お知らせ :  おかやま国際塾4期生が海外研修先・フィリピンへ出発

今年で4年目を迎えた「おかやま国際塾(注)」の4期生が、8月23日、関西国際空港より本年度の海外研修先であるフィリピンに出発する。

おかやま国際塾とはAMDAと岡山大学法学部教員が合同で、2011年に開始したグローバル人材の育成を目的としたプログラムで、本年度は6月15日に開催した開講式から、出発までの約2か月間、4名の塾生らは現地でのスケジュールや、ホームステイの調整、活動内容企画立案、フィリピンの大学で学生に向けて発表するための英語のプレゼンテーションなどを準備してきた。また本年度は、2013年10月に発生したボホール島地震の被災地への訪問も、活動の柱となっており、被災地にある小学生との交流も予定している。研修先では以下のようなスケジュールで研修を行い、帰国後は、岡山で報告会を開く予定。

開講式の様子
事前準備の様子

■岡山からの出発および全日程のプログラム概要
8/23
6:25 岡山駅西口 高速バス乗り場 出発
13:00 関西国際空港発(3K764便)
16:00 フィリピン・マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)着
フィリピン開発アカデミー表敬訪問
8/24
8:25 フィリピン・マニラ発 (5J617便)
9:40 フィリピン・ボホール島(タグビララン空港)着
孤児院訪問(文化交流)
8/25
ボホール州立大学訪問(ディスカッションとプレゼンテーション)
家屋再建プログラム参加、ホームステイ
8/26
ボホール州立大学訪問(スポーツ交流)、ホームステイ
8/27
マリボホック中央小学校にて衛生教育、文化交流、
理科実験のデモンストレーション、ホームステイ
8/28
植林プログラム参加、ホームステイ
8/29
10:20 フィリピン・ボホール島 発(5J618便)
11:35フィリピン・マニラ 着
8/30
6:50 フィリピン・マニラ 発 発(3K763便)
11:50関西国際空港 着

■出発者:平成26年度 おかやま国際塾・塾生4名、引率1名
岡山大学 法学部2年  大津 祥子
岡山大学 法学部3年 永瀬 大騎
就実大学 薬学部3年 松原 嘉子
岡山大学 法学部3年 三宅 香菜子
AMDA職員 国際部 プロジェクトオフィサー/看護師 山崎 希(引率)

(注)おかやま国際塾とは
おかやま国際塾とは、県内の大学生に、国連認定NGOのAMDAが行う国際貢献活動の企画、立案および実施のすべてに関わる機会を提供することにより、国際貢献活動への理解を深めかつ企画および管理能力を身につけてもらい、社会のグローバル化に対応できる人材を養成することを目的として実施するもの。 国内研修では岡山大学法学部 黒神直純 教授やAMDA職員による講習を実施する。2011年度からスタートした本プログラムでは、第1回塾生として岡山県内の大学生8名が参加し、モンゴルでの海外研修活動実施。2012年度の2期生3名はインドネシアで、2013年度3期生3名はスリランカでの海外研修を行った。事前準備から学生が関わり、現地の大学生との交流やホームステイ、医療施設の視察などを通して、多くを学ぶ。

【お問い合わせ】
AMDAボランティアセンター内 おかやま国際塾実行委員
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086−252−7700 FAX:086−252−7717
E-mail: member@amda.or.jp 
http://www.amda.or.jp
 

投稿日:2014年08月21日


お知らせ :  招き猫美術館 会館20周年感謝祭 チャリティーアートバザール開催


画像をクリックしますと
pdfファイルが開きます

岡山市北区にあります「招き猫美術館」の開館20周年に合わせ感謝祭が開催されます。

開催日:2014年10月11日 12日 13日
場 所:招き猫美術館 岡山市北区金山寺865−1
入館料:200円

そのイベントの一つとしてアートバザールが開催され売上金をAMDAにご寄付くださいます。

ぜひご参加ください。

投稿日:2014年08月11日


お知らせ :  岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」公開講座 協力:AMDA 第11回災害セミナー開催のお知らせ-南海トラフ災害対応を考える

東日本大震災での様々な経験を、南海トラフ災害発生時の対応に生かし、緊急時のロジスティクスや、中長期化する避難所の運営など、被災者支援の具体について、私たちが日ごろから考えておくべきことは、たくさんあります。

今年の災害セミナーでは、AMDAがネットワークを組む岡山と四国の拠点となる方々に、それぞれの立場から東日本への関わりと、南海トラフにむけての準備、そして課題をお話しいただきます。

学生の方だけでなくどなたでもご参加いただけます。
ふるってご参加ください。

 


画像をクリックしますと
pdfファイルが開きます

【日時】8月30日(土) 13:15〜17:30 (13時受付開始)
【場所】岡山国際交流センター2F 国際会議場
【参加料】無料 ※事前の申し込みが必要です。

【プログラム】
■13:15〜13:20 開会にあたり
岡山県立大学大学院保健福祉学研究科長  高橋 吉孝

■13:20〜13:50 「災害後の医療支援活動のありかたについて」
講師:菅波 茂(AMDAグループ代表、医師)

■13:50〜14:10 「岡山県の東日本大震災への第一次緊急派遣に参加して」
講師:阿部 淳二(岡山県立大学副理事長 )

■14:20〜14:40  「総合健診車による災害時医療支援の可能性」
講師:麻田 ヒデミ(瀬戸健診クリニック 所長 )

■14:40〜15:00 「国際医療支援活動と国内災害対応」
講師:吉田 修(医療法人 さくら診療所 理事長 院長)

■15:00〜15:20 「地域医療と救急医療の実践」
講師:林 秀樹(医療法人 芳越会 ホウエツ病院 理事長・院長)

■15:30〜15:50 「災害時の官民連携と南海トラフへの備え」
講師:片岡 聡一(総社市長) 

■15:50〜16:10 「四国内での南海トラフへの備え」
講師:梶 正治(丸亀市長)

■16:20〜17:25
「様々な連携と準備の重要性:南海トラフ発生時に私たちは何ができるか」
登壇者によるシンポジウム
司会:菅波茂(AMDAグループ代表、医師)

■17:25〜17:30  閉会にあたり
AMDAボランティアセンター センター長  小池 彰和


【お問い合わせ】
AMDAボランティアセンター
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086−252−7700 FAX:086−252−7717
E-mail: member@amda.or.jp
http://www.amda.or.jp

投稿日:2014年08月11日


お知らせ :  「国際協力の視点で宗教を考える」ワークショップ参加報告

2014年7月6日、岡山大学において「国際協力の視点で宗教を考える」ワークショップが開かれ、AMDAスタッフもパネリストとして参加しました。

この企画は、国際医療勉強会ILOHAが「国際協力を行う上で宗教は人々のもっとも根底にある概念であるためとても重要となる」と考え、実情を知るためにRNNとAMDAをパネリストとして招へいし開催したものです。

はじめに、集まった学生と一般参加者の混合グループで、各々の宗教に対するイメージなどを話しました。その後、ILOHAからの質問を受けながら、RNN事務局長・黒住教副教主、黒住宗道先生が宗教者として、AMDAからは国際部部長、難波妙がこれまでの人道援助を通してNGOの立場から、国際協力の現場で向き合ってきた宗教に関係する様々な経験について紹介しました。

それを受けてさらにグループごとに国際協力の視点から宗教について深く掘り下げて考え、最後に各グループが新しい気づきについて発表しました。
 

終了後参加者から、以下のような感想が寄せられました。

  • 実際の体験談を聞けて興味深かった。新しい宗教への観念が生まれた
  • 宗教をテーマにした講演会は中々ないので面白い企画だったと思う。
  • 宗教についてわかったこともあったが答えが見つからず宗教について学ぶということはそう簡単なことではないと思った。まだまだ深く掘ればわからないことたくさんありそうなので勉強していきたい。
  • 宗教に対する考えが深まったというよりも、実際に国際医療の現場に出た時に役立ちそうなお話が印象的でその意味では有意義な時間だった。
  • 宗教について普段は勉強することがほとんどないため、このような機会に少しでも宗教の話を聞くことが出来て良かった。海外に行くときやボランティアをする ときには、宗教上のタブーについて知らないと恐ろしい事態を招きかねないことを知った。このイベントを通して、宗教について学ぶことの重要性を実感でき た。

【RNN(Religious NGO Network on Humanitarian Support)とは】
人道援助宗教NGOネットワーク。現在12の宗派・教団に所属する有志から構成され、国内外における人道援助活動を展開しつつ、慰霊・復興や世界平和を祈るつどい、宗教の正しい理解を広めるためのフォーラム等を開催している。1996年2月に発生した中国雲南省大震災に際して、AMDAの要請を受けた宗教関係者が、寺院や教会など宗派・教団を超えて支援物資の調達等を行ったことをきっかけに同年11月、正式に発足したものである。

【「国際医療勉強会ILOHA」について】
国際医療勉強会ILOHAは「世界を学ぶ・考える→行動に移す」を目標に岡山大学を拠点に様々な活動を学生主体で行っている。

投稿日:2014年08月05日


お知らせ :  学生フォーラム「ボランティアって楽しい」開催報告

2014年7月26日、AMDA高校生会が中心となって学生を対象としたフォーラムを開催しました。

会場には学生を中心として約50人の来場者があり13時半のスタートから16時半までの3時間。熱気あふれるフォーラムとなりました。

会の最初には、AMDA高校生会リーダーの森部さんから開催に向けての思いを会場の参加者に伝えられました。

基調講演では、AMDA高校生会OGで、現在AMSAのメンバーとして活躍する大学生の滝澤さんから幼いころからの思いや、高校時代のAMDA高校生会での活動。その思いを現在の大学での活動にどう生かしているかなど学生ならではの視点で、高校生へのメッセージを伝えてくださいました。

続いて学生からの報告として、AMDA高校生会による発表がありました。

学校を超えて、想いを持つ学生たちが、これまでに東日本の被災地に向けた支援やフィリピン台風の被災地に向けた支援活動などをどのように行ってきたか、どのような思いをもって取り組んできたかなどが発表されました。さらに発表の最後には、「ボランティアをするには、まず身近な人たちに対して優しくしなければ、身近な人たちを大切にしていくことから始めたい」という言葉で締めくくられました。

続いて岡山県立和気閑谷高等学校の発表では、先生たちから「やらされる」ボランティアではなく、学生たち「自らの思いでやる」ボランティアとして地元にある重要文化財・和気閑谷学校のボランティアガイドや地元の学童保育の手伝いなど、地域を大切にした様々な取り組みが紹介されました。ユネスコスクールとしての活動経験も報告されました。

岡山県立高松農業高等学校の発表では、生徒会が中心となって自分達の得意分野を活かして文化祭などで行ってきた取組。その成果として、海外での学校の建設、東日本大震災の被災地に向けた募金活動などの紹介がありました。先輩から代々受け継いできたボランティア精神、更にそれを広げる工夫など、手作りのコルクボードなどを披露してくれました。

広島県立福山誠之館高等学校の発表では、東日本大震災の被災地に向けた募金活動や岩手県大槌高校との交流。さらにはフィリピン台風30号の被災地に向けた支援活動と現地に行って感じた思いや、そこから得た経験によって、後輩たちにもつなげていきたいという熱い思いを発表してくれました。

報告の後は、参加者がグループに分かれて「高校生にできるボランティアと国際貢献」についてディスカッションを行いました。

初対面の学生が多いにもかかわらず、積極的な意見が飛び出し、それぞれの思いを共有しながらグループごとに意見をまとめていきました。

最後にはそれぞれのグループの代表者が前にでて、まとまった意見を発表しました。

今できることとして、知ること、SNSなどを通じて伝えること、身近な人に伝えること、今はしっかり蓄えること、などの意見や、より具体的なエコキャップの回収などのアイディアも出てきました。

参加した学生からは、
・同じ思いを持った人とこうして、意見を交わせることが楽しかった
・いろんな活動を聞けて、自分たちも次はこうしたいなどアイディアがわいた
など前向きな感想が多く寄せられ、多くの笑顔と、学生たちの前向きなエネルギーにあふれたフォーラムとなりました。

投稿日:2014年07月28日


(1) 2 3 4 ... 44 »

AMDA サイトマップ