1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

国別

分野別

プロジェクト

 支援者紹介

相模原橋本ロータリークラブが西日本豪雨で寄付

公開日:2018年08月29日
 
広報担当参与 今井 康人

相模原橋本ロータリークラブより、西日本豪雨災害被災者のためのご寄付をいただきました。
同クラブのメンバーの皆さまから頂いたメッセージを紹介させていただきます。

この度の西日本豪雨災害(平成30年7月豪雨)により被害にあわれました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
相模原橋本ロータリークラブは、リニア中央新幹線の中間駅となる神奈川県相模原市緑区橋本にあるロータリークラブです。おりしも、中米ホンジュラス共和国に於いて、AMDA-MINDSさんにご協力を頂き、ロータリーグローバル補助金を活用した『母子の健康(安全なお産支援プロジェクト)』を実施しております。
今回発生した西日本豪雨災害でAMDAさんが行う医療支援活動を知り、何か被災地のお役に立つことができないか、メンバー全員で検討いたしました。
8月3日、4日、5日の3日間、県北有数の観光行事として発展し「神奈川のまつり五十選」にも選ばれた橋本七夕まつり(第67回)の会場で、七夕Rotary Dayと称してポリオ撲滅のための募金活動を行うことが決まっており、ここで支援金を募ることといたしました。
今年は、3日間を通して34.3万人が会場を訪れ、『AMDAさんの医療支援を通して必ず被災地で活用させて頂く』ことを来場者に呼びかけました。募金を頂いた方の中にはAMDAさんをご存知の方や、「岡山市と聞いて通り過ぎることはできない」と、わざわざ戻って募金をしてくださった岡山市出身の方もいらっしゃいました。


募金のお礼にロータリー風船をプレゼントし、当クラブ会員企業(株式会社イノウエ)から無償でご提供いただいている【組み紐体験】も行いました。厳しい暑さではありましたが、募金をしてくださる方々との会話を通して、楽しく有意義な募金活動となりました。多くの方のお心持から浄財が集まりましたので、皆様とのお約束のとおり支援金としてお送りいたします。被災地での活動にお役立てください。
心ならずも、今なお避難所での生活をされている皆様や、酷暑の中で復旧作業にあたられている皆様の健康と安全、そして一日も早い復興を衷心よりお祈り申し上げます。
相模原橋本ロータリークラブ
メンバー一同
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援
    •  西日本豪雨災害

 
 
PAGE TOP