トップ >ジャーナル
 
AMDA会議南米大陸初上陸
AMDAアメリカ地区会議(於ボリビア)報告
 
AMDAインターナショナル 大林純子

 2006年11月25・26日、1984年から続いてきたAMDAインターナショナルの会議が、初めて太平洋を渡り「AMDAアメリカ地区」会議として南米ボリビアの地で開催されました。開催地となったサンタクルス市は急発展を遂げつつあるボリビア第二の都市であり、ホストを務めるAMDAボリビア支部も所在しています。この会議には、ボリビア支部の周到かつ暖かいアレンジのもと、海外からは菅波代表を筆頭とする本部日本と、ペルー、ホンジュラス、カナダ各支部とブラジルからのゲストが参集しました。

AMDA国際会議の通例どおり、一日目は緊急医療活動及びコミュニティ開発活動に従事するAMDAの人道援助をテーマとしたコンファレンスが行われ、サンタクルス市庁をはじめとする地元代表やボリビア支部の活動を支える当地の医師等大勢が参加して熱気のこもった発表と意見交換が行われました。AMDAボリビア支部の主要構成メンバーが運営するフォイアニニ病院は、当地の優良な医療施設として名高いのですが、AMDAボリビア支部として当国の医療技術向上に長年寄与してきた非営利活動をより広く知ってもらう機会にもなりました。また、地元当局からは、参考になる事例として中南米におけるAMDA各支部の活動について特に強い関心を寄せられ、質疑応答が盛んに行われました。一日目夜の夕食会には、在サンタクルス日本国駐在代表方をお招きし、当地の民族舞踊と食事にもてなされつつ関係者間の交流が深められました。


コンファレンス第一日目


メンバー

翌二日目は、AMDA Internationalアメリカ地区支部会議(北中南アメリカ)として、AMDA支部間のビジネスミーティングを行いました。ここでもテーマの中心はAMDAの活動の二本柱である1)災害時緊急医療救援、2)社会開発プロジェクトですが、ビジネスミーティングでは、これらの活動を推進していくにあたって必要となる、より具体的実践的な討議や検討が行われました。実際、このような重要テーマについて討論するのに限られた時間では足りるはずもなく、予定された時間を延長しつくしてぎりぎりまで会議は続けられました。インターネットの時代は我々に多くのことを可能にしてくれましたし、そのおかげで我々の住む日本とちょうど地球の反対側にあるボリビアの人々と様々な活動をともに展開し、常にメールでやり取りをすることもできるわけですが、それでもなお、こうして一つのテーブルを囲んでお互いの目を見ながら討議するということには換えがたい意味があることを参加者一同が実感していました。
  
 こうして2日間にわたるAMDAアメリカ地区会議で、災害時緊急医療支援と貧困克服をめざす長期的社会開発プロジェクトに関して、熱意ある意見交換がなされたわけですが、これらの議題はAMDAの根源テーマである「幸福を侵害する三要素〜貧困、自然災害、戦争」とAMDAが如何に取組んできたか、また今後取組んでいこうとしているか、という核にあたるものでした。2日間はあまりに短い時間でしたが、超多忙な日々を送る各支部参加者にとってこの時間を捻出するのは実は容易ではありません。


第2日目ビジネスミーティング

だからこそ、この凝縮された時間の中でなされた幾多の意見交換、報告、情報交換、そして確認されたお互いの信頼や友情が、緊急救援という逡巡の余裕も許されないときに差し延べあえる助けの手となり、長期的社会開発活動の場を支えてくれる耐久力になることを、我々も信じたいと思うのです。各支部からの参加者は、4000メートルのアンデスの山々を越えて、ボリビアに到達し、また山々を越えて帰りました。その長い道のりをかけるに価する誠意ある熱い南米ボリビアでの会議であったことをご報告いたします。
 


 

 

 

Copyright (C) 2006 AMDA. All Rights Reserved.