1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

 AMDAジャーナル(html版)

  • 写真で語る「ウクライナ避難者支援」開催(2022/10発行ジャーナル秋号)

    公開日:2022年11月15日
    GPSP 支援局 総務担当 ブルックス 雅美
     
    8月19日から 21日、「写真で語る『ウクライナ避難者支援』」と題し、岡山市生涯学習センターにて写真展を開催しました。

    AMDA は 3 月よりハンガリーを拠点に、ウクライナ国内外へ避難される方々に対し必要な支援を実施してきました。この写真展では、AMDA 本部に届いた活動写真だけでなく、様々な事情を抱え避難してこられた方々、そして国籍を問わず避難者を支える方々から伺ったエピソードも一緒に展示しました。更に、ハンガリー・ベレグスラーニーのヘルプセンターでウクライナの子ども

    • パキスタン洪水被災者支援活動(2022/10発行ジャーナル秋号)

      公開日:2022年11月15日
      GPSP 支援局 総務担当 ブルックス 雅美
       

      バローチスターン州とシンド州を繋ぐ橋が
      流され、交通もストップしている状況

      2022 年 6 月以降、モンスーンによる豪雨や北部山岳地帯の氷河溶解を受け、パキスタン国内では大規模な洪水が多発。パキスタン政府によると、死者数 1,678 人、負傷者数 12,864 人、そして205万軒もの家屋が損壊するなど、深刻な被害となっています(9月 29 日発表)。

      8 月より AMDA は、パキスタン国内の協力団体と連絡を取り、被災状況や支援ニーズなどの情報収集を開始。9 月時点で 3,300万もの人が被災している状況を受け、9 月 20 日に調整員 1 名を現地に派遣しました。

        派遣された池田敬調整員は現地協力団体である NRSP

      • 気仙沼市商店街からの便り(2022/10発行ジャーナル秋号)

        公開日:2022年11月15日
        気仙沼市南町紫神社前商店街 事務局長 AMDA 参与 坂本 正人
         
        コロナが広がりもう 3 年が経ち、また各地で天災や戦争、物価上昇と大変な時代になってストレスを感じる方も多いのではと思います。私たち内湾地区も区画整理が終わりつつあり、観光客などのお客様が多くなろうとした矢先に発生したコロナ感染で、店主たちも悲鳴を上げています。

        近頃コロナの感染者数も減ってきてはいますが、夜の飲食店にはまだまだお客様が戻る気配がありません。そんな中、コロナ以前より商店街の一角で『うたっこライブ』を開催していただいた方

        • 倉敷ビッグアメリカンショップ LABREA 店がチャリティーイベントを開催

          公開日:2022年11月15日
          倉敷ビッグアメリカンショップ LABREA 店 店長 中村 正和
           
          普段は募金箱を設置しているだけなのですが、今回のイベントは、倉敷ビッグアメリカンショップ LABREA 店として、微力ながら社会貢献することができないかと考え、企画しました。『お買い物、体験するコトが誰かのためにつながる』をテーマに協賛していただき、『Seed Corporation』さんによるインポートスニーカーとサンダルのチャリティー価格販売や、『DOMINGO』さんのタイダイ染め体験、『マルゴデリ』さんのフレッシュジュースの販売といった内容で、売り上げの 10 パーセントを寄付

          • ウクライナ避難者支援活動(2022/10発行ジャーナル秋号)

            公開日:2022年11月15日

            • ​ペルーからの JICA 研修員キャサリン・ドゥガルドさん、AMDA にて「日本の災害対応・防災」についての研修報告(2022/10発行ジャーナル秋号)

              公開日:2022年11月15日
              JICA「日系サポーター」日系社会研修事業研修員 キャサリン ドゥガルド(研修期間8月2日〜9月7日)
               

              川崎医科大学附属病院のドクターヘリを見学

              この研修を通じて、災害への備えと対応の重要性は、日本人のDNA にすでに組み込まれていることがわかりました。AMDA は初めて聞く団体でしたが、この組織の頑張りには本当に驚かされました。AMDA の第一の使命とは、命を助ける必要がある場所に向かうことです。

              宗教、政治、距離は関係なく、AMDA は最善を尽くして支援を提供します。AMDA が医療支援だけでなく、国民の心のケアも行っていることを知り、感激しました。 また、西日本豪雨の際には多くのボランティアが高校生であったことを知り、どうすればペルーの若者に防災への関心を持ってもらえるだろうかと考え

              • AMDA 中学高校生会と黒潮町の中学生・高校生との交流事業(2022年9月)(2022/10発行ジャーナル秋号)

                公開日:2022年11月15日
                プロジェクトオフィサー アルチャナ シュレスタ ジョシ
                 
                今年度 6 回目となる高知県黒潮町の中学生ならびに高校生との災害・防災についての交流会を 2022 年 9 月 3日に実施しました。新型コロナウイルス感染対策のため、オンラインで交流会を実施しておりましたが、今回は 3年ぶりに対面での交流会を高知県幡多青少年の家を会場に行いました。交流会には黒潮町の松本町長をはじめ、町職員の方、教育委員会の方、黒潮町立佐賀中学校、黒潮町立大方中学校、高知県立大方高校の 16 名の生徒さん、AMDA 中学高校生会から 11 名とペルーからの JICA研修員 1 名が参加しました。松本町長による挨拶から始まった交流会

                • モンゴル医療技術移転事業(2022/10発行ジャーナル秋号)

                  公開日:2022年11月15日

                  • 2021年度年次報告 事務局便り 連携協力協定調印・国内の動き(2022/7発行)

                    公開日:2022年10月26日

                    • 2021年度年次報告 生活支援 その他(2022/7発行)

                      公開日:2022年10月26日

                       
                       
                      PAGE TOP