1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

インド・ブッダガヤ地区ロータリークラブと協働でヘルメット配布、連携協定締結へ

公開日:2018年12月21日
 
インド担当 岩尾 智子
【ヘルメット配布による交通事故防止啓発活動】

2018年6月18日、AMDAはブッダガヤ地区ロータリークラブと協働で、ブッダガヤ在住のオートバイ使用者45名に先着順でヘルメットを配布しました。この事業は、同地区でオートバイ事故が多発していることから、交通事故防止啓発活動の一環として、ヘルメットを配布してもらえないか、という相談がブッダガヤ地区警察からブッダガヤ地区ロータリークラブにありました。同クラブからAMDAにも相談があったことから、ヘルメットにかかる費用を半分ずつ出し合い、協働でヘルメットを配布することとなりました。
配布時には、40℃を超える暑さにも関わらず、町の道がヘルメットを受け取る人で埋め尽くされ渋滞ができるほどで、ブッダガヤ地区警察にも警備面でご協力いただきました。通常、ヘルメットを被ってオートバイに乗っている人を見かけることがほとんどないブッダガヤですが、この日は猛暑の中、皆受け取ったヘルメットをすぐ着用していました。
ヘルメットを受け取ったハッサンは、「ヘルメットを贈呈してもらえてうれしい。このヘルメットは自分を守ってくれるし、ひいては家族を守ることにもなる。大切にしたい」と話しました。加えて、5か月後の11月、「以前、AMDAとブッダガヤ地区ロータリークラブからヘルメットをもらった。今でも大切に使っている。ありがとう。」と6月にヘルメットを受け取った青年から声をかけられ、啓発活動による影響力の大きさを実感しました。



【連携協定締結】

2018年6月に行った「ヘルメット配布による交通事故防止啓発活動」を協働で行ったブッダガヤ地区ロータリークラブとAMDAは連携協定を締結しました。
この協定は、特に災害時に協力していこうというものです。2018年8月に発生したケララ州洪水の際に、AMDAは被災地のロータリークラブと協力して活動した経緯があり、ブッダガヤ地区ロータリークラブの月例ミーティングでその経験を共有しました。ブッダガヤ地区ロータリークラブも、ケララ州洪水時に被災地支援をロータリークラブの繋がりで行ったと話し、災害時にAMDAと協力して活動していきたい、とメンバーから話がありました。
2018年11月17日、ブッダガヤ地区ロータリークラブ・パタック会長、AMDA菅波代表、AMDAインド支部ミナクシ事務局長がそれぞれ署名し、協力協定を締結しました。










 
    •  インド
    •  2018

 
 
PAGE TOP