1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

書き手・新聞雑誌

 活動履歴

生協おかやまコープと協定10周年のつどい

公開日:2017年10月23日
 
生協おかやまコープ主催の「AMDA協定10周年のつどい」(AMDA、AMDA社会開発機構共催)が10月23日、岡山市北区奉還町のオルガホールで、会員ら約100人が出席して開かれました。

おかやまコープの平田昌三理事長が「協定を結び、AMDA基金を設けたのは、会員の提案がきっかけでした。あれから10年が経ちましたが、今後も"岡山発国際貢献"を一緒に発信していきたい」とあいさつ。市川洋子全体理事がおかやまコープの活動報告をしました。

AMDAグループの報告もあり、ボランティアセンターの成澤貴子センター長が「"多様性の共存"などAMDAの活動理念を説明した後、「お互いの違いを大切にすることで平和を目ざしたい」と述べました。
AMDA職員とAMDA社会開発機構の業務調整員は、フィリピンやネパール、ホンジュラスの取り組みを発表。おかやまコープとAMDA社会開発機構のメンバーがメッセージカードなど手作りの贈り物を交換しました。

続いて、クイズや交流タイムがあり、和やかな会話を通し会場には笑顔が広がりました。
協定は2007年、国際協力支援活動のパートナーとして双方が締結しました。生協おかやまコープでは「支援の最終目的は支援を受ける人々の自立。お互いの心を許し合う関係づくりを支援の根底にして活動したい」としています。


 
    •  日本
    •  2017

 
 
PAGE TOP