1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

AMDA速報8 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

公開日:2021年03月15日
 

農業技術支援:土壌を整え植え付けを待つ農家の方

2020年11月、2つのハリケーンが中米・ホンジュラスを直撃。延べ466万人以上が被災した。駐日ホンジュラス共和国特命全権大使アレハンドロ・パルマ・セルナ閣下からの支援要請を受け、AMDAは特定非営利活動法人AMDA 社会開発機構(AMDA-MINDS)と合同での支援活動を決定。11月から12月にかけ、AMDA-MINDSの現地スタッフは、新型コロナウイルス対策を徹底しながら協力団体と連携し、被災された方々に食料や物資の配布を行った。

その後も現地協力団体らと協議を重ね、復興支援として、エル・パライソ(El Paraíso)県テウパセンティ(Teupasenti)市サラディーノ(Saladino)地区にある小学校の屋根の改修を決定。2月には同地区保健委員会と保健所、大工らとミーティングを実施し、準備を進めている。

また、同県テクシグア(Taxiguat)市アグア・カリエンテ(Agua Caliente)村では、今回のハリケーンにより、収穫間近であった主要作物がほぼ全滅した。もともと、この村は乾燥地帯のため、作っている作物が少なく、食糧確保が困難な状況であることを受け、被害を受けた農地回復と同時に、乾燥地帯でも多様な作物を栽培できるよう、2月より農業技術指導を実施。現時点で64世帯の農家らが技術指導を受けたいと参加を表明している。参加者は、「災害に強い菜園づくりが食料確保につながること」、「木々を大事にし、作物の多様性を尊重することが重要であること」等の説明を受け、今後6カ月間に渡る作業スケジュールに従い、各世帯で土壌づくりに取りかかった。3月に入り、整地などが完了した世帯から順次、種子や苗木を植え始めるなど、新たな復興支援を開始した。
 

被災後の荒れてしまった畑(12月撮影)

整地に励む農家の方々


【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■三菱UFJ銀行 岡山駅前支店(店番号601) 普通口座 番号0803037 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■トマト銀行 奉還町支店(店番号005) 普通口座 番号1377532 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■クレジットカードでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  https://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  ホンジュラス
    •  2021
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP