1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

 活動履歴

  • ​インド・ブッダガヤの市場での火災被災者の支援事業

    公開日:2023年12鐃緒申08鐃緒申
    インド担当 アルチャナ ジョシ
     
    2023年4月11日にインド、ブッダガヤ現地協力団体のビクラム氏より、世界遺産であるマハボーディ寺近くの市場で火事が発生し、100以上の店舗が全焼したと連絡がありました。AMDA本部はすぐに被災者への支援を決定し、現地協力団体のメンバーが被災現場を訪問し、現場のニーズ調査を行いました。被災者にとっては、自らの生活を支えている店舗を一日も早く再開することが願いでした。竹やトタン板で仮設店を設置し、野菜、果物、花などが売れるようにその整備費用をAMDAが負担しました。その他にも、ファーストフードの経営者に屋台を提供したり、飲料水

    • ​AMDA ピースクリニックの活動報告2023年11月

      公開日:2023年12鐃緒申08鐃緒申
      インド担当 アルチャナ ジョシ
       
      2023年11月25日にブッダガヤで母子保健事業を対象に活動を行っているAMDAピースクリニック(APC)は、創立15周年を迎え、今年も現地関係者とともに年次総会を行いました。2014年からAPCでは現地の産婦人科医による定期妊婦健診を実施しています。通常、1ヶ月に2回行う健診では各回平均30人が参加し、体重測定や必要に応じて薬やサプリメントを提供しています。2023年11月24日に行った検診では、30名が参加しその内1名が検診に初めて参加しました。

      参加した妊婦の方は、「定期的に検診をしてもらえることで日頃から赤ちゃんや自分の体の健康に気を配ることができます。」「姉が以前検診に参加しており、話を聞いて興味を持ちました。

      • インド・ブッダガヤの食事支援継続中(実施期間:2023年3月から7月)

        公開日:2023年09鐃緒申28鐃緒申
        インド事業担当 アルチャナ ジョシ
        ビハール州はインドで最も貧しい州として知られており、AMDA は2009年より母子保健事業としてAMDAピースクリニック(APC)を同州、ブッダガヤで運営しています。加えて、2023年1月から毎週火曜日に、収入が安定せず生活に困窮している方々を対象に食事を提供しています。

        昨年からAMDA はダンプール村にある土地でダール豆や野菜などを栽培しており、3月には現地スタッフが自分たちで栽培していたアルハル豆を初めて収穫し、収穫したばかりの豆を使ったダルカレーを提供することもできました。「自分たちでつくったものを料理として提供できたことはとても嬉し

        • サラスワティ・シス・ニケタン学校(インド・ブッダガヤ)への教育支援

          公開日:2023年09鐃緒申28鐃緒申
          インド担当 アルチャナ ジョシ
           
           AMDA は、昨年よりEDLTWS( Ecoles de la Terre Welfare Society)エコラス・デ・ラ・テラ福祉団(本部:スイス ジュネーブ)附属のブッダガヤにある学校に教科書の支援などを行っています。エコラス・デ・ラ・テラ福祉団体の本部はインドで行われている活動に対して経済的な支援をしてきました。しかし、2020年に新型コロナウイルス感染拡大の影響により世界的に

          • ​ブッダガヤの『お年寄りの家』(2023年1月〜7月)

            公開日:2023年09鐃緒申28鐃緒申
            インド担当 アルチャナ ジョシ
             
            AMDAは、AMDAピースクリニックの元スタッフのヴェーダ氏が運営する「お年寄りの家」を支援しています。現在15人の方々がお年寄りの家に住んでいます。昨年はこのお年寄りの家に1年分のお米とともに、牛1頭と子牛2頭、ニワトリ20羽、アヒル5羽を支援しました。引き続き、今年の2月に牛1頭と子牛2頭を支援しました。

            昨年支援をしたニワトリ、アヒルは放し飼いのため猫などに食べ

            • インド ブッダガヤでの食事支援(実施期間:2023年1月から2月)

              公開日:2023年02鐃緒申22鐃緒申
              インド事業担当 アルチャナ ジョシ
               
              AMDAは2009年からインド、ビハール州ブッダガヤのAMDAピースクリニック(APC)で母子保健事業を実施しています。ビハール州はインドでも最貧州として知られており、低カーストで貧しい人々がたくさん暮らしています。コロナ禍の都市封鎖などで、多くの人が失職しました。AMDA はこの約2年間、母子保健事業の患者さんやその家族を中心に食料支援を実施しました。

              • ​インド・ビハール州ブッダガヤ:AMDA ピースクリニックの活動2022年11月

                公開日:2023年01鐃緒申16鐃緒申
                インド事業担当 アルチャナ ジョシ
                 
                2022年11月13日に、インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDA ピースクリニックの開院14周年記念式典が行われました。2009年に開院したAMDA ピースクリニックは2014年から母子保健を中心に地域の妊産婦の健康管理に携わっています。

                ピースクリニックで毎週一回、無料の栄養指導や健康教育プログラムを実施し、毎月第2・第4金曜日に地元の産婦人科医による妊婦健診も行っています。加えて、医療スタッフが住民の家庭訪問を実施し、必要に応じて健康相談を行っています。

                • ブッダガヤのお年寄りの家

                  公開日:2023年01鐃緒申13鐃緒申
                  インド事業担当:アルチャナ ジョシ
                   
                  AMDAピースクリニックの元スタッフのベーダーさんは南インド出身です。30代後半でご主人を亡くしたベーダーさんはインドで最も貧しい州として知られているビハール州ブッダガヤに移り住み、残りの人生は貧しい人々のために捧げたいと考えお年寄りの家を設立しました。アユールベーダのマッサージ師の資格を持っているベーダーさんは、ブッダガヤを訪れる国内外の観光客対象にマッサージを施術し、その売り上げの一部でお年寄りの家を運営していました。他の支援者からの協力もありましたが、コロナ禍で、都市封鎖や海外からの観光客の入国制限に従いマッサージに通う人がいなくなり、やむを得ずマッサージでの収入をあきらめることになりました。特に、2020年の3月から2022年

                  • インド・ブッダガヤで現地のNGO学校への訪問

                    公開日:2023年01鐃緒申13鐃緒申
                    インド事業担当 アルチャナ ジョシ
                     
                    AMDAは、昨年よりインド、ブッダガヤのNGO、ジナアミタッブが運営する学校に教育支援を行っています。2022年8月に144人の生徒のうち111人に新しい教科書を配布し、すべての生徒さんに文房具を提供しました。そのほかに生理用ナプキン、応急処置用の薬、事務用の文房具も支援しました。
                     

                    • インド・ブッダガヤ、現地NGOの学校へ 教材及び医薬品の支援

                      公開日:2022年09鐃緒申09鐃緒申
                      インド担当 アルチャナ ジョシ
                       
                      インドで最も貧しいとされるビハール州で活動する現地NGOのジナアミタブは20年前からフランスにあるNGOの支援を得て経済的な理由から学校に通えない子供たちを無償で受けいれる寄宿舎学校を運営しています。近年AMDAと活動を共にしてきたジナアムタブは新型コロナ感染拡大及び支援者の高齢化に伴って学校への寄付金が減ったため、AMDA 本部に支援の要請がありました。

                      現地NGOのジナアムタブが運営する学校に通う生徒たちは貧

                       
                       
                      PAGE TOP