加え、 土地も肥沃ではなく、また栽培可能な農作物が一部の商品作物に限定されているため、食料安全保障(フー ドセキュリティ)は不安定である。貧困家庭(特に母親)の栄養に関する知識が不足していることもあり、 自身や子供達の栄養不足は深刻となっている。当地の住民、特に抵抗力の弱い子供や妊産婦もしくは出産し て間もない母親は、慢性的な栄養不良である⇒抵抗力が低下する⇒病気に罹る ⇒栄養不足である⇒抵抗力が 低下する…といった悪循環から抜け出せず、下痢や発熱などの簡単に治療が可能な病気により、命を落とし てしまうこともある。しかし、治療を受けるためには患者は自村から市の中心地まで数時間かけて病院に行 かなければならず、村に診療所がある場合でも、助産師が常駐していない、医薬品や医療消耗品が不足して いる、あるいは診療所の建物がない、もしくは老朽化しているなどの理由で、保健サービスが十分行き届い ていないことが多い。緊急時の搬送に際しても、通信・搬送手段の選択肢が限定されているために対応でき ず、多くの緊急患者が医療施設に搬送される前に死を迎えざるを得ない。
 母と子のプライマリーヘルスケアプロジェクトでは、このようなミャンマー村落部の厳しい状況を緩和す るため、プライマリーヘルスケアの概念に基づいた住民主体の活動を行ってきた。以下は、本プロジェクト で行った主な活動である。

☆保健医療施設の整備と巡回診療実施

ミャンマーでは村落部の保健医療サービスを強化するため、地域拠点病院、地域保健センター、補助保健 センターが配置され、それらは全ての村を管轄している。しかしながら、保健センターの建物が老朽化し ていたり、医療器材や医薬品が不足していたりすることが多く、地域住民は適切な治療を受けることが困 難な状態にある。そこで、本プロジェクトでは、それらの医療施設の建設、改修及び整備を行い、協働型 巡回診療の実施とコミュニティドラッグポストを設置することにより、住民がより質の高い医療サービス を受けられることを目標とした。協働型巡回診療では地域医療従事者とコミュニティが協力して診療所を 運営し、薬価は購入価格の2〜3割増を患者負担としており、その利益の一部は緊急患者や重症患者の搬送 などに利用されている。また、各村に健康促進基金を設置しており、家族計画のための薬代や衛生環境を 改善するために利用されている。

☆参加型栄養給食プログラムと栄養セミナーの実施

プロジェクト実施地域における栄養不良の子供たちとその母親を対象に、栄養状態を改善することによる疾 病予防と健全な発育の促進を目的とし、住民参加型で提供する参加型栄養給食プログラムを実施した。給食 の準備や給食費の管理など、プログラム自体を母親が主体となって運営し、また、子どもの身長や体重の記 録、健康診断を母親が自ら行うことにより栄養改善に取り組んだ。さらに、母親の栄養管理および保健衛生 知識の向上栄養管理セミナーを定期的に行い、家庭での栄養管理と衛生環境の改善を可能にした。現在、栄 養給食に参加した母親達は「母親グループ」を結成し、子どもの予防接種や保健教育などの保健活動に積極 的に参加している。

家庭訪問による保健教育
☆保健衛生教育の実施

村落部の住民は保健や予防医学に関する知識を得る機会が少ないため、疾病予防のための基礎保健教育は非 常に需要が高い。そのため、巡回診療や給食センター、AMDA診療所に来る患者、事業対象村の住民、特に母 親や女性を対象に、村の助産師や保健師と協力して保健衛生教育を実施した。また、パンフレットや紙芝居 などによる保健教育教材を作成し、劇やロールプレイを行うなど、メッセージを分かり易く伝える工夫を凝 らした保健衛生教育を行った。

☆飲料用の水源の新規開発と衛生教育の実施

中部乾燥地は、ミャンマーの中でもっとも降雨量が少ない地域の一つであり、安全な水の確保が極めて困難 な地域である。特にニャンウー市の水事情は非常に悪く、汚染された水を生活用水に利用したり、清潔にで きないことから皮膚病に感染したりという住民が多かったため、対象2村で井戸掘削、ため池の改修と雨水 タンクの設置を行った。また、衛生教育を住民に対して行なうことにより、下痢や赤痢、その他の水系感染 症予防を行なった。

☆医療保健従事者を対象にセミナー・研修の実施

総合病院の医師、看護師に加え、地域医療従事者に対して医療機材の利用方法、母子保健などに関するセミ ナーや研修を実施した。

数字で見る活動成果

これらの活動の結果、どのような成果があったのか?ここで、本プロジェクトの成果の一部を数字で表して みようと思う。まず、事業を開始した当初は医療施設が機能していない状態であったのに対し、協働型巡回 診療の実施とコミュニティドラッグポストの設置により、地域住民がいつでも医療サービスにアクセスでき るようになった。調査結果によると、住民の約95%が、病気になった際に適切な医療施設で治療を受けるこ とができるようになった。また、栄養給食の実施により、これまで栄養不良であった子供たちの 53%が健 康であると認められるまでの栄養改善を果たした。食事の前に石鹸で手を洗う習慣がある子どもの割合は、 19.2%から54.2%になった 1。子どもが下痢になった際にかかりやすい脱水症を防ぐための補水液(水に砂 糖、塩を一定の割合で混ぜたもの)の作り方を知っている母親の割合は6.2%から53.3%にまで上昇した。 さらに、およそ70〜80%の母親が今ではマラリアや結核、皮膚病や目の感染症の予防方法を知っている。保 健医療に関する研修に参加した医療従事者や保健ボランティアは、まさに約600名にも上る。
 だが、一番大きな成果は、実は数字では表せない。それは、住民自身の変化である。プロジェクトが開始 された当初、対象地域の住民は非常に受け身的で、プロジェクト側からのいわゆる「指示待ち」の状態であ った。それが、プロジェクトが終了する頃には住民組織が自ら活動計画を作成し、行動をするようになった 。そして、2005年6月にプロジェクトは終了したが、住民が運営する協働型巡回診療とコミュニティドラッ グポスト、健康促進委員会、母親グループが活動の中心となって、地域の人々の健康を守ってくれている。 たわわに実った「住民主体の活動」という大きな果実をつけ、持続可能な活動を目指す「参加型開発」とい う大きな樹は、ミャンマー村落部の人々の間に、しっかりと根付いている。

1  2003年の中間評価時に行った調査と2005年の事業終了時に行った調査の結果を比較。

    
料理大会
手洗い



緊急救援活動

アメリカ

アンゴラ

イラク

インドネシア

ウガンダ

カンボジア

グアテマラ

ケニア

コソボ

ザンビア

ジブチ

スーダン

スリランカ

ネパール

パキスタン

バングラデシュ

フイリピン

ベトナム

ペルー

ボリビア

ホンジュラス

ミャンマー

ルワンダ

ASMP 特集

防災訓練

スタディツアー

国際協力ひろば