1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

国別

分野別

プロジェクト

 支援者紹介

グンゼラブアース倶楽部様より冬用下着のご支援

公開日:2018年11月30日
 
 AMDA理事 難波 妙

西日本豪雨災害で被災した小規模多機能ホームブドウの家真備にグンゼラブアースクラブから頂いた冬用下着、(女性用タイツ:Lサイズ、Mサイズそれぞれ20枚、女性用インナー:Lサイズ、Mサイズそれぞれ25枚、男性用タイツ:Lサイズ、Mサイズそれぞれ10枚)合計110枚をお届けしました。

寒くなる日々、まだ半袖の下着しかないとおっしゃる方が、「温かい下着をまっていたからとてもありがたい。」と言いながら、自分に合うサイズを早速、探していらっしゃいました。また、ぶどうの家真備、代表の津田さんは、「近隣にも冬用下着はないかと聞きに来られる方もいらっしゃるのでお渡ししたい」とおっしゃっていました。



ぶどうの家真備の利用者13名の皆さんは、西日本豪雨災害で被災し、倉敷市真備公民館の園分館でほぼ4か月間の避難生活を余儀なくされました。AMDAは7月22日から8月31日まで看護師1名を、そして8月27日夜勤のため介護福祉士を1名派遣しました。今、ぶどうの家真備は、仮設に移り少しずつ再建に向けて進んでいます。AMDAはこれからもぶどうの家真備を応援してまいります。



尚、グンゼラブアース倶楽部様には、インド、ブッダガヤにあるAMDA Peace Clinicに近隣の妊産婦さんたちのための下着(ショーツ300枚)もご提供くださっています。
 
    •  日本
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援
    •  西日本豪雨災害

 
 
PAGE TOP