1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

AMDA速報15 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

公開日:2018年07月21日
 
7月21日、厳しい暑さが続く中、AMDAは総社市および倉敷市真備町の 避難所を中心とした医療・健康支援活動を継続している。
その他にも、倉敷市立岡田小学校避難所・体育館で、弁護士の方によ る法律相談を避難所内で巡回して行った。
また再開したまび記念病院 への医師、看護師、調整員の派遣なども行っている。
なお、活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力 自治体である黒潮町、協力医療機関である社会福祉法人旭川荘、協力 団体である生活協同組合おかやまコープ様などからもスタッフの派遣 協力をいただいている。

*当プラットフォームは、AMDA、岡山県、香川県、高知県、徳島県の協 力自治体、協力医療機関と企業などにご参加いただいて、南海トラフ 災害が発災した際、協力して被災地支援を行っていく体制のこと。
 

 助かった命の健康を守る活動 避難所での生活をサポートする

健康支援プログラム
(総社市真壁:勤労者総合福祉センター・サンワーク総社)


20日も引き続き、20世帯54人が避難しているサンワーク総社(20日 時点)に避難している被災者の方々へ健康支援プログラムを継続し ており、AMDA医療チームが約10人の方への対応を行った。
AMDA保健師1名と調整員1名はと自治体の保健師などが協力、連携し て見守り、声掛け、体操への促し、食事に関するアドバイス、避難 所の衛生環境の整備や呼びかけ、健康相談、介助などを行った。
こ の日は、家の片付けにでられない高齢者1名にAMDA保健師が同行し、 避難所の周りを数分散歩した。
暑い中ではあったが、少し外にでる ことによって、避難者の気分転換になった。
また同施設内には、体 育館のような広い避難スペースもあり、間仕切りのない中で数家族 が生活している。
室内ではエアコンが付いているものの、風の当た り具合などで温度に偏りがあり、風が当たらない場所では熱中症、 風が良く当たる場所では風邪などにならないよう、注意が必要であ る。本日21日も同避難所での活動を継続している。
 

被災から2週間、疲労の蓄積が深刻化

マッサージおよび災害鍼灸を取り入れた健康支援プログラム
(倉敷市真備町:倉敷市立岡田小学校 ひまわり教室)


20日は午前中から、施術室を移動した。これは、これまで利用させ ていただいていた倉敷市立岡田小学校敷地内の岡田幼稚園の部屋が、子どもたちの預かり保育が再開することを受け、利用できなくなっ たため。
幼稚園の機能が一部でも復旧しつつあることは非常に喜ば しいことである。
正午には移動が終わり、午後からは「ケアルーム」として、岡田小 学校のひまわり教室でマッサージの施術、鍼灸治療の受付を再開、 マッサージを7人に、鍼灸治療を8人に施術することができた。
また 午前中、施術室の移動の時間を使って、避難所となっている体育館 内をマッサージ師が巡回。
声掛けを行いながら、避難者の方の状況 を確認し、6人に対して施術を行うことができた。

マッサージの施術、鍼灸治療それぞれを通じて、スタッフが感じる ことは「全員気力が弱ってきている。」ということ。
「夜寝られな い」と口にする方も多く、発災から2週間が経過し、疲れが体や心 に蓄積していることが見えてきている。
また、昨日ケアルームに立 ち寄った子どもの脈診や触診で、睡眠不足や疲労の状況が見て取れ たため、具体的に質問を行っていくと、やはりなかなか夜眠れてい ないということが判明。
そこで、積極的な体調不良を訴えることが できない方や、自覚症状として出てない方の掘り起こしも含め本日 21日の午前中は、避難所での巡回マッサージと、鍼灸師による問診、 声掛けに充てた。
午後2時からはケアルームでの受付を再開してい る。

 

 

▲ ひまわり教室に移動した、AMDAのケアルーム ▲

 

派遣者一覧 

■協力機関等からの派遣者(7月20日 総社市) *職種別五十音順

・伊賀 未来(いが みく)保健師/ AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム協力自治体・黒潮町職員/36歳
・安川 篤子(やすかわ あつこ)調整員/生活協同組合おかやまコープ/47歳
・林 裕美(はやし ひろみ)調整員/AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)/42歳
 

■協力機関等からの派遣者(7月20日 倉敷市真備町) *職種別五十音順

・鈴記 好博(すずき よしひろ)医師/AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/52歳
・森 將晏(もり まさはる)医師/AMDA参与/71歳
・相羽 亜紀子(あいば あきこ)看護師/AMDA兵庫/43歳
・太田 博美(おおた ひろみ)看護師/旭川荘療育・医療センター/50歳
・森野 佐奈美(もりの さなみ)看護師/地元看護師ボランティア/46歳
・谷口 剛志(たにぐち たけし)鍼灸師/明治国際医療大学はりきゅう学講座/43歳
・藤井 竜一(ふじい りゅういち)鍼灸師/朝日医療大学校鍼灸学科/53歳
・石堂 智行(いしどう ともゆき)調整員/AMDA ERネットワーク登録メンバー/48歳
・中村 宥海(なかむら ゆうかい)調整員/地元ボランティア/47歳
・西村 輝(にしむら あきら)調整員/AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/56歳
・松永 健太郎(まつなが けんたろう)調整員/AMDA緊急救援ネットワーク登録メンバー/32歳
 

■本部からの派遣者(派遣順)

・難波 妙(なんば たえ)調整員/AMDA本部職員/総社市在住/55歳
・橋本 千明(はしもと ちあき)看護師/AMDA本部職員/岡山市在住/38歳
・神倉 裕太郎(かみくら ゆうたろう)調整員/AMDA本部職員/岡山市在住/26歳
・岩尾 智子(いわお ともこ)看護師(米国資格)・調整員/AMDA本部職員/岡山市在住/34歳
・三宅 孝士(みやけ たかし)理学療法士・調整員/赤磐市役所職員(AMDA本部に出向中)/56歳
・大西 彰(おおにし あきら)調整員/AMDA本部職員/50歳
・クリス バーフット 調整員/AMDA 本部職員/岡山在住/26歳
 

【皆様からの募金を受け付けております】

■郵便振替
 口座番号:01250-2-40709 口座名:特定非営利活動法人アムダ
 ※通信欄に「西日本大雨緊急支援活動」とご記入下さい
■楽天銀行
 ロック支店 普通預金 口座番号:7002547 口座名:特定非営利活動法人アムダ
■中国銀行
 一宮支店  普通口座  口座番号:1347410 口座名:特定非営利活動法人アムダ
■PAYPAL・クレジットカードでの募金も受け付けています。詳細はホームページをご覧ください。

なお、ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、その活動の支出経費を超えた場合には、
他の緊急救援活動に充当させていただくことがあります。ご了承をお願いいたします。
 

【お問い合わせ】

AMDAボランティアセンター
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL:086-252-7700  FAX:086-252-7717
E-mail: member@amda.or.jp http://www.amda.or.jp

    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  日本
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援
    •  西日本豪雨災害

 
 
PAGE TOP