1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

AMDA連携野土路農場で田植え体験

公開日:2018年06月05日
 
AMDA参与 今井 康人

 フードプログラムの一環として、有機無農薬栽培で稲作に取り組んでいる新庄村のAMDA連携野土路農場で6月2日、田植え体験が行われ、地元農家をはじめ岡山、玉野市などから約20人が参加しました。
田植えは約8アールの水田で行われ、10センチ程度に成長したコシヒカリの苗を約1時間かけ、横に張った糸の目印に植えていきました。


 初めて体験する参加者も多く、泥に足を取られるなど悪戦苦闘をしながらも、慣れるに従って手際よく処理していました。真庭市富原から参加した主婦(56歳)は「田植えは楽しく、夢中になって時間の経つのを忘れました」と額の汗をぬぐいながら笑顔で話していました。
続いて、害虫駆除に役立つ生後15日程度のアヒル70匹を次々と水田に放ち、子どもたち「かわいい」と歓声を挙げて大喜び。新庄小学校2年の女子児童(7歳)は「アヒルの毛はふわふわして気持ちが良かった」と話していました。
 参加者は地元農家手づくりの豚汁やおにぎり、新鮮な野菜サラダに舌鼓を打ちながら、子どもたちによる新庄田植え踊りを見学し、盛んな拍手を送っていました。

今秋の収穫期には稲刈り体験が行われる予定です。

アロイシウス・シタミ農場長の話
田植えは農場を開設してから7回目。今年も多くの参加者でにぎわい、うれしかった。おいしいお米が食べていただけるよう頑張りたい。








【メモ】野土路農場
アジアへの有機農業の普及・啓発を目的に2012年から始まった。1ヘクタールでコシヒカリやヒメノモチ、野菜を栽培。農場長はマレーシア人で、奥さんは日本人。収穫した米はAMDA職員がプロジェクト関係国の在日公館などを表敬訪問し、贈呈している。



新庄田植え踊り保存会が活躍

江戸期から地元で歌い続けられたとされる「新庄田植え唄」。三味線や太鼓などの演奏をバックに、地元の農家の人たちが歌う。軽快なリズムで、歌詞は4番まであり、唄の長さは約5分間。地元民が唄に振り付けをしたのは2016年で、子どもたち25人でつくる保存会「新庄田植え踊りの仲間たち」を結成。週1回の練習に励んでいる。
 
新庄田植え唄の歌詞の一節を紹介します。

大山のやーハーイサー 横手の空で
舞う霧がやーハーイサー 舞う霧がやーハレー
舞う霧がやーハレー
新庄に降りて雨となる

 
    •  有機農法(生活向上)
    •  日本
    •  2018

 
 
PAGE TOP