1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

AMDA速報8 フィリピン・ミンダナオ島地震被災者緊急支援活動

公開日:2019年11月25日
 

11月22日、AMDA及びAMDAフィリピン支部はミンダナオ島地震*で10万人以上が被災したコタバト(Cotabato)州マキララ(Makilala)で被災者を対象に医療支援活動を実施した。

今回の活動には、AMDAフィリピン支部のほか、地元のタグム医科大学 (Tagum Doctors College) 及び病院 (Tagum Doctors Hospital) などからも医師や看護師、薬剤師、ボランティア含む60人以上が参加。活動当日、参加者は早朝から車で2時間かけマキララに入り、4つの地区5つの会場に分かれ医師による診療活動などを実施した。この日、診察を行った人数は合計628人、上気道感染症が最も多く見られた。
 
尚、今回活動した地区はどの地区も食料は足りていた。しかしながら、家屋などの被害は甚大であり、家はかろうじて建ってはいるものの、余震が続いていつ崩れるかわからないため、住人は避難所でテント生活を送っている。学校の校舎についても、もう教室で授業を行うことができない状態。そのため、竹とブルーシートで作られた屋根の下に机といすを置き、子どもたちは勉強をしていた。今後、元の生活に戻るには家や建物の新築などかなりの時間を要すると思われる。 



この日で同島での支援活動は終了、翌日以下AMDA調整員は無事日本に戻った。しかしながら、AMDAはフィリピン支部と今後も現地の状況など注視していく。

【AMDA派遣者】 *敬称略
真治 スサン(しんじ すさん)調整員 / 岡山倉敷フィリピーノサークル / 41歳 / 岡山県総社市在住
 

*フィリピン・ミンダナオ島地震: 10月中旬より地震が頻発し、10月29日にはマグニチュード(M)6.6及び2日後のM6.5を記録した。これらの地震による被害は、死者数23人、563人が負傷し、11人が行方不明。32万近くの人が被災し、18万人以上が避難生活を余儀なくされている(11月24日、フィリピン国家災害リスク削減管理委員会(NDRRMC)発表)。
 

【最近のフィリピンにおけるAMDAの活動】
台風22号・セブ島地すべり支援(’18)、マヨン山噴火支援(’18)、台風26号・27号緊急支援(’17)、ミンダナオ島難民支援 (’17)、レイテ島地震医療支援 (’17)、ルソン島台風26号緊急支援 (’17)、サマール島台風27号緊急支援 (’15)、台風24号緊急医療・物資支援 (’15)、ミンダナオ島洪水緊急医療支援 (’14)、台風30号緊急医療・物資支援及び復興支援 (‘13〜14)他多数
 

【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■クレジットカード、PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。


【お問い合わせ】
特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  https://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  フィリピン
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP