1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

モンゴル人医師が岡山市で先端医療技術(内視鏡)を取得

公開日:2018年09月27日
 
広報担当参与 今井康人

モンゴルの男性医師が岡山県の国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業の助成を受け7月末に来岡、約2カ月間の研修を終えました。9月27日には同医師を岡山県に推薦したAMDA本部を訪れ、お礼とともに「学んだ技術を祖国で普及させ、患者サービスの向上に努めたい」と意欲を示しました。
 
医師はバドラフ ムンフバヤルさん(35歳)で、モンゴル国立医科大学の講師として勤務。同大学付属病院の内視鏡センター部長から「将来を担う若者に先端技術を学んでほしい」と推薦を受け、来岡しました。
 
岡山市では岡山済生会総合病院(岡山市北区)で、内視鏡の技術や環境衛生など包括的な医療を学びました。モンゴルでは胃がんの発生率が高く、上部消化管の内視鏡検査による早期発見が期待されています。
 
バドラフ医師は「日本人はお互いが助け合うという相互扶助の気持ちがあり、感動しました。私も今後はAMDAのメンバーとして役立ちたいです」と笑顔で話しました。
 
 
 
    •  グローバル人財育成(教育支援)
    •  モンゴル
    •  2018

 
 
PAGE TOP