1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

AMDA速報7 インドネシア津波被災者緊急支援活動

公開日:2019年01月02日
 

1月1日現在、AMDAはバンテン(Banten)州パンデグラン(Pandeglang)県のメディカルクラスターと情報を共有しながら活動を継続している。

12月31日、AMDAチームはメディカルクラスターからの情報をもとにパニンバン(Panimbang)村を訪問。結果、バンテン州防災局が運営する野外診療所に医療者として入った。この日は医師一人が24時間常駐しなくてはならない状況だったため、この医師は少しでも休むことができてありがたいと述べた。AMDAインドネシア医師は4人を診療した。

その後、チームはシダムクティ(Sidamukti)村のモスクに立ち寄った。津波襲来後、海沿いに住む約400人が夜間このモスクに来て室内外に宿泊するとのこと。チームはスペースを借り、がれきで負傷した人、発熱などの症状を訴える人など計30人を診療した。うち一人の子どもに深刻な循環器疾患の疑いがあることが判明、医師は近くの小児科のあるクリニックを紹介し受診を促した。


翌日1月1日も医療支援と物資支援を実施。AMDAチームの話を聞き、被災された人たちが朝から宿泊先を訪ねてきた。宿泊先近くのクリニックに来たが休診だったため、AMDA医師による受診を希望しているとのことで、医師は合計7人を診察。また、津波で被災した宿泊先の従業員たちにも、食料や生活用品を含む物資50世帯分を手渡した。

更に、近くのススカン(Susukan)村も訪問。多くの海沿いの住人が同村の家族や親戚の家に避難しており、数は約200世帯、1,000人。既に当日の支援物資はあるとのことだが、翌日に配布してもらえるようパンやベビーフード、おむつを提供した。子どもたちにはお菓子を配布したところ、笑顔で大きな声で「ありがとう」と日本語で言ってくれたことがチームを元気づけた。

その後、活動登録を行っているパンデグラン県のメディカルクラスターを訪問、活動報告するとともに医薬品支援を行った。
 

【AMDAインドネシア支部からの派遣者】
Dr. Adniyaria 医師 / AMDAインドネシア支部
Mr. Sahruna Madjid看護師 / AMDAインドネシア支部
Mr. Khusnul Yaqien 調整員 / AMSA(アジア医学生連絡協議会)

【AMDA本部からの派遣者】
神倉 裕太郎 (かみくら ゆうたろう) 調整員 / AMDA本部職員 /岡山市在住 26歳
 

【街頭募金のお知らせ】

1月7日(月)午後4時から5時まで 岡山駅地下からイオンモールへの地下連絡通路にて街頭募金を行います。

【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:
口座番号01250-2-40709 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188)
普通口座 番号1347410 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202)
口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■クレジットカード、PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。

【お問い合わせ】
認定特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086-252-7700 FAX:086-252-7717
E-mail: member@amda.or.jp
http://www.amda.or.jp
 
    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  インドネシア
    •  2018
    •  2019
    •  緊急救援・復興支援
    •  動画あり

 
 
PAGE TOP