1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

インド・ビハール州ブッダガヤ:児童生徒へ教科書と文房具を支援

公開日:2021年10月15日
 
インド担当:岩尾 智子
 

教科書を受け取る生徒

9月からの学校再開に伴い、AMDAと現地関連団体である日本インド友好医療センターは、協力団体エコラス・デ・ラ・テラ福祉団体がビハール州ブッダガヤで運営するサラスワティ・シシュ・ニケタン学校に通う児童、生徒423人に教科書とノートを提供しました。

同福祉団体はビハール州の規定に従い、今年3月から8月まで感染再拡大により一時閉校し、9月から学校を再開しています。通常、教科書代は同福祉団体が50%、児童生徒が50%負担します。しかし、コロナ禍の厳しい経済状況下で多くの家庭で支払いが困難になっていました。

ラジェッシュ事務局長は「例年であれば教科書やノートの費用は学校と児童生徒の親が各々50%負担しています。しかし、今年は失業により費用負担ができない、と多くの親御さんから聞いていました。そこでAMDAに支援をお願いしました。」と経緯を説明、「AMDAとそのチームに感謝しています。私たちにとって、大きな支援をいただきました。」と話しました。

教科書を受け取った女子生徒は涙を浮かべながら「父は失業中ですが、この学校が支援してくれるので学校に通えます。そうでなければ私はどこかで物乞いをしていたかもしれません。(教科書代が払えないため)今年は教科書を手にできると思っていませんでした。本当にありがとう。」と話しました。

2年生に配布した教科書セット

配布の順番を待つ児童生徒

 

    •  インド
    •  2021
    •  新型コロナウイルス

 
 
PAGE TOP