1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

  • インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて開院8周年記念式典が開催

    公開日:2016年11鐃緒申28鐃緒申
    2016年11月17日、インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて開院8周年記念式典が行われました。

    ビハール州ブッダガヤにある大菩提寺(マハーボーディー寺院)は、釈迦牟尼が悟りを開いた仏教の聖地として知られ、各国の仏教寺院が立ち並び、タイ、スリランカ、台湾などから多くの参拝者が訪れています。しかしながらビハール州はインドの最貧州といわれ、多くの人が貧困で苦しんでいます。

    • モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告

      公開日:2016年09鐃緒申16鐃緒申

      AMDAは2010年から毎年モンゴルにおいて、子供の目の健康を守るための事業を行ってきました。
      本年度は、2016年8月31日、人類愛善会のご協力のもと、川崎医療福祉大学感覚矯正学科教授高裕子先生と学生4名及び日本視能訓練士協会顧問守田好江先生が、AMDAグループ菅波茂代表、AMDAシンガポール支部長ドンラオ先生とともに、モンゴルの首都、ウランバートルから南西約500キロにあるウブルハンガイ県グチンウス村で、子どもを中心とした眼科健診を行いました。

      • ネパール地震復興支援:「トリブバン大学教育病院(TUTH)・AMDA合同健康支援事業プログラム」

        公開日:2016年04鐃緒申11鐃緒申
        2015年4月25日にネパール中部を襲ったマグニチュード7.8の地震で75郡のうち14の郡が深刻な被害を受けました。カトマンズの東、88?の距離にあるシンドゥパルチョク郡は被害が最も深刻だった郡の一つであり、郡全体の40%の人々が被災し、3532人が犠牲となりました。頻繁に続く余震から地すべりや土砂崩れなどが発生し、道が塞がり、支援が届きにくい地域はたくさんありました。また、家が全壊してしまった人々は狭いテントに大勢で住むことになり、トイレなども整備されず、屋外で排泄するなど環境汚染が懸念されました。その結果、下痢、赤痢など感染症を訴える患者が増加していました。

        • AMDA-台湾IHA(International Health Action)合同インド・ブッダガヤ無料歯科診療活動

          公開日:2015年11鐃緒申07鐃緒申
          10月2日から4日、AMDAはインド・ブッダガヤにて、地元ロータリークラブやライオンズクラブ協力の下、台湾IHAと合同で無料歯科診療を行いました。
           
          AMDAと台湾IHAは、以前からインドネシア、スリランカやトルコにおいて白内障手術、口唇口蓋裂手術、歯科診療プログラムを行っており今回で、6度目の合同医療ミッションとなります。この歯科診療活動には、歯科医師、歯科衛生士、調整員の3名が台湾IHAから現地に派遣されました。

          • モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告

            公開日:2015年09鐃緒申09鐃緒申

            AMDAは2010年から毎年モンゴルへ日本から専門家を派遣して子どもの目の健康に焦点をあてたセミナーや検診等等の事業をおこなってきました。
            本年度は2015年8月26日からの3日間、岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業としての助成を受け、川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科、視能矯正専攻教授 高裕子先生ならびに視能訓練士協会 顧問 守田好江先生、モンゴル眼科協会、City Optic (ウランバートル市内眼鏡店)の協力を得て、子どもの目の健康に焦点をあてた健診活動を実施しました。

            • インド・ブッダガヤ「AMDAピースクリニック」 活動報告

              公開日:2015年04鐃緒申02鐃緒申
              2009年にアーユルベーダクリニックとして始まった「AMDAピースクリニック」が、2014年10月より、「母と子のクリニック」として再スタートを切りました。

              今回、2015年2月10日から3月3日の約3週間、AMDA看護師がブッダガヤを訪問し、現地の看護師と一緒に活動したので報告します。

              ブッダが覚りを開き仏教の聖地として知られ、世界中から観光客が訪れるブッダガヤのマスティプール(Mastipur)、ピパルパティ(Piparpati)

              • 2014年 岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告

                公開日:2014年10鐃緒申10鐃緒申
                2014年 岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告AMDAは2010年からモンゴルへ日本から専門家を派遣して子どもの目の健康に焦点をあてたセミナーや実習等の事業をおこなってきた。モンゴルの全人口の1/3が18歳以下の子供であり、小児の弱視、斜視などは、検診システムが整っていないモンゴル国内において発見が遅れたり、放置されやすい現状がある。こ

                • 高杉こどもクリニック合同医療プログラム モンゴル診療

                  公開日:2014年09鐃緒申30鐃緒申
                  高杉こどもクリニック合同医療プログラムモンゴル診療2014年8月に高杉こどもクリニックの高杉医師がモンゴルの日本モンゴル友好病院での無料検診事業にAMDAインターナショナルとして参加してくださいました。高杉医師からの報告を一部抜粋してご紹介します。高杉医師からの報告モンゴルの首都ウランバートルで、2014年8月14日から3日間、Japan-MongoliaFriendshipHospital(JM

                  • モンゴル国「北極星勲章」をAMDAグループ代表 菅波茂 が受章

                    公開日:2014年09鐃緒申26鐃緒申
                    AMDAのこれまでのモンゴルにおける活動が評価され、モンゴル国大統領令第100号により、AMDAグループ菅波代表の「北極星勲章」叙勲がきまりました。これは、モンゴル国が外国人に出す最高位の勲章です。 9月19日東京の駐日モンゴル国大使館において叙勲式が執り行われ、特命全権大使ソドブジャムツ・フレルバータル閣下より菅波代表が直接「北極星勲章」を賜りました。■これまでのモンゴルでの活動・モン

                    • バングラデシュ・メグナ川フェリー転覆事故に対する緊急救援活動

                      公開日:2014年05鐃緒申28鐃緒申
                      バングラデシュ・メグナ川フェリー転覆事故に対する緊急救援活動〜AMDAバングラデシュ・日本バングラデシュ友好病院合同緊急医療チームからの報告〜2014年5月15日夕方、バングラデシュの首都ダッカから約30キロメートル離れたメグナ川を航行するフェリーが強風にあおられ転覆した。フェリーの乗船者リストがないため正確な人数は把握できないが、54名の死亡が確認されており、さらに100名以上が行方不明者とみら

                       
                       
                      PAGE TOP