1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

 活動履歴

大槌健康サポートセンターだより

公開日:2018年05月16日
 
AMDA大槌健康サポートセンター長 佐々木 賀奈子

4月12日におかやまコープさんから寄贈していただいた軽自動車が届きました。
 
お陰様でたっぷり荷物が積めます。

織り機を積んで会場に持ち込み、さをり織り教室を開催いたしました。
今回内陸部からお越しいただいている講師の方がお休みでしたが、参加者同士で教えあい、お互いにお勉強になり楽しかったです。
さをり織りの縦糸をかける難しさも出来上がると喜びになります。隣の部屋で鍼治療を受けていた患者さんは、カランコロンとリズミカルな音が心地いいと話されていました。

大槌でも桜が咲き始めました。
 昔話で孵化場でお花見した話でもり上がりました。
  

4月18日におかやまコープの理事長様、宮古のかけあしの会 菅原様が来町いたしました。
 大槌健康サポートセンター事業で使用させていただく軽自動車贈呈式をおこないました。
 木工瓢箪ランプを製作している町民の皆様も参加してくださりました。
おかやまコープさんの皆様からのメッセージをよみながら、お土産のきびだんごをいただきました。
 木工細工や手芸品の販売のヒントを理事長様からアドバイスをうけました。
色々な建物がたち町並が変わって健サポの道わからなかったと理事長様はお話していました。
また震災後、初めて来町したとき、慰めていいのか?励ましていいのか?
 私が 緊張しているのか、厳しい顔していたよ!7年たち今日はいい笑顔だと理事長様は話されました。
 自分自身では気がついていなかったのですが、来町者さん、患者さん、利用者さんの前で、強がっていたのかなぁ(笑)
今は各教室事業でお互いを気遣い、笑える集える場所があります。
おかやまコープの皆様の長期的な御支援のお陰です。
 感謝いたします。
 細やかですが、健美館より ひょっこり瓢箪島を描いた瓢箪ランプを理事長様にお渡ししました。


〜 生活協同組合おかやまコープ理事長様より大槌町の皆さまへのメッセージ 〜

AMDA大槌健康サポートセンターの皆様の日頃の活動に対し、心から敬意を表します。
おかやまコープは同センターが開所された当初より、組合員とともに様々な活動をすすめてきました。この間も、おかやまコープの組合員や職員が訪問してお世話になっております。
何かしらお役に立ちたいという気持ちをもって、「健康増進事業」で使用する軽車両の購入費用を贈呈いたしました。
今後もご縁のある大槌町とおかやまコープをつなぎ、皆様の状況に合う活動をすすめていく所存です。
生活協同組合おかやまコープ理事長 平田昌三


 
    •  2018
    •  緊急救援・復興支援
    •  東日本大震災

 
 
PAGE TOP