1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

 活動履歴

  • AMDA速報12 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

    公開日:2021年09鐃緒申24鐃緒申

    2020年11月にハリケーンで深刻な被害を受けた中米・ホンジュラス。2021年2月より、AMDAと特定非営利活動法人AMDA 社会開発機構(AMDA-MINDS)の合同復興支援として、エル・パライソ県テクシグア市アグア・カリエンテ村にて行ってきた、「災害に強い菜園づくり」を目指した農業技術指導は、8月末をもって終了した。

    元々乾燥地帯のため生産性が低く、加えて昨年のハリケーンで収穫間近であった主要作物が全滅したこの村の65世帯の畑は、この指導が終了する頃には、カボチャやニンジン、赤かぶ、豆、バナナやイモ類など、多種多様な作物が栽培、収穫されるようになった。

    • AMDA速報11 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

      公開日:2021年08鐃緒申27鐃緒申

      8月現在、AMDAとAMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、中米ホンジュラス、エル・パライソ県テクシグア市アグア・カリエンテ村にて、復興支援として農業技術指導支援を行っている。

      「災害に強い菜園づくり」に取り組んでいる65世帯の農家は、専門家の指導を受けながら、栽培を続け、野菜や豆、イモ類などを収穫できるようになっている。そのうちの一人は、「AMDAとGGUIA*(現地協力団体)の皆様に支援と知識を届けてくれたことを感謝いたします。これまでは焼き畑農業をし、化学肥料も使っていましたが、それが土壌を殺してしまっていることを知りませんでした。でも、今回、自然や生態系を生かして行う農業研修を受けてからは、化学肥料を使っておらず、収穫した作物も健康的なものとなりました。自分の家族で食べた後は友人に分けて、さらに余った作物は、売って収入にもなりました。この台風や新型コロナウイルスで危機的な状況の中、自分の家で食べ物が収穫できるということは、家族みんなにとって大きな喜びであり、幸せなことだと感じています。

      • AMDA速報10 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

        公開日:2021年06鐃緒申17鐃緒申
        AMDAとAMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、昨年11月、2つのハリケーンにより甚大な被害を受けた中米ホンジュラス、エル・パライソ県にて復興支援を合同で実施。3月に着工した小学校の屋根の改修工事は6月8日に完了した。
        ――――――――――――――――――――――――――――

        1.小学校屋根の改修 (2021年3月〜6月)
                                               テウパセンティ市サラディーノ地区
        2.農業技術指導 (2021年2月〜8月予定)
                                                テクシグア市アグア・カリエンテ村
        ――――――――――――――――――――――――――――

        • AMDA速報9 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

          公開日:2021年04鐃緒申20鐃緒申

          現在、AMDAは、AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)と合同で、2つのハリケーンにより甚大な被害を受けた中米ホンジュラス、エル・パライソ県内にて復興支援として以下の活動を実施している。
          ――――――――――――――――――――――――――――

          1.農業技術指導 (2021年2月〜8月予定)
                                                  テクシグア市アグア・カリエンテ村
          2.小学校屋根の改修 (2021年3月〜4月予定)
                                                  テウパセンティ市サラディーノ地区
          ――――――――――――――――――――――――――――

          • AMDA速報8 ホンジュラス・ハリケーン被災者復興支援活動

            公開日:2021年03鐃緒申15鐃緒申

            農業技術支援:土壌を整え植え付けを待つ農家の方

            2020年11月、2つのハリケーンが中米・ホンジュラスを直撃。延べ466万人以上が被災した。駐日ホンジュラス共和国特命全権大使アレハンドロ・パルマ・セルナ閣下からの支援要請を受け、AMDAは特定非営利活動法人AMDA 社会開発機構(AMDA-MINDS)と合同での支援活動を決定。11月から12月にかけ、AMDA-MINDSの現地スタッフは、新型コロナウイルス対策を徹底しながら協力団体と連携し、被災された方々に食料や物資の配布を行った。

            • AMDA速報7 ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急支援活動

              公開日:2020年12鐃緒申21鐃緒申
              AMDA及び特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、駐日ホンジュラス共和国特命全権大使アレハンドロ・パルマ・セルナ閣下の支援要請により、11月にハリケーン・エタ及びイオタにより甚大な被害を受けたホンジュラスでの支援活動を開始。AMDA-MINDSの現地スタッフらは、協力団体などと連絡をとり、被害状況や支援ニーズを調査。これまでに緊急支援として、首都テグシガルパ市の避難所等3カ所で合計66人に衛生用品、清掃用具、解熱剤、下痢止め薬などを配布。更に、AMDA-MINDSの活動地域でもあるエル・パライソ(El Paraíso)県 テウパセンティ(Teupasenti)市にて、同市緊急対策委員会の協力のもと、食料や毛布、衛生用品などを50世帯に配布したほか、乳幼児がいる25世帯におむつ等の支援を行った。

              • ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急支援 街頭募金活動

                公開日:2020年12鐃緒申18鐃緒申
                理事 難波比加理

                令和2年12月10日 岡山駅西口東西連絡通路にて、ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急活動のパネルやチラシを掲示し、コロナ感染症予防対策の上で募金を呼びかけました。

                この度の活動は、AMDAグループである特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)の活動地であるホンジュラスにおいて、共同事業として現地での支援活動を実施しています。

                 

                • AMDA速報6 ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急支援活動

                  公開日:2020年12鐃緒申15鐃緒申


                  AMDA及び特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、12月7日(いずれも現地時間)より、エル・パライソ(El Paraíso)県 テウパセンティ(Teupasenti)市にて、住宅が損壊した世帯を対象に支援物資の配布を実施。9日に、同市の緊急対策委員会の協力により、対象世帯への配布を終了。50世帯に、食料、毛布や衛生用品などを配布したほか、乳幼児のいる世帯にはおむつなども配布した。

                  • AMDA速報5 ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急支援活動

                    公開日:2020年12鐃緒申09鐃緒申

                    12月7日から8日にかけ(いずれも現地時間)、AMDAと特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、エル・パライソ(El Paraíso)県 テウパセンティ(Teupasenti)市にて物資支援を実施した。現地スタッフは7日、被災直後から連絡・調整を行ってきた同市の緊急対策委員会(以下、委員会)を訪れ、食料、毛布、衛生用品のセット50世帯分、おむつなどを含む乳幼児キット25世帯分をお渡しした。そして翌日8日、委員会とこれらの支援物資を持って、同市内で支援が行き届いていないサン・イシドロ(San Isidro)地区、オコタル(El Ocotal)地区、チリート(El Chilito)地区などに住む、住宅に被害を受けた世帯を中心に物資配布を行った。

                    • AMDA速報4 ホンジュラス・ハリケーン被災者緊急支援活動

                      公開日:2020年12鐃緒申04鐃緒申

                      AMDAと、ホンジュラスで活動する特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、現在ハリケーンで被災したテグシガルパ(Tegucigalpa)市内の避難所で物資支援を実施。12月3日、ビジャヌエバ・ヌエボ (Villlanueva Nuevo)地区の避難所に避難する住民3世帯16人に、赤ちゃん用おむつやミルク、清掃用具などの物資を配布した。受け取った住民は「家の壁が崩れ避難してきたが、何とか直して元の生活を取り戻せるように頑張りたいと思っている。このたびの支援にとても感謝している。」と述べた。

                       
                       
                      PAGE TOP