1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

AMDA出版物

AMDA扱い出版物およびAMDA関連出版物のご紹介です。
AMDAの著書、共著書など8冊のほか関連出版物があります。
全国の書店、岡山県内書店(ジュンク堂、紀伊国屋書店、丸善、他)、インターネット(Amazon等)で発売中。
お問い合わせはお近くの書店まで。AMDAでも受付しております。  


AMDA出版物案内

書籍(AMDA扱い出版物)

 

【医師・看護師必読 臨床 外国人外来対応マニュアル】

小林米幸 著。2015年3月10日発行。出版元・株式会社ぱーそん書房
外国人医療に関する最新の法制度や医療制度を踏まえた外国人患者対応マニュアルで、医師・看護師・メディカルスタッフのための、現場で役立つ知識が満載です。全国書店、インターネット(Amazon等)で発売中。●外国人医療に関する最新の法制度や医療制度を踏まえた外国人患者対応マニュアル。 ●医師・看護師・メディカルスタッフのための、現場で役立つ知識が満載。診察するうえでネックになる問題点についてわかりやすく解説している。 ●AMDA国際医療情報センターに寄せられたトラブルケースも数多く紹介。 182p
(ISBN 978-4-907095-21-5, 定価 \2,500円+税)
 

【開かれた相互扶助 夢童〜世界平和への設計図〜】

菅波 茂 著。2015年3月10日発行。出版元・小学館スクウェア
菅波茂が毎日新聞に20年前から連載を続けているコラム「夢童」を書籍化。全国書店、インターネット(Amazon等)で発売中。人道支援とはどうあるべきか?紛争、災害、貧困における市民参加型の人道支援を実現するために、様々な活動を行ってきたAMDAグループ代表が、「毎日新聞」岡山版に20年間連載した行動記録の集大成!世界平和へとつなげる相互扶助の在り方。
[ ISBN-10 ]4797982195,[ ISBN-13 ]978-4797982190, 定価 \1,512円+税)
 

【AMDA被災地へ!東日本大震災 国際緊急医療NGOの活動記録と提言】

菅波 茂 著。2011年12月1日発行。出版元・小学館スクウェア
今回の緊急救援・復興支援に関わった人々や被災地の方々の声や今回に至る近年のAMDAの活動記録として、「AMDA被災地へ!―東日本大震災国際緊急医療NGOの活動記録と提言」(菅波茂編著)を12月1日 に小学館スクウェアから出版。AMDAが掲げる信念のもとに集った国内外の人々が被災地へ!ボランティア、ご支援者、被災地の方々、計77人からの寄稿、170枚を超える写真ともに、緊急援助の現場から発信する未来への提言となっている。全国の書店、岡山県内書店(ジュンク堂、紀伊国屋書店、丸善、他)、インターネット(Amazon等)で発売中。お問い合わせはお近くの書店まで。AMDAでも受付中。243p
(ISBN 978-4-7979-8735-5, 定価 \1,500円税込)
 

【医療和平 -多国籍医師団アムダの人道支援-】

菅波 茂 著。2002年5月2日発行。出版元・集英社
21世紀を生きる子ども達の命を救いたい! AMDAは北部同盟とタリバンの保健担当者を岡山に招聘。AMDAのアフガニスタン国内医療和平構想に両者は快諾し協力を約束してくれたが… 救える命があればどこへでも行くAMDAの緊急救援活動と危機管理。225P。
(ISBN 4-08-781262-6 C0095, 定価 \1,500+税)
 

【はばたけ!NG O・NPO 世界の笑顔にあいたくて】

(財)ひろしま国際センター 編。1998年3月25日発行。出版元・中国新聞社
自然災害・難民救済・環境破壊・高齢者福祉など様々なボランティア活動は国内だけでなく、国際的な広がりが求められています。本書は広島県とAMDA、(財)ひろしま国際センターが開いた第一回「NGOカレッジ」の講義録を中心にほぼ全分野にわたる国内外でのボランティア活動に必要な知識を集録しました。国際ボランティアを志す人に必携の書。328P。
(ISBN 4-88517-263-2 C1030, 定価 \1,850)
 

【AMDAの提言 人道援助の世界都市】

菅波茂 著。1996年11月25日発行。出版元・山陽新聞社
近づくNGO・NPOの時代に「西のジュネーブ、東の岡山」実現を!
AMDA国際大学、災害救助センター、国連ボランティア訓練センター、総合福祉研究所・・・と、多彩な構想。阪神大震災や難民の緊急援助体験、ボランティア活動の真髄とは。[山陽新聞賞]受賞記念出版。254P。
(ISBN 4-88197-607-9 C0036, 定価 \1,631)
 

【阪神大震災と市民ボランティア ・岡山からの証言と提言・】

小田 兼三、田代菊雄 編著。1995年9月1日発行。出版元・山陽新聞社
岡山は動いた!!5千人を超す犠牲者を出した阪神大震災。被災地では全国から駆け付けた百万人にものぼると言われるボランティア画活動し、中でも岡山県内〜は自治体、民間を問わず大勢の人が活動を続けてきた。其の主な救援活動と今後への提言を記録した。270P。
(ISBN 4-88197-544-7 C0036, 定価 \1,529)
 

【とび出せ!AMDA−AMDA・アジア医師連絡協議会の活動】

菅波茂著。1995年7月15日発行。出版元・厚生科学研究所
第1部 阪神大震災におけるAMDA医療ボランティアの動き。緊急救援活動における後方支援体制。防災への提言。
第2部 国際緊急救援での活動記録。バングラデシュ、ネパール、カンボジアやルワンダ、ソマリアなどの紛争地区での難民救援活動の記録。270P。
(ISBN 4-905690-21-8  C0030, 定価 \1,890)
 

【ルワンダからの証言 難民救援医療活動レポート】

AMDA著。1995年4月3日発行。出版元・中山書店
銃創、刀傷、コレラ、マラリア、そして栄養失調...毎朝6時、道路脇に並べられた死体をトラックが回収していく。少しでも其の数を減らすべく、難民キャンプで診療にあたった医師と看護婦による活動報告集。援助大国とはいえ、国際的なNGOと比べると組織は小さく財政的にも弱い日本のNGOが、劣悪な環境の中でルワンダ難民の為に活動した記録。198P。
(ISBN 4-521-00541-1  C0030, 定価 \2,039)
 

書籍(AMDA関連出版物など)

【なぜ医師たちは行くのか?】

国際医療ボランティアガイド
吉田敬三 編。2003年10月 羊土社。
人の命に国境はない! 医師として、看護師として、また友として、世界各地で医療協力に尽力する医療従事者たちの体験談を中心に、国際医療ボランティアの魅力と実態を紹介。
AMDA菅波茂理事長、三宅和久派遣医師も執筆。国際医療ボランティアを志す人必見の実践的ガイドブックです。
ISBN4-89706-840-1 C0030 定価 2200円+税

【緊急救援 出動せよ!!】

緊急救援10年の軌跡
三宅 和久 著。2003年2月 吉備人出版。
国境を越えた緊急医療活動で世界的に知られるまでになった国連NGO、AMDA。1991年、イラン国内のクルド難民支援医療プロジェクトからその活動に参加した三宅和久医師が、それぞれの現場で直面し、感じた人道支援の実際。中・高生にもわかるように、楽しくわかりやすくまとめたルポ。
ISBN4-86069-027-3 C0095 定価 1470円
 

【いきなり国際ボランティア】

旧ユーゴスラビアを行く
淀川 直美 著。2001年4月 株式会社 シーエムシー 発行。
初めての難民救援ボランティアの感動と涙の悪戦苦闘奮戦記。
「平和を守る努力は惜しんではいけない!」筆者の旧ユーゴスラビアから 平和な日本への厚いメッセージ。
ISBN4-88231-098-8 C0070 定価 本体1800円
 

【ホテル医二十五年】

岩本淳(AMDA名誉顧問、帝国クリニック院長)著
第4章でAMDAの活動が紹介されています。
印税相当額はAMDAを通じて途上国の子ども達の医療や教育のために使われます。252p
(ISBN 4-535-58277-7)
 

 

【愛をあげたい 小さな町の国際クリニックから】

小林米幸 著。1996年12月10日発行。出版・フェアフィールド 
「--- 勤務医で、専門医の道をひたすら進んでいた私だが、ある日、突然、開業したくなった。自分の目指す医療を、どうしてもおこないたかったからである。それは外国人も地域の住民として診ていくという、国際クリニックの開設であった。 --- 日常診療のなかで印象深かった外国人患者のみなさんとの交流の記録。国際化社会への道は遠いのか、近いのか、どちらなのだろうか。」215p
(ISBN 4-7952-6091-5 C0095, 定価 \1,339)
 

【熱帯医学】

清水利恭(国立国際医療センター), 高橋央(長崎大熱帯医学研究所/AMDA日本支部), 若杉なおみ(国立国際医療センター)訳。1997年3月刊行予定。出版・中山書店
あの世界的名著「Medicine Toropical」(Marc Gentllini原書編著)の待望の日本語訳。主な内容:総論、寄生虫疾患、真菌疾患、細菌疾患、ウィルス疾患、伝染病の予防、医学全般、小児科学、病害・有毒鉱物・毒性物質・気象障害、熱帯地方の臨床検査、熱帯地域での疫学の初歩、移民、旅行者、衛生教育ほか。
(ISBN 4-521-01051-2 , 定価\29,500 予約特価\27,500(1997/3/20まで))
 

【外国人患者診療・看護ガイドブック】

小林米幸著。2002年8月13日発行。出版元・株式会社ミクス
基本的な心構えや諸外国と日本の習慣の違い、外国人でも利用できる公的制度など、外国人患者の診療と看護に必要な情報を満載。A6判168P
(ISBN 4-86034-269-0 C3047, 定価 \1,900)
 

 

【16ヶ国語対応 診察補助表】

AMDA国際医療情報センター編。2002年12月発行。
英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、中国語、フィリピン語、タイ語、ベトナム語、ラオス語、カンボジア語、ペルシャ語、ベンガル語、ロシア語、フランス語、インドネシア語、ミャンマー語の順番に16言語。「受付・会計」「患者から医師へ」「医師から患者へ」の3つのパートで構成。頒布価格 5,000円。

問い合わせ先:AMDA国際医療情報センター
       東京:03-5285-8086
       関西:06-4395-0555

【9か国語対応 服薬指導の本】

AMDA国際医療情報センター編。1994年6月発行。
医療習慣の異なる患者への服薬上の注意点を9か国語
でまとめたもの。頒布価格 5,000円。
 

【6ヶ国語対応/外国人にも利用できる日本の医療・福祉ガイド 】

小林 米幸著。1993年1月29日発行。出版元・中山書店
日本語・韓国語・中国語・英語・スペイン語・ポルトガル語で、日本の医療制度・保険制度を説明した成書。外国人の方々の日本滞在中の強い見方になる。340p
(ISBN 4-521-00311-7 C0032, 定価 \3,000)
 

【International Medical Cooperation - Proceedings of the Hayashibara Forum 1993 】

林原フォーラム事務局編。
林原フォーラムの抄録集として、1994年7月にAMDA出版から日本語と英語で出版された。非売品。
問い合わせ先:AMDA本部事務局(086-252-7700)
 
 


 

 
PAGE TOP