1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

フィリピン緊急支援へ2次派遣

公開日:2017年12月22日
 
調整員大山マージョリーさん(右)と三宅孝士さん

調整員大山マージョリーさん(右)と三宅孝士さん

AMDA本部は12月22日、台風26号が上陸し大きな被害が出ているフィリピンの緊急支援のため、第2次派遣をしました。

フィリピン出身で調整員の大山マージョリーさん(岡山倉敷フィリピーノサークル代表)と、同じく調整員で理学療法士の三宅孝士さん(赤磐市からAMDAに出向中)の2人。

AMDA本部(岡山市北区伊福町)で出発式があり、赤磐市職員が友實武則市長の激励文を代読し、2人は「必要な支援に的確に取り組みたい」と意欲を示しました。

2人はJR岡山駅午前8時53分発の新幹線で出発。関西国際空港で乗り換え、午後4時40分にフィリピン・マニラに到着する予定。当面は被災地で不足している食糧品などの物資を配布、現地の医師会と相談し医療支援のサポートも検討しています。

現地の報道によると、12月19日現在で41人が死亡。フィリピン国家災害対策本部(NDRRMC)によると、約100万人以上の生活に影響を及ぼし、約10万人が避難しています。この状況に加え、勢力を強めている低気圧がフィリピンに近づいており、警戒を強めています。
 
    •  GPSP多国籍医師団(平和構築)
    •  フィリピン
    •  2017
    •  緊急救援・復興支援

 
 
PAGE TOP