1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

未分類

 活動履歴

インドネシアAMDAフードプログラム現地報告(2019年3月)

公開日:2019年05月15日
 
AMDAインドネシア:アラニ・アクバル・ファクリ
 

畦道に残る野豚の足跡

2019年2月26日から3月23日にかけて、AMDAの有機農業プロジェクトのモニタリング調査を行う為、インドネシア南スラウェシにあるAMDAマリノ農場を訪問しました。

農場近くの川が氾濫し、土砂崩れが発生したことから、多くの農家では農作物に深刻な被害が及びました。「川の近くではかなりの被害が出てしまいました。再度作物を植え直さなくてはなりません。」田畑から土砂を取り除きながら、生産者のジャマルさんはこのように語りました。これに追い打ちをかけたのが野豚による被害です。せっかく難を逃れた田んぼも、場所によっては稲を食い荒らされる結果となりました。

一方、被害が及ばずに済んだ有機野菜は概ね良好な生育を続けており、害虫や病気等の被害も出ていません。収穫された野菜は、休暇でマリノを訪れる人々に向けて販売される予定です。これらの作物は、牛糞やもみ殻燻炭など自家製の有機肥料のみを用いて作られる為、生産に掛かるコストを大幅に抑えることができます。
 

生産者によるミーティング

今回のミーティングでは、AMDAマリノ農場の運営に関わるスタッフをはじめ、生産者全員が集いました。地滑りや洪水、稲の害獣被害に至るまで、被害を受けた田畑の復旧について、多くのことが討議されました。

尚、今回の訪問をもって、私自身、AMDAでの任務を終えることになりました。在職中は様々なことを学ぶ機会に恵まれ、多くの知識を得ることができました。同僚スタッフの方々、そして生産者の皆さんには家族のように接して頂き、大変嬉しく思っています。今後もAMDAマリノ農場の繁栄を心よりお祈りしています。
 

水田の様子

有機野菜の生育を観察


 
    •  インドネシア
    •  2019

 
 
PAGE TOP