1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

西日本豪雨災害支援活動に参加して

公開日:2018年11月17日
 
岡山倉敷フィリピーノサークル 相談役 大山 マージョリー

来日したモンゴル人医師に通訳として
同行する 大山氏(写真左)

豪雨が西日本を襲った当時、被災者の日常を脅かす事態になるとは思いもよりませんでした。岡山に住む外国人そして岡山倉敷フィリピーノサークル相談役として、私の最初の行動は被災地域に住むフィリピン人の安否確認でした。洪水のあった翌朝には、在大阪神戸フィリピン総領事館にその内容を報告できました。

AMDAの緊急支援活動で、コーディネーター兼通訳として活動する際、準備や被災地でどのような活動をするのか率先して見つけ出すのは参加者本人です。今回の活動は海外での状況とは違いましたが、被災地の景色は同じで、大きな悲しみが私を襲いました。総社市や倉敷市の被災地での医療支援活動中、熱中症、脱水、外傷や心的ストレスなどの患者が多く見られました。このような緊急時には、立ち止まってじっくり考える時間はありません。直観に従うのみです。AMDAの活動に参加できることをいつも光栄に思い、感謝しています。


 
    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2018
    •  西日本豪雨災害

 
 
PAGE TOP