1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

令和元年台風15号被害で総社市、赤磐市、AMDAが合同で活動報告会

公開日:2019年10月07日
 
広報担当参与 今井康人

令和元年台風15号被害で、被災地の千葉県に入った総社市、赤磐市、AMDAからの派遣者は2019年9月20日、岡山市内で報道関係者を対象にした活動報告会を開きました。

出席したのは、総社市職員の河田秀則氏(危機管理室長)、赤磐市職員の武林真由美氏(保健師)、AMDAから派遣された元赤磐市職員の長谷貴子氏(看護師)、AMDA職員の岩尾智子氏(調整員・看護師)と神倉裕太郎氏(調整員)の5人。

総社市職員4人は9月13日〜16日の4日間、君津市災害対策本部を支援。河田室長は「水、電気、通信の三つのライフラインが断絶した。特に電話やテレビが使用不能で情報が入らず、対策本部はもちろん、住民の方もかなり不安が募っているのではないか」と振り返りました。

一方、赤磐市・AMDAチームの5人は9月12日、13日に千葉県入り。君津市と南房総市の避難所でのニーズ調査や全戸訪問による安否確認、高齢者施設支援などに取り組みました。活動報告会では、被災者らに「見放されていない」という安心感を与えることが出来たとする一方で、「被災者から本音のニーズが聞けず、現状を我慢して受け入れているように感じた」と今後のメンタルケアの必要性などを指摘しました。

活動報告会には、今回保健師を派遣いただいた赤磐市より石原万輝子・健康増進課長より今回の派遣の経緯についてご説明。その後、この緊急派遣にご支援を頂いたおかやまコープ(岡山市北区奉還町)の坂本昌靖・組合員活動グループ統括も出席。「今後もAMDAとのパートナーシップの関係を大切にしたい」とのあいさつを頂きました。
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援
    •  会議・セミナー・報告会

 
 
PAGE TOP