1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

AMDA速報9 令和元年台風19号被災者緊急支援活動

公開日:2019年10月22日
 

台風19号の上陸から1週間以上が経過し、死者数は80人を超え、被災家屋は5.6万棟以上といわれている。今週も台風20号、21号の影響が心配されており、被災地では不安な状況が引き続き厳しい状況が続いている。AMDAは21日現在、引き続き宮城県丸森町の避難所で避難者の方への支援活動を行っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▶1.長野県チームからの活動の報告  活動場所:豊野西小学校避難所(長野県長野市)
▶2.宮城県チームからの活動の報告  活動場所:丸森小学校避難所(宮城県伊具郡丸森町)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.長野県チームからの活動の報告  活動場所:豊野西小学校避難所(長野県長野市)
台風上陸翌日から長野県での支援活動をスタートさせていたAMDA医療チームは20日まで豊野西野小学校避難所で避難者への健康面の見守り活動のほか、避難所の環境面での整備を行った。18日には他団体とも協力しながらすべての避難者に対して段ボールベッドの設置が完了。さらに長期化する避難所生活のトイレ環境の整備を支援。他団体と協力しながら簡易トイレ「ラップポン」を計7台導入することができた。

また20日には、DVT(深部静脈血栓症対応)チームが避難所訪問。それまでにAMDA医師らがまとめた避難者リストを基に、DVTチームが19人の避難者を診察、うち3人を地元の医療機関に紹介することとなった。

避難所開設から1週間が経過し、避難所の名簿なども完成しある程度の環境が整ったことから、19日、20日には資料とともに地元医療機関及び専門機関に引き継いだ。この引継ぎをもって20日、同避難所での活動は終了したが、今週も台風の影響による豪雨が懸念されることから、AMDAとしては状況を注視している。

尚、AMDAチームの宿泊場所について、天理教高井分教会のご協力をいただいている。
  

■18、19、20日 AMDA派遣者 *敬称略 派遣順
橋本 千明(はしもと ちあき)看護師 / AMDA職員 / 39歳 / 岡山市在住
鈴記 好博(すずき よしひろ)医師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー・
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 総合診療医学分野/ 54歳/ 徳島市在住
長谷川 太郎(はせがわ たろう)医師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/ 50歳 / 神奈川県鎌倉市在住
菅原 久美子(すがはら くみこ)看護師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー /
 40歳 / 長野県松本市在住(19日のみ)
原田 弥生子(はらだ みおこ)調整員・薬剤師 /AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー / 52歳 / 兵庫県西宮市在住
小野 亮(おの あきら)調整員 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー / 50歳 / 岡山県倉敷市在住
風間 祐二(かざま ゆうじ)調整員・鍼灸師 / 長野県針灸師会(北信針灸師会)/ 42歳 / 長野市在住(18日のみ)
上条 弘明(かみじょう ひろあき)調整員・鍼灸師 / 長野県針灸師会 / 43歳 / 長野県松本市在住(18日のみ)
横矢 直之(よこや なおゆき)調整員・鍼灸師 /長野県針灸師会(北信針灸師会)/45歳/長野市在住(20日のみ)
 

■18、19、20日 諏訪中央病院からの派遣者(長野県茅野市・協力協定先医療機関)*敬称略 派遣順
斎藤 穣(さいとう みのる)医師 / 諏訪中央病院 / 40歳 / 長野県茅野市在住(19日まで)
松尾 昌(まつお まさる)調整員・臨床工学技士 / 諏訪中央病院 / 33歳 / 長野県茅野市在住(18日まで)
志鷹 直子(したか なおこ)看護師 / 諏訪中央病院 / 50歳 / 長野県茅野市在住
島立 貴志(しまだて たかし)看護師 / 諏訪中央病院 / 49歳 / 長野県茅野市在住
松森 伸一(まつもり しんいち)調整員・理学療法士 / 諏訪中央病院 / 29歳 / 長野県茅野市在住
五味 雄山(ごみ ゆうざん)調整員 / 諏訪中央病院 / 26歳 / 長野県茅野市在住
貝塚 真知子(かいづか まちこ)医師 / 諏訪中央病院 / 48歳 / 長野県茅野市在住(19日より)
 

2.宮城県チームからの活動の報告 【活動場所:丸森小学校避難所(宮城県伊具郡丸森町)】
同避難所には、自宅が浸水被害を受け、帰宅の目途が立たない方も多く、避難所生活の長期化が懸念されている。段ボールベッドを設置した翌日18日より、AMDAは健康支援班と環境整備班の2班に分かれ活動を行っている。

AMDA看護師含む健康支援班は、TMATと一緒に避難者に体調や口腔ケアについての聞き取り、見守り活動を実施。町役場に設置された救護所で前日、外科処置を受けた方の傷口の確認をした。これらの活動については、この避難所に入っている保健師に報告しながら実施している。
一方、環境整備班は、避難所管理に必要な名簿作成が完了。感染症予防対策として継続的な清掃活動を行うほか、高さを考慮した靴箱の作成など、避難者の体の負担を軽減できるように環境を整えていった。

また、この活動開始時からご協力をいただいている復興支援センターMIRAI様からの呼びかけで、20日同避難所で、福島県内の女子高生達を中心に結成する「VivAce高校生団体」が避難者にオリジナルデザートを届けた。このイベントにより避難者の方々の表情が明らかに穏やかになったと調整員からの報告を受けた。

尚、入浴などにおいて介助が必要な高齢者の方もおられることから、21日、介護福祉士1人が被災地に向けて岡山を出発。本日22日よりAMDAチームに合流する。
 

■18日~21日AMDA派遣者 *敬称略 派遣順
岩尾 智子 (いわお ともこ)調整員・看護師(米国資格) / AMDA職員 / 35歳 / 徳島市在住
山田 章博 (やまだ あきひろ)調整員 / 赤磐市職員(AMDA本部に出向中) / 45歳 / 岡山市在住
篠原 隆史 (しのはら たかし)調整員 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/ 65歳 /徳島県吉野川市在住 (20日まで)
勝木 みどり (かつき みどり)看護師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/ 43歳 / 東京都在住
関 洋美 (せき ひろみ)看護師 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/ 40歳 / 横浜市在住 (20日まで)
元持 幸子(もともち さちこ) 調整員・理学療法士 / AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー・NPO法人つどい / 45歳 / 岩手県大槌町在住
 

【ご支援ありがとうございます】
今回の活動に際し、生活協同組合おかやまコープ様、ネットワーク『地球村』様よりご支援を頂戴いたしました。厚く御礼申し上げます。
 

【街頭募金のお知らせ】
10月22日(火)午前11時から12時まで 岡山駅地下からイオンモール岡山への地下連絡通路(イオンモール岡山入口付近)にて街頭募金を行います。
 

【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  https://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP