1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

AMDA速報12 令和元年台風19号被災者緊急支援活動

公開日:2019年10月29日
 

AMDAが宮城県伊具郡丸森町及び長野市に入り被災者支援活動を開始後約2週間が経過したが、両自治体ではいまだ通常の生活に戻るにはかなりの時間を要する。丸森町では多くの被災者の方々が避難所生活を余儀なくされており、長野市でも被災した医療機関が未だに診療を再開できていない状況である。AMDAは、10月29日も同2カ所において支援活動を行っている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▶1.宮城県チームからの活動の報告  活動場所:丸森小学校避難所(宮城県伊具郡丸森町)
▶2.長野県チームからの活動の報告  活動場所:賛育会(長野県長野市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1.宮城県チームからの活動の報告 活動場所:丸森小学校避難所(宮城県伊具郡丸森町)
本日29日現在、50人が丸森小学校にて避難生活を送っている。避難者の多くは運動不足解消のため、支援者の援助のもと、散歩や体操を実施している。また、清掃の時間になると避難者が集まり、避難所の清掃を実施、断水が続いているにも関わらず、現在では避難所のトイレなど清潔に保たれている。
AMDAは23日より連日午前9時から午後8時まで鍼灸活動を実施(ただし、本日29日は午後5時まで)。鍼灸治療を受けた方々の多くが、避難生活の長期化により肩こりや腰痛が悪化している。例えば小さい子どもがいる女性は今回の災害で子どもを抱っこする機会が増え、肩こりがひどくなったが、治療後は楽になったと喜ばれた。また、避難所の運営会議に毎回参加し、避難所で町職員らと避難者の橋渡し役を担われている民生委員の方も治療を受けるなど、「支える人を支える活動」も同時に実施している。29日までに延べ110人の避難者らが治療を受けている。
尚、このチームの活動については、復興支援センターMIRAI様のご協力をいただいている。
 

■26日~29日AMDA派遣者 *敬称略 派遣順
岩尾 智子(いわお ともこ)調整員・看護師(米国資格) / AMDA職員 / 35歳 / 徳島市在住
山田 章博(やまだ あきひろ)調整員 / 赤磐市職員(AMDA本部に出向中) / 45歳 / 岡山市在住
今井 賢治(いまい けんじ)鍼灸師 / AMDA災害鍼灸ネットワーク代表世話人・
帝京平成大学/ 54歳 / 東京都在住 (26日まで)
篠原 大侑(しのはら だいゆう)鍼灸師 / 帝京平成大学 / 23歳 / 横浜市在住 (26日まで)
平野 篤(ひらの あつし)鍼灸師 / 宮城県鍼灸マッサージ師会 / 42歳 / 宮城県大崎市在住 (26日のみ)
平井 顯徳(ひらい あきのり)鍼灸師/ 東京医療専門学校/ 43歳/ 埼玉県鶴ヶ島市在住 (26日、27日のみ)
吉田 保(よしだ たもつ)鍼灸師 / 宮城県鍼灸師会 / 64歳 / 宮城県石巻市在住 (27日、28日のみ)
堀田 三千春(ほった みちはる)鍼灸師/ 宮城県鍼灸マッサージ師会/ 52歳/宮城県松島町在住 (27日のみ)
林 篤志(はやし あつし)鍼灸師/ AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー・
軒岐会/ 29歳/岡山県倉敷市在住 (28日、29日のみ)
庄子 昌利(しょうじ まさとし)鍼灸師 / 全日本鍼灸学会 / 51歳 / 宮城県仙台市在住(29日から)


2. 長野県チームからの活動の報告  活動場所:賛育会(長野県長野市)
浸水被害を受けた長野市豊野地域では、民家だけでなく、複数の医療機関も被災している。AMDAは、1日でも早い地域医療の復興を目指し、1階が被災し診察が出来ない状態となっている賛育会クリニックにて、保険診療を再開する為のサポートを行っている。現在、下水処理の復旧に時間がかかっており、診療再開に不可欠な水が使えないことなどが課題として上がっている中で、どのように再開が出来るか検討をしている。
再開に向け、仮設診療スペースの確認、受付・待合などの患者受け入れの流れを確認するなど、具体的に同クリニックの方と協議を行っている。また、診療再開にあたり近隣の医療機関や薬局、関係機関からの協力を得る為、説明資料の作成に関しても同クリニックと共に行っている。
28日は、AMDAと協力協定を締結している長野県茅野市の諏訪中央病院の鎌田名誉院長が同クリニックを訪れ、診療再開に向けて助言をいただいた。診療再開の準備にあたり、29日よりAMDAチームとして諏訪中央病院の調整員1人が活動に加わり、AMDA看護師2人と共に賛育会クリニックにて活動を続けている。
 

■26日~29日AMDA派遣者 *敬称略 派遣順
橋本 千明(はしもと ちあき)看護師 / AMDA職員 / 39歳 / 岡山市在住
菅原 久美子(すがはら くみこ)看護師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー /
 40歳 / 長野県松本市在住(28日から)
松尾 昌(まつお まさる)調整員・臨床工学技士 / 諏訪中央病院 / 33歳 / 長野県茅野市在住(29日から)
原田 弥生子(はらだ みおこ)調整員・薬剤師 /AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー /
 52歳 / 兵庫県西宮市在住(26日まで)
神倉 裕太郎(かみくら ゆうたろう)調整員 / AMDA職員 / 27歳 / 岡山市在住(26日まで)


【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  https://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP