1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

書き手・新聞雑誌

 活動履歴

「国際医療貢献プラットフォーム」岡山で設立総会

公開日:2017年07月10日
 
世界の命を守る仕組みづくりを目指す一般財団法人「国際医療貢献プラットフォーム」の設立総会が7月9日、岡山市内のホテルで開かれました。
プラットフォームは、AMDAが昨夏、開いた第4回国際貢献医療フォーラムで、参加者からの提案をきっかけに設立が決まりました。
今後の取り組みとして、先端技術の開発や災害時の支援、人材育成に取り組む医療、財界、教育関係者らがノウハウや情報を持ち寄ることで、岡山から「日本発世界貢献」を目指します。


総会には、評議員や理事をはじめ、県内外の約200人が出席。代表理事の佐野俊二・米カリフォルニア大サンフランシスコ校医学部教授が「各界で活躍されている人たちが情報交換し、団結することで大きなパワーが生まれる」とあいさつ。同じく代表理事の菅波茂・AMDAグループ代表は「日本のモデルを各国に伝え、信頼関係を構築したい。志と力を貸してほしい」と呼び掛けました。

自治医科大の永井良三学長は「日本医療体制の解題」と題して講演。「お互いが支え合う持続可能な社会の実現に向け、足を地につけて挑戦してほしい」と訴えました。
続いて、祝賀会があり、中島基善ナカシマホールディングス社長の音頭で乾杯し、出席者らは和やかに歓談しました。

プラットフォームの相談役、顧問は次の皆さんです。(敬称略)
【相談役】岡田茂(認定NPO法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会理事長)
【顧 問】上昌広(特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長)▽小西恵一郎(公益財団法人国際医療技術財団代表理事)▽永井良三(自治医科大学長)▽吉岡洋介(ローム・ワコー株式会社名誉会長)▽川家廣(川宗家19代目・川記念財団理事)、就任予定


 
    •  日本
    •  2017

 
 
PAGE TOP