1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

 活動履歴

  • ロヒンギャ難民医療支援活動17 〜ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(3)〜

    公開日:2018年05月02日
    AMDA グループ代表 菅波 茂
     

    パレスチナ難民キャンプの様子

    2018年2月。ヨルダン在住の清田(せいた)明宏、国連パレスチナ難民救済機関保健局長(UNRWA、WHO世界保健機構からの出向)から私宛にメールが届いた。「パレスチナ難民出身の医師たちが同じような難民であるロヒンギャ難民に医療支援を行いたいという希望がある。是非AMDAと一緒に活動ができないだろうか」と。私に「NO」の選択肢はなかった。非常にうれしい提案だった。AMDAバングラデシュ支部との調整後、2名の医師がコックスバザールのロヒンギャ難民キャンプ内にあるAMDA診療所にて、バングラデシュ医療チームを通じてロヒンギャ難民への支援を行い帰国した。彼らの旅費は清田明宏保健局長が個人的にいただいた賞金を費用としてあてた。また、2名の医師たちも貧しいロヒンギャ難民の子ども達に喜捨をした。自分たちが難民

    • ロヒンギャ難民医療支援活動16 〜パレスチナ難民の私が、ロヒンギャ難民支援に参加する思い〜

      公開日:2018年04月27日
      国連パレスチナ難民救済事業機関 前保健局副局長健政策企画担当官 アリ カダール
       
       

      診療を待つロヒンギャ難民の少年

      2018年2月にロヒンギャ難民医療支援にご参加頂いた、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の前保健局副局長 保健政策企画担当官で医師のアリ・カダール氏は、パレスチナ難民として難民キャンプで育ちました。キャンプでの生活を経験したアリ医師にとって、今回のロヒンギャ難民医療支援には特別な思いがありました。支援参加にあたってアリ医師が綴った手記をご紹介します。

      今回の派遣に参加する最初の動機となったのは、悲惨な状況にある人々への人道支援の重要さといった、私自身の経験でした。私はパレスチナ難民で、国連が設置した難民キャンプで生まれ、育ちました。国際的な団体による人道援助によって医療や食糧が提供され、学校にも通うことができました。こうした支援がなければ、逆境に立たされたキャンプでのあの時期を、私は生き延びることはできなかったでしょう。

      • ロヒンギャ難民医療支援活動15 〜UNRWAの医師と活動して〜

        公開日:2018年04月25日









        難民キャンプで活動する UNRWAアリ医師(左)
        とバングラデシュ人医師 (右)

        ロヒンギャ難民支援第2次派遣で、UNRWAの医師とともに活動した押谷晴美看護師からの手記をご紹介いたします。

        UNRWAの医師は、彼ら自身がパレスチナ難民であることから、自分たちも難民としての生活をしながら、海外で学ぶ機会を得て医師となり、UNRWAで多くの人を支援してきた。彼らとともに、ロヒンギャ難民キャンプの活動を行う中で、現状・疾患別データをもとに話し合いをした。UNRWAの医師のデータ分析ではこれから生活習慣病も増えてくる傾向にあること、生活習慣病をターゲットにした診療所も必要になって来ると思われた。また、彼らの実体験があるからこそわかったことであるが、難民たちが、不安や身体的・精神的な症状を訴えている患者が少ない。

        • パレスチナ難民キャンプ出身の医師たちがAMDA と共に活動する意義(UNRWA、清田医師)

          公開日:2018年04月24日









          UNRWA保健局長 清田明宏医師

          国連パレスチナ救済事業機関(UNRWA ウンルワ)保健局⾧ 清田明宏医師より、パレスチナ難民キャンプ出身の医師たちがAMDAと共に活動する意義について、手記を頂きました。

          今から70年前の1948年、イスラエル建国を巡って第一次中東戦争が起こった。その戦禍を逃げるため、当時のパレスチナの地から75万人がガザ・ヨルダン川西岸、ヨルダン、レバノン、シリア等の近隣地域に逃れた。パレスチナ難民の発生だ。それから70年、彼らは依然難民のままだ。すでに3代にわたる家族もあり、その総数は530万人になる。20世紀からの最大の負の遺産とも

          • ロヒンギャ難民医療支援活動14: 菅波代表、ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(2)

            公開日:2018年03月13日
            2018年1月17日、18日にAMDAグループ代表の菅波がロヒンギャ難民キャンプの視察を行いました。
            以下、菅波による難民支援医療活動についての手記を掲載いたします。
            ※尚、手記第1弾は下記リンクよりご覧いただけます。
            http://amda.or.jp/articlelist/?work_id=5800

            AMDAは1984年の発足後 59ケ国で190件の緊急人道支援の貴重な経験した。

            • ロヒンギャ難民医療支援活動13: 第2次医療チーム派遣、押谷看護師からの帰国報告

              公開日:2018年02月27日
              【派遣期間】
              2018年2月1日〜2月13日

              【支援活動参加の経緯】
              昨年11月に、「AMDA緊急救援(ER)ネットワーク」登録者対象に、ロヒンギャ難民医療支援活動参加の募集があった。8月にロヒンギャ難民問題が日本でも報道されていたが、日が経つにつれ報道が少なくなり、自分自身で現状を見に行きどのような支援ができるかを提言できればと思い応募して参加となった。

              【関わった活動内容】
              ロヒンギャ難民キャンプ内にある日本バングラデシュ友好病院が運営する診療所にてAMDAバングラデシュの現地スタッフと国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)から参加した医師2名と診療、難民の方へのインタビュー、10月からの疾患別患者集計、診療所環境改善への助言を行なった。

              • ロヒンギャ難民キャンプでの医療支援活動を報告

                公開日:2018年02月14日
                ミャンマーから隣国のバングラデシュに逃れているイスラム系少数民族ロヒンギャ難民支援のため、AMDAから2018年2月1日、第2次医療チームとして派遣された看護師が2週間の滞在を終えて帰国、13日にAMDA本部(岡山市北区伊福町)で難民キャンプでの活動報告をしました。

                AMDA・ERネットワーク登録の押谷晴美看護師(滋賀県長浜市在住)で、国連パレスティナ難民救済事業機関(UNRWA)のアリ・カダール医師、ヨセフ・ファスフス医師の2人とバングラデシュの首都ダッカで合流。現地に向かい、AMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院のメンバーらと一緒に医療活動に当たりました。

                報告会で押谷看護師は1日の患者数について120〜130人、主な疾患は上気道感染症や胃腸・皮膚疾患などと説明。生活ぶりも竹と布製の簡素な建物に住み、食糧も十分に行き渡っていない状態。特にトイレの衛生状態が悪く、感染症の拡大が懸念されると指摘しました。

                押谷看護師は「難民の方が早く古里のミャンマーに帰り、家族が誰かに襲われる恐怖を感じない“安心した生活環境”に戻ってほしい」と願っていました。

                • ロヒンギャ難民医療支援活動12: ロヒンギャ難民キャンプへ派遣した、押谷看護師からの中間報告

                  公開日:2018年02月14日
                  2018年2月1日から、ロヒンギャ難民支援のためバングラデシュへ派遣した押谷晴美看護師より届いた中間報告を掲載いたします。2月7日現在の報告です。

                  【ロヒンギャ難民キャンプを視察して】
                  2/1に日本を出発し、2/2の夜中にバングラデシュの首都ダッカに到着。今回、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)からの2名の医師と合同で活動することになった。彼ら自身パレスチナ難民であり彼らの経験からもより効果的な支援ができないか模索できるいい機会と考えている。

                  • ロヒンギャ難民医療支援活動11: 菅波代表、ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(1)

                    公開日:2018年02月02日
                    2018年1月17日、18日にAMDAグループ代表兼理事長の菅波がロヒンギャ難民キャンプの視察を行いました。
                    以下、菅波の手記を掲載いたします。

                    2018年1月17日にバングラデッシュのコックスバザール県にあるミャンマーから逃れているロヒンギャ難民のキャンプを訪れた。世界でも有数の140kmの長さをほこる美しいビーチから山間に入った場所にロヒンギャ難民キャンプがある。見渡すかぎりの山々に過密な住居群が広がっている。なお、難民キャンプからコックスバザールに向かう車両の乗客は軍による検問所で

                    • ロヒンギャ難民キャンプに第2次医療チーム

                      公開日:2018年02月01日
                       
                      AMDAは、ミャンマーから隣国のバングラデシュ難民キャンプに逃れているイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民支援のため、2018年2月1日、第2次医療チーム(医師2人、看護師1人)を派遣しました。
                       国連人道問題調整所(UNOCHA)の1月29日の発表によると、17年8月から難民キャンプ内に移動した人は68万8千人に増加。ジフテリア、流行性耳下腺炎の拡大が懸念されており、AMDA診療所を訪れる患者数はさらに増える傾向にあることから、第2次派遣に踏み切りました。
                      この日は、押谷晴美看護師(AMDA・ERネットワーク登録、滋賀県長浜市)がJR岡山駅午後0時16分発の新幹線で出発。
                      2月2日にバングラデシュの首都ダッカに到着。医師2人と合流し現地で活動後、13日に帰国する予定です。
                      医師は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のアリ・カダールさんと、ヨセフ・ファスフスさんです。

                      • ロヒンギャ難民医療支援活動10: 第2次医療チーム派遣(AMDA速報2)

                        公開日:2018年01月31日

                        AMDA本部はロヒンギャ難民医療支援活動 第2次医療派遣チームとして3名(看護師1名、医師2名)の派遣を行う。
                        AMDAのロヒンギャ難民キャンプの活動は、AMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院の合同チームを中心に行っており、コックスバザール(Cox’s Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプ内の診療所にて、1日平均約130名の患者を無料診療、医薬品提供を実施している。昨年10月の開設以降、延べ9,759名の患者の診察を行ってきた(1月21日時点)。

                        • ロヒンギャ難民医療支援活動9: AMDAグループ菅波茂代表難民キャンプ視察

                          公開日:2018年01月31日
                          昨年10月22日よりクトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプ内の診療所でロヒンギャ難民に対し医療活動を実施していますが、現地時間1月18日より2日間、AMDAグループ菅波茂代表が難民キャンプに入り、キャンプの実情と医療活動の実際について視察を行いました。また、日本から長崎大学熱帯医学所国際保健学部 山本太郎教授及びNPO法人TMAT事務局 野口幸洋氏も一緒に難民キャンプに入り、約1週間現地での実情調査を行いました。
                          視察の報告につきましては、後日、手記をホームページに掲載する予定です。

                          • ロヒンギャ難民医療支援活動8: 第1次派遣、米田医師からの帰国報告

                            公開日:2018年01月22日

                            派遣期間

                            2017年12月10日〜12月23日
                             

                            支援活動参加の経緯

                            2017年10月より、ニュースでミャンマーからバングラデシュに逃れるロヒンギャ難民が急増したことを知っており、以前に一緒に活動をしたことのあるAMDAバングラデシュのスタッフが難民支援活動を始めたことを知り応募を決めた。

                            • ロヒンギャ難民緊急医療支援活動を報告

                              公開日:2018年01月06日
                              【ロヒンギャ難民緊急医療支援活動を報告】                                                                   
                              AMDAは、ミャンマーからバングラデシュに逃れた「ロヒンギャ難民」の緊急医療支援活動の報告会を1月6日、岡山市北区伊福町の本部で開催。2017年12月11日から23日まで現地で診察に当たった米田哲医師=北九州在住=は「難民は不衛生な状況に置かれ今後、コレラやマラリアなどの大流行が予測される」と強い懸念を示しました。

                              • ロヒンギャ難民医療支援活動7: 難民キャンプ入りした米田医師からの中間報告

                                公開日:2017年12月18日
                                本日、初めてRohingya難民のためのKutupalongキャンプに入った。1992年にキャンプができて、以降、今年の8月までは20万人が暮らすキャンプとなっていたが、8月以降、流入してくる人口が急増して、現在は100万人を超えるといわれている。どのような状況になっているのか、想像がつかないままキャンプに入った

                                キャンプは、入り口に近いところは昔から難民が住んでいたエリアで奥に向かって拡がっている。昔からのエリアは、一見すると普通の町や村にしか見えない。通り沿いにはあらゆる商店・・肉や卵、魚などの食料品、雑貨、衣類、仕立て屋、散髪屋、

                                • ロヒンギャ難民支援へ募金活動

                                  公開日:2017年12月15日
                                   
                                  AMDAは、ミャンマーからバングラデシュに逃れるイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民を支援するため12月14日、JR岡山駅とイオンモール岡山の連絡地下道で募金活動をしました。
                                   会場には難民の生活ぶりを紹介したパネル(A3判)6枚を掲示。ブルーのアムダカラーのジャンパー姿の職員、ボランティア10人がビラ200枚を配りながら、市民に協力を呼びかけました。

                                  • ロヒンギャ難民医療支援活動6: 11月難民キャンプ視察報告

                                    公開日:2017年12月15日
                                    AMDA本部より看護師1名が11月14、15日にバングラデシュ、コックスバザール県内クトゥパロン(Kutupalong)のロヒンギャ難民キャンプに入り、AMDAバングラデシュと日本バングラデシュ友好病院と共に1年間活動を予定している仮設診療所を訪問しました。キャンプ内で、難民の方々の生活状況を視察、実際に難民の方からもお話をお伺いしてきましたので報告いたします。

                                    • ロヒンギャ難民医療支援活動5: ロヒンギャ難民支援へ医師を派遣

                                      公開日:2017年12月11日
                                       AMDA本部は12月11日、ミャンマーからバングラデシュに逃れるイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民を支援するため、医師を現地に派遣しました。

                                      今回の派遣者は小児科医である米田哲医師(北九州市在住)。12時28分発の新幹線でJR岡山駅を出発。関西空港からバングラデシュの首都・ダッカに到着後、約300km離れたコックスバザール県内クトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプに向かいます。

                                      • ロヒンギャ難民医療支援活動4: 日本人医師第1次派遣(AMDA速報1)

                                        公開日:2017年12月08日
                                        2017年8月末以降、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民が増加している。この状況を受け、AMDAはAMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院と共に1年間、支援活動を実施することを決定した。

                                        • ロヒンギャ難民医療支援活動3: 難民キャンプの現状

                                          公開日:2017年11月15日

                                          キャンプを視察するスタッフ

                                          ロヒンギャ難民キャンプはコックスバザール県(Cox’s Bazar District)の、ミャンマーとの国境沿いに位置し、45km離れたウキヤ地区 (Ukhia) にその主要なひとつがあります。その中のクトゥパロン(Kutupalang)難民キャンプで政府から許可を得たAMDAバングラデシュが10月22日から診療所を開設し、活動をすすめています。

                                          キャンプのメインロードに設置された診療所で無料診療、医薬品の提供を行っており、連日100名以上の患者が訪れています。キャンプの中には6万人以上の妊婦が暮らしており、患者の中には妊婦や子供が多くいます。診療時間は9時から14時、診療スペースが限られているため人で溢れています。患者の多くは下痢、

                                          • ロヒンギャ難民支援活動2: 難民キャンプでの医療支援活動をスタート

                                            公開日:2017年11月01日

                                            難民キャンプの様子

                                            2017年8月末より、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民の数は増えており、10月29日時点で約60万人に上り、以前から難民としてバングラデシュに住む人も合わせると82万人になります(国連人道問題調整所)。

                                            コックスバザール(Cox’s Bazar District)県の難民キャンプで行った調査をもとに、地元から許可を得たAMDAバングラデシュは同県ウキヤ(Ukhya)地区にあるクトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプの一角に仮設診療所を開き医療支援活動を開始しました。

                                            • ロヒンギャ難民支援活動1: 支援活動に向けたニーズ調査を実施

                                              公開日:2017年10月18日


                                              2017年8月末から、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民の数は増えており、現在まで約537,000人の難民が流入し、以前から難民としてバングラデシュに住んでいる人も合わせると800,000人に上ります(国連人道問題調整所[UNOCHA]10月16日)。 このような状況を受け、継続的に情報収集を行ってきたAMDAバングラデシュは難民キャンプの環境の悪化による避難民の健康状態を憂慮し、ロヒンギャ難民支援活動を行うことを決定しました。

                                               
                                               
                                              PAGE TOP