1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

新型コロナウィルス感染症の影響に対する支援活動〜AMDAアフガニスタン支部の活動〜

公開日:2020年04月22日
 

日本アフガニスタン友好病院(2階)外観

AMDAアフガニスタン支部では、同支部長ラヒミ医師が運営する、アフガニスタンの首都カブールにある「日本アフガニスタン友好病院」に来られる患者さんを中心に、約1か月前から活動を行っています。

カブールを含むアフガニスタンの5大都市がコミュニティ隔離措置を取っており、重症者以外は医療機関への外出を禁止しています。1日平均100から150人の患者が訪れる日本アフガニスタン友好病院の患者数も60人から70人に半減しています。新型コロナウィルス感染症疑いの患者36人を最寄りの政府系病院に紹介しましたが、いずれも陰性でした。

 

マスクなどを手渡す病院スタッフ

新型コロナウィルス感染症対策について話す
病院スタッフ


病院では、普段150から200アフガニ(約250から300円)の診察代がかかります。しかし、この期間は特別に、支払いが難しい患者には無料で診察し、市場で高騰しているマスク、石鹸、手袋を渡しています。同時に、アフガニスタン公衆衛生省より発行されているCOVID19対策の紙を病院に来る患者に渡したり、家庭でできるCOVID19に対する対策を病院スタッフより伝えるようにしています。
 

 

AMDAアフガニスタン支部長ラヒミ医師

ラヒミ支部長は、「AMDAの理念である相互扶助を実行している。必要としている人がいるなら、助けたい、援助の手を差し伸べたい、という気持ちで活動している。人の命は大切。このような時だからこそ支援するべきだと思った。」と活動への想いを話しました。

ラヒミ支部長によると、アフガニスタンでも、COVID19が784人報告されており死者は25人だということです(4月16日時点)。
 

配布しているアフガニスタン公衆衛生省資料の一部

    •  アフガニスタン
    •  2020
    •  緊急救援・復興支援
    •  新型コロナウイルス

 
 
PAGE TOP