1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

第2回AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議

公開日:2018年03月09日
 
2018年1月27日から2日間の日程で、第2回AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議をマレーシアの首都クアラルンプールで開催いたしました。会議には14ヶ国から総勢46名の支部長と関係者が出席しました。

会議の主題は、AMDAがすすめる世界平和パートナーシップ(GPSP)の進捗とAMDA南海トラフ災害対応プラットフォームの振り返り、また近い将来確立していく新たなコンセプトである世界災害医療プラットフォームに関するアイデアを共有することです。いずれもAMDAの開かれた相互扶助の精神を具現化した取り組みで、これらの議題について深く議論が交わされました。

今回の会議で特徴的だった点は、パートナー団体の参加があったことです。パートナー団体として独立行政法人国立病院機構福山医療センター、ベトナム国防省175軍病院、台湾衛生省より参加した台湾IIHA(International Health Action)、ジャパンプラットフォーム、TICO、NPO法人TMAT、モンゴル103救急サービス、そしてAMSA(アジア医学生連絡協議会)関係から、AMSA Alumni(卒業生部会)AMSA International、AMSA Japanが参加しました。

会議は菅波茂AMDAグループ代表のスピーチで開会し、AMDAフィリピンの新しい支部長が紹介されました。その後、菅波代表は「GPSPをより推進し、アジアで頻発する災害に対し5者(国連機関/国際機関・政府/軍・NGO/NPO・大学・企業)の連携強化を目指したい」と参加者全員の協力を呼びかけました。

連携強化を呼びかける菅波代表

進行をつとめる
AMDAバングラデシュナイーム医師と菅波代表

AMDAは現在、世界平和パートナーシップ(GPSP)構想のもと存在するプラットフォームとして4分野を推進しています。4分野の内訳は、平和構築分野は『世界災害医療プラットフォーム(構想)』、『AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム』、教育支援支援分野は『トリプルAパートナーシップ・プログラム』、『AMDA子ども食堂支援プログラム』、健康増進分野は『国際医療貢献プラットフォーム』、生活支援分野があります。

活発なディスカッションの後、会議は今後もAMDAの「開かれた相互扶助」、「パートナーシップ」、「ローカルイニシアチブ」のコンセプトのもと、協力しながら「相互扶助ミッション」をすすめていく宣言を採択し、参加した支部長とパートナー団体のメンバー全員が署名をして閉会しました。

パートナー団体、
モンゴル103救急サービスのサキヤ氏

会議場の全景

 

    •  マレーシア
    •  2018
    •  AMDA海外支部
    •  会議・セミナー・報告会

 
 
PAGE TOP