1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

新型コロナウイルス感染症の影響に対する支援活動〜AMDAピースクリニックでの緊急食糧支援活動8〜

公開日:2020年10月28日
 

食糧を受け取る妊婦

新型コロナウイルス感染症蔓延により、2度の都市封鎖(ロックダウン)を経験したインド東部ビハール州ブッダガヤ。2014年より母子保健事業を行っているAMDAピースクリニック(APC)では、現地スタッフ3人が中心となり活動をしています。

APCで緊急食糧支援を開始し5か月が経過した今、妊産婦の生活がどのように変化したか、聞き取り調査を実施。結果、妊産婦世帯の内35%は収入源がないこと、職場復帰できた人でも、依然に比べ収入が25%減額になっているという事実がわかり、依然厳しい状況であることからAMDAは今後も食糧支援の継続を決定しました。
 

野菜を計量するバビータ氏

食糧支援の準備をするアニータ氏


毎週火曜日(10月26日はお祭りのためお休み)に食糧を受け取るのは、60件前後の妊産婦世帯と元APCスタッフであるヴェーダ氏の「お年寄りの家」です。最近では、呼びかけをしなくても、配布時間には人が集まるようになりました。妊産婦登録者も毎月増えていて、支援に対する喜びの声もたくさん聞かれます。

========================================
APCスタッフであるバビータ氏が食糧支援に対する反響と現地の状況を語りました。

 
    •  プライマリ・ヘルスケアとヘルスプロモーション(健康支援)
    •  インド
    •  2020
    •  緊急救援・復興支援
    •  AMDAインドピースクリニック
    •  新型コロナウイルス

 
 
PAGE TOP