1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

  • AMDA速報17 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

    公開日:2020年08月07日

    AMDA事務所にて物資発送準備の様子

    7月6日にAMDAチームを派遣し開始した熊本県人吉市及び球磨村、そして相良村での被災者緊急支援活動は22日をもって一旦終了、翌日までにチーム全員は無事に帰宅した。しかしその後も状況を注視し、現地関係者らとの連絡を続けてきた。

    AMDAチームが相良村での活動中に保健師より相談を受けた、避難所に設置するシャワーチェアについては、2016年熊本地震被災者緊急支援活動の際にご協力いただいた「特別養護老人ホーム シルバーピアさくら樹」に相談の上、AMDAが21日に1台購入。そして31日、保健師よりシャワーチェアの設置についてご報告いただいた。

    • 令和2年7月豪雨から1か月

      公開日:2020年08月04日
      熊本県及び鹿児島県で大雨洪水特別警報が発令、熊本県・球磨川が氾濫し、同県南部を中心に甚大な洪水被害が発生した7月4日から1か月が経過しました。一緒に活動を行った現地の方々に現在の状況及び心境についてお話をお伺いしました。

      • AMDA速報16 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

        公開日:2020年07月23日
        7月22日、AMDAチーム(保健師・調整員各1人)は相良村保健師と他の自治体の保健師と手分けして戸別訪問を継続。AMDAチームはこの日10軒を訪ね、5世帯に話を伺うことができた。状況も様々で、家の被災状況がひどく、ご家族の家に避難されている方、「以前の災害時にも怪しい人が来たから気を付けないと。」と心配をされている方などがいらした。また、自力で畳あげなどができない方なども見受けられ、保健師に報告し

        • AMDA速報15 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

          公開日:2020年07月22日
           AMDAチーム(保健師・調整員各1人)は7月21日も球磨郡相良村の保健師業務の支援として、被災状況や健康状態を伺う戸別訪問を実施。役場からお預かりした経口補水液、防塵マスク、熱中症・感染症対策のチラシ及び雑巾を持って、これまでに不在だった15世帯を訪問。そのうち、日中家の片付けに来られていた方々を含む7世帯に役場からお預かりした物資をお渡ししするとともに、お話を伺うことができた。

          • AMDA速報14 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

            公開日:2020年07月20日
             本日20日、AMDAチーム(保健師・調整員各1人)は球磨郡相良村に入り、同村保健師、そして応援に入った他の自治体保健師などと手分けして戸別訪問を行った。本日AMDAチームが回った全7世帯で、相良村役場からの防塵マスクと経口補水液、雑巾を配布し、被災状況や健康状態などを伺うことができた。

            • AMDA速報13 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

              公開日:2020年07月19日
              7月8日より100人以上の球磨村の方が避難されている人吉市立第一中学校にて、AMDAは避難者の診療・健康相談、避難者情報収集・整理、災害鍼灸・柔道整復師による施術(整骨)、物資支援など多岐にわたり支援を行ってきた。本日19日、自治体や地元関係者などへの引継ぎを終え、この避難所での全活動を終了した。

              • AMDA速報12 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                公開日:2020年07月18日
                AMDAチームは17日も球磨村の方が避難されている人吉市立第一中学校、そして相良村で活動を実施。相良村では保健師の要請により午前中、村にある2カ所の避難所を訪問し、各々の衛生環境などを確認した。

                ――――――――――――――――――――――――――

                ▶1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動

                ▶2.相良村保健師支援活動

                ――――――――――――――――――――――――――

                • AMDA速報11 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                  公開日:2020年07月17日
                  16日も引き続き、球磨村の方が避難されている人吉市立第一中学校で整骨及び鍼灸による支援活動を実施、合計13人の方が施術を受けた。一方、相良村では保健師とともに同村内の戸別訪問を実施、被災地域の避難状況や健康状態の把握に努めた。

                  ――――――――――――――――――――――――――――

                  ▶1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動

                  ▶2.相良村保健師支援活動

                  ――――――――――――――――――――――――――――

                  • AMDA速報10 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                    公開日:2020年07月16日


                    13日夜より14日にかけ、AMDAは、新型コロナウイルス陽性反応が出た自治体職員の方とAMDAスタッフの行動履歴から濃厚接触はなかった事を確認。更に、人吉保健所や岡山県で新型コロナウイルス感染症対策に携わるAMDA医師にも状況を説明し、「活動継続可能。」との見解をいただいた。15日より人吉市立第一中学校にて避難者を対象とした鍼灸・整骨活動、そして相良村にて保健師の支援を実施している。

                    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                    ▶1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動

                    ▶2.相良村保健師支援活動

                    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                    • AMDA速報9 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                      公開日:2020年07月14日

                      7月13日、AMDAは人吉市立第一中学校での整骨による支援に加え、人吉保健所長の要請により相良村での保健師支援を行った。
                      ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                      ▶1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動

                      ▶2.相良村保健師支援活動

                      ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                      • AMDA速報8 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                        公開日:2020年07月13日
                         人吉市立第一中学校で支援を行うAMDAチームは、12日も整骨を実施。施術に際し、岡山県感染症対策委員会委員として現在、新型コロナウイルス感染症対策に携わる頼藤医師が避難所に入り、活動場所となるケアルームなどを視察。感染防止対策として「入室前、施術前後計3回のアルコールによる手指消毒の徹底」「マスクの着用」「ベッドのアルコール消毒」「タオル、シーツの交換」など、改めて治療の始めから終わりまでの動線も含め確認した。

                        • AMDA速報7 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                          公開日:2020年07月11日

                          10日から11日にかけ、赤磐市職員及びAMDA調整員(赤磐市職員)からなる赤磐市チームは球磨村への物資支援を実施した。一方、AMDAチームは人吉市立第一中学校へ避難されている方々に対し災害鍼灸、そして柔道整復師による整骨を行うことを決定。11日に整骨を開始した。
                          ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                          ▶1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動(AMDAチーム)
                          ▶2.熊本県球磨村への物資支援活動(赤磐市チーム)

                          ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                          • AMDA速報6 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                            公開日:2020年07月10日

                            7月10日、赤磐市・AMDA合同チームは引き続き、球磨村の方が避難されている人吉市立第一中学校にて支援活動を実施。一方、赤磐市は物資支援の決定に伴い、本日、赤磐市を出発した同市職員と、先遣で人吉市に入っていたAMDA調整員(赤磐市職員)が合流した。
                            ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                            1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動(AMDAチーム)

                            2.熊本県球磨村への物資支援活動(赤磐市チーム)

                            ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                            1.人吉市立第一中学校での避難所支援活動(AMDAチーム)

                            AMDAは、8日より人吉市立第一中学校に避難されている球磨村の方々(10日現在116人)に対し、健康面の見守りを行っている。9日も引き続き、AMDA医師らは蜂窩織炎(皮膚の感染症)や外傷などの対応。AMDA看護師は熊本県保健師、他団体の医師らとともに、避難者の健康調査を実施。エコノミー症候群予防のため、他の避難所から分けていただいた弾性ストッキングを数人の避難者にAMDA看護師が装着したところ、非常に喜ばれた。また、熊本県、球磨村の保健師、そしてこの日到着したDHEAT(災害時健康危機管理支援チーム)と、避難所運営に必要な避難者情報を整理した。これにより、地元の医療チームなどがこの情報を元に活動できる準備が整った。

                            • AMDA速報5 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                              公開日:2020年07月09日

                              赤磐市・AMDAチームは8日より、熊本県職員、熊本県・球磨村の保健師、TMATやDMATなどの医療支援団体と協力し、球磨村より約110人が避難する人吉市立第一中学校にて活動を行っている。

                              8日、AMDA医師は、他団体の医師らとともに体調不良などを訴える避難者の診療や医療相談に対応した。AMDA看護師らは要介護者や赤ちゃんがいる家族から優先的に避難者への声かけを開始。問診や体温、血圧を測定しながら、健康面で問題がある方については保健師へ報告を行い情報共有に努めた。避難所で医師により蜂窩織炎(皮膚の感染症)と診断された方には、看護師から病院への受診を促し地域の病院との連携も行われている。その後、今後の避難所運営に向け、避難者から健康面に関して聞き取った情報をまとめる作業を始めた。また、避難されている方の中に熱中症の症状が見られたため、緊急で経口補水液を避難者全員分用意し配布した。

                              • AMDA速報4 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                                公開日:2020年07月08日

                                7月7日、AMDA医師及び看護師各1人は、6日夜に引き続き午前中も熊本県球磨村の避難所である「さくらドーム」で避難者の健康面の見守りを行った。午後には6日に総社市を出発した看護師1人、調整員1人と合流。チームは「さくらドーム」近くの寿泉寺にも避難されている方がいるという情報を聞き、訪問した。お寺には数名の方が避難されており、その方々の健康状態などの聞き取りを実施。緊急対応の必要がないことを確認し、聞き取った内容を球磨村の保健師の方に報告した。夕方には「人吉球磨地域災害時保健医療対策会議」に参加、情報共有を行った。

                                • 岐阜県・長野県での大雨について情報収集中

                                  公開日:2020年07月08日
                                  7月8日午前6時30分に、岐阜県、長野県に大雨特別警報が発令。朝9時時点で岐阜県・木曽川水系飛騨川の氾濫が発生している。AMDAは情報収集を実施。最新の情報はこのホームページにて更新を行なっていく。

                                  • ​AMDA速報3 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                                    公開日:2020年07月07日

                                    熊本県人吉市の様子

                                    AMDAからの派遣者のうち、医師1人、看護師1人は7月6日午後、甚大な洪水被害を受けた熊本県人吉市に入った。
                                    現地関係者などと面会し、人吉市保健所や地元医師会などが参加する「第1回人吉球磨地域災害時保健医療調整会議」に参加、被害状況など情報収集を行った。
                                    その後、活動について協議する為、人吉市で活動する医療支援団体との会議に参加した。
                                    その結果、球磨村保健師からの要請により、AMDAチームは6日夜間、球磨村の避難所である「さくらドーム」の避難者を健康面から見守ることになった。

                                    • AMDA速報2 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                                      公開日:2020年07月06日

                                      総社市役所前での出発式


                                      7月6日、AMDAは医師1人、看護師2人、調整員(赤磐市職員)1人を、熊本県へ派遣した。

                                      内、看護師1人、調整員1人は、総社市・赤磐市・AMDA合同チームとして総社市職員2人とともに総社市で行われた出発式に参加。出発式では、総社市 片岡市長、赤磐市 友實市長、そしてAMDA 菅波代表らが派遣者に向け激励。その後、総社市からの支援物資と一緒に合同チームは総社市を出発した。

                                      • AMDA速報1 令和2年7月豪雨(熊本県球磨地方)被災者緊急支援活動

                                        公開日:2020年07月05日
                                        7月4日早朝、熊本県、鹿児島県に大雨特別警報が発令。その後、熊本県・球磨川が氾濫し、同県南部を中心に洪水が発生した。この深刻な被害状況を受け、熊本市大西一史市長が総社市片岡聡一市長に連携支援について連絡があり、総社市は職員の派遣を決定。同時に、AMDAへ医療チーム派遣について要請があった。AMDAは総社市・赤磐市・AMDA合同チームとして明日6日、人吉市に向けて出発することを決定した。AMDAより

                                        • 熊本・鹿児島での大雨について情報収集中

                                          公開日:2020年07月04日
                                          7月4日朝4時50分に、熊本県、鹿児島県に大雨特別警報が発令。朝8時時点で熊本・球磨川が氾濫しているなどの報道もある。尚、気象庁は今回の大雨について、線状降水帯が発生の可能性を示唆。四国でも大雨の予報となっている。AMDAは情報収集を実施。最新の情報はこのホームページにて更新を行なっていく。

                                           
                                           
                                          PAGE TOP