1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

AMDA速報25 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

公開日:2018年07月31日
 


7月31日、本日も終日、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施した。

7月30日の活動レポート

 

勤労者総合福祉センター・サンワーク総社 保健師による健康支援と災害鍼灸チームの活動


現在18世帯39人が生活しているサンワーク総社の避難所で(30日時点総社市発表)、AMDAは30日も保健師1人と調整員1人が、自治体の保健師らと連携して、避難者の医療・健康支援活動にあたった。台風明けの月曜日ということで、仕事に出かけられる方、自宅の片づけに出る方が多く、日中に避難所で過ごす方は少なかった。しかしながらその一方で、避難所に残った方は外出する機会が少ないため、AMDA看護師が散歩に連れ出し、話し相手になるなどし、普段と違う環境の中でも避難者が落ち着けるよう心掛けた。加えて避難者の状況把握と、家族への連絡さらには自治体との連携による介護認定の進捗確認など、個別に細かいサポートを行った。

また午前にはAMDA災害鍼灸チームの鍼灸師2人が、4人の鍼灸治療にあたった。また「鍼治療を受けたいけれど、鍼が怖い」とおっしゃる方2人には、マッサージ施術した。治療後は「痛みがなくなった」「勧めてくださってありがとう、やっていただいて良かった」「前回していただいて、夜よく寝られた」など、それぞれに喜びの声をかけてくださった。

今回AMDAチームの1人として活動に初めて参加したスタッフから「報道では“何千人が避難”などと一言で言われるが、実際は一人一人、状況も環境も経験も違う。AMDAでは個別に現場の声を吸い上げて対応し、それをほかの現場や今後に生かしていて、素晴らしいと思った。」との感想があがった。避難所生活が4週目になり、長期化する中、被災者の方の状況は多様化している。今後もAMDAでは、状況にあわせて対応していくことで、避難所での被災者の健康状態が悪化しないように努めていく。

 

看護師による見守り対応 真備公民館薗分館(倉敷市真備町)


真備公民館薗分館には、近隣の施設から現在9人が避難している。いずれも見守りが必要な高齢者。AMDAは看護師1人を派遣し、施設職員とともに、特に人手不足となる夜間の見守りを中心に対応を行っている。30日は、トイレ介助や声掛けのほか、必要に応じてバイタルチェックなども行った。同施設での支援活動をスタートして1週間以上が経過し、AMDA看護師と避難者の方との距離も近づいていると感じている。同じ看護師が担当することで、介助される側と施設職員の負担軽減につながればと思う。今後も同看護師が引き続き活動を継続していく。

 

倉敷市立岡田小学校避難所 AMDA災害鍼灸チームからのレポート


29日は終日台風対応のため、鍼灸治療を休止して避難所で過ごされる方々の見守り、声掛けなどを行った。

そして台風一過となった30日は、「ケアルーム」での鍼灸治療を再開。15人の治療にあたった。うち、初診5人、再診10人に対応した。主訴としては腰、肩、背中の痛み。そのほかにも不眠、体の倦怠感、食欲不振などを訴える方もおられた。またどうしても避難所生活では、周りの方々に気を遣うことになり、片付いたばかりのエアコンのない自宅で生活をスタートさせたり、車中避難生活を送っておられる方もおり、そういった方にも気軽に足を運んでいただきやすい場所として「ケアルーム」の告知を行っている。

その他にも、岡田小学校避難所ではマッサージ師とあんま師が活動し、18人を対応した。さらに水とハッカオイルを使った足浴は12人が利用。2回以上足浴に来た方が9人もおられ、スタッフと話をしながら足のマッサージなどを受けることを「心身がリフレッシュする」と楽しみにしてくださっている方が多く、対応するスタッフにとっても楽しみな時間となっている。

 

派遣者一覧

 

■協力機関等からの派遣者(7月30日 総社市) *職種別五十音順


・柿内 靖(かきうち せい)保健師/AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム協力自治体・黒潮町職員/43歳
・山崎 真理(やまさき まり)調整員/地元ボランティア/56歳
他、調整員1名派遣
 

■協力機関等からの派遣者(7月30日 倉敷市真備町) *職種別五十音順


・稲葉 圭佑(いなば けいすけ)医師/ AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/30歳
・鈴記 好博(すずき よしひろ)医師/徳島大学・AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/52歳
・早瀬 麻子(はやせ まこ)看護師・調整員/AMDA兵庫/47歳
・吉冨 昌子(よしとみ まさこ)看護師/地元ボランティア/55歳
・山河 城春(やまかわ しろはる)看護師/AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/43歳
・小林 大祐(こばやし だいすけ)鍼灸師/AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/33歳(但し、午前中は総社)
・松村 幸子(まつむら ゆきこ)鍼灸師/ AMDA熊本鍼灸チーム/55歳(但し、午前中は総社)
・山崎 克枝(やまさき かつえ)あんまマッサージ指圧師/48歳
・篠原 慎一(しのはら しんいち)調整員/地元ボランティア/41歳
・中村 宥海(なかむら ゆうかい)調整員/地元ボランティア/47歳
他、調整員1名派遣
 

■本部からの派遣者(7月30日、派遣順)


・難波 妙(なんば たえ)調整員/AMDA本部職員/総社市在住/55歳
・岩尾 智子(いわお ともこ)看護師(米国資格)・調整員/AMDA本部職員/岡山市在住/34歳
・神倉 裕太郎(かみくら ゆうたろう)調整員/AMDA本部職員/岡山市在住/26歳
・大西 彰(おおにし あきら)調整員/AMDA本部職員/岡山市在住/50歳
・クリス バーフット 調整員/ AMDA本部職員/岡山市在住/26歳

 

【皆様からの募金を受け付けております】

■郵便振替■
口座番号:01250-2-40709 口座名:特定非営利活動法人アムダ
*通信欄に「西日本大雨緊急支援活動」とご記入下さい

■楽天銀行■
ロック支店 普通預金 口座番号:7002547
口座名:特定非営利活動法人アムダ

■中国銀行■
一宮支店 普通口座 口座番号:1347410
口座名:特定非営利活動法人アムダ

※PAYPAL・クレジットカードでの募金も受け付けています。
詳細はホームページをご覧ください。

なお、ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。

 

【お問い合わせ】AMDAボランティアセンター

〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1 TEL:086-252-7700
FAX:086-252-7717
E-mail: member@amda.or.jp
http://www.amda.or.jp
    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援
    •  西日本豪雨災害

 
 
PAGE TOP