1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

宮城県気仙沼市 南町紫神社前商店街8月イベント活動報告

公開日:2019年09月20日
 
  復興グルメF-1大会運営事務局 佐々木 由希絵

《みなとまつり協賛夏まつり》

8月4日(日)、みなとまつりの協賛で商店街で夏まつりを開催しました。出店コーナーでは、生ビール・焼き鳥・唐揚げ・ごろごろイチゴのかき氷などを販売しました。無料のおもちゃの金魚すくいには、子供たちが集まり、喜んで夢中ですくっていました。広場では、大迫力の八幡太鼓や、演歌歌手の北野都さんのステージが行われ、お祭りの賑わいをさらに盛り上げてくれました。cadoccoでは、うみぽすワークショップが行われ、思い思いの海のポスターを描いていました。毎年恒例のカイロプラクティックで、疲れた体を癒す人たちもいました。
 


 

《ゴスペルライブ》

8月11日(日)、「夏の東北被災地ゴスペルツアー」の一環として当商店街で、毎年来てくださっているゴスペルスパークルさんによるゴスペルライブが行われました。素敵なゴスペルを聴きに多くのお客さまが集まり、癒しの時間を過ごして行かれました。
 
 

《安城学園合唱部コンサート》

愛知県安城市より震災の年の翌年2012年からずっと、復興支援で毎年来て下さっている安城学園合唱部の皆さんによるコンサートが8月16日(金)、広場にて行われました。
同学園の吹奏楽部と合唱部の生徒さん達は、ホテルのロビーや仮設住宅・仮設商店街で演奏をして、ボランティア活動もされておられます。
安城学園合唱部のファンの方も多く、事務局に問い合わせが来るほどです。
 
 

気仙沼市南町紫神社前商店街事務局・AMDA参与 坂本 正人

8月は、気仙沼の一大イベントであるみなとまつりが2日間あり、また、お盆の帰省もあり、街が賑わう時期です。私達の商店街の近くではみなとまつりのパレードがあり、夜は花火が上がります。商店街も毎年協賛行事で夏まつりを開催しています。仮設商店街の時から応援して下さっている八幡太鼓、神輿渡御の弁天連が勇壮な太鼓と神輿渡御を聞かせ見せてくれました。また、松戸から毎年支援しに来てくれているカイロプラクティックマッサージの方々が会場の皆様に施行してくれました。また、8月11日の月命日には、ゴスペルスパークルの皆さんが商店街で素敵な鎮魂歌を聞かせてくれました。この季節は、いっそう人と人とのつながりの大切さを感じる日々です。
 
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援
    •  東日本大震災

 
 
PAGE TOP