1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

AMDA沖縄支部

AMDA沖縄支部

AMDAの実施する緊急医療救援チームへの医師・看護師の派遣。ことに、沖縄県からの移住者の多い中南米諸国での緊急医療救援活動にたいしては、貴重な沖縄からの医療人材の緊急派遣を行ってきたました。

主な活動実績

・ ニカラグア・ハリケーン(1998)緊急医療救援に、渡久地医師、大城看護師派遣。
・ エルサルバドル地震(2001)緊急医療救援活動に比屋根医師派遣。
・スマトラ沖地震大津波(2005年末)緊急医療救援に大城看護師派遣
・フィリピン・ミンダナオ島台風24号(2013年)緊急医療支援活動洪水緊急医療支援活動に喜久川看護師派遣。
 

AMDA沖縄支部団体概要

設 立 1994年10月4日設立
事務局 〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1-26-6
医療法人寿仁会 沖縄セントラル病院内
TEL:098(854)5511 FAX:098(854)5519
メール:o-centh1@nirai.ne.jp
支部長 大仲 良一
理 念 自然災害や難民に対する緊急救援活動の包括的システムの設備による 「民間からの国際貢献」並びに沖縄の「ユイマール(お互いに苦楽を共に助け合う)」や 「イチャリバチョーデー(出会ったその時から皆兄弟)」の精神に基づく在日外国人の支援等の具現化と活動の向上を図ることを理念とする。


AMDA沖縄支部活動概要

A. 非常急時

1. 発展途上国への医療、保健衛生面を通しての支援活動
2. 在日外国人への医療、保健衛生面での支援活動
3. 在日外国人への生活、言語面での支援活動
4. 在日外国人との友好親善活動
5. 県内NGO諸団体との連携
6. 企業ボランティア制度との連携
7. 地方自治体、研修制度との連携
8. 海外進出企業との連携
9. 緊急時に要求される項目の準備
10. 活動資金の調達
 

B. AMDA支部との緊密な連携による支援活動


1. 会員間の通信体制の整備及び輸送手段の確保
2. 救援物資、医薬品、食糧、その他の調達
3. 派遣人員の選定

 

 
PAGE TOP