お知らせ :  「フィリピン台風30号復興支援会議 〜南海トラフ地震にそなえて」開催のお知らせ

2013年最大級の勢力を持つ台風30号が、2013年11月8日、フィリピン南部の島々に上陸しました。この台風により、福山市の姉妹都市・タクロバン市のあるレイテ島を中心にサマール島ほか多くの島々が被災しました。

被害は台風被害だけでなく、高潮の被害も大きく、さらに「島」で発生した災害ということもあり、ロジスティクスの面などで緊急支援活動は困難を極めました。

一方、日本では東日本大震災以降、南海トラフ地震の発生が懸念されています。特に、南海トラフ地震では中四国が置かれる状況が、今回フィリピンで発生したような状況に置かれるのではないかと懸念されます。

そこで、被災地タクロバン市と姉妹都市である福山市にて、支援活動に携わっている自治体および団体が一堂に会し、支援活動の経験や課題を共有することで、南海トラフ地震に向けた備えを導きたいと考えます。たくさんのご来場をお待ちしております。

【日時】2014年4月26日(土) 13:30〜(受付 13:15〜)
【会場】まなびの館ローズコム(福山市生涯学習プラザ)中会議室
福山市霞町一丁目10番1号 TEL:084-932-7265
【参加費】無料
※お席に限りがありますので事前のお申し込みをお願いします。
【プログラム】 (敬称略)
13:30 開会挨拶 福山市医師会 会長 森近 茂
13:40 来賓挨拶
フィリピン領事館 総領事 Ms.Maria Teresa L. TAGUIANG(通訳・AMDA)
衆議院議員 小林史明
福山市議会議員 大田祐介
13:55 被災地からの報告(通訳・AMDA)
フィリピン レイテ医師会 会長 Dr. Mina Sirikit Claridad-Tagra 「フィリピン台風30号被害と被災地の現状」
14:25 活動報告(70分)
認定NPO法人AMDA 国際部プロジェクトオフィサー 大政朋子 「AMDAフィリピン台風30号活動報告」
福山市医師会(大田記念病院所属) 石根周治 医師 「緊急医療支援活動に参加して」
福山市医師会(大田記念病院所属) 村上悠也 看護師 「緊急医療支援活動に参加して」
タクロバン福山交流支援センター代表 三谷干城「姉妹都市タクロバン市にむけて〜民間団体と自治体による国際連携〜」
広島県教育委員会 教育部高校教育指導課 福川力 「災害復興における取り組み〜東日本大震災、フィリピン台風の経験から」
広島県立福山誠之館高校 生徒代表 「高校生にできる復興支援〜タクロバン市を訪れて」
15:35 休憩(10分)
15:45 復興支援にむけたディスカッションおよび南海トラフ大地震に備えた提言
ファシリテーター AMDAグループ代表 菅波 茂
特別コメンテーター:次期レイテ医師会会長 Dr. Elvira Galapon Casal(通訳・AMDA)
社会医療法人祥和会脳神経センター大田記念病院 理事長 大田 泰正
岡山倉敷フィリピーノサークル代表 大山マージョリー氏
16:15 閉会挨拶 NPO法人AMDA理事長 成澤貴子
16:20 閉会

共催
一般社団法人福山市医師会
認定特定非営利活動法人アムダ(AMDA)後援:広島県、広島県教育委員会

【問い合わせ・お申込み】
認定 特定非営利活動法人アムダ(AMDA)
TEL:086-252-7700 メール member@amda.or.jp

投稿日:2014年04月18日


お知らせ :  AMDA高校生会 街頭募金を実施

3 月29日、岡山市表町通り 天満屋岡山店地下街入り口前において、AMDA高 校生会の高校生ボランティアメンバー10名がフィリピン被災地に向けた街頭募金活動を実施した。

高校生会達のさわやかな呼びかけに多くの買い物客の皆様にご協力いただきました。また、温かい言葉をかけてくださる方も大勢いらっしゃり街頭募金を行った高校生会達にも、大きな励みになったようです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

投稿日:2014年04月18日


お知らせ :  パキスタン ポリオ撲滅活動視察

AMDAは、ポリオ撲滅に取り組む茅ヶ崎中央ロータリークラブと協働で、2013年9月パキスタンでポリオ撲滅運動に向けた現状調査を開始した。

まず第一回目として、2013年9月にAMDA岩本智子看護師がパキスタンを訪問。パキスタンのNGO「NRSP(National Rural Support Programme)」の協力を得て、南東部シンド州タッタ県(パキスタン南部の主要都市カラチから東に約100km)のポリオ予防接種活動を視察した。

活動に関わるNGOスタッフや行政官に聞き取り調査を行ったところ、ポリオ予防接種率が100%に届いていない一因として、各家庭を巡回する保健師の役割を担うレディーヘルスワーカー(LHW)が不足していることが分かった。タッタ県では、宗教関係施設でのポリオに関する講義・啓発活動・モニタリングなど様々な活動が行われていた。

この状況を受け、より具体的な対策や状況を検討するため2014年1月20日から24日に第二回目のポリオ撲滅活動視察を実施した。茅ヶ崎中央ロータリークラブのメンバー3名とAMDAグループ菅波代表、AMDA看護師1名がパキスタン入りした。

一行は、在パキスタン日本大使館、パキスタン政府ポリオ撲滅運動担当部門、国際機関、現地協力団体NRSPを訪問し、ポリオ撲滅活動の現状・課題・今後の計画について情報収集を行った。

パキスタンでは、特にアフガニスタンとの国境周辺(ハイバル・パフトゥンハー州、連邦直轄部族地域、バロチスタン州)等の地域においてポリオの発症例が多い。

しかし、アフガニスタンの国境周辺は治安が悪いため、それ以外の場所で、流行地域から移動してきた人や流行地域へ移動する人を対象にポリオ予防接種を投与することにより、ポリオ感染拡大を抑制する方法が実行されている。

AMDAでは今後、ポリオだけでなく身近な病気を防ぐ正しい知識の普及を目指して、地域全体でとりくむ「家庭健康教育プログラム」の実施に向けて、茅ケ崎ロータリークラブやパキスタンの協力団体NRSPとともに事業内容の計画を進める。


シハラ地区視察

クラフトアート工房の見学

ポリオ担当下院議員との面談

地元NPO・ASPの事務所を訪問

日本領事館を訪問

日本領事館を訪問

投稿日:2014年04月15日


お知らせ :  ネパール人看護師来日 研修実施報告

2013年12月9日〜16日、AMDAネパール支部の病院「シッダールタ母と子の病院」の看護師長ビシュヌ・マナ・タパ氏と、AMDA健康科学学院長パルバーティ・シュレスタ氏が来日し看護研修を実施した。

これはAMDAと連携協定を締結している岡山県立大学との協働事業で同大学看護学部でネパール人看護師の知識・技術向上のための研修をこれまでも複数回行なっている。

今回は、臨床で実践できる直接的技術移転と普及をはかった。

招へい者2名は、岡山県立大学講義聴講、医療施設訪問見学、総社市長表敬訪問、同大学学科意見交換会などの研修プログラムを精力的にこなした。また、AMDA主催の「国際医療貢献シンポジウム」や和気町大国邸で行われた「国際教育文化フォーラム」にも参加した後、12月16日に離日した。


国際フォーラム参加の様子

大国家会議の様子

研修後、両氏は岡山滞在中に得た知識と技術を基に、ネパールの看護環境の改善に努めて行きたいと抱負を述べた。

投稿日:2014年04月10日


お知らせ :  東日本大震災復興支援 絆チャリティライブのご案内

東日本大震災復興支援 絆チャリティライブがAMDA福山クラブの協力により開催されます。

開催日 3月8日(土) 3月9日(日)
場 所 福山市内計13会場にて

詳細はこちら
http://ameblo.jp/kizuna-live/entry-11728154288.html

売り上げの一部はAMDA大槌健康サポートセンターに寄付されます。

たくさんのご来場をお待ちしております。

投稿日:2014年03月18日


(1) 2 3 4 ... 42 »

AMDA サイトマップ