1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

  • インド・ブッダガヤ:AMDA賞受賞者からメッセージが届きました!

    公開日:2021年03月04日
    インド担当:岩尾 智子
     

    AMDA賞受賞者から届いた手紙

    昨年12月、AMDAは、インド東部ビハール州にあるジーナアミタッブ無償寄宿学校*の生徒10人に「AMDA賞」トロフィーと500ルピー(約710円)を授与しました。今回、受賞者からメッセージが届きましたので一部ご紹介いたします。最終学年の共通試験に備えて、今回いただいたお金で、普段は購入できない参考書を購入した、コーチング(学習指導)受講の費用にしたなど、感謝とともに報告がありました。この「AMDA賞」は地元新聞(Danik Bhashkar News、2020年12月27日付)でも紹介されました。

    *ジーナアミタッブ無償寄宿学校は、低カーストの貧困世帯(世帯収入が月約4,000〜5,000ルピー[日本円で約5,000〜7,000円])出身の子どもたち約120人を支援しています。AMDAは2018年より、服の配布やヘルメットの配布など

    • インド・ブッダガヤにある学校の生徒にAMDA賞を授与

      公開日:2021年01月27日
      インド担当:岩尾 智子
       

      学校の校長先生からAMDA賞を受け取る生徒

      2020年12月25日、AMDAはインド最貧州の1つであるビハール州ブッダガヤにあるジーナアミタッブ無償寄宿学校の生徒10人に「AMDA賞」を授与しました。この学校では、低カーストの貧困世帯(世帯収入が月約4,000〜5,000ルピー[日本円で約5,000〜7000円])出身の子どもたち約120人を支援しています。

      学校の事務局長、理事、校長先生、地元ロータリークラブメンバーなど5人からなるAMDA賞委員会が選出した生徒男女10人に「AMDA賞」トロフィーと500ルピー(約710円)が贈られました。各受賞者は本、ノート、文房具など勉強に必要な物を購入するためにこの500ルピーを使用する予定です。

      • AMDA東日本大震災国際奨学金

        公開日:2011年04月01日
        AMDA東日本大震災国際奨学金AMDA東日本大震災国際奨学金とは3月29日に開催された被災者支援国際会議ではAMDA東日本大震災国際奨学金についての概要が確定した。東日本大震災にAMDA海外医療チームとして緊急支援活動に来日したAMDAインドネシア(インドネシア)、MERCY:マーシー(マレーシア)、Medipeace:メディピース(韓国)、バンコク病永タイ)に加え、NPO法人ネットワーク地球村と

         
         
        PAGE TOP