1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体

 活動履歴

  • 震災が起きた後で死なないために〜「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

    公開日:2017年04月28日
    震災が起きた後で死なないために〜「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

    熊本地震でともに活動させていただいた野口健氏が本を出版されましたのでご紹介します。

    • 11月13日山陽新聞掲載記事

      公開日:2016年11月15日
      11月13日山陽新聞にて、AMDA熊本地震支援活動に関する記事が掲載されました。甚大な被害を受けた熊本県益城町出身であるAMDA・難波妙が、現地での約1か月間におよぶ支援活動の中で見た被災地の現状などをお話しています。こちらからご高覧ください。

      • 熊本地震から半年

        公開日:2016年10月14日


        10月9日、AMDA職員 橋本看護師(4月の緊急医療支援活動の際にも益城町で活動)が熊本県益城町を訪れました。
        AMDAは現在、益城町に唯一残る避難所である益城町総合体育館で熊本在住の鍼灸師による鍼治療を週1回継続しています。

        • 益城町 西村博則町長からメッセージが届きました

          公開日:2016年09月30日
          熊本地震を体験し思うこと 益城町長西村博則今回の熊本地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された全ての皆様にお見舞い申し上げます。震度7の地震が2回も発生するという、誰もが予想できない事態が起こり、地震発生当初、私は「何で益城町なのだ!」と持って行きようのない怒りと絶望感に襲われていました。しかし、「自分たちも頑張るから町長も頑張れ!」「私たちに何かできるこ

          • 「野口健 熊本県益城町 テント村プロジェクト報告会」のご案内

            公開日:2016年08月31日
            AMDAと連携協定を結んでいる総社市の環境観光大使である登山家の野口健氏が、9月19日(祝)に「野口健熊本県益城町テント村プロジェクト報告会」を行います。皆さま、ぜひ足をお運びください。「野口健熊本県益城町テント村プロジェクト報告会」講師:登山家野口健氏(総社市環境観光大使)日時:平成28年9月19日(祝)午前10時から12時会場:総社市民会館参加費:無料定員:約1000名主催:総社市お問い合わせ

            • ネパールニュースサイトで紹介したAMDA活動記事

              公開日:2016年08月19日
              AMDAは昨年4月に発生したネパール中部地震でAMDAネパール支部と協力して緊急救援活動を行いました。
              現在も、車いす製造支援など、復興支援活動を続けております。
              また、ネパールのテレビ局イメージチャンネル研修員たちを日本に招待し、岡山と東北で研修を行いました。

              そして、今年4月に発生した熊本地震ではネパールの方々も心を痛めていました。

              • 「周産期等の女性にやさしい災害対策研修会」で報告

                公開日:2016年08月08日
                今回の熊本地震被災地での支援活動を踏まえ、災害時における周産期等の女性に対する支援を徳島県全体の関係者で学び、
                避難行動要支援者対策の充実を図ることを目的に、「周産期等の女性にやさしい災害対策研修会」が7月30日、徳島県美馬郡のつるぎ町半田病院で行われました。
                当日は、「災害時に母児を守るため、私たちができること」と題して、国立保健医療科学院生涯健康研究部、
                主任研究官の吉田穂波先生が講演され、引き続き、つるぎ町立半田病院内科医長、DMAT隊員、河野誠也先生、

                • 熊本市の特別養護老人ホーム「シルバーピアさくら樹」大内麻由美訪問介護事業所 所長からのメッセージ

                  公開日:2016年07月13日
                  熊本地震を体験してシルバーピアさくら樹大内麻由美平成28年4月14日(木)、21時26分頃に人生初めての震度7という地震に遭い、家の家具が全て倒れたが奇跡的に家族全員怪我もなく、命からがら着の身着のまま歩いて益城町保健福祉センターに避難した。一時間もしないうちにテレビ局、新聞記者の車が次から次に進入し、私達にカメラをむける。「震源地益城町、震度7、どんな感じでしたか?」と聞かれ、改めて自分達の身に

                  • AMDA速報24 熊本地震緊急医療支援活動

                    公開日:2016年07月13日
                    4月14日の熊本地震発生から、明日で3か月となる。AMDAが活動を行っている益城町立広安小学校に最大800人いた避難者は、7月13日時点で体育館に102人、特別活動室に6人、車中泊は3人、トレーラーハウスは7人の合計118人となった。仮設住宅に入った方々や、自宅の片づけが終わった方々が避難所を離れられて、少し避難者数は減ったものの帰宅先を探している方は未だ多くいる。

                    AMDAが避難者の方々に対して行っている鍼治療事業は熊本在住の6人の鍼灸師によって続けてられている。毎週火・木・日曜日の14時から20時まで広安小学校体育館で行われている鍼治療には、今も毎回20人以上の方々が施術を受けに訪れる。避難者の方々は今も頻繁に続く余震や厳しい暑さなど厳しい状況の中で生活されている。また大雨でなかなか家の片づけ作業が進まず、さらに今後台風の発生が予想されるため、一体いつ片付けが終わるのかと本音を漏らす方もいる。

                    • 【熊本地震支援活動】広安小学校七夕まつり〜ネパール餃子「もも」作り

                      公開日:2016年07月11日
                      熊本地震発生から2か月半が経ちましたが、避難されている方々は、地震発生後頻繁に続く余震の恐怖と激しく降る雨、そして厳しい暑さなど、大変な状況の中で生活されています。ネパールでも1年前に起きた大地震で家が全壊した人々は、いまだにテント生活を続けています。ネパール地震の時、AMDAは医療従事者を派遣し、緊急救援活動を実施しました。 現在も復興支援活動を行っています。今回、熊本で地震が発生し、AMDAが緊急救援活動を開始した直後から、ネパールの人々から何かができれば協力しますと声をかけていただきました。その後、ネパール医師会、AMDAネパール、岡山ネパール

                      • 熊本支援活動にボランティアとして参加した、ベトナム人研修生のリュウ・トゥイ・ホアさんの報告書が届きました

                        公開日:2016年06月24日
                        ベトナム175軍病院計画・総合部日越関係等のリーガルアシスタントリュウ・トゥイ・ホアベトナムの研修生  熊本県でボランティア 平成28年5月1日(日曜日)に日本へ来ました。はじめての活動はアムダの熊本県のボランティアです。まず、アムダの事務所(岡山市)で短いトレーニングに参加しました。小池様と岩本さんとアムダのスタッフがアムダを紹介して、熊本県のボランティアの説明をし

                        • 熊本県 益城町立広安小学校 田中元校長先生から、AMDAの活動についてのレポートが届きました

                          公開日:2016年06月20日
                          熊本県 益城町立広安小学校におけるAMDAの活動について
                          広安小学校長 田中 元







                          4月14日の前震以降、広安小学校では、AMDAの皆さんによる活躍のおかげで、益城町随一の充実した避難所運営ができた。そして、多くの被災者の皆さんがその活動に対して心から感謝されていた。以下、その功績について、より具体的に述べてみたい。

                          • 中外製薬株式会社の方々によるボランティア活動

                            公開日:2016年06月13日
                            6月10、11日の2日間、中外製薬株式会社の35名の社員の方々が益城町広安小学校でボランティア活動を行いました。広安小学校のプール周りや、裏庭、運動場の周りの草刈りを行いました。プール開きの前に、児童たちが通るプールへつながっている道を確保できました。また裏庭は学童保育の児童たちが遊ぶスペースであるため、雑草がなくなり、児童たちは早速ボール遊びをして楽しんでいました。広安小学校の先生方も人手が十分

                            • 6月8日付の毎日新聞社説にてテント村について取り上げられました

                              公開日:2016年06月09日
                              6月8日付の毎日新聞社説にて、熊本地震でのテント村について取り上げられましたのでご紹介します。こちらからご高覧ください。

                              • AMDA速報23 熊本地震被災者緊急支援活動

                                公開日:2016年06月09日
                                小学校が再開し、自宅に帰られる方もおられ、最大およそ800人を数えた広安小学校の避難者数は、6月7日現在体育館に136人、特別活動室には11人、車中泊は10人の合計157人となっている。自宅が半壊や全壊などで、再び住むことができず、また仮設住宅が決まっていない方が避難所での生活を続けている。AMDAは現在も避難者への熊本市在住の鍼灸師による鍼治療をサポートしている。熊本在住の6人の鍼灸師による、広

                                • 歌手のさだまさし氏が広安小学校を訪問

                                  公開日:2016年06月08日
                                  4月23日(土)に歌手のさだまさし氏が広安小学校避難所にカステラとどらやきを持って避難者の激励に来られました。そこで広安小学校救護所で活動するAMDAも訪ねてくださり、同日夜、佐賀からの生放送のNHKテレビ「なまさだ」でもAMDAのことを紹介くださいました。また、6月4日(土)に香川県で開催されたコンサートに成澤理事長、難波理事をご招待いただき、コンサート内でAMDAのことをご紹介くださいました。

                                  • 「シルバーピアさくら樹」の地域交流誌

                                    公開日:2016年06月03日
                                    5月4日から、AMDAは熊本市にある特別養護老人ホーム「シルバーピアさくら樹」へ介護福祉士の派遣を行っていました。「シルバーピアさくら樹」とは、その以前から広安小学校にいた要介護者の方への入浴支援などでAMDAと協力して活動していた経緯があり、益城町の福祉避難所に指定されました。そして広安小学校に避難していた要介護者の「シルバーピアさくら樹」へと移動後、AMDAは施設への介護福祉士の派遣を行い、要

                                    • 熊本地震 AMDA・岡山県老人保健施設協会合同 介護支援活動

                                      公開日:2016年05月27日
                                      岡山県老人保健施設協会会長 藤本宗平様よりメッセージを頂きました。

                                      「災害は忘れないうちにやって来る」

                                      熊本地震の余震が続いている4月20日AMDAグループ菅波代表より岡山県老人保健施設協会(老健協)に介護支援ボランティアの派遣依頼の一報が入りました。災害対策委員会委員長とともに、直ちに県下の会員施設にボランティア募集を依頼し、スケジュール調整を開始しました。5月27日まで延べ12名の介護福祉士を交代で熊本市東区佐土原の「特別養護老人ホーム シルバーピアさくら樹」に派遣しました。

                                      • AMDA速報22 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                        公開日:2016年05月25日
                                        【介護支援について】
                                        AMDAは岡山県老人保健施設協会(老健協)との合同事業として介護支援を行っている。介護福祉士等を「特別養護老人ホーム シルバーピアさくら樹」に介護支援ボランティアとして派遣しているもので、これまで、延べ12名の介護福祉士が老健協から紹介され、AMDAチームとして派遣された。(以下にこれまでの派遣者掲載)

                                        AMDAが4月15日から活動を継続している避難所の益城町立広安小学校には、日常生活の手助けを必要とする要介護者も避難していた。避難所での生活は困難が多く、限られたスタッフだけでは

                                        • AMDA速報21 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                          公開日:2016年05月20日
                                          熊本県益城町出身のAMDA理事・GPSP支援局長、難波妙調整員が16日、約1か月ぶりに岡山の本部に帰還した。難波調整員は、4月14日の晩、震度7の前震後、直ちに熊本に向け出発した。地元熊本で100人を超えるAMDA支援チームを受け入れた難波調整員は「すばらしいチームワークだった。それぞれ異なる職場の医師、看護師、薬剤師、鍼灸師、理学療法士、介護福祉士と多職種が一緒に活動することで大きな成果をあげることができた。」と、派遣者として参加いただいた方々への感謝を、支援者としてのAMDAの立場と、本震も経験した益城出身の被災者として述べている。

                                          • AMDA速報20 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                            公開日:2016年05月16日
                                             
                                            各地に大きな爪痕を残した熊本地震から約1カ月が経過した。今も約1万人が避難生活を送っており、仮設住宅の建設など住居の確保が早急な課題となっている。AMDAは地元の医療機関が再開してきていることをうけ、広安小学校(熊本県益城町)で4月15日から開所した医師の駐在する救護所を5月5日に終了し、6日以降体育館に開設していた救護室は14日をもって終了した。一方で鍼灸師によるはり治療やマッサージの施術は継続しており、15日は広安小学校とテント村で30人がはり治療を受けている。なおテント村でのはり治療は土日のみ行われることになっている。益城町陸上競技場のテント村の救護室は、引き続き看護師が駐在している。

                                            • AMDA速報19 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                              公開日:2016年05月13日
                                              AMDAが支援活動を継続している広安小学校の体育館で11日、避難者と支援スタッフの合同音楽会が開かれた。AMDA鍼灸チームのはり治療を受け、症状が改善した避難者が「スタッフへのお礼に」と縦笛のケーナをプレゼントしたのがきっかけで、避難所で音楽会の開催が決まった。避難者は笑顔であふれ、和やかな雰囲気に包まれた。当日は避難者と支援スタッフがケーナとギターで「あの素晴らしい愛をもう一度」などを演奏、看護師や避難者が合唱した。避難者らは「久しぶりに楽しい時間が過ごせた」「明日から頑張ろうという気持ちがわいた」と喜んでいた。

                                              • アレルギーを持っている男子児童へアルファー米を贈呈

                                                公開日:2016年05月13日
                                                被災地では、アレルギーを持っている子どもたちのために、アレルギー対応食品の補充に奔走している方もいらっしゃいます。AMDAが活動している広安小学校にも、アレルギーを持っている3年生の男子児童がいました。震災直後より、AMDA救護所でエピペンを預かり、食料も、他の食べ物と混同しないように、総社市から頂いた電気ポットをアレルギーの方用として使用していました。男子児童は現在、アレルギーにも対応していて調

                                                • AMDA速報18 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                  公開日:2016年05月11日

                                                  AMDA医療チームが活動する広安小学校(熊本県益城町)では、避難所生活がまもなく1カ月を迎える。
                                                  9日からの授業再開で各教室から体育館に移った避難者の中には、長引く学校での寝泊まりに「今後の生活はどうなるの?」と不安を募らせる人もいる。
                                                  体育館の救護室で患者に対応している看護師は、空いた時間には被災者を巡回訪問。血圧や血糖値の測定などを行い、体調管理に努めている。

                                                  また、心臓の痛みを訴える被災者が救護室に訪れた。心疾患の疑いがあるため、日赤チームの医師による往診を受け、薬の処方を受けた。この方は後日、大きい病院で診断を受けることになった。他団体と連携を取り、引き続き被災者のケアにあたっている。

                                                  • AMDA速報17 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                    公開日:2016年05月09日
                                                    AMDA医療支援チームが活動している被災地の広安小学校(熊本県益城町)では、特別活動教室にいる要支援者10人を除く被災者138人が寝泊まりしていた各教室から体育館に移動。広安小は被災者と同居する形で9日に授業を再開し、4月14日の熊本地震(前震)から25日ぶりに児童の元気な声が校内に響いた。

                                                    田中校長は登校した児童全員を前に「地震で怖い思いをし、大切なものを失った。少しずつ心と体の健康を取り戻してほしい」と励ました。さらに避難生活が続く被災者にも言及し「元気なあいさつや優しい言葉をかけてほしい」と児童に協力を求めた。

                                                    • AMDA速報16 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                      公開日:2016年05月06日

                                                      AMDA緊急医療支援チームが熊本地震(震度7の前震)翌日の4月15日、被災地入りして約3週間を迎えた。同チームは広安小学校(熊本県益城町)保健室に開設していた救護所を5月6日、医師が常駐しない救護室として体育館に移転した。夜勤勤務をやめ、診察時間は午前9時から午後6時まで。被災者から人気の高いはり治療と看護師による巡回訪問がメーンとなる。

                                                      これらの措置は、地元の開業医が復旧したこと、緊急を要する重症患者の治療や病院搬送にめどが立ち、軽症患者のみとなったことや、

                                                      • AMDA速報15 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                        公開日:2016年05月04日
                                                        本日4日は被災地でも強風が吹き乱れ、テント村も影響を受けた。緊急災害対策チーム「BERT」からの派遣でチームに加わっている調整員は、総社市役所職員とともに、強風を受けているテントに対し補強作業を施した。「BERT」からの調整員は、本来のオートバイでの災害支援のみならず、車輛での救急患者や医療チームの派遣者を含めた搬送、また調整員としての業務に幅広く活躍している。

                                                        避難所生活の長期化に伴い、介護福祉士や理学療法士の避難者に対するケアの需要が高まっている。介護福祉士は、避難者に対し、

                                                        • AMDA速報14 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                          公開日:2016年05月02日

                                                          避難所の広安小学校(熊本県益城町)では、震災直後の医師らによる応急措置がほぼピークを越し、鍼灸師や介護福祉士、理学療法士らによる支援活動にウエートが移りつつある。その中で、医師と看護師、介護福祉士、理学療法士ら医療関係者が一緒に回診するユニークな試みを実施。患者の状態をそれぞれの視点から分析、意見交換したうえで、質の高い医療を目指すチームワークの良さを発揮している。

                                                          5月1日には、日常生活を送るのに手助けを必要とする要介護者5人が初めて入浴を体験した。地元の特別養護老人ホームが入浴施設を提供、利用したお年寄りは半月ぶりの入浴に「生き返ったみたい。幸せです」と感謝していた。

                                                          • 台湾ルーツが被災地入り、アムダ本部岡山にも来訪

                                                            公開日:2016年05月01日

                                                            AMDAと協力協定を結んでいる台湾のNGO「台湾ルーツ」の一行5人は4月25日夜から28日午前まで、被災地の熊本県益城町を訪問。同日午後2時からAMDA本部(岡山市北区伊福町)で記者会見を開き、「台湾の国民は(熊本地震による被害を)心から悲しんでいます。地震を受けた国として参考になるものがありました。」と語った。

                                                            被難所の広安小学校の印象については「被災地の皆さんは緊急時でもマナーを守り、ごみもきちんと分別していた。こうした日本人の立派な態度を台湾の国民に伝えたい」と述べた。

                                                            • 熊本地震被災者緊急支援 AMDAと連携協定を結んでいる十字屋グループ様によるご協力

                                                              公開日:2016年05月01日
                                                              AMDAと災害時連携協定を結んでいる株式会社十字屋グループ(本社:岡山県真庭市)社員2名と給水車が4月23日に総社市を出発し、翌24日から29日まで給水車を使った支援活動に従事してくださいました。

                                                              4月23日に総社市役所にて行われた出発式では、十字屋グループ代表の牧生夫様、現地入りした社員2名が参加されました。
                                                              十字屋グループ代表の牧様は、被災地の皆様のために頑張ってくださいと激励されました。

                                                              • AMDA速報13 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                公開日:2016年04月30日

                                                                 AMDA医療チームは当初からの活動地である広安小学校に加えて、益城町立総合運動公園陸上競技場に設置されたテント村内救護室でも27日から活動している。救護室に訪れる方への血圧測定や生活指導を行うとともに、テント村内の心疾患を持つ方、糖尿病を持つなど持病を持つ被災者への巡回を行っている。29日は7人の方がテント村救護室に来室した。

                                                                鍼灸のはり治療は、広安小学校救護所内のベッド3つのうち2つを使い実施している。29日は避難所開設当初から運営に尽力されてきた広安小学校教職員の方を含めた36人の方がはり治療を受けた。

                                                                • AMDA速報12 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                  公開日:2016年04月27日

                                                                  AMDA医療チームが救護所を開設している広安小学校(熊本県益城町)では、27日も医師2人、看護師5人らの体制で診療活動を続けている。

                                                                  26日の患者数は35人と初めて30人台に減少。これまで最も多かった急性呼吸器感染症が8人と大幅に減り、災害ストレス関連症状が9人とワーストになった。長引く避難所生活で頭痛や不眠、肩こりなどを訴える人が今後も増えることが懸念される。感染症対策としては仮設・多目的トイレの壁に掃除マニュアルを書いた用紙を貼り、ボランティアが1日3回、丁寧に掃除を繰り返している。

                                                                  • AMDA速報11 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                    公開日:2016年04月26日


                                                                     
                                                                    活動地の広安小学校(熊本県上益城郡)周辺は、地元の商店、診療所や薬局が部分的に通常営業を開始している。

                                                                    25日の患者数は41名、急性呼吸器感染症の患者が15名と最も多く、次いで災害ストレス関連症状が10名であった。

                                                                     AMDA医療チームは、昨日夜に災害鍼灸治療活動を開始した。車中泊で寝返りを打てない、お風呂で体を温められない、震災後の後片付け(がれきを撤去する等)による疲労などの理由から、痛みを訴える方

                                                                    • AMDA速報10 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                      公開日:2016年04月25日

                                                                       AMDA緊急医療支援チームは余震が続く中、避難所の広安小学校(熊本県益城町)で診療活動を続けており、地震発生翌日の4月15日に現地入りして11日目を迎えた。

                                                                       24日の患者数は45人(男性22人、女性23人)。急性呼吸器感染症の患者が17人と最も多く、次いで災害ストレス関連症状(頭痛、不眠)9人、外傷7人など。熊本県内の他の避難所でノロウイルスの陽性患者が確認されたことから25日、広安小学校でも土足禁止などの衛生管理を強化した。

                                                                      • AMDA速報9 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                        公開日:2016年04月24日
                                                                        広安小学校でのAMDA緊急医療支援チームは、現場のニーズに寄り添い、様々な活動を実施している。

                                                                        小学校屋内には約300人、屋外車中泊の方約500人。患者数22日48人、23日49人。医療対応は、急性期医療から亜急性期医療対応に変化してきている。外科処置は殆どなくなり、現在最も多いのは急性呼吸器感染症で、災害ストレス関連(頭痛、不眠、肩こり)、皮膚疾患、外傷の再診の順でみられる。インフルエンザも発生している。

                                                                        22日には80台女性が肺炎の疑いで救急搬送となった。また、

                                                                        • AMDA速報8 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                          公開日:2016年04月22日

                                                                          本日伊丹空港から予定通り出発した第5次派遣チームは広安小学校で活動するAMDAチームに合流した。また、福岡から車輛で広安小学校に向かっている看護師1名が現在移動中。今晩チームに合流する。

                                                                          4月21日の患者数は47名。外傷、整形疾患、腰痛、膝の痛み、特に、上気道感染の症状の患者さんが多くみられた。簡易洋式トイレを多目的トイレに設置し、和式トイレの多い避難所で、高齢者の方も座って排便できるようになり、非常に喜ばれた。防災対策本部での朝晩1回ずつのミーティングが始まり、現場はシステム化されている。また、地元の調剤薬局が復旧しはじめており、薬はできるだけ地元の医療機関を利用するように促している。

                                                                          • AMDA速報7 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                            公開日:2016年04月21日

                                                                            AMDAは広安小学校に発災翌日から入っているが、20日の段階で同救護所を全面的に任された。

                                                                            20日に岡山駅から医師、看護師、薬剤師の3名チームと、総社市からトラック便に道場した調整員の第4次派遣者は、その日18時頃には益城町の第3次チームに合流した。

                                                                            本日21日は朝から激しい雨が降る中、避難所内巡回を行った。長時間固い床に体を預けていることから、褥瘡の患者さんがいた。そのため、今後はマットレスを敷いた部屋を作る必要がある。

                                                                            • 熊本地震 ご寄付に関して

                                                                              公開日:2016年04月21日
                                                                              AMDAでは今後も緊急医療支援活動、復興支援活動を行っていきます。
                                                                              皆様の温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

                                                                              【募金の受付先】
                                                                              A.お振込
                                                                              ■郵便振替:口座番号01250-2-40709
                                                                              口座名「特定非営利活動法人アムダ」
                                                                              通信欄に「158熊本支援」とご記入下さい
                                                                              ■楽天銀行 ロック支店 普通預金

                                                                              • 熊本地震 緊急医療支援活動 参加者募集

                                                                                公開日:2016年04月21日

                                                                                たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

                                                                                現在、予定を大きく上回る応募をいただいておりますため、募集を停止しております。

                                                                                再度募集を行う際には改めて告知させていただきます。

                                                                                今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

                                                                                −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                                                                現在、避難所である広安小学校(熊本県上益城郡益城町)を中心として医療支援活動を実施しています。
                                                                                以下の募集日程において、被災地で活動していただける医師、看護師、薬剤師、調整員などを募集しております。

                                                                                • AMDA速報6 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                  公開日:2016年04月19日
                                                                                  昨夜、第一次派遣チームの佐藤医師、岩本看護師、山河看護師、大西調整員が益城町での任務を終え、今朝それぞれの地に戻った。そして本日、第3次として、米田恭子助産師・看護師がチームに加わった。

                                                                                  AMDAは広安小学校での診療運営を益城町より任されることとなった。本日はNPO災害看護支援機構から3人の看護師と一人の調整員人がAMDAチームと協力して診療活動を行った。また、東京から派遣されたスクールカウンセラーも広安小学校に加わった。一方、保健福祉センターでの診療はJMAT熊本県医師会チームが任される

                                                                                  • AMDA速報5 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                    公開日:2016年04月18日

                                                                                    4月17日に岡山を出発した第2次派遣チームの3名は福岡を経由し、車輛で現地に到着した。被災地の最寄りとなる南関ICからは、道路の混雑が激しく、益城町への30kmの道のりを4時間かけて移動することとなった。第1次チームが活動している避難所・益城町立広小学校に当日合流した。本日18日は、6時から広安小学校保健室での診療活動を医師3人で開始した。

                                                                                    同避難所では17日夕方に電気が復旧したものの、依然として水とガスのライフラインは止まっている状況。発災から続く余震のため、同避難所には多くの避難者が詰めかけており、廊下やホールなどで過ごす

                                                                                    • AMDA速報4 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                      公開日:2016年04月17日

                                                                                      現地では電気が停まっている中、17日も8:30頃から益城町の広安小学校で診療を開始し、ガラス破片や釘を踏んでしまった患者さんなどの治療にあたっている。

                                                                                      また、大人や子どもにも便秘の症状や、昨夜の雨の影響から風邪をひいた被災者の診療を続けている。17日の診療者数は52名。

                                                                                      被災者の中には、せん妄(何処にいるのか自分でもわからなくなる。悪夢をみる)など、環境の急な変化で精神的に影響を受けた方などが多く見受けられている。

                                                                                      • AMDA速報3 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                        公開日:2016年04月17日
                                                                                        地震が続く中、総社市・AMDA合同チームは、益城町内での活動を継続している。
                                                                                        益城町災害対策本部が、同町保健福祉センター内に移設され、元々ここに避難していた被災者の一部は広安小学校に移り、新たな地震からの避難者も増えていることから、避難者の人数は時間を追い増えている。
                                                                                        避難所には、釘を踏んで破傷風予防の処置の必要な被災者や、インフルエンザの疑われる被災者もみうけられる。災害対策本部となった保健福祉センターには、日本医師会として熊本県医師会JMATチーム、DMAT、近県薬剤師会が入り、広安小学校避難所で昨夜から活動しているAMDAも加わり医療情報の共有、特殊な薬剤の補完など、医療部門間での協力調整が始まった。

                                                                                        • AMDA速報2 –熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                          公開日:2016年04月16日
                                                                                          15日に総社市役所を出発した合同支援チームは同日18時頃福岡県で佐藤 拓史医師と合流、20時頃福岡八女インター付近のホームセンターにて生活支援物資の追加購入を行った後、22時10分被災地益城町の避難所・広安小学校に入った。
                                                                                          発災当日未明に岡山から益城町に入った益城町出身の職員難波 妙GPSP支援局長が実家が被災しつつもチームの受け入れ調整を行い、益城町内での活動が15日から開始した。まず合流し、打ち合わせを行った後、22時40分頃から佐藤医師ら医療チームが広安小学校にて診療・医療活動を開始した。

                                                                                          • AMDA速報1 総社市・AMDA合同緊急支援 –熊本地震被災者緊急支援活動-

                                                                                            公開日:2016年04月15日
                                                                                            4月14日21時26分、熊本県熊本地方益城町中心として震度7を観測する地震が発生した。激しい余震も続き、被災地では外で一夜を明かす人々も多くみられた。避難所となった益城町の小学校体育館では200人を超える避難者が不安な一夜を過ごした。負傷者は950人以上にのぼる。
                                                                                            このような状況を受け、同日総社市とAMDAでは、合同チームを編成し被災者支援を実施することを決定し、15日に総社市役所を出発し被災地益城町に入る。

                                                                                            なお、AMDAと総社市との合同緊急支援活動は、2011年1月ブラジル

                                                                                             
                                                                                             
                                                                                            PAGE TOP