1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

  • AMDAとは

    AMDAは相互扶助の精神に基づき、災害や紛争発生時、医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開。世界32の国と地域にある支部のネットワークを活かし、多国籍医師団を結成して実施しています。

  • AMDAグループ代表挨拶「医師である私の原体験」 グループ代表 菅波茂

    私がいちばん初めにアジアに関心を抱いたのは、福山誠之館高校(広島県福山市)の2年生の時です。
     1963年夏、私は1枚の写真に出会いました。当時の私とちょうど同い年くらいの一人の日本人兵士が、海岸の浅瀬に顔を半分突っ込んで死んでいる写真でした。夏の真昼でセミがうるさいくらいに鳴いていたのをよく覚えています。

  • AMDA理事長 成澤 貴子 御挨拶

    2013年11月1日付で、菅波の後任として理事長に就任いたしました。
    現在のAMDAがあるのは、岡山県内外の多くの御支援者、そして1000人を超える国内外の派遣者の、温かい善意と汗があってこそと感謝しております。2006年に国連経済社会理事会から総合協議資格を世界で137番目、日本のNPO法人で初めて得ることができました。

  • AMDA設立までの歴史

     AMDA(設立当時の名称:アジア医師連絡協議会)が設立されたのは、1984年。活動の原点は、1979年のカンボジア難民に日本の医学生グループ、西日本アジア医学生連絡協議会から派遣された医師一人(菅波茂)と医学生二人の活動までさかのぼります。 

  • AMDAグループ、支部、クラブについて

    AMDAグループとは、「認定特定非営利活動法人AMDA」のほかに「AMDA International」「特定非営利活動法人AMDA社会開発機構」「特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター」「アムダ国際福祉事業団」「AMDA兵庫」を含めた6団体およびAMDA国内支部、クラブから成ります。
    それぞれの団体、支部、クラブは独立した会計で運営されています。

  • AMDA活動年次報告およびその他 団体に関する資料

    今年度の年次報告、AMDAの設立趣意書、AMDAの定款、AMDA設立者(現 AMDAグループ代表)菅波茂の略歴などがご覧いただけます。


 
PAGE TOP