お知らせ :  パキスタン家庭健康教育プログラム調印式・シンポジウムの開催報告

2014年6月24日神奈川県茅ケ崎市で茅ケ崎中央ロータリークラブが主催する「パキスタン家庭健康教育プログラム調印式・シンポジウム」が開催され、ロータリークラブメンバーを中心として約60人が来場した。調印式では、茅ケ崎中央ロータリークラブ、パキスタンのNGO「NRSP(ナショナル・ルーラル・サポート・プログラム)」とAMDAの3者が「パキスタン家庭健康教育プログラム*」を3年間実施することで合意文書を締結した。

シンポジウムには、ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使、衆議院議員の河野太郎氏ご夫妻、国連人口基金東京事務所(UNFPA)の佐崎淳子所長、服部信明茅ケ崎市長らが来賓として出席された。

シンポジウム第一部では茅ケ崎中央ロータリークラブの出山和夫会長が開会挨拶を行い、それから、同クラブのパキスタンポリオ撲滅委員長の小川一雄氏が、ロータリークラブのポリオ撲滅活動についてパキスタンでの現地調査を中心に報告を行った。ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使の祝辞では、これまでの日本からパキスタンへの支援に対して感謝の言葉が述べられた後、パキスタンの女性が健康教育を受けることの重要性と教育をうけることによる女性エンパワメントへの効果を強調された。


基調講演の様子

シンポジウムの様子

第二部ではUNFPAの佐崎所長が途上国の女性をとりまく教育の現状や課題、途上国の女性に対する教育が社会にもたらす波及効果などについて、データを交えて説明された。NRSPの代表として今回のために来日したアガ・アリ・ジャバド事務長は、プレゼンテーションで3年間のパキスタン家庭健康教育プログラムの実施体制を具体的に示すと共に、UNFPAなどの国際機関との連携を図ることを提案した。
 

最後に、 来賓の方々と茅ケ崎中央ロータリークラブ、NRSP、AMDAの代表者らがパネルディスカッションを行い、皆で力をあわせてパキスタンのプログラムを実行し、日本でも多くの人にプログラムについて知ってもらうための広報活動を行う必要があることで意見が一致した。

*パキスタン家庭教育プログラムとは、パキスタンの未婚女性に自身や家族の健康を守るのに必要な基礎知識を教えることを目的としたプログラムである。
 

投稿日:2014年06月30日


お知らせ :  学生フォーラム「ボランティアって楽しい!」-東日本大震災、フィリピン台風30号などへのボランティアを通じて-開催のお知らせ

 「まだ高校生だから…」じゃなく、「高校生だからこそできること」を、自分たちの言葉で発信して、同世代の高校生に共有したい!そして一緒に、その喜びを分かち合いたい!そんな思いで高校生が企画した、学生フォーラム。

学生さんはもちろん、大人の方にも、ぜひ私たちの思いを見て、聞いてほしいと思います。たくさんのご参加をお待ちしています。

 


写真をクリックしますと
pdfファイルが開きます

【日時】
2013年7月26日(土) 13:30から(受付 13:00から)
【会場】
クレド岡山8F 第2会議室(岡山県岡山市北区中山下1丁目8-45) 
【参加費用】
無料
席数に限りがありますので、事前にお申し込みください。

【プログラム】
13:30 開会挨拶 
・AMDA高校生会 リーダー 森部 葵

13:35 基調講演(30分)
・関西医科大学医学科 学生(AMDA高校生会OG、AMSA Japan メンバー) 滝澤知佳
「ボランティアって楽しい 〜AMDA高校生会、AMSA Japanでの活動から〜(仮題)」

14:05 ボランティア活動報告
・AMDA高校生会
「AMDA高校生会の活動を通じて〜私たちにできること〜(仮題)」
・岡山県立和気閑谷高等学校
「ユネスコスクール 地域と世界をつなぐボランティア活動(仮題)」
・岡山県立高松農業高等学校
「募金活動から米作りまで専門性を活かした私たちの取り組み(仮題)」
・広島県立福山誠之館高等学校 生徒会
「フィリピン、東日本被災地へ私たちの取り組み(仮題)」

15:20 グループディスカッション
ディスカッションテーマ:「高校生にできるボランティアと国際貢献(仮題)」

15:50 全体共有とまとめ、ディスカッション
司会進行:AMDA高校生会

16:20 閉会の挨拶
AMDA高校生会 副リーダー 中本 千晴

16:30 閉会

主催:AMDA高校生会、特定非営利活動法人アムダ(AMDA)

【問い合わせ・お申込み】
認定 特定非営利活動法人アムダ(AMDA)
TEL:086-252-7700,FAX:086-252-7717
http://www.amda.or.jp
メール member@amda.or.jp

 

投稿日:2014年06月26日


お知らせ :  AMDAフードプログラム フィールド見学・新庄村のとろホタル祭りのお知らせ

アジアに有機農業を啓蒙・普及することを目的に2012年度からスタートしたAMDAフードプログラム(※)のフィールドのある岡山県真庭郡新庄村で「新庄村のとろホタル祭り」が開催されます。夏の夕べを自然の中で楽しく過ごすこの企画に、たくさんの方にご参加をお待ちしております。
 

【ホタル祭り概要】

 


画像をクリックしますと
pdfファイルが開きます

■主催

 新庄村野土路地区(共催:新庄村、認定特定非営利活動法人AMDA)
■日時
2014年7月19日 (土)17:00〜 (受付開始)
■内容
お母さんの絶品”田舎料理”&バーベキュー
愛宕祭り(あたごまつり:火の神様を祭る伝統行事)
ホタル観賞会
■参加費
大人 1,800円、小人800円(飲み物代は別途)
■会場
山の駅「体験棟」野土路地区(真庭郡新庄村4744−1)
■定員
80人程度(要事前予約)
参加申し込みはAMDAボランティアセンターまで
 

・岡山駅から往復のバスを準備する予定です。定員20名。バスの利用をご希望の方は、1人500円を交通費として別途お支払いください。なおAMDA会員の方は無料でご利用いただけます。

・自家用車での参加も可能です。その場合は新庄村・山の駅に集合となりますが、事前に参加のお申し込みをお願いいたします。

・ホタル祭りは雨天決行ですが、ホタル観賞会は雨天の場合は中止となります。(少雨決行)
 

【バス運行スケジュール】

15:15 西口バス停 集合 (バス利用の場合)
15:30 西口バス停 出発
16:45 野土路農場 見学
17:15 ホタル祭り受付
20:00 ホタル鑑賞(雨天中止)
21:00 新庄村出発 (バス利用の場合)
23:00 岡山駅西口到着 

  

(※)AMDAフードプログラムとは

「食は命の源」を目的にアジア有機農業を啓蒙・普及することを目的とするプログラムである。本事業を通じて、日本の中山間村を代表する新庄村の地域振興に貢献するとともに、インドネシアをはじめとするアジアの地域に有機農業への技術移転を目的としている新庄村の野土路地区に2011年4月、「AMDA野土路農場」を発足させ、2012年度から専任スタッフによるあひるを使った、農薬を使わない有機農業がスタートした。本年度はフィリピンからの農業研修生を招へいしている。
 

【お問い合わせ】

AMDAボランティアセンター
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086−252−7700 FAX:086−252−7717
E-mail: member@amda.or.jp
http://www.amda.or.jp
 

投稿日:2014年06月19日


お知らせ :  −グローバル・ユース人材養成事業ー 第4回おかやま国際塾 平成26年度参加者募集開始のお知らせ

社会のグローバル化に対応できる人材養成を目指した、AMDAと岡山大学教員が共同で運営する「おかやま国際塾」実行委員会では、第4回「おかやま国際塾」への参加者を募集しています。8月下旬の海外研修(渡航予定先:フィリピン)に向けて、国内での事前準備や事前学習など含むプログラムとなっています。たくさんのご応募をお待ちしております。

■おかやま国際塾とは

AMDAと岡山大学教員が共同で運営する「おかやま国際塾」実行委員会(委員長・菅波茂)では、第4回「おかやま国際塾」への参加者を募集しています。AMDAと岡山大学は平成17年8月に国際社会貢献活動及び人材育成の推進を目的とし、連帯協力に関する協定書を締結しています。同協定がきっかけとなり、平成23年に第1回おかやま国際塾を開催し、今回第4回目を迎えます。おかやま国際塾は、県内の大学生に、国連NGOであるAMDAが行う国際貢献活動の企画、立案および実施のすべてに関わる機会を提供することにより、国際貢献活動への理解を深めかつ企画および管理能力を身につけてもらい、社会のグローバル化に対応できる人材を養成することを目的としています。 国内研修では岡山大学法学部 黒神直純 教授をはじめAMDA職員による講習を予定しております。平成23年度(第1回)はモンゴル、平成24年度はインドネシア、平成25年度はスリランカを海外研修の場とし、国内の事前準備から学生が関わり、海外研修先の学生との交流やホームステイ、医療施設の視察など調整を行いました。その集大成として訪れた研修先で、実際に多くのことを経験し、学ぶことができ、この経験は、帰国後も様々な形で生かされています。

■「おかやま国際塾」実行委員会

委員長・菅波茂(AMDA グループ代表)
副委員長・黒神直純(岡山大学大学院 社会文化科学研究科教授)
委員・李 禎之(岡山大学大学院 社会文化科学研究科教授)
委員・竹内真理(岡山大学大学院 社会文化科学研究科准教授)
委員・難波 妙(AMDA 国際部・部長 理事)ほか

■平成26年度参加者募集概要

【応募資格】
岡山県下の大学生で、募集要項に定める条件を満たす方を対象とします。
【応募資格】
応募者の中から書類選考および面接にて参加者を選考します。
【募集人数】
3名(※ 6月15日の開講式の出席は必須。)
【海外研修訪日程】
平成26年8月下旬(参加者全員の調整の上最終決定)
【国内研修内容】
1.フィリピンでの合同医療活動および現地交流に関する企画・立案
2.「国連法」「国際協力論」「NGO論」など専門家による講習
※ 6月中旬〜8月下旬にかけて上記の事前研修およびAMDA本部でのイン
ターンシップを予定  
【海外研修内容】
フィリピン
※全行程で引率者あり
【応募方法】
おかやま国際塾ホームページより必要書類をダウンロードの上、AMDAボラン
ティアセンター内「おかやま国際塾」実行委員会事務局宛に郵送もしくは持
参すること。
※おかやま国際塾ページ http://okayamakokusaijuku.web.fc2.com/
必要書類にご記入の上、平成25年5月30日(金)応募締切 消印有効
【面接選考】
平成25年6月1日(日)会場:岡山大学   時間など詳細は追って連絡します。

【応募・お問い合わせ先】
AMDAボランティアセンター内
おかやま国際塾実行委員事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086−252−7700 FAX:086−252−7717
E-mail: member@amda.or.jp  http://www.amda.or.jp

投稿日:2014年05月20日


お知らせ :  チャリティーコンサートのお知らせ

下記のとおりチャリティーコンサートが開催されます

第6回倉敷アカデミックウインズ演奏会「こども♪わくわく♪コンサート」


画像をクリックしますと大きくなります
  • 場所:水島公民館大ホール
  • 日時:6月8日14:00開演(13:30開場)

会場ではAMDAへの募金活動なども行われます。
たくさんのご来場をお待ちしております。

投稿日:2014年05月19日


(1) 2 3 4 ... 43 »

AMDA サイトマップ