1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

 活動履歴

  • スリランカ洪水被災者緊急支援活動 参加看護師からの報告

    公開日:2019年02月26日
    緊急救援ネットワーク看護師:山崎秀明
    (派遣期間:2018年12月26日〜2019年1月9日)
    (派遣場所:スリランカ(コロンボ・キリノッチ・ジャフナ)

    2018年12月末に起きたスリランカ洪水の被災者に対する緊急支援活動に参加された山崎看護師の報告をご紹介いたします。
     

    1)    支援活動参加の経緯

    これまで国際災害支援に関して学習・訓練を重ねて、派遣の機会に備え準備してきました。その中で、国内の洪水に対しての災害医療支援の経験と、2018年のインドネシアのパルを中心とした地震・津波の際に国際災害医療支援の経験を経てきました。そして、年末に今回スリランカで発災した洪水に対する緊急支援のミッションの要請がありました。今までの災害医療全般に対する

    • インドネシア津波被災者緊急支援活動・スリランカ洪水被災者緊急支援活動報告会

      公開日:2019年01月23日
      AMDAスタッフ 萩原 美和

      12月22日インドネシア・ジャワ島バンテン州で発生した津波及び、12月21日スリランカ・北部州キリノッチで発生した洪水により被災した方々への緊急支援活動のため、AMDA本部より派遣されたインドネシア 神倉 裕太郎 調整員、スリランカ 山崎 秀明 看護師の2名による活動報告を1月9日AMDA本部にて行いました。

      • AMDA速報3 スリランカ洪水被災者に対する支援活動

        公開日:2018年12月30日

        27日も継続して、AMDAスリランカ支部は協力団体であるセント・ジョン救急サービス(St. John Ambulance Sri Lanka)と一緒に、スリランカ北部州キリノッチ(Kilinochchi)で被災者への支援活動を行った。10ほどの避難所キャンプが集中している地域があり、約100人が避難する1地域で、物資支援として床に敷くマットを配布。同時に医療支援も行い、外傷は少ないものの、呼吸器系疾患が多くみられた。

        • AMDA速報2 スリランカ洪水被災者に対する支援活動

          公開日:2018年12月27日
          AMDAスリランカ支部は発災直後からスリランカ洪水被災者緊急支援活動を開始している。AMDAは地元支部の要請を受け、日本から看護師1人をスリランカに派遣した。現地入りする看護師は、出発前に「日本から駆けつけることで、言語の壁を越えてスリランカの人たちに何か喜んでもらえることができたらと思っている。2018年9月に発生したスラウェシ島地震でAMDAの支援活動に参加した経験と自主的な勉強や訓練を生かすことで、現地に貢献出来たらと思っている。」と意気込みを語った。本日27日、午前8時59分に岡山駅を出て、午後1時55分に関西空港からスリランカに向けて出発した。

          • AMDA速報1 スリランカ洪水被災者に対する緊急医療支援活動

            公開日:2018年12月26日
            スリランカ災害管理センターによると、発達した低気圧の影響により北部州で大雨が数日降り続き、洪水が発生した。24日の情報ではこれまでに1人が死亡、11,310人が避難を余儀なくされ、およそ74,793人(23,265世帯)が影響を受けている。スリランカ政府によると、北部州の5県、ムライティブ、キリノッチ、マンナー、ワウニア、ジャフナ(Mullaitivu, Kilinochchi, Mannar, Vavuniya, Jaffna)全てが被災。スリランカ海軍は22日に被災者救助のためムライティブとキリノッチにヨット9隻と海軍6チームを派遣している。

             
             
            PAGE TOP