1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

AMDA速報4 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

公開日:2018年08月31日
 
8月30日、数日前よりチェンガヌール・ロータリークラブとともに現地調査に入ったチェンガヌール町パンダナッド地区マナルトラ(Mnarthra)において、AMDAチームは食器を90世帯に配布した。調査の際、現地住民から「洪水によりほとんどの世帯で食器が流されている」との報告を受けた。地元特有の調理器具など、住民の方々と一緒に支援物資を選んだため、ニーズに合致した物資の調達と配付を行うことができた。

 

地元の方とともに支援物資を購入

支援物資の食器類

 

プッタと呼ばれるココナツミルクと米を蒸す、
料理をつくる地元特有の調理器具も支援物資とした
(プッタ:中央の白いもの)

配布した食器を手に、炊き出し場所に並ぶ女性たち


現地メディアの報道によれば、8月30日時点でのケララ州の死者数は少なくとも483人にのぼり、行方不明者は15人、305ヶ所の避難所に計59,296人が身を寄せている。被災した農地の面積は、計57,000ヘクタールにおよび、その被害総額は同州の年間支出額を既に上回っている(ケララ州当局発表)。
 
今後AMDAチームは、チェンガヌール町の中心部から3、4キロの距離にあるムラクザ(Mulakuzha)村ピララセリー(Piralassery)地区にて調査を行う。計28世帯が暮らす同村では、日雇い労働者が住民の大半を占めており、土地の高さが主要道路より低いため、屋根の上まで水に浸かった家もあるという。
 
8月29日にAMDAインド支部よりアーユルヴェーダ医師1名、8月31日にAMDAネパール支部より調整員1名が現地入りした。今後の更なる活動について検討していく。
 
【AMDA本部からの派遣者】
・ 岩尾 智子(いわお ともこ)調整員・看護師(米国資格)/ AMDA本部職員/岡山市在住/34歳
・ 松永 健太郎 (まつなが けんたろう) 調整員 / 元AMDA職員 / 熊本市在住 / 32歳
 
【皆様からの募金を受け付けております】
■郵便振替:口座番号01250-2-40709    口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■中国銀行 一宮支店(店番188) 普通口座 番号1347410  口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■楽天銀行 ロック支店(店番202) 口座番号7002547 口座名「特定非営利活動法人アムダ」
■クレジットカード、PAYPALでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。
ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 
【お問い合わせ】
認定特定非営利活動法人AMDA 事務局
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1  TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717 
E-mail: member@amda.or.jp  
http://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  インド
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP