1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

  • 宮城県気仙沼市 南町紫神社前商店街10月イベント活動報告

    公開日:2022年12鐃緒申05鐃緒申
    グルメF-1大会運復興営事務局 菅原 尚美
     

    【大阪府立桜塚高等学校の生徒さん 課外活動】

    9月26日(日)大阪府立桜塚高校の生徒さん15名が修学旅行の一環として商店東日本大震災のお話やその後商店街を通して街の復興の過程を聞き取りに来ました。皆さんとても真剣な表情でお話を聞いておりました。

    • 【2022年12月23日、本出版のお知らせ】

      公開日:2022年12鐃緒申01鐃緒申

      2022年2月24日にウクライナで人道危機が発生、3月よりこれまでAMDAは隣国ハンガリーに合計14人(医師5人、看護師6人、調整員3人)を派遣してきました。ウクライナからの避難者に対し、医療のみならず必要とされる支援を実施。更に、ハンガリー及びウクライナの支援団体や医療機関などと連携し、ウクライナ国内でも医薬品や食糧などの物資支援を行っています。

      このたび、実際の現場での活動日誌を大切な記録としてまとめた書籍「見放さない!その命 ウクライナ人道支援日誌 〜世界大動乱(大恐慌)をのりこえる〜」を出版することとしました。この本には、実際に避難された方々と接し、必要な支援を行ってきた派遣者たちの想い、ともに支援を行ったハンガリーやウクライナの団体の方からのメッセージなど、皆様それぞれの深いお気持ちも記されています。定価は2,200円(税込)です。

      • FMくらしき「困った時はお互い様 月刊AMDA通信」 12月2日(金)放送

        公開日:2022年12鐃緒申01鐃緒申
        2019年8月より、毎月第1金曜日「週刊くらしきハッピーレディオ」の中で、16時40分ごろより「困った時はお互い様 月刊AMDA通信」を放送中。

         

        インド・ビハール州ブッダガヤにて、「AMDAピースクリニック(APC)」での妊婦の健康相談などの母子保健事業など中長期的に行っています。更に、インドでは深刻な新型コロナウイルス感染状況を受け、過去にロックダウン(都市封鎖)を実施。その間、失業などで家族の収入がなくなってしまった妊婦さんには食糧の支援も行ってきました。今月11月、3年ぶりにブッダガヤに入ったアルチャナ・シュレスタ・ジョシ (AMDA職員)よりお話させていただきます。どうぞお聞きください。

        • AMDA速報1 インドネシア・ジャワ島地震被災者緊急支援活動

          公開日:2022年11鐃緒申25鐃緒申

          クリックすると拡大表示されます

          現地時間11月21日午後、インドネシア・ジャワ島西部にてM5.6の地震が発生。インドネシア国家防災庁(BNPB)によると、死者数272人、負傷者数2,061人、行方不明者数39人、そして約6万以上の人が避難をしている。また、約57,000軒もの家屋が半損壊している(11月25日発表)。

          この深刻な被害状況を受け、スラウェシ島マカッサルにあるAMDAインドネシア支部のアンディ・フスニ・タンラ支部長(ハッサヌディン大学名誉教授)はAMDA本部に支援を要請。 自身の教え子であるインドネシア西ジャワ州ボゴール (Bogol)の麻酔科医を中心とした医療者14人(医師2人、看護師5人、薬剤師1人、診療放射線技師2人、調整員4人)をAMDAインドネシア支部医療チームとして、25日、被災地である同島チアンジュール (Cianjur)県に向け出発した。

          • RSK朝耳ラジオ「AMDA命を救うラジオ」11月出演者情報

            公開日:2022年11鐃緒申21鐃緒申
            RSK朝耳ラジオにて、第4週の火曜日8時30分から「AMDA命を救うラジオ」放送中*2021年より月1回の放送となります。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動様々な分野の方々にご出演いただいています。ぜひお聴きください! 2022年11月出演予定       11月22日 AMDA職員 アルチャナ・シュレスタ・ジョシAMDAはインド

            • AMDA速報2 フィリピン台風22号(2022年)被災者緊急支援活動

              公開日:2022年11鐃緒申16鐃緒申
              11月13日から2日間、株式会社キッカワ(本社: 岡山県倉敷市)とAMDAは合同で、ミンダナオ島サンボアンガ (Zamboanga)にて、洪水被害にあった家族に食糧などを支援した。当初、米や乾麺、イワシやコーンビーフの缶詰、乾麺とコーヒー・ジュースのセットを500世帯に提供する予定だったが、予想以上に支援を求める家族が多く、2日間で約800世帯を支援した。更に、毛布や下着、衣類なども配布した。

              今後も支援を求める声が多く、引き続き同市にて物資支援を行えるよう計画している。

              • 12月大阪府堺市にて写真展開催のご案内:AMDA写真で語るウクライナ避難者支援

                公開日:2022年11鐃緒申07鐃緒申

                クリックすると拡大表示されます

                12月2日から4日、大阪府堺市にて、「写真で語るウクライナ避難者支援」と題した写真展を開催運びとなりました。

                AMDAは3月からこれまでに隣国ハンガリーに合計14人(医師5人、看護師6人、調整員3人)を派遣。ウクライナから避難されてきた方々に対し、医療のみならず必要される支援を実施してきました。更に、ハンガリー及びウクライナの支援団体や医療機関などと連携して、支援活動を継続しています。

                この写真展では、8月に岡山で展示した、現地から届いた支援活動や多くの「人たち」の写真、加えて、様々な事情を抱え避難して来られた避難者の方々、そして国籍を問わず避難者を支える方々から伺ったエピソードも展示いたします。更に、多くのウクライナの子どもたちが描いた絵、そしてウクライナの人たちの「(人道危機前の)美しい国の風景」の写真もご紹介いたします。

                • AMDA速報1 フィリピン台風22号(2022年)被災者緊急支援活動

                  公開日:2022年11鐃緒申01鐃緒申

                  写真提供(株式会社キッカワ)

                  10月29日、大型の台風22号は、フィリピン・カタンドゥアネス島に上陸し、30日までに西に向かって複数の島を横断。大雨が降り、各地で洪水が相次ぎ、約242万の人が被災した(11月1日フィリピン国家災害リスク削減管理委員会 発表)。

                  AMDAは29日、AMDAフィリピン支部や現地協力団体などと連絡をとり、情報収集を開始。現段階で、特に南部ミンダナオ島での被害は甚大であるという情報を受けている。

                  AMDAの活動を長年支援してきていただいた株式会社キッカワ(本社: 岡山県倉敷市)が、大規模な洪水被害にあった同島サンボアンガ (Zamboanga)にて物資支援を計画しており、AMDAもこの活動に協力することとした。

                  • 宮城県気仙沼市 南町紫神社前商店街9月イベント活動報告

                    公開日:2022年10鐃緒申24鐃緒申
                     復興グルメF-1大会運営事務局 菅原 尚美
                     
                    【コロナ支援物資配布】
                    9月14日(水)『コロナ支援物資配布』を行いました。7月以来2か月ぶりの開催となり、たくさんの方々にお越しいただきました。今回もAMDA様よりご寄付頂いたカボチャをお渡しすることができ、皆様大変喜んでおりました。お越しくださった方から「本当にありがたいです」や「とても助かります」というお言葉をいただきました。

                    • AMDA速報40 ウクライナ避難者支援活動

                      公開日:2022年10鐃緒申18鐃緒申

                      ベレグスラーニー(Beregsurany)のヘルプセンターにて

                      AMDA看護師兼調整員(第10次チーム、以下看護師)は、9月よりハンガリー・ベレグスラーニーにあるヘルプセンターにて、ウクライナからの避難者の健康面のチェックを実施してきた。体調不良などを訴える方に対しては、ヘルプセンターを管理するマルタ騎士団や仮設診療所を運営する現地協力団体メドスポット (MedSpot)、近隣の診療所と連携し、必要な医療的対応を行った。更に、様々な事情を抱え避難してこられた方々の話に耳を傾け、子どもたちにも声をかけ、時間の許す限り、一緒に遊んだりしている。10月には子どもたちと折り紙でハロウィンの飾りを作り、一部をヘルプセンターに飾りつけした。

                       
                       
                      PAGE TOP