1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

AMDA速報4 九州北部豪雨被災者緊急支援活動

公開日:2019年09月01日
 

8月31日、AMDAチーム(看護師3人、調整員1人)は大町町を管轄する杵藤保健福祉事務所、大町町と協力し、同町内の避難所で前日に引き続き避難者からの聞き取りや避難所の環境整備などを行った。

AMDAチームは今後の避難所運営に関する会議に参加。避難所運営に関係する大町町職員、佐賀県から派遣された保健師及び事務員、杵藤保健福祉事務所の保健師やそのほか支援団体と協議を行い、地元の方が安心して避難生活を送れるようサポートしながら、自立した生活を徐々に促していくという支援方針で一致。AMDAは避難者からの聞き取りに加え、熊本地震(2016年)や西日本豪雨(2018年)などの避難所での支援活動経験を生かし、福祉的支援を要する方が多く避難する大町町総合福祉保健センター美郷の環境整備と、避難者の自立促進を担当することとなった。会議後、佐賀県や大町町の保健師、支援団体や同日に入ったボランティアの方々と一緒に、避難者が使用する段ボールベッドの組立と設置を実施、この日中にほぼ完了した。

また、今回の活動でご協力をいただいているさめじま病院(佐賀市)から鮫島院長と事務の方1人が同日、避難所を訪問。鮫島院長は、県内の精神科医と避難所2か所を回った。巡回中、町内のボタ山に新たな亀裂が起きたとしてサイレンが鳴り響き、避難する町民が続々と避難所にやってくる事態が発生。その混乱の中、体ががくがく震え、一時意識消失寸前だった方をAMDA看護師らが発見。医療機関での受診が必要な状態だったが、鮫島院長のご尽力により無事に医療機関を受診することができた。また、事務の方には保健センターで朝から夕方まで段ボールベッドの組立と設置を行っていただいた。
   
この日の活動について杵藤地区の保健医療調整本部に報告、AMDAチームは午後10時頃に活動を終了した。

本日1日は調整員2人がチームに合流、その後、前日に引き続き大町町内避難所の環境整備を予定している。

尚、1日朝の時点で大町町では281人が避難している(佐賀県発表)。
   

【AMDA本部からの派遣者】 *敬称略、派遣順
山田 章博 (やまだ あきひろ)調整員 / 赤磐市職員(AMDA本部に出向中) / 45歳 / 岡山市在住
橋本 千明 (はしもと ちあき)看護師 / AMDA本部職員 / 39歳 / 岡山市在住
早瀬 麻子(はやせ まこ) 看護師 / AMDA兵庫 / 48歳 / 長崎市在住
長谷 貴子(はせ たかこ) 看護師 / 元赤磐市職員 / 58歳 / 岡山県赤磐市在住(31日合流)
中野 祐也(なかの ゆうや)調整員(鍼灸師)/ 九州保健福祉大学 / 34歳 / 宮崎県延岡市在住(1日合流)
中野 侑子(なかの ゆきこ)調整員(鍼灸師)/ ゆう鍼灸院 / 30歳 / 宮崎県延岡市在住(1日合流)
 

【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■クレジットカード、PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  https://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP