1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

宮城県気仙沼市 南町紫神社前商店街2月イベント活動報告

公開日:2020年03月17日
 
復興グルメF-1大会運営事務局 佐々木 由希絵
 

《バレンタインデーLIVE》

2月9日(日) にcadoccoにてバレンタインデーLIVEが行われました。総勢7組のアーティスト達によるライブ。千葉県市川市出身のシンガーソングライターである「きしのりこ」さんをはじめ、東京から月1回アカペラ教室を開きに来てくれているアカペラサークル「AWS」さん、また、地元の音楽バンド「ケンタック―」「フレンズ・オブ・ブルースカイ」「気仙沼カーペンターズ」「ウクレレたんぽぽ」「フラワー☆スカイ」の方々が参加して下さいました。

大勢のお客様に来て頂き、楽しい時間を共有することが出来ました。「外は寒くても心はポカポカ。とても楽しく過ごさせて頂きました!」と笑顔で帰っていかれたお客様。また、LIVEイベントを企画したいと思います!

 

《ポリパン教室》

2月11日(火)13:30〜16:00、梶晶子先生を講師にお招きし、cadoccoでポリパン教室を開催しました。「ポリパン」とは、ポリ袋で捏ねた生地をフライパンで焼く、手軽で簡単、革新的なパン作りです。メディアでも大人気でNHKのあさイチ、ごごナマ、サタプラ、news every等、朝日、読売、日経、雑誌、ネットなどで取り上げられています。

今回のメニューはリンゴを使った「タルト・タタン風パンケーキ」。ご年配の方から親子連れまで18組の参加者が集まりました。中には市外からわざわざ来て下さった方もいました。ユーモアを交えた梶先生のお話に会場は終始和やかな雰囲気でした。

「パンケーキの焼き上がりに、皆さんの『お〜っ!』という歓声や、リンゴの甘酸っぱい香り、とても幸せな気持ちになりました」と話してくれたのはアシスタントをして下さった方。親子連れの参加者さんは「パン作り初めてという方が結構いらして安心しました。子供もできる工程が多く『自分で作った!』という自信に満ちていました」と笑いながら話してくれました。


 

気仙沼市南町紫神社前商店街事務局・AMDA参与 坂本 正人

2月は、観光客も減り、寒い中でのイベントになるので、商店街の集会室のcadoccoでLIVEとワークショップを行いました。

新しい商店街で一度開きたかったポリパン教室も開催することが出来ました。「ポリ袋とフライパンでパンを作ろう」というポリパンの活動を東京でしている梶先生を講師にお呼びしました。梶さんは、震災当初より東北の被災地に足を運び、ポリパンの普及に取り組んでいて、AMDAと共に大槌でも教室を開いてくれた方で、参加してくれた人達もとても喜んでくれていました。これからも、このようなワークショップを開催していこうと思っております。
 
    •  日本
    •  2020
    •  緊急救援・復興支援
    •  東日本大震災
    •  復興グルメF-1大会

 
 
PAGE TOP