1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


国別

プロジェクト

 支援者紹介

イオン倉敷の黄色いレシートキャンペーン AMDAがギフトカードを頂きました

公開日:2017年04月13日
 
イオン倉敷(倉敷市水江)「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の2016年度の贈呈式が4月11日、同店で行われ、AMDAがギフトカードを頂きました。

キャンペーンは毎月11日に行われています。買い物客は同店から受け取った黄色いレシートを事前登録した岡山県内26団体の専用ボックスのいずれかに投入、集まったレシート総額の1%分のギフトカードを各団体が受け取る仕組みです。イオンが企業の社会貢献の一環として全国で01年から実施し、倉敷店は06年に始めました。

贈呈式にはAMDAをはじめ身体障害者支援団体、小学校PTAの代表ら約50人が出席。目録を受け取った後、活動報告をしました。AMDAはボランティアの長門浩さんが「救える命があればどこへでも」などAMDAの理念と活動を説明し「頂いたギフトカードで災害時の備品を購入したい」とお礼を述べました。

贈呈式に先立ち、AMDAのボランティア6人は黄色いたすき姿で店内の買い物客にキャンペーンへの協力を呼び掛けました。
イオンは01年から15年度までの累計で、全国で延べ24万2600団体をサポートし、贈呈総額は27億8421万円にのぼります。イオン倉敷店は「今後もキャンペーンを続け、社会に役立ちたい」と話されていました。
 
    •  2017

 
 
PAGE TOP