1984年設立、国連経済社会理事会総合協議資格NGO 認定特定非営利活動法人AMDA

絞り込み


※2006年以降の記事を検索

GPSP10事業(4分野)

国別

分野別

プロジェクト

掲載媒体・新聞雑誌

記事内容・新聞雑誌

 活動履歴

  • ロヒンギャ難民支援活動 AMDA本部職員(看護師)派遣

    公開日:2018年11月10日
    ロヒンギャ難民支援活動開始から1年、本日11月10日、AMDA本部職員(看護師)橋本千明が第6次派遣者としてバングラデシュに向けて正午過ぎにJR岡山駅を出発。8日に出発した吉井医師とバングラデシュの首都ダッカで明日11日に合流の予定。

    橋本は、昨年のロヒンギャ難民支援活動開始当初から同事業を担当し、現地訪問は今回で3回目。これまで難民キャンプでの医療支援活動に加えて、バングラデシュ国内の支援関係団体、企業などを訪問し、活動継続に向けての支援要請、さらには現地政府関係機関への協力依頼なども行っている。

    • AMDAが「総社賞」受賞

      公開日:2018年11月09日
      広報担当参与 今井康人

      11月3日の「文化の日」に総社市が市政功労者を表彰する「総社賞」にAMDAが選ばれました。

      受賞理由として、AMDAは7月7日から8月15日までの間、西日本豪雨で被災地となった総社市に総勢144人の職員を派遣し、診療活動や健康チェックなど災害支援に従事して頂きました。これらの活動は、AMDAの理念である「救える命があればどこへでも」「困った時はお互いさま」に基づくものであり、総社市の復興に大きな希望を与えて頂きました、と高い評価を受けました。団体として受賞するのはAMDAが初めてです。

      • ネパール復興障がい者支援18〜シェアリングワークショップ〜

        公開日:2018年11月08日
        理学療法士 西嶋 望
         

        副市長(中央女性)も参加

        AMDAネパール地震復興障がい者支援活動は2015年4月の震災後、障がい者とその家族を対象に支援活動を実施し、今年で第四期を迎えました。これまでの訪問活動等、障がい当事者に対する直接的な支援活動に加えて、障がいがあっても等しく誰もが住みよい地域づくりが展開されるよう、行政機関に対する働きかけもパートナー団体である現地の障がい者団体「Independent Living Center Lalitpur (ILCL)」とともに行っております。これは、行政側の考え方だけで施策を実施するのではなく、現地の障がい当事者が行政機関との関係を構築して施策に対して障がい当事者も参画できるようにするためのものです。

        • AMDA速報6 ロヒンギャ難民医療支援活動

          公開日:2018年11月08日
          本日11月8日、AMDAは予定通りAMDA緊急救援ネットワーク登録メンバーの吉井 健哲医師をバングラデシュに派遣した。JR岡山駅発の新幹線で出発。翌9日にバングラデシュの首都ダッカに到着予定である。

          吉井医師は約1年前に募集を開始した直後から活動参加への意思表示をされ、今回の派遣となった。「病院や保健所勤務の経験を生かして、難民の方々のために自分にできること、役にたてることは何でもしたい。

          • UCBからの支援、ロヒンギャ難民支援

            公開日:2018年11月07日
            バングラデシュ担当 橋本 千明

            2017年10月のAMDAロヒンギャ難民支援開始にあたり、最初にご寄付下さったのがバングラデシュの国内銀行、バングラデシュ・ユナイテッド・コマーシャル・バンク(United Commercial Bank:UCB)です。UCBは1983年に設立されたバングラデシュの民間商業銀行です。

            当初、バングラデシュ政府が海外からの支援を制限していた事情もあり、まず国内団体として政府に正式登録されているAMDAバングラデシュがいち早く支援に乗り出すことになりました。しかし活動開始にあたって最も大きな課題となったのは、

            • AMDA速報5 ロヒンギャ難民医療支援活動

              公開日:2018年11月07日
              2017年8月25日以降、ロヒンギャ難民がミャンマーからバングラデシュに大量流入したことを受け、AMDAはAMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院と共に1年間の予定で支援活動を実施してきた。難民の避難生活は長期化し、現地医療チームの活動支援、現在の難民キャンプの状況把握、今後の活動方針決定の一助とするため今回、AMDAは第5次派遣として医師1名の派遣を決定した。

              • ネパール復興障がい者支援17〜第三期活動の総括〜

                公開日:2018年11月06日
                理学療法士 西嶋 望

                2015年4月25日ネパール中部で発生した地震から3年が過ぎ、AMDAによる障がい者支援プロジェクトは本年5月末で第三期活動を終え、6月からは第三期のまとめ作業と第四期にむけた準備が行われ、7月より本格的に第四期活動が動き始めております。今回は第三期活動の総括について報告いたします。
                 

                第三期活動期間:

                2017年4月1日から2018年5月31日。

                • 「第5回南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議」開催のお知らせ

                  公開日:2018年11月02日
                  現在AMDAでは今後起こりうる南海トラフ地震に備えて、基礎自治体および関係機関とともに医療支援を有効に実践するための準備プログラムとして「AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム」を実施しております。「第5回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議」を7月に予定していましたが西日本豪雨災害により延期となり、このたび11月24日に開催する運びとなりました。今回、5回という節目の開催となり

                  • 「第3回AMDA・赤磐市防災国際フォーラム」の開催について

                    公開日:2018年11月02日
                    今回は、7月に岡山県他を襲った「西日本豪雨災害」で、自宅と職場が被災し避難所では運営に携わり活動された太田裕之さんの被災体験と、8月に岡山県赤磐市の中学生・広島県立福山誠之館高校生・AMDA中学高校生会計11名の中学生・高校生が参加した「スリランカ紛争後復興支援平和構築事業」で学んだ「平和」についての活動報告を行います。是非、この機会に「防災」や「平和」について一緒に考えてみませんか?開催日時:平

                    • インドネシア・スラウェシ島地震緊急医療支援 参加調整員兼看護師からの報告

                      公開日:2018年11月01日
                      緊急救援ネットワーク 看護師・調整員 米田 恭子
                      (派遣期間:平成30年10月5日〜平成30年10月17日)
                      (派遣場所:スラウェシ島・インドネシア)

                      インドネシア・スラウェシ島地震の被災者に対する緊急支援活動に参加された、看護師兼調整員の報告をご紹介いたします。

                      • インドネシア・スラウェシ島地震緊急医療支援 参加医師からの報告

                        公開日:2018年10月31日
                        緊急救援ネットワーク 医師 岩元 祐太
                        (派遣期間:平成30年10月6日〜平成30年10月16日)
                        (派遣場所:パル、スラウェシ、インドネシア)

                        9月28日午後6時過ぎに発生したインドネシア・スラウェシ島地震の被災者に対する緊急支援活動に、10月6日より11日間の日程で参加させていただいた。

                        • インドネシアAMDAフードプログラム現地報告(8月後半〜10月前半)

                          公開日:2018年10月30日
                          AMDAインドネシア:アラニ・アクバル・ファクリ(訳:近持雄一郎)インドネシア南スラウェシにあるAMDAマリノ農場の最近の様子をお伝えします。日本の秋が乾季にあたるマリノですが、AMDA農場では稲作がひと段落し、主に畑用の土や肥料作り、収穫したお米の出荷準備などが行われています。 【8月後半】農地に野菜の苗を植える為、土地をならす作業が行われました。まず雑草を鍬で除去し水を撒いた後、コン

                          • モンゴル眼科診療90周年記念式典出席

                            公開日:2018年10月25日
                            AMDA 理事 難波 妙

                            10月4日、モンゴル眼科診療90周年記念式典がウランバートル市内で開催され、川崎医療福祉大学感覚矯正学科学科長高裕子教授とともにAMDAも同式典に招待されました。

                            • 幻のミャンマー洪水被災者支援活動

                              公開日:2018年10月25日
                              AMDAグループ代表 菅波 茂
                               

                              堤が完全に流されてしまった決壊箇所

                              2018年8月29日。ミャンマー中部に位置するKyone Taw Su Village, Yay Tar Shay Township, Taungoo District, Eastern Bago DivisionにおいてSwaChaungダムからあふれ出した水がダムの堤の上部から土を次々と押し流して行った。その水はみるみる大激流となり村々を襲った。死者こそ出なかったものの被災家屋は180件である。AMDAとして被災者にどのような支援ができるのか調査が必要だった。ヤンゴン市内からの距離は約231 kmで時間にして6時間ほどである。

                              日本の現地法人Minoru-Keiwa Myanmar Co.,Ltdに所属するMyint Myint Mon氏にその任に当たってもらった。9月8日と9月20日のそれぞれ日帰りの合計2日間にわたり被災地の調査を

                              • 「難民キャンプで生まれる命を守る」 AMDAバングラデシュ助産師の活躍

                                公開日:2018年10月25日
                                プロジェクトオフィサー 橋本 千明

                                ロヒンギャ難民キャンプでチーム唯一の助産師として活躍するAMDAバングラデシュ助産師シャハナさんの活動の様子をご紹介します。

                                AMDAバングラデシュが主体となり2017年10月から1年間の予定で実施しているロヒンギャ難民支援は、診療活動と医薬品の処方を中心に活動を続けています。また、通常診療に支障のない範囲で助産師が近隣の4~5名の妊婦健診と経過観察を行っています。医療チームは調整員・医師・看護師・医療アシスタントを含む8名程度で成り立っていますが、シャハナさんはチーム唯一の

                                • 北海道胆振東部地震 医療支援 参加看護師からの報告3

                                  公開日:2018年10月25日
                                  報告者  藤田 美樹(看護師)
                                  (派遣期間:H30年9月23日〜9月29日)

                                  H30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の被災者支援活動、今年3月に北海道から転居しまだ仕事を始めていなかった為自由に動くことができることと、住んでいた北海道が被災したということで何か役に立ちたいと思い参加しました。

                                  私が現地に到着したのは、整然と並んだ段ボールベッドの間に、プライバシー保護の為のパーテーションが設置された日でした。地震から2週間以上が経過した避難所は、昼間は被災した自宅の片付けや新たな住宅の家具や家電の買い物などに外出する人が多く、とても静かでした。昼間は宮城県の保健師チームが活動、

                                  • 西日本豪雨災害支援に参加しての思い、今後起こりうる災害へ向けて

                                    公開日:2018年10月24日
                                    緊急救援ネットワーク 看護師 山河 城春

                                    AMDAチームが岡山県総社市および倉敷市で活動しているなか、災害発生後約2週間後から参加させていただくことになりました。当初は、総社市内避難所や、病院での活動を予定して、その挨拶をかね巡回中に、先にDWATで活動していた方から、避難所に避難している施設の夜勤の手が足りておらず、職員が睡眠時間をまともに取れていないという情報が入りました。

                                    園公民館避難所に行くと、避難している施設は小規模多機能型ホームで、もともと利用されている高齢者の方や、今回、避難された方を含めて、職員が24時間対応を行なっておりました。

                                    • AMDAハイチ地震緊急救援 活動報告

                                      公開日:2018年10月24日

                                      AMDAハイチ支部長 マック ケビン フレデリック


                                      1:プロジェクト名    

                                      ⁻ハイチ地震救援活動
                                       

                                      2:実行する場所        

                                      ⁻ハイチ国グロスホーン(Gros-Morne)地域

                                      • ロヒンギャ難民とパートナーを組むAMDAバングラデシュスタッフ

                                        公開日:2018年10月24日
                                        プロジェクトオフィサー 橋本 千明
                                         

                                        AMDAバングラデシュスタッフ(左)と
                                        ロヒンギャ難民スタッフ(右)

                                        ロヒンギャ難民支援は、1名のロヒンギャ難民を継続的に雇用しともに活動しています。活動当初より彼とパートナーとなり、主に薬剤管理の部分を担当しているAMDAバングラデシュスタッフの声から、活動の様子をご紹介します。

                                        2017年10月から1年間の予定で始まったロヒンギャ難民支援は、現地支部であるAMDAバングラデシュから8名ほどの現地スタッフが週6日、コックスバザール市ウキヤ地区にあるクトゥパロン難民キャンプへ通い活動しています。もともとのAMDAバングラデシュの活動拠点はガザリア地区という、首都ダッカから南に30Kmほど下った場所にあり、ほとんどのスタッフがガザリア地区に住居を構えています。そのため家族を持つスタッフは長期の

                                        • 「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」参加者 再募集

                                          公開日:2018年10月19日

                                          西日本豪雨災害緊急支援活動を受け、延期になりました「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」を、11月23,24日に開催いたします。

                                           

                                           AMDAにおける災害鍼灸活動は2011年の東日本大震災から始まりました。災害時に過酷な環境を強いられる被災者にとって、鍼灸治療の役割は大きく、これまで東日本大震災の他、広島土砂災害、福知山広域水害、熊本地震、西日本豪雨災害において

                                          • 西日本集中豪雨被災者医療支援活動に対する感謝と将来方針

                                            公開日:2018年10月19日
                                            AMDAグループ代表 菅波茂

                                            「岡山の災害に関する安全神話が崩壊」した災害でした。具体的には、気候変動による、地震でなく水災害の発生ということです。地震に関しては大丈夫です。なぜなら、日本全国で地下マグマがゼロに近い場所は岡山県吉備中央町と兵庫県の丹波笹山の2ケ所だけですから。世界的には水災害に対する備えがますます不可欠になると思います。

                                            「経験は知識を智慧に昇華させる」。総社市長の的確な判断、職員の迅速な対応、議会の住民を代表する支援、等々。災害支援条例の制定にもとづいた、過去の全国の災害被災自治体に

                                            • インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動報告会

                                              公開日:2018年10月18日
                                              プロジェクトオフィサー 神倉 裕太郎
                                                9月28日にインドネシア・スラウェシ島で発生した地震及び津波によって被災した方々への緊急支援活動のため、AMDA本部より派遣された米田恭子看護師が、10月17日AMDA本部にて活動報告を行いました。

                                              米田看護師は過去に、2011年に東日本大震災及びタイ洪水、2016年には熊本地震の際にAMDA緊急支援活動に看護師として参加、2012年10月〜2014年3月には復興支援活動として岩手県大槌町のAMDA大槌健康サポートセンターで勤務しましたが今回は初めて調整員として、10月5日〜10月16日の12日間スラウェシ島

                                              • AMDA速報8 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                公開日:2018年10月17日
                                                12日、被災地パル市内で継続して医療活動を行っているAMDAチームは、10日にマカッサルを出発したAMDAインドネシアチームと合流した。その後協議のうえ、両チームは合同で前日に訪れたタリパ(Talipa)地区を再視察し、ニーズ調査を実施した。タリパ地区の一つであるタリパ・ギンギリ(Talipa Gingiri)村ではコミュニティーリーダーと協議し、その結果AMDAは乾麺3箱、ソーラーライト10個、毛布30枚を配布することを決定。更に、現地企業からAMDAに提供いただいた乾麺や水の救援物資も一緒に避難者に配布した。同じく前日に行ったタリパ・ワトゥオゲ(Talipa Watuoge)については、物資が既に充足していることを確認したが、今回新たに訪れたマンボロ (Mamboro)村ではライトを配布した。

                                                • インドネシア共和国ロンボク島地震被災者支援医療活動報告2

                                                  公開日:2018年10月17日
                                                  AMDAグループ代表 菅波 茂

                                                  ロンボク国際空港からAMDA医療チームの活動しているRuskesmas Primary Health Centerに行く途中の道路の両側には地震により部分的に崩れたあるいは瓦礫と化した家屋が多く見られた。家のそばに張った粗末なテントが仮の家になっている。公共の場としてのモスクも壊れているし、更に地震の再発による全面的な崩壊が心配である。日本のように集団としての避難所は無いようだ。家屋はレンガ造りである。インドネシアはだんだんと豊かになるにつれて本来の木造から豊かさの象徴であるレンガ造りの家に変化してきている。しかし、地震の時は悲惨である。地震災害は上から、津波災害は横から襲ってくる。車中から地区ごとに医療チームがテントを張って活動しているのが見える。医療チームが偏らずに規則的に被災地に配置されていると思った。 

                                                  • AMDAダマック病院事務局長が日本で研修

                                                    公開日:2018年10月16日
                                                    広報担当参与 今井康人
                                                     

                                                    AMDAダマック病院事務局長ビム・ダマラ氏(写真左)

                                                    AMDAネパール支部が運営するネパールのAMDAダマック病院の事務局長が日本での研修を終え、10月10日、AMDA本部(岡山市北区伊福町)を表敬訪問。「日本で学んだ病院運営のノウハウを祖国で生かしたい」と抱負を述べました。

                                                    事務局長はビム・ダマラ氏(43歳)で、ダマック病院に約20年間勤務。菅波茂代表が2年前、ダマック病院を訪問した際、院長から「事務局長を日本で研修させてほしい」と依頼を受け、AMDA本部とAMDAダマック病院の合同事業として実施しました。

                                                    • モンゴルのRMCと連携協力協定を締結

                                                      公開日:2018年10月16日
                                                      広報担当参与 今井康人

                                                      AMDAは10月9日、モンゴルの首都ウランバートルにある不妊症専門病院・RMC(モンゴル再生医療センター)と連携協力協定を締結しました。

                                                      協定では、災害などの際、医療福祉面で被災者らをサポートするほか、RMCはAMDAの多国籍医師団に協力するなど相互扶助を通して世界平和に貢献するとしています。

                                                      AMDA本部で行われた締結式では、菅波茂理事長とRMCの

                                                      • AMDA速報7 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                        公開日:2018年10月13日

                                                        【AMDA医療チーム:被災地での活動】

                                                        10日、AMDAインドネシア医師1人は、地元の病院で3件の手術に麻酔科医として参加した。一方、日本からのAMDA医療チーム(以下、AMDAチーム)はアヌタプラ病院にて、現地医師協力のもと、挫傷や膿瘍の入院・外来患者9人に創傷処置を行った。午後からは、現地協力団体アルテリアとアヌタプラ病院との合同チームは医療ニーズ調査に向かった。パル市内にあるアヌタプラ病院から車で約1時間のところにあるタリパビーチ(Talipa Beach)で合同医療チームは、避難所キャンプ2か所に立ち寄り、巡回診療を実施した。1か所目はタリパ・ギンギリ(Talipa Gingiri)村にあり、約70から80世帯300人が暮らしている避難所キャンプ。2か所目はタリパ・ワトゥオゲ(Talipa Watuoge)村にあり、約70から80世帯380人が暮らしている。両キャンプで整形外科系疾患患者計6人に対応した。内1名は右下腿壊死のため病院搬送となった。

                                                        • AMDA速報6 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                          公開日:2018年10月11日
                                                          日本から出発した医師1人、看護師2人は、10月7日スラウェシ島南部マカッサル(Makassar)市に到着し、AMDAインドネシア支部長アンディ・フスニ・タンラ医師と活動について話し合いを行った。うち医師1人と看護師1人は、同日夜、被災地パル(Palu)市に移動し、AMDAインドネシア医療チームと合流。うち看護師1人は調整員としてマカッサル市で調整業務を行うこととなった。

                                                          翌8日、AMDA医療チームは、市内複数の村を訪問し医療ニーズ

                                                          • インドネシア共和国ロンボク島地震被災者支援医療活動報告1

                                                            公開日:2018年10月10日
                                                            AMDAグループ代表 菅波 茂
                                                            2018年7月29日、8月5日そして19日にインドネシア中部のロンボク島でM6.3の地震が発生。500名近くの死者と35万人以上の被災者が避難所生活を送っている。AMDAインドネシア支部が8月1日から緊急医療チームを2回にわたり被災地に派遣している。活活動場所はRuskesmas Primary Health CenterとRSU Mataram, NTB病院である。

                                                            私は8月13日にマレーシア連邦首都クアラルンプールからスラベシ島のマッカサラ国際空港に飛び、15日にタンラインドネシア支部長と共にロンボク島のロンボク国際空港に着き、被災地で活動するAMDAインドネシア支部の支援と被災地視察を行った。

                                                            • 北海道胆振東部地震 医療支援 参加看護師からの報告2

                                                              公開日:2018年10月10日
                                                              緊急救援ネットワーク 看護師 竹内 美妃
                                                              (平成30年9月14日〜平成30年9月18日に活動頂いた、看護師の方のご報告です)
                                                               

                                                              1)    支援活動参加の経緯


                                                              −参加に至る経緯についてお書き下さい。今回参加を決断された理由は何ですか?

                                                              国内外問わず、看護師としてどのような現場でも私に支援できることがあれば参加しようと、14年前よりERネットワーク看護師として登録しておりましたので、常に派遣要請に待機している状態ではありました。今回は特に、直接派遣要請のご連絡を頂きましたので、ありがたくお引き受け致しました。

                                                              • インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動 ビデオ

                                                                公開日:2018年10月10日
                                                                2018年8月、インド連邦南部ケララ州で、南西モンスーンにより大洪水が発生。州内14県の全てが被災しました。それを受けてAMDAは2名の調整員を被災地へ派遣、8月27日に現地ケララ州に到着しました。現地にてAMDAインド支部や、チェンガヌールロータリークラブ、セワバルティ(SewaBharti)などの地元団体の協力も得て、洪水被害の大きかったケララ州やカルナタカ州で物資支援・医療支援活動を9月8日

                                                                • 9月19日に行われたモンゴル、ウランバートル80周年記念シンポジウム

                                                                  公開日:2018年10月10日
                                                                  AMDA 難波 妙

                                                                  9月19日に行われたモンゴル、ウランバートル80周年記念シンポジウムで佐藤医師が緊急医療支援活動に関する発表を行いました。
                                                                  それに関する地元新聞記事を翻訳とともに紹介いたします。

                                                                  • インドネシア・スラウェシ島地震で募金活動

                                                                    公開日:2018年10月09日
                                                                    AMDAは、9月下旬から度重なる地震で甚大な被害を被ったインドネシア支援のため10月5日、JR岡山駅とイオンモール岡山を結ぶ連絡地下道で募金活動をしました。

                                                                    AMDA本部の職員5人が被災の状況などを記したチラシ200枚を配布し、募金箱を手に協力を呼びかけました。市民らは「大変な事態になりましたね」と快く募金に応じて頂きました。

                                                                    ASEAN防災人道支援調整センターの発表(10月8日現在)によると、死者1948人、行方不明者835人、

                                                                    • AMDA速報5 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                                      公開日:2018年10月08日
                                                                      AMDAは9月28日午後6時過ぎに発生したインドネシア・スラウェシ島地震の被災者に対する緊急支援活動を継続している。

                                                                      10月4日、被災地入りした第1次AMDAインドネシア医療チームは、地震で甚大な被害を受けた中部スラウェシ州パル(Palu)市にあるウンダタ(Undata)病院で5件、アヌタプラ(Anutapura)病院で8件の手術に麻酔科医として参加し、両病院で引き続き負傷者の対応にもあたった。

                                                                      • AMDA速報4 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                                        公開日:2018年10月04日

                                                                        10月2日に地震と津波により甚大な被害を受けた中部スラウェシ州パル市で活動を開始したAMDAインドネシア医療チームは、翌3日、被災地パル市にあるウンダタ(Undata)病院とアヌタプラ(Anutapura)病院で計18件の手術に麻酔科医が参加。調整員は、麻酔科医が医療活動に集中できるよう業務調整を行っている。

                                                                        被災地では、余震を恐れる多くの被災者が屋外で生活している。また、被災した病院の中には駐車場や屋外に建てたテントの中で負傷者の対応をしているところもある。AMDAはAMDAインドネシア支部からの情報を受けて日本から医療者を被災地に派遣することを決定。1次派遣として10月5日に岡山から看護師1人が出発し、6日に医師1人看護師1人と合流した後、インドネシアの被災地に向けて出発する。

                                                                        なお、当緊急支援活動は、インドネシア・ムスリム大学(Universitas Muslim Indonesia)、ハサヌディン大学(Universitas Hasanuddin)、AMDAの三者合同で実施している。

                                                                        • フィリピン豪雨被害で募金活動

                                                                          公開日:2018年10月04日
                                                                          AMDAは、9月中旬より相次いでフィリピンを襲った台風やモンスーンによる豪雨災害を支援するため10月2日、JR岡山駅とイオンモール岡山を結ぶ地下連絡道で、募金活動をしました。

                                                                          職員とボランティア10人が参加。被害の実情やAMDAの活動、寄付金の振込先を書いたチラシ(A5判)200枚を配布して協力を呼び掛け、市民らに快く応じて頂きました。

                                                                          AMDAは複数の現地協力者の要請を受け、調整員として職員1人を派遣しています。

                                                                          • AMDA速報3 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                                            公開日:2018年10月03日
                                                                            10月1日朝、AMDAインドネシア医療チーム(医師2人、医学生2人)はインドネシア・スラウェシ島南部マカッサル市から船で出発し、翌2日午前11時に甚大な被害を受けた中部スラウェシ(Central Sulawesi)州パル(Palu)市に27時間かけて到着した。

                                                                            2日に、被災地パル到着後、AMDAインドネシア医療チームはパル市にあるウンダタ(Undata)病院に入った。同病院で午後から夜にかけて、足の外傷を含む5件の整形外科手術に麻酔科医として参加し、調整員は調整業務に関わった。AMDAインドネシアチーム4人のうち2人は本日3日も引き続き、ウンダタ病院での手術に

                                                                            • 活動報告: インドネシア、ロンボク島地震被災者緊急医療支援活動

                                                                              公開日:2018年10月03日
                                                                              GPSP支援局総務担当 ブルックス 雅美

                                                                              7月29日インドネシア、ロンボク島を震源とするマグニチュード(M)6.4の地震を受け、AMDAインドネシア支部は8月1日、医師2人、AMSA(アジア医学生連絡協議会)1人を含む医療チームを派遣しました。チームはセンバルン(Sembalun)村に入りニーズ調査の後、被災者に巡回診療を実施するほか、古着を提供するなどの支援も行いました。

                                                                              • AMDA速報6 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                公開日:2018年10月03日
                                                                                9月30日、AMDA調整員は台風22号による被害のあったフィリピン中部のベンゲット(Benguet)州とパンガシナン(Pangasinan)州での支援活動を終え、モンスーンによる豪雨で地すべり被害の大きかったフィリピン中部のセブ島に到着した。翌10月1日午前、セブ市にてビスケットや缶詰などの食糧と医薬品を調達、その後被災地であるナガ(Naga)市に移動した。

                                                                                • AMDA速報2 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                                                  公開日:2018年10月02日

                                                                                  インドネシア・スラウェシ島で9月28日に発生した大規模地震と津波により、中部スラウェシ(Central Sulawesi)州都パル(Palu)市とドンガラ(Donggala)県は甚大な被害を受けた。現地の空港の被害も大きく、30日には再開したものの航空機の離着陸は制限されている。同時に地震による影響で被災地は停電、断水が続いており、ガソリン不足との情報も入っている。また、道路、橋も崩壊し、液状化している地域もあり救援活動は難航している。

                                                                                  • AMDA速報5 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                    公開日:2018年10月01日
                                                                                    9月29日、AMDA調整員と現地協力者はフィリピン空軍と協力して、台風22号被害の大きかったベンゲット(Benguet)州内の避難所2か所で食糧支援を行った。その後、被災地の避難所運営を担当している社会福祉・開発省に食糧パック39袋と同州での支援活動に協力いただいた同州バギオ(Baguio)市を拠点とするフィリピン空軍に82袋を今回訪問が難しかった台風22号被災者に届けていただく事となった。

                                                                                    • モンゴルでの救急医療と内視鏡技術指導

                                                                                      公開日:2018年10月01日
                                                                                      東亜大学医療学部教授
                                                                                      モンゴル国立医科大学招聘教授消化器科スーパーバイザー 佐藤 拓史
                                                                                       

                                                                                      輪状甲状靱帯切開術の指導

                                                                                      昨年9月に引き続き救命救急についてのセミナーをウランバートル、救急医療サービスセンター(103)で実施しました。昨年は100名を超える救急医に対して講義しましたが、今回は個別の技術指導を中心にした研修で、同センターの主力10名の医師を対象にしました。研修内容としては、モンゴルの救急の現場ではまだ実施されていない骨髄輸液、輪状甲状靱帯切開術、心タンポナーデの治療等です。日本と違いモンゴルでは、全ての救急車に医師が同乗しています。いわばモンゴルの救急車は、日本のドクターカーなのです。従って救急医の現場での技術向上は、救命率を確実に上げます。今回は知識習得の為の講義に留まらず、実際に鶏肉の骨を使って骨髄輸液の手技を一人一人の医師が実体験しました。

                                                                                      • AMDA速報12 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                        公開日:2018年10月01日
                                                                                        AMDAは29日午前、厚真町での被災者緊急医療支援活動を終了とした。最終日29日は引き継ぎのため、現地で活動中の北海道看護協会の看護師と一緒に厚真中央小学校にて見回り活動を実施した。

                                                                                        9月7日にAMDAは特に被害の大きかった厚真町にて被災者緊急支援活動を開始、北海道庁、地元自治体関係者、また「東胆振東部3町医療救援保健組織本部」等と連携しながら、避難者に対しての医療支援や健康相談活動、避難所の衛生環境整備などを行う一方、AMDA支援農家のグループによる炊出しなど、

                                                                                        • AMDA速報4 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                          公開日:2018年09月29日
                                                                                          9月28日夕方、AMDAはフィリピン空軍と協力し、台風22号による地滑り被害の大きいベンゲット(Benguet)州イトゴン(Itogon)町の被災者に物資支援を実施した。今回の配布対象世帯は同町ウカブ(Ucab)地区にある最も避難者の多い、ローワーゴモク・コープ(Lower Gomok Coop)で生活する被災者と既に帰宅している被災者の両者あわせて100世帯。準備した米5kg、インスタントラーメン8袋、イワシの缶詰5個、ミートローフなどの缶詰6個、クラッカー1パック、インスタントコーヒー10袋を1セットとした食料支援物資を配布した。翌29日は、前日同様に、被害の大きかった同州ラ・トリニダッド(La Trinidad)町ワンガル(Wangal)

                                                                                          • AMDA速報1 インドネシア・スラウェシ島地震被災者緊急支援活動

                                                                                            公開日:2018年09月29日
                                                                                            9月28日午後2時より午後6時ごろにかけて、北スラウェシ島ミナハサ半島を中心に10回以上の地震があった。中でも一番大きかったM7.7の地震は3.0メートルの津波を引き起こし、同半島パル(Palu)市などを襲った。

                                                                                            AMDAは地震発生直後から、インドネシア支部と緊急支援活動に向けた調整を始めている。明日、同支部より医療チームを被災地に向けて派遣する。

                                                                                            • AMDA速報3 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                              公開日:2018年09月28日
                                                                                              9月27日朝、AMDA調整員は現地協力者であるフィリピン大統領府官房長官上級秘書であり海軍予備役であるメルカド氏と今回の災害に対する支援活動計画について話し合いを行った。午後、フィリピン現地調整員1名とともに、ルソン島ベンゲット(Benguet)州バギオ(Baguio)に向けて出発した。

                                                                                              翌28日、AMDAとフィリピン空軍は協力して台風22号の被害が大きかったベンゲット州での支援活動を行うこととした。同州内18か所にある避難所で生活する避難者へ食糧などを配布することを決定し、物資購入とパッキング等の配布準備を行った。

                                                                                              • 北海道胆振東部地震緊急支援活動に参加して(医療調整員)

                                                                                                公開日:2018年09月28日

                                                                                                徳島大学大学院医歯薬学研究部総合診療医学分野
                                                                                                鈴記好博

                                                                                                2018年9月6日午前3時7分に北海道胆振東部は最大震度7の地震に襲われました。

                                                                                                発災当日、AMDA調査隊が出動したという連絡を受け、私もいつ派遣が決まってもいいような準備を始めていました。


                                                                                                そして発災10日後の9月16日から今回は医療調整員としての派遣が決まり、すでに先遣隊が活動していた厚真中央小学校避難所に向うこととなりました。

                                                                                                • 北海道胆振東部地震 医療支援 参加看護師からの報告

                                                                                                  公開日:2018年09月28日

                                                                                                  緊急救援ネットワーク 看護師
                                                                                                  山河 城春

                                                                                                  9月13日厚真町総合福祉センターで行われる医療調整会議に参加後、JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)と連携して厚真中央小学校に入りました。そこで町保健師と面会、現場の状況を知り、医療調整会議で調整して看護師の夜間対応を主任務としてお手伝いさせていただくことになりました。


                                                                                                  とにかく避難所にはりつき、避難されているかたの応急対応や、不安を訴えてこられる方の声を聞き、日赤救護班や厚真町保健師、北海道保健師、宮城県保健師、DPAT(災害派遣精神医療チーム)などそれぞれの医療チームとの情報共有、情報提供を行い、避難されている方といろんな医療チームとの架け橋になれるよう心がけていました。

                                                                                                  • AMDA速報11 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                    公開日:2018年09月27日
                                                                                                    AMDAより派遣した医療チームは、拠点となっている厚真中央小学校避難所にて活動を続けている。これまで通り15時から翌朝10時まで避難者の体調管理や見守りを行っている。

                                                                                                    地震からおよそ3週間が経ち、いまだに続く余震への恐怖などを訴える人も多い。また、先祖代々から受け継いだ実家を失い喪失感を感じる高齢の避難者のお話や、家を失った方々がこれから新しい土地で町営の集団住宅に住まうことに不安を抱えているという話を聞いた。AMDA派遣者は声かけや挨拶を通して見守りを続けている。

                                                                                                    • モンゴル人医師が岡山市で先端医療技術(内視鏡)を取得

                                                                                                      公開日:2018年09月27日
                                                                                                      広報担当参与 今井康人

                                                                                                      モンゴルの男性医師が岡山県の国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業の助成を受け7月末に来岡、約2カ月間の研修を終えました。9月27日には同医師を岡山県に推薦したAMDA本部を訪れ、お礼とともに「学んだ技術を祖国で普及させ、患者サービスの向上に努めたい」と意欲を示しました。
                                                                                                       
                                                                                                      医師はバドラフ ムンフバヤルさん(35歳)で、モンゴル国立医科大学の講師として勤務。同大学付属病院の内視鏡センター部長から「将来を担う若者に先端技術を学んでほしい」と推薦を受け、来岡しました。

                                                                                                      • 「コープフェスタ2018」への出展参加

                                                                                                        公開日:2018年09月27日
                                                                                                        AMDAボランティアセンター事務局長 竹谷 和子

                                                                                                        9月22日(土)コンベックス岡山で開催された「コープフェスタ2018」にAMDAは参加しました。おかやまコープ主催のこのイベントは 〜おかやま食育推進事業〜 として、おかやまコープ組合員さん・職員、商品の生産者、メーカー、各関係者と来場者それぞれが交流することを目的に開催されています。

                                                                                                        AMDAはおかやまコープと2007年10月に協定を締結して以来これまで様々な災害に対して多大なご支援をいただいております。今年AMDAの出展は、ここ最近の活動紹介をパネルで紹介いたしました。「西日本豪雨災害緊急支援」「北海道胆振東部地震

                                                                                                        • 29日および30日 中止のお知らせ

                                                                                                          公開日:2018年09月27日
                                                                                                          大型で非常に強い台風第24号の接近に伴い、AMDAで予定しておりました下記の催事を中止といたします。29日(土)「AMDA感謝祭in新庄村」@新庄村野土路地区30日(日)「西日本豪雨災害活動の経過報告と感謝の集い」@サンロード吉備路皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                                                                                                          • AMDA速報2 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                                            公開日:2018年09月26日
                                                                                                            AMDAは26日、フィリピンでの被災者支援のため、調整員として本部職員1人を派遣した。今回の派遣は複数の現地協力者から協力要請を受けて決定した。調整員は午前11時59分発の新幹線でJR岡山駅を出発。関西国際空港からフィリピン航空便でマニラに向かった。現地時間午後9時55分に到着する。 台風22号による被害の大きかったルソン島ベンゲット(Benguet)州イトゴン(Itogon)町およびパ

                                                                                                            • AMDA速報1 フィリピン災害被災者に対する支援活動

                                                                                                              公開日:2018年09月26日
                                                                                                              9月中旬より相次いでフィリピンを襲った台風やモンスーンによる豪雨は、多くの人に甚大な被害をもたらした。複数の現地協力者より協力要請を受け、現地との調整の末、AMDAは調整員1人を現地に派遣することを決定した。 フィリピン台風22号復興支援活動9月15日に台風22号はフィリピンのルソン島北部に上陸、通過した。複数の地域で土砂崩れや洪水が発生した。現地報道によるとこの台風による死者は88人、

                                                                                                              • 2018年度 南相馬市産米『天のつぶ』購入のご案内

                                                                                                                公開日:2018年09月21日
                                                                                                                今年も「風評被害からの復興支援」として、南相馬「天のつぶ」購入告知をいたします。詳しくはご案内・申込用紙などご覧ください。
                                                                                                                 

                                                                                                                東北に思いを寄せる皆さま


                                                                                                                アムダは東日本大震災の復興支援の一環として「風評被害からの復興」に取り組んでおります。そこで2014年度からは、アムダが東北の復興支援事業でかかわりのある南相馬市の農家のみなさんが置かれている現状を鑑み、お米の共同購入の呼びかけを行わせて頂いております。昨年度までに延べ229人の皆様にご協力頂き、計4,615kgの購入が実現できました。

                                                                                                                • AMDA速報10 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                  公開日:2018年09月21日
                                                                                                                  AMDAより派遣した医療調整員は、引き続き厚真中央小学校を拠点に活動している。また、看護師を1名再度派遣している。9月20日も夜間を中心として、避難者の健康状態を見守った。避難生活が長期化しているため、食欲不振、頭痛、不眠、不安の訴えもみられるが、幸い救護所受診まで至るケースはなく経過した。

                                                                                                                  厚真中央小学校避難所前の駐車場であった校庭には、寄付を基に自由に使用できるプレハブハウスのコミュニティースペースが町の教育委員会の決定により建ち始めるなど、すこしずつ復興の兆しが見えてはきている。夕方には鹿沼マナビィハウスを訪れ、避難している方々の体調を確認。前回訪れた際に目や持病の不安を訴えられた方々も症状は安定しており、他には体調不良の方もおらず、不足物品もない

                                                                                                                  • 北海道の地震で募金活動

                                                                                                                    公開日:2018年09月20日
                                                                                                                    広報担当参与 今井康人

                                                                                                                    AMDAは9月18日、北海道胆振東部地震で被災者の支援を呼び掛け、JR岡山駅とイオンモール岡山を結ぶ地下連絡通路で募金活動を行いました。

                                                                                                                    AMDAの職員やボランティアら6人が参加。募金箱を手に協力を呼び掛け、地震の現状や取り組み、寄付金の振込先口座を載せたチラシ(A5判)100枚を配りました。

                                                                                                                    市民の方々は「アムダは知りませんでしたが、函館出身なので応援します。」

                                                                                                                    • AMDA速報9 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                      公開日:2018年09月19日
                                                                                                                      9月16日、AMDAより派遣した医療調整員は、厚真町で活動を続けているチームへ合流した。北海道庁、「東胆振東部3町医療救護保健医療調整本部」、厚真町保健師、地元の医療機関に挨拶し、活動地である厚真中央小学校避難所に到着、情報収集を行った。17日は日赤救護班と厚真町内の自主避難所を回り被災者の健康状態や避難状況を確認、その後厚真町保健師に報告を行った。

                                                                                                                      18日までの厚真中央小学校での活動内容は、避難所内巡回、血圧測定・健康相談の実施、支援者支援、室温・湿度や衛生状況の確認を含む環境整備、医療品・衛生物品等支給物の整理や配布、

                                                                                                                      • こども食堂にお米を支援

                                                                                                                        公開日:2018年09月18日
                                                                                                                        参与 今井 康人


                                                                                                                        AMDAは9月13、14日、地域の子どもに無料または低額で温かい食事を提供する「こども食堂」に、お米を支援させて頂きました。

                                                                                                                        AMDAは年4回、こども食堂からの希望数量を配布しており、今回は岡山県内の7団体に1袋10キロ入りのお米を計250キロ配布しました。

                                                                                                                        子ども食堂を運営するボランティアの方々は「経費のやりくりが大変。主食の支援はありがたいですね」「子どもが"ごはんがおいしい"とお代わりする姿を見て、私の方が嬉しくなります」と話しておられました。

                                                                                                                        • AMDA速報8 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                          公開日:2018年09月16日
                                                                                                                          AMDAは、医療者3人から成るチームを厚真町へ派遣し活動してきた。9月13日より厚真中央小学校を拠点として看護師による健康相談を開始。日中と夜間の両方の時間帯で活動しており15日は、約10名の方に対応した。主な訴えは、血圧、熱などの体調不安、地震発生時に外傷を負った方の経過観察。風邪症状を疑う方も増えてきている。

                                                                                                                          避難者の方々の状況として、敷地内で車中泊を強いられている方、自宅が全壊し精神面への影響が心配される方、90代の高齢者などがいる。

                                                                                                                          • AMDA速報7 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                            公開日:2018年09月14日

                                                                                                                            AMDA調整員2人は6日間の支援活動を続けてきたが、うち1人は12日に無事に活動を終え、現地を後にした。一方、2次派遣として12日、14日に看護師が1人ずつ現地入り、調整員と合流した。

                                                                                                                            13日は朝、安平町・厚真町・むかわ町3地区の「東胆振東部3町医療救護保健組織本部」の会議に出席後、JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)と共にむかわ町四季の館、厚真中央小学校および厚真スポーツセンターへ行き、作業を行った。

                                                                                                                            • AMDA速報6 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                              公開日:2018年09月12日
                                                                                                                              AMDA調整員2人は2日間の炊き出し支援活動を終え、11日、更なる医療ニーズ調査を開始した。安平町役場を訪問した後、同日夕刻に安平町・厚真町・むかわ町3地区で活動する行政、医療団体等で構成する「東胆振東部3町医療救援保健組織本部」の会議に出席。情報交換を行いながらニーズ調査等を進めていく。ついては、2次派遣として12日、14日に各々看護師1人を派遣することを決定した。

                                                                                                                              12日午後12時現在、北海道内での避難者は1,590人、その8割以上が上記3町を占める。厚真町はほとんどの家庭で断水、

                                                                                                                              • AMDA速報5 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                公開日:2018年09月11日
                                                                                                                                9日夜、AMDA調整員2人とAMDA支援農家*グループ 炊き出しチームは、厚真町内の避難所の一つ、厚真町スポーツセンターにて避難者約50人、自宅避難者約120人にカレーを提供した。岡山から持ってきた食材を使ったカレーだと知ると、避難者の方々は声をあげ感激されていた。

                                                                                                                                10日は同避難所にて朝、昼、夜と3回食事を提供した。昼食はごはんと豚汁を、夕食は芋粥を各々180食用意。炊き出し提供2日目、AMDA調整員・炊き出しチームだけでなく、避難者も調理に参加した。避難者の中には、翌日から炊き出しの提供がない

                                                                                                                                • 「西日本豪雨災害活動の経過報告と感謝の集い」に是非お越しください

                                                                                                                                  公開日:2018年09月11日
                                                                                                                                  7月5日から西日本を中心に降り続いた豪雨は、岡山県全域にその爪痕を残し、特に総社市、倉敷市に大きな被害をもたらしました。AMDAは発災直後から、総社市、吉備医師会と協力し、多くの方々のご尽力を得て、医療支援活動を実施いたしました。未だ多くの方々が避難を余儀なくされている状況ではありますが、AMDA緊急医療支援活動にご参加下さった皆様方への経過報告と感謝をお伝えする機会を設けたく標記の会を開催いたし

                                                                                                                                  • AMDA速報7 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                    公開日:2018年09月10日
                                                                                                                                    AMDAは多国籍医療医師団を結成、インド連邦の洪水に対し支援活動を実施してきた。AMDAインド支部や、地元団体においてはチェンガヌールロータリークラブ、セワバルティ(Sewa Bharati)などの協力も得られた。5日にカルナタカ州での活動を終了後も、ケララ州での医療支援活動は継続して実施した。

                                                                                                                                    7日は支援活動をするべく、チェンガヌール町から車で5時間ほどの距離にある島を目指したが、チームは目的地の手前の村に到着したのは夕暮れも近く、この日は島に渡ることを断念。島民の話によると、ここはいまだに洪水被害の爪痕が深く残り、

                                                                                                                                    • AMDA速報4 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                      公開日:2018年09月09日
                                                                                                                                      9日未明、AMDA支援農家*グループ 炊き出しチームが車で1日以上かけ札幌市に到着した。一方、AMDA調整員2人は、チーム到着前に厚真町入りし、夜の炊き出しに向け準備を進めていた。同日正午ごろ、AMDA調整員と炊き出しチームが合流、厚真町役場担当者と相談し、炊き出しの場所を避難所の一つである厚真町スポーツセンターに決定した。その後、会場の設営や、この日提供する200食のカレーの調理を開始した。

                                                                                                                                      この避難所には約50人が避難。既に自宅に帰っている人が多いが、町内で全面断水が続いているため、この場での食事提供が

                                                                                                                                      • AMDA速報3 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                        公開日:2018年09月08日
                                                                                                                                        AMDAより派遣した調整員の2人は9月7日午後3時に旭川空港に到着、車両で札幌入りした。

                                                                                                                                        8日朝、熊本地震で一緒に活動した医師と合流後、北海道庁に設置されている医療対策本部会議に出席。その後苫小牧市で医療関係の情報収集を行い、今回最も被害が大きいと報道されている厚真町にてニーズ調査を行った。翌日9日も引き続き調査を継続する。

                                                                                                                                        • AMDA速報6 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                          公開日:2018年09月08日
                                                                                                                                          AMDAはインド連邦で起こった洪水に対し、多国籍医療医師団を結成し緊急医療支援活動にあたってきた。また、9月3日より新たに隣のカルナタカ州でも医療支援活動を行い、2チームに分かれて各地で活動を行った。
                                                                                                                                           

                                                                                                                                          【カルナタカ州コダグ県メディケリ町】

                                                                                                                                          3日よりAMDAインド医師であり、カトゥルワ医科大学地域医療科学科長であるラマチヤンドラ カマト医師の協力のもと医療支援活動開始。医療チームは、AMDAネパール、現地カルナタカ州の医師、薬剤師、看護師など合計6名で構成され、

                                                                                                                                          • AMDA速報2 北海道胆振東部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                            公開日:2018年09月07日

                                                                                                                                            9月6日未明、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする震度7の地震発生を受け、AMDAは7日、調整員2人を北海道に派遣した。現地で避難者を訪問、ニーズ調査を行う。

                                                                                                                                            一行は当日、JR岡山駅午前8時33分発の新幹線のぞみで名古屋駅に到着。中部国際空港で乗り換え、午後2時45分に旭川空港に到着の予定。その後、レンタカーで札幌市内を目指す。

                                                                                                                                            • AMDA速報1 北海道地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                              公開日:2018年09月06日
                                                                                                                                              9月6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生、北海道で震度7を観測した。午前11時30分、北海道庁発表によると、2人死亡、100人以上の負傷が確認されている。また、現地の情報によると、北海道全域295万戸で停電の状態が続いている。 この情報を受けて、AMDAは調整員2人の派遣を決定。2人は現地に入り、避難者を訪問、ニーズ調査を行う。 

                                                                                                                                              • インドネシアAMDAフードプログラム現地報告:6月〜8月分

                                                                                                                                                公開日:2018年09月05日
                                                                                                                                                AMDAインドネシアアラニアクバルファクリ(訳:近持雄一郎)【6月】南スラウェシ島マリノ・バトゥラピシ地区にあるAMDAマリノ農場では、各生産者が有機米と併せて様々な農作物を作っています。それぞれの契約農家が生産している有機野菜や果物を紹介します。マカッサルで購入した種で最初に有機レタスの栽培を始めたのは現地生産者のタリブさんとジャマルさんです。この動きが少しずつ周辺にも広がり、お米以外の野菜や果

                                                                                                                                                • AMDA速報41 西日本豪雨災害被災者支援活動

                                                                                                                                                  公開日:2018年09月04日
                                                                                                                                                  AMDAは7月7日より総社市、同月11日より倉敷市真備町にて西日本豪雨災害支援活動を実施。避難者に対して医療支援、健康相談活動、鍼灸活動を行う一方、復旧活動を行う地元の方々、ボランティアに対しても熱中症予防対策など、多岐にわたる支援を実施してきた。8月15日で緊急救援期を終了したが、真備公民館薗分館に看護師の派遣を続けていたが、9月1日をもって終了した。

                                                                                                                                                  9月1日までに、海外のモンゴルを含めて国内外265人の方(学生ボランティア含む)にご協力頂き、活動期間は、のべ57日間。AMDA南海トラフ災害対応プラットフォームの岡山県、香川県、

                                                                                                                                                  • 「AMDA感謝祭 in 新庄村」参加者募集

                                                                                                                                                    公開日:2018年09月04日

                                                                                                                                                    日頃からAMDAへご支援・ご協力をしてくださる皆様に感謝を込めて、AMDA感謝祭を、日本で最もうつくしい村、岡山県新庄村にて開催いたします。
                                                                                                                                                    AMDAフードプログラムの一環としてAMDAが連携している野土路農場での有機米の手刈り体験、災害時にも行われている炊き出し、自然に囲まれながらの演奏やダンスなどのレクリエーションを予定しています。
                                                                                                                                                    是非、ご気軽にご参加ください!

                                                                                                                                                    • AMDA速報5 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                                      公開日:2018年09月04日
                                                                                                                                                      AMDAチームは、ケララ州チェンガヌール(Chengannur)町を中心に支援活動を続けている。

                                                                                                                                                      8月31日、AMDAネパール支部からの調整員1名が合流。その後、チェンガヌールロータリークラブの協力を得てチェンガヌール町ムラクザ(Mulakuzha)村Piralassery(ピララセリ)地区で現地調査を行った。同地区は、家のすぐそばに川が流れ、更に家の屋根より高い位置に主要道路が走っていたため、多くの家が浸水した。現在住民はその道路の両脇にテントを張り暮らしている。調査の結果、この地区でも前回同様、食器や調理器具のニーズ

                                                                                                                                                      • 2018年度AMDAスリランカ平和構築プログラム参加について

                                                                                                                                                        公開日:2018年09月04日
                                                                                                                                                        AMDAボランティアセンター事務局長 竹谷和子

                                                                                                                                                         AMDAスリランカ平和構築プログラムを目的に日本の生徒たち及び関係者が今年スリランカ訪問したことの中から先ず、トピックを紹介します。
                                                                                                                                                        今年の活動は8月3日〜5日の3日間スリランカのポロンナルワで開催しました。
                                                                                                                                                        先ず、活動2日目、8月4日の朝のできごとです。活動中の学校(ロイヤル セントラル カレッジ)のグランドへスリランカ大統領がウォーキングスタイルで登場されました。私たちは大統領とお会いし、活動の現場を見ていただき一緒に記念撮影をいたしました。大統領との出会いはAMDAスリランカの要請に応えていただき実現しましたがとてもいい思い出になりました。
                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                        (後列中央のマイトリーパーラ・シリセーナスリランカ大統領とAMDA菅波代表)

















                                                                                                                                                        • AMDA速報4 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                                          公開日:2018年08月31日
                                                                                                                                                          8月30日、数日前よりチェンガヌール・ロータリークラブとともに現地調査に入ったチェンガヌール町パンダナッド地区マナルトラ(Mnarthra)において、AMDAチームは食器を90世帯に配布した。調査の際、現地住民から「洪水によりほとんどの世帯で食器が流されている」との報告を受けた。地元特有の調理器具など、住民の方々と一緒に支援物資を選んだため、ニーズに合致した物資の調達と配付を行うことができた。

                                                                                                                                                          • AMDA速報3 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                                            公開日:2018年08月29日
                                                                                                                                                            8月27日、AMDA派遣者2名はケララ州州都のトリバンドラム(Trivandrum)にて合流した。100キロ以上北に位置する同州のチェンガヌール(Chengannur)に移動し、地元協力団体であるチェンガヌールロータリークラブと被災状況や今後の活動についてミーティングを行った。同団体よりチェンガヌールの避難所ではすでに医療支援がなされているとの情報を入手したが、現状とニーズの実情調査のため避難所を巡回することを決定した。

                                                                                                                                                            同日午後、避難状況や支援ニーズの把握の為、チェンガヌール街中にある2つの避難所を訪問したが、両避難所では既に政府より

                                                                                                                                                            • AMDA速報40 西日本豪雨災害被災者支援活動

                                                                                                                                                              公開日:2018年08月28日
                                                                                                                                                              AMDAは、7月21日に真備公民館薗分館に看護師の派遣を開始し1か月以上が経過した。薗分館は、西日本豪雨で浸水被害を受けた倉敷市真備町箭田の小規模多機能ホームを利用していた高齢者を含め仮設ホームとして過ごしている。小規模多機能ホーム自体はもともとユニット式と呼ばれる、入居ひとりひとりの個性と生活リズムに合わせた個別ケアを受けていたが、現在は避難のため集団生活を続けている。

                                                                                                                                                              • AMDA速報2 インド連邦ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                                                公開日:2018年08月25日
                                                                                                                                                                本日8月25日、AMDAから派遣する調整員1名は予定通り岡山駅を出発し、関西国際空港へ向かった。本日空路で関西国際空港を出発、現地時間の25日午後9時20分ごろ(日本時間26日午前0時50分ごろ)、インド連邦の首都デリー(Delhi)へ到着予定。その後現地協力団体と今後の活動について協議を行い、27日にケララ州州都のトリバンドラム(Trivandrum)を目指す。

                                                                                                                                                                派遣した職員は、調整員の岩尾智子で昨年8月もビハール州北部洪水支援活動に派遣している。当面は2週間程度、滞在する予定。「インドは雨期で今後も大雨が懸念されるが、被災者のニーズに耳を傾けたい」と語った。

                                                                                                                                                                • AMDA速報1 インド連邦・ケララ州洪水被災者に対する緊急救援活動

                                                                                                                                                                  公開日:2018年08月24日
                                                                                                                                                                  インド連邦南部ケララ州で、南西モンスーンにより100年に一度と形容されるような大洪水が発生している。AMDAは8月25日、本部職員1名を派遣することを決定した。現地に到着後は、まず現地協力者と合流し、その後の活動について協議する。

                                                                                                                                                                  • インド連邦ケララ州洪水:支援活動に向けた情報収集と現地との調整を開始

                                                                                                                                                                    公開日:2018年08月23日
                                                                                                                                                                    AMDAは今月上旬にインド連邦南部ケララ州で南西モンスーンにより発生した洪水被害に対し情報収集、現地との調整を開始した。

                                                                                                                                                                    • 学生インターン募集のお知らせ

                                                                                                                                                                      公開日:2018年08月21日
                                                                                                                                                                      学生インターン募集■インターン内容データの整理、物品整理、行事の準備全般、買い出しなど本部での各種事業運営を経験していただきます。 ■期間随時/3か月以上継続できることが望ましい。(要相談)■条件平日に週2回(合計8時間くらい)以上AMDA事務所に来られる方。ワード、エクセル、パワーポイントを使用できる方。※アムダ本部にて面接の上、決定いたします。■お問い合わせAMDA本部事務局担当:難

                                                                                                                                                                      • AMDA速報39 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                        公開日:2018年08月15日


                                                                                                                                                                        AMDAは7月7日より総社市、同月11日より倉敷市真備町にて西日本豪雨で被災された方々に緊急支援活動を開始し、8月15日をもって緊急支援活動を終了した。今回派遣者として、岡山県内外、そしてモンゴルより総勢248人の方(学生ボランティア含む)にご協力いただき、医療支援、避難所や救護所での健康支援、鍼灸支援など様々な形での活動を実施した。(但し、真備公民館薗分館での支援活動は8月31日まで継続する。)

                                                                                                                                                                        • AMDA速報38 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                          公開日:2018年08月14日

                                                                                                                                                                          8月14日も残暑厳しい中、多くのボランティアの方よりご協力をいただきながらAMDAはサンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3か所の避難所で支援活動を行った。この活動にはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力自治体の一つである黒潮町より6人目となる保健師1人を派遣していただいている。更に協力協定を結んでいる岡山県立大学からもボランティアの方が参加してくださっている。

                                                                                                                                                                          AMDAは災害の急性期を過ぎたため、緊急支援活動を8月15日で終了するが、その後も被災地の状況を注視していく。尚、薗分館での支援活動は8月31日まで継続する。

                                                                                                                                                                          • AMDA速報37 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                            公開日:2018年08月14日

                                                                                                                                                                            AMDAは8月12日に真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所での活動は終了したが、13日も引き続きサンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3か所の避難所で多くのボランティアの方にご協力いただきながら支援活動を行った。

                                                                                                                                                                            • 7月31日山陽新聞夕刊「一日一題」第9回(最終回) 泣こう、明日のために

                                                                                                                                                                              公開日:2018年08月13日
                                                                                                                                                                              山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                              7月31日の「一日一題」は、「泣こう、明日のために」と題して、今回西日本豪雨災害で被災された方へのエールを込めて綴りました。是非とも熊本で聞いた思い出の曲「エデンの東」を聴きながらご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                              • AMDA速報36 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                公開日:2018年08月12日
                                                                                                                                                                                8月12日、AMDAは多くのボランティアの方にご協力をいただき、引き続きサンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を継続して行っている。

                                                                                                                                                                                今回の活動には、AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力自治体の一つである黒潮町より保健師1人派遣していただいており、そして11日まで4日間徳島県美波町より看護師2人、調整員1人を派遣いただいた。加えて、8月10日、11日には

                                                                                                                                                                                • インドネシア、ロンボク島地震緊急医療支援活動2 (AMDA速報1)

                                                                                                                                                                                  公開日:2018年08月12日
                                                                                                                                                                                  8月5日、インドネシア、ロンボク島でマグニチュード(M)7.0の地震が発生。発生から数日が経ち、被害の状況が明らかになってきた。8月10日現在、死者数が321人にのぼり、27万人以上が避難生活を余儀なくされている。また、9日の情報ではあるが、1,000人以上が重傷を負い、医療機関で治療を受けている(インドネシア国家防災庁発表)。現在もまだ情報収集の段階であるため、これらの数字は更に増加するものと見られる。

                                                                                                                                                                                  • AMDA速報35 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                    公開日:2018年08月11日
                                                                                                                                                                                    8月11日、AMDAは多くのボランティアの方にご協力をいただき、引き続きサンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を継続して行っている。

                                                                                                                                                                                    今回は、8月9日よりAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力自治体の一つである黒潮町より新たに5人目となる保健師1人を、そして8日より徳島県美波町より看護師2人、調整員1人を派遣いただき、AMDAの活動にご協力いただいている。加えて、8月9日には協力協定を結んでいる岡山県立大学より1人、玉野総合医療専門学校から2人がボランティアとして活動に参加してくださった。

                                                                                                                                                                                    • AMDA速報34 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                      公開日:2018年08月10日
                                                                                                                                                                                      8月9日、連日の猛暑にもかかわらず多くのボランティアの方々が訪れ、被災地の復興を支えている。AMDAは本日も引き続きサンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                      なお、AMDA緊急支援活動は、多くのボランティアの方々に支えられており、8月5日よりAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力自治体の一つである黒潮町から4人目となる保健師1人、更には8日より徳島県美波町より看護師2名、調整員1名

                                                                                                                                                                                      • AMDA速報33 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                        公開日:2018年08月08日
                                                                                                                                                                                        8月8日、立秋をすぎ、朝晩の風が少し涼しく感じられた昨夕、今朝ではあったが、日中は35度を超える猛暑日が続いている。本日も引き続きサンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                        • AMDA東日本復興支援「復興グルメF−1大会in南三陸」 延期のお知らせ

                                                                                                                                                                                          公開日:2018年08月08日
                                                                                                                                                                                          2018年9月2日に宮城県南三陸町(場所:志津川仮設魚市場)で開催を予定しておりました「第16回復興グルメF-1大会」は、この度の西日本豪雨災害を受け、この度延期することが決定いたしました。

                                                                                                                                                                                          それに伴い、ボランティアバスの運行も取りやめとなりましたのでお知らせいたします。

                                                                                                                                                                                          また、日時が確定しましたら、お知らせいたします。

                                                                                                                                                                                          • AMDA速報32 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                            公開日:2018年08月07日
                                                                                                                                                                                            8月7日、発災から1か月が過ぎ、AMDAの支援活動も2か月目となった。この1か月の活動を通じて、被災者の状況にも変化を感じている。復興に向けての今後の目途が立ってきた方は、「家族と将来のことを話すことができた」「家が決まったから安心して眠れる」「離れていた家族と一緒に暮らせる」と話す一方で、先が見えない方々は焦りや不安によるストレスが蓄積されている。AMDAはこのような避難者の事情を留意して、本日も引き続きサンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                            • インドネシア、ロンボク島地震緊急医療支援活動 1

                                                                                                                                                                                              公開日:2018年08月07日

                                                                                                                                                                                              8月5日、インドネシア、ロンボク島でM7.0の地震が発生。8月6日国連人道問題調整所[UNOCHA]の発表によると、死者82人、何百人もの人の行方が分かっていない。

                                                                                                                                                                                              AMDAインドネシア支部は、7月29日にロンボク島で発生したM6.4の地震を受け、翌月1日に医療チームを派遣。到着後4日間は、現地で被災者に巡回診療を実施し、服を贈呈した。更に子どもたちには風船をプレゼントした。

                                                                                                                                                                                              • AMDA速報31 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                公開日:2018年08月06日

                                                                                                                                                                                                8月6日、豪雨が西日本を襲った日からちょうど一か月の節目の日である。本日も引き続きAMDAは、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3か所の避難所と、真備公民館岡田分館(倉敷市真備町)の救護所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                • AMDA速報30 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年08月05日
                                                                                                                                                                                                  8月5日、発災から4度目の週末を迎えた被災地では多くのボランティアの方が訪れ、復興支援を支えている。
                                                                                                                                                                                                  本日も引き続きAMDAは、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施している。
                                                                                                                                                                                                  加えて本日から真備公民館岡田分館に総社市保健師と一緒に、看護師1人、調整員1人を派遣して医療支援にあたっている。

                                                                                                                                                                                                  なお、8月4日のAMDA緊急支援活動には、教育機関であり、協力協定を結んでいる岡山県立大学から1人、ボランティアとして活動に参加いただいた。

                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報29 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年08月04日
                                                                                                                                                                                                    8月4日、全国的に猛暑日が続き40度を超える都市のニュースが報道されているが、ここ倉敷市、総社市の被災地も35度をゆうに超える、まとわりつくような猛暑日が続いている。本日も引き続きAMDAは、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                    なお、AMDAの緊急支援活動にAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関である旭川荘より1名の看護師を派遣していただいた。教育機関からは、7月31日より協力協定を

                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報28 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年08月03日
                                                                                                                                                                                                      8月3日、発災から4回目の金曜日が訪れた。被災者の方も、支援活動にあたっているボランティアの方や、自治体職員など支援を行う側も一様に疲れも出やすくなる時期である。十分に注意しながら、被災地での健康支援対策を行っていきたい。本日も引き続きAMDAは、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報27 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年08月02日
                                                                                                                                                                                                        8月2日、8月に入り一層暑い日が続いている。
                                                                                                                                                                                                        予報によると今週も35度 を超える猛暑日が続くとのこと。
                                                                                                                                                                                                        発災から1か月近くが経過し、避難者 の疲労もピークに達しているため、健康支援は重要視されている。
                                                                                                                                                                                                        こ のような中、本日も引き続きAMDAは、サンワーク総社(総社市)、真 備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ 所の避難所で支援活動を実施している。

                                                                                                                                                                                                        なお、AMDAの緊急支援活動に際しては、派遣者のほか、多くのボラン ティアの方にも支えられており、1日からはAMDA南海トラフ災害対応 プラットフォーム*協力自治体である徳島県阿南市より4名の職員を派 遣していただいている。
                                                                                                                                                                                                        学校関係では、昨日に引き続き協力協定を結 んでいる県立大学から1人、新たに玉野総合医療専門学校から学生ボラ ンティア2人に参加いただいている。

                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報26 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年08月01日
                                                                                                                                                                                                          8月1日、台風後は再び35度を超える猛暑日が続いている。本日も終日、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施している。

                                                                                                                                                                                                          7月31日と本日、協力協定を結んでいる県立大学から各1人ずつ支援活動に参加いただいている。

                                                                                                                                                                                                          被災者の方の中には、自宅が大きな被害を受け、現在もボランティアの方などに協力いただきながら片付けを続けておられる方もいる。ボランティアの力なくては、片付けも前に進まないのが現状だ。

                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報25 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年07月31日


                                                                                                                                                                                                            7月31日、本日も終日、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                            • スリランカ平和構築の一助に 岡山・広島の中高生が出発

                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年07月31日
                                                                                                                                                                                                              広報担当参与 今井 康人

                                                                                                                                                                                                              AMDAスリランカ平和構築プログラムの趣旨に賛同して頂いた岡山、広島県内の中学、高校生が7月31日、関西国際空港からスリランカに向け出発しました。8泊9日のスケジュールで現地の生徒たちと宗教プログラムやスポーツ交流などに取り組み、8月8日に帰国する予定です
                                                                                                                                                                                                              参加するのは、AMDA中学高校生会のメンバー4人と岡山県赤磐市の中学生5人、広島県立福山誠之館高校2人の計11人(男性3人、女性8人)。8月5日からは赤磐市の友實武則市長もスリランカを訪問し、シリセーナ大統領と会談する予定です。

                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報24 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年07月30日
                                                                                                                                                                                                                7月29日、台風12号が岡山を通過した後は、一転して晴天となった。幸いなことに避難所における台風による大きな混乱や被害は特に見受けられなかった。

                                                                                                                                                                                                                そして本日30日も終日、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報23 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年07月29日
                                                                                                                                                                                                                  台風12号が西日本を通過する7月29日、倉敷市では午前11時30分に避難指示が、総社市では避難勧告が午前6時43分に発令された。総社市によると、この日台風による避難者は628人にのぼる。午前中、時折強い雨に見舞われた被災地でAMDAは今日も支援活動を継続している。

                                                                                                                                                                                                                  本日29日は、AMDA医師と調整員が総社市保健師と一緒に、総社市内の避難所を巡回し、台風の影響を心配する避難者に対する医療相談を行っている。加えて、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)、岡田小学校(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で活動を行っている。今日は、28日の活動レポートと一緒に配信する。

                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報22 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年07月28日
                                                                                                                                                                                                                    7月28日、週末にかけて上陸が予想されている台風12号。西日本には明日29日、未明から強風や、豪雨などによる土砂災害、浸水被害、河川の増水などが懸念されている。AMDAは本日も、岡田小学校(倉敷市真備町)、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3カ所で被災者の方の医療・健康支援のほか、まび記念病院診療車への医療スタッフの派遣および診療車から仮診療所となるプレハブへの移行準備なども行っている。さらにこれらの支援活動と並行をしながら明日に向けての体制を整えている。

                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報21 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年07月27日
                                                                                                                                                                                                                      7月27日、豪雨被害発生から3度目の金曜日を迎えた。AMDAは、岡田小学校(倉敷市真備町)、サンワーク総社(総社市)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3カ所で被災者の方の医療・健康支援を実施している。そのほかにもまび記念病院診療車への医療スタッフの派遣を行っている。週末には大型の台風上陸も予報されており、状況によっては一時避難者の方も増えることが予想されているので、AMDAは状況に合わせて対応できるよう準備を進めている。今後もAMDAは被災者の状況を注視しながら健康支援活動を継続していく。

                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報20 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年07月27日
                                                                                                                                                                                                                        7月26日、AMDAはこれまでに岡田小学校(倉敷市真備町)で継続実施していた災害鍼灸支援を行っていた。発災かから20日が経過し、避難所生活が長期化していることからのニーズ増加を受け、AMDAが健康支援を実施しているサンワーク総社(総社市)でも実施することが決定。26日は午前より、早速予約が入って、鍼灸治療を開始することができた。今後も避難所での健康支援の強化が期待されている。そのほかにも、真備公民

                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報19 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年07月26日
                                                                                                                                                                                                                          7月25日、AMDAは、サンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で被災者を対象とした医療・健康支援活動を実施しているほか、まび記念病院診療車への医療スタッフの派遣も継続し、まび記念病院のある真備町の医療状況の確認も行った。

                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報18 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年07月24日

                                                                                                                                                                                                                            7月24日、AMDAは、サンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で被災者を対象とした医療・健康支援活動を実施しているほか、まび記念病院への医療スタッフの派遣も継続している。

                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                            なお、活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力自治体である高知県黒潮町、徳島県海陽町、協力医療機関である瀬戸健診クリニック(香川県丸亀市)及びさくら診療所(徳島県吉野川市)などからもスタッフの派遣協力をいただいている。

                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報17 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年07月23日
                                                                                                                                                                                                                              7月23日、最高気温が毎日35度を超える1週間を終え、月曜日を迎えた。今週も連日35度超えの予報が出ており、復旧活動に大きな障壁となると懸念している。

                                                                                                                                                                                                                              AMDAは、23日もサンワーク総社(総社市)、岡田小学校(倉敷市真備町)、真備公民館薗分館(倉敷市真備町)の3カ所の避難所で被災者を対象とした医療・健康支援活動を実施しているほか、まび記念病院への医療スタッフの派遣なども行っている。
                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報16 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年07月22日

                                                                                                                                                                                                                                 7月22日、発災から2度目の週末を迎え、AMDAが活動する総社市、倉敷市真備町にも、多くのボランティアの方が全国から訪れている。
                                                                                                                                                                                                                                AMDAでは2か所の避難所での医療・健康支援活動のほか、まび記念病院への医療スタッフの派遣なども行った。
                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                倉敷市真備町:倉敷市立岡田小学校避難所での支援活動

                                                                                                                                                                                                                                AMDAは岡田小学校避難所のひまわり教室で、マッサージの施術や鍼灸治療などが受けられる「ケアルーム」を運営している。
                                                                                                                                                                                                                                21日午前には、自治体の保健師が避難所内を巡回しながら、避難者の方々の健康確認を行うことにAMDA災害鍼灸チームも同行した。
                                                                                                                                                                                                                                保健師の方から「鍼灸治療はどうか」との問い合わせがあったり、避難者の方の状態を見てケアルームのご案内をさせて頂くこともでき、効果的な連携をとることができた。

                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報15 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年07月21日
                                                                                                                                                                                                                                  7月21日、厳しい暑さが続く中、AMDAは総社市および倉敷市真備町の 避難所を中心とした医療・健康支援活動を継続している。
                                                                                                                                                                                                                                  その他にも、倉敷市立岡田小学校避難所・体育館で、弁護士の方によ る法律相談を避難所内で巡回して行った。
                                                                                                                                                                                                                                  また再開したまび記念病院 への医師、看護師、調整員の派遣なども行っている。
                                                                                                                                                                                                                                  なお、活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力 自治体である黒潮町、協力医療機関である社会福祉法人旭川荘、協力 団体である生活協同組合おかやまコープ様などからもスタッフの派遣 協力をいただいている。

                                                                                                                                                                                                                                  • まび記念病院 移動診療車での外来受付 本格運用 〜 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動 〜

                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年07月21日
                                                                                                                                                                                                                                    西日本豪雨災害で壊滅的な被害を受けた、まび記念病永倉敷市真備町川辺)で敷地内に設置した移動健診車での診療を18日午後からの試験的再開を経て、今日から本格的な運用を開始した。 これは吉備医師会、まび記念病院が合意の元実現に至ったもので、稼働に際しAMDAは移動健診車の手配およびAMDA医療チームからの医師および看護師の派遣を行っている。また、移動健診車はAMDA南海トラフ災害対応プラットフ

                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報14 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年07月20日

                                                                                                                                                                                                                                      7月20日、豪雨災害から2週間となった今日もAMDAは総社市および倉敷市真備町の避難所を中心とした医療・健康支援活動を継続している。

                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                      「今日はゆっくり眠れそう」 マッサージおよび災害鍼灸を取り入れた被災者の健康支援プログラム

                                                                                                                                                                                                                                      (倉敷市真備町:倉敷市立岡田小学校敷地内 倉敷市立岡田幼稚園)

                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                      19日には7人にマッサージの施術、18人に鍼灸治療を行うことができた。
                                                                                                                                                                                                                                      利用者の中には毎日のように訪問してくださる方もあり、憩いの場ともなっている。またからだの痛みが大きく、体中に湿布を貼って寝たが、寝付けなかったという患者(70代・女性)は、マッサージの施術を受け、「心身ともにほぐされた気持ち、今日はゆっくり寝られそう」と笑顔を見せてくれた。
                                                                                                                                                                                                                                      また前日に初めて鍼治療を受けた患者の一人が、その効果を実感し3人の息子さんを連れて再来するということもあった。
                                                                                                                                                                                                                                      3人の息子さんは10代と20代。それぞれの問診では大きな痛みや主訴となるものはなかったが、実際に鍼灸師が鍼治療を行うと、疲労が強く体に出ていることがわかった。

                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報13 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年07月19日
                                                                                                                                                                                                                                        7月19日、気温が35度を優に超える中、AMDAでは西日本豪雨災害被災者に対する緊急支援活動を2か所の避難所で継続した。
                                                                                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                                                                                        マッサージおよび災害鍼灸を取り入れた被災者の健康支援プログラム

                                                                                                                                                                                                                                         (倉敷市真備町:倉敷市立岡田小学校敷地内 倉敷市立岡田幼稚園)


                                                                                                                                                                                                                                        岡田小学校でマッサージおよび鍼灸治療をスタートしてから5日が過ぎ、少しずつ利用者が増えてきている。
                                                                                                                                                                                                                                        18日は鍼灸治療では22人の治療を実施。マッサージでは9人に施術した。2度目の利用という方も増えている。
                                                                                                                                                                                                                                        岡田小学校で避難生活をしている方だけでなく、自宅避難されている方の利用もあり、初めて来られる方の中には、今回治療を受けられた方から紹介されて訪れる方も増えてきている。
                                                                                                                                                                                                                                        主訴としては腰痛、肩の痛み、頭痛などが多く、被災したご自宅の片づけ、慣れない避難所での生活、限られた避難所のスペースで、じっとして過ごすための運動不足などが原因として挙げられていた。

                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報12 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年07月18日

                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは7月17日、総社市および倉敷市真備町にて、4チーム体制で以下の緊急支援活動を実施した。
                                                                                                                                                                                                                                          活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関や協力団体である生活協同組合おかやまコープ様などからもスタッフの派遣協力をいただいている。

                                                                                                                                                                                                                                          *当プラットフォームは、AMDA、岡山県、香川県、高知県、徳島県の協力自治体、協力医療機関と企業などにご参加いただいて、南海トラフ災害が発災した際、協力して被災地支援を行っていく体制のこと。

                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報11 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年07月18日
                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは7月16日時点、総社市および倉敷市真備町にて、5チーム体制で以下の緊急支援活動を実施している。活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関や協力団体である生活協同組合おかやまコープ様などからもスタッフの派遣協力をいただいている。

                                                                                                                                                                                                                                            *当プラットフォームは、AMDA、岡山県、香川県、高知県、徳島県の協力自治体、協力医療機関と企業などにご参加いただいて、南海トラフ災害が発災した際、協力して被災地支援を行っていく体制のこと。

                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報10 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年07月16日
                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは7月16日現在、総社市および倉敷市真備町の4カ所の避難所にて、5チーム体制で以下の緊急支援活動を実施している。活動に際してはAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム協力医療機関などからもスタッフの派遣協力をいただいている。【勤労者総合福祉センター・サンワーク総社(総社市真壁)避難所での健康支援活動】19世帯51人が避難している避難所・サンワーク総社(15日時点)で避難所での看護師による

                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報9 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年07月16日

                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは7月14日時点で、総社市および倉敷市真備町の各避難所にて以下の緊急支援活動を実施した。


                                                                                                                                                                                                                                                総社市: AMDAは13日および14日に避難所サンワーク総社内を巡回。避難者への健康相談を行った。昼間は自宅の片付けや、親戚の家に身を寄せるなど、避難所で過ごされる人数が減っているため、13日にはAMDA医療チームは避難所を移動した避難者のダンボールベッドやリネンの片付け、清掃などの衛生環境整備を行った。14日には家の片付けに行けず、昼間避難所に残る避難者を対象に、折り紙や体操をするのが良いという声がAMDAチームから上がり、実施に向け調整を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                • 【お知らせ】7月17日に西日本豪雨災害被災地緊急支援への募金活動を行います。

                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年07月14日
                                                                                                                                                                                                                                                  7月6日夜より7日にかけ岡山全域に大雨特別警報が発令。AMDAは7日より総社市にて避難所にて診療や健康相談を、11日より倉敷市真備町内避難所にてマッサージサービスを実施するなど、様々な形で被災された方に支援を行っています。この活動に際し、下記の時間、場所にて募金活動を行います。何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。

                                                                                                                                                                                                                                                  日時: 7月17日火曜日 午後4時から5時まで
                                                                                                                                                                                                                                                  場所: JR岡山駅地下からイオンモール岡山の連絡道

                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報8 西日本豪雨災害被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年07月14日
                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAは7月12日現在、総社市および倉敷市真備町の各避難所にて以下の緊急支援活動を実施している。
                                                                                                                                                                                                                                                    総社市: 12日は、AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関である独立行政法人国立病院機構福山医療センターから看護師2名が参加、前日に引き続き、避難所サンワーク総社にて避難者への健康相談を中心とした活動を行った。この日は同避難所に避難していた倉敷市真備町の人たちの一部が倉敷市内の避難所へ移動したが、移動前に健康状態の聞き取りとバイタルチェックを7世帯18人全員に実施、移動後も健康維持できるよう倉敷市の保健師に申し送りし、無事移動を完了した。 

                                                                                                                                                                                                                                                    *当プラットフォームは、AMDA、岡山県、香川県、高知県、徳島県の協力自治体、協力医療機関と企業などにご参加いただいて、南海トラフ災害が発災した際、協力して被災地支援を行っていく体制のこと。

                                                                                                                                                                                                                                                    倉敷市真備町: 倉敷市真備町民らが避難する岡田小学校で11日午後のみマッサージを実施したが、翌日12日は10時から18時まで隣接する岡田幼稚園で実施。前日は2名だったが、12日は13名もの人がサービスを受けることができた。本日13日も引き続きこのサービスを提供する。

                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報7 西日本豪雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年07月13日

                                                                                                                                                                                                                                                        7月11日にAMDAは総社市が行うサンワーク総社から医療機関まで無料運行される福祉タクシーに、車いすの方、自力で動くのが難しい方を車に乗せるなど介助に関わった。看護師4名が避難所であるサンワーク総社を巡回し、29世帯37名に聞き取りをしながら健康相談を行った。更に、別の避難所1か所を訪問し、医療ニーズ調査を行なった。

                                                                                                                                                                                                                                                       また、倉敷市立岡田小学校教材室では避難者を対象としたマッサージ師によるサービスを提供。ただし、冷房を使用できないため、扇風機を使用しながら施術した。今回は2名の避難者が施術を受け、「被害を受けた自宅のかたづけをしているが、暑くて体力がないため少しずつ作業をしている。
                                                                                                                                                                                                                                                      マッサージをしてくださってありがたい、また利用したい」と話した。
                                                                                                                                                                                                                                                      翌日12日もマッサージを提供する。

                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報6 西日本梅雨前線による大雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年07月11日

                                                                                                                                                                                                                                                        7月10日、AMDAは総社市の避難所の一つ、サンワーク総社(10日現在避難者数76名)でAMDA ERネットワーク看護師2名が避難所内を巡回し、体調に不安を抱えている38名の避難者の健康相談を行った。また、避難者の中で薬が必要な人については医療機関への受診を促し、病院に行く人のリストを作成した。車いすに乗る方など自力で行けない方については、総社市の車で病院に行けるよう調整を行った。一方、調整員3名は避難者の方がより快適に過ごせるよう、施設の環境整備などに従事した。公衆衛生の点から施設の一部を土足厳禁とし、清掃を徹底した。

                                                                                                                                                                                                                                                         また、倉敷市真備町の避難所の一つである岡田小学校にて、避難者対象にマッサージを行うことを検討しており、10日AMDA職員は避難所を訪問した。その結果、翌日のマッサージサービスの実施を決定した。

                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報5 西日本梅雨前線による大雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年07月10日

                                                                                                                                                                                                                                                           7月9日総社市は、倉敷市真備町からの方を含む避難者の熱中症予防のため、避難者を冷房設備がある市内の他の避難所へ移動することを決定。この中には、AMDAが前日まで医療支援を行っていた、きびじアリーナ(避難者約1,000名)も含まれている。

                                                                                                                                                                                                                                                           AMDAは、総社市及び倉敷市の保健師、DMAT並びに医師1名、看護師3名、薬剤師2名、調整員1名と協力し、移動準備のため、避難者に話を聞き取った。同時に、移動先の避難所での受け入れ準備などにもあたった。

                                                                                                                                                                                                                                                          • 7月14日、15日の催事 延期のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年07月10日
                                                                                                                                                                                                                                                            西日本梅雨前線による大雨により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。この度の災害を受け、7月14日、15日に予定しておりました以下の催事は延期とさせていただきます。第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム第5回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報4 西日本梅雨前線による大雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年07月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                7月8日、AMDAは総社市、AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム協力医療機関*及び岡山県薬剤師会吉備支部等と協力し、同市避難所内に「AMDAきびじアリーナ救護所」を午前より開設。前日から活動する医療チームに加え、医師1名、看護師5名、理学療法士1名、薬剤師12名、調整員6名(AMDA職員1名含む)及び学生ボランティア5名が本救護所にて医療支援活動に参加した。

                                                                                                                                                                                                                                                              午後6時の活動終了までに計83名を診察、内2名を救急搬送、38名に薬を処方するなどの対応を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報3 西日本梅雨前線による大雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年07月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                 7月7日午後5時過ぎ、AMDA医療チームは、吉備路アリーナに引き続き、別の避難所である昭和小学校に到着。総社市保健師1名と在総社市AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関の医師1名及び薬剤師1名、総社市在住の1名のご協力を得、11名を診療した。

                                                                                                                                                                                                                                                                その中には、体調不良を訴えられた方以外にも、薬を流され不安を感じる方やこの災害の状況に驚き興奮している方もいらした。更に、チームはエコノミー症候群予防の体操を避難者に教えた。

                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報2 西日本梅雨前線による大雨被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年07月07日

                                                                                                                                                                                                                                                                    本日7月7日正午時点で大雨特別警報が発令されていた岡山県総社市に向けて、AMDA本部事務所から出発したAMDA看護師と調整員は、約1時間半後総社市災害対策本部に到着。
                                                                                                                                                                                                                                                                  先に入っていたAMDA職員と情報を共有した。

                                                                                                                                                                                                                                                                   在総社市AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム*協力医療機関から医師1名、薬剤師2名及び地元医療機関から医師2名にご協力いただき、AMDAは総社市避難所である吉備路アリーナで、医療支援活動を行うことになった。

                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報1  西日本梅雨前線による大雨 −緊急支援活動開始−

                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年07月07日

                                                                                                                                                                                                                                                                    梅雨前線の影響で、7月5日から西日本を中心に降り続いた雨は今日で3日目に入った。

                                                                                                                                                                                                                                                                    7月6日夜から、岡山全域で災害特別警報が発令されている。

                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAは災害協力協定を結んでいる岡山県総社市と協力し、AMDA職員1名が総社市災害対策本部で情報収集を行っている。

                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                    さらに、正午12時に、総社市災害対策本部に向けてAMDA看護師1名と調整員1名がAMDA本部事務所から出発。

                                                                                                                                                                                                                                                                    • 7月3日山陽新聞夕刊「一日一題」第5回 引き受ける覚悟

                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                      山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                      第2回目からは、AMDAの活動で出逢った「明日を創る女性たち」をテーマに書いています。7月3日の「一日一題」は、「引き受ける覚悟」と題して、これまでAMDAと一緒にフィリピンの災害支援にあたった岡山倉敷フィリピーノサークル、アドバイザーを務めるマジョリー大山さんについて綴りました。是非ともご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                      • 6月26日山陽新聞夕刊「一日一題」第4回 主よ、人の望みの喜びよ

                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年06月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                        山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                        第2回目からは、AMDAの活動で出逢った「明日を創る女性たち」をテーマに書いています。6月26日の「一日一題」は、「主よ、人の望みの喜びよ」と題して、アフリカ、ルワンダで1994年の大虐殺を生き延びて、子ども達の夢を叶えるために奮闘する、「ルワンダの教育を考える会」理事長マリールイズさんについて綴りました。是非ともご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                        • 岡山県立津山東高等学校看護科での講義

                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年06月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                          プロジェクトオフィサー 橋本 千明

                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDA人財育成の一環として6月5日、岡山県立津山東高等学校看護科の2年生に「ボランティアについて」というテーマでお話させて頂く機会を頂きました。この学校の看護科は、看護科3年+専攻科2年の5年一貫看護師養成課程です。今回講義を聞いて頂いた2年生はこの秋に戴帽式と呼ばれるナースキャップを頂く式があり、その後初めての病院臨地実習へ臨むそうです。

                                                                                                                                                                                                                                                                          懐かしい木の香りのする学校の廊下、本棚に整然と並ぶ看護雑誌や使い古された教科書などを見せて頂きながら、改めて私自身の初めての実習を思い出しました。関わった患者さんは、

                                                                                                                                                                                                                                                                          • ダッカ大学コミュニケーション障がい学部、バングラデシュ・ダウン症協会と三者協定締結連携協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年06月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAボランティアセンター事務局長 竹谷 和子

                                                                                                                                                                                                                                                                            1月22日、AMDAはダッカ大学コミュニケーション障がい学部およびバングラデシュ・ダウン症協会と三者協定を結び、ダウン症候群と様々な障がい・疾患に関する研究、防災、リハビリマネジメントとリハビリ療法、各種訓練における交流などを今後三者共同で実施していくことになりました。これまで、バングラデシュに関わってきた職員の竹谷が、この協定締結のきっかけとなったAMDAバングラデシュの事務局長ラザック氏より思いを伺ってきましたのでご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAバングラデシュが、ダウン症に関する活動に取り組むきっかけとなったのは、2008年8月、AMDAバングラデシュ事務局長のラザック氏の三男ラファンが誕生したことにさかのぼります。

                                                                                                                                                                                                                                                                            • 6月19日山陽新聞夕刊「一日一題」第3回 泥中の蓮

                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年06月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                              山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                              第2回目からは、AMDAの活動で出逢った「明日を創る女性たち」をテーマに女性の視点から書いていきます。6月19日の「一日一題」は、「泥中の蓮」と題して、インド、ブッダガヤで慈善事業に奮闘する一人のインド人女性の逞しさについて綴りました。是非ともご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                              • ロヒンギャ難民支援で募金活動&「まちかどトーク」実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年06月26日

                                                                                                                                                                                                                                                                                ロヒンギャ難民支援で募金活動


                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは2018年6月22日、ロヒンギャ難民支援の募金活動を岡山市内のJR岡山駅―イオンモール岡山の連絡道で行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                会場には難民キャンプの全景や診療活動などのパネル写真6枚(A3判)を掲示。AMDA職員10人がロヒンギャ難民支援を呼び掛けるチラシ(A5判)200枚を市民らに手渡しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                市民からは「長引く過酷なキャンプ生活が心配」「AMDAさん、頑張って」と快く募金に応じて頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                • 大阪北部地震被災者緊急支援活動:派遣調整員からの報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年06月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                  プロジェクトオフィサー バーフット クリス
                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                  大阪北部地震発生後に現地に入ったAMDA調整員2人が、6月20日、AMDA事務所にて地元テレビ局の 取材に応えました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  大阪北部を震源とした最大震度6弱の地震を受け、6月18日から2日間AMDAより派遣された大西彰調整員と神倉裕太郎調整員は、高槻市と茨木市にある災害対策本部、保健医療センターなど計6カ所の避難所を訪問したことを、撮影してきた写真を使用しながら報告しました。熊本地震等の経験から、夜間には車中泊をする人たちが出るのではと懸念しましたが幸い見当たらなかったこと、家屋については全壊は確認できませんでしたがブロック塀の一部損壊が見られたこと、物流は止まってはいませんでしたがコンビニやお店には水やパンなどは売り切れてしまっていたことについても説明しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報3 大阪北部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年06月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                    6月18日にAMDA本部を出発した調整員2人は同日夕刻、震度6弱を記録した高槻市に入った。同市災害対策本部にて情報収集を行った後、避難所となった真上(まかみ)公民館及び川西小学校にて避難者全員の帰宅を確認した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                                                                                                    翌日、同じく震度6弱を記録した茨木市危機管理課及び保健医療センターを訪問し、地元医療機関の診療開始を確認した。その後、同市内の春日丘(かすがおか)高校、東中学校において、各避難所担当者から情報収集。避難者とも直接話をし、それぞれに不安感があり、本日も避難所に残ることを確認したものの、既に保健師が巡回を開始しており、水や食料も十分支給されている状況であった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 吉備高原学園高等学校で講演会

                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年06月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                      プロジェクトオフィサー 橋本 千明
                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                      講演を行う小池ボランティアセンター名誉顧問

                                                                                                                                                                                                                                                                                      岡山県吉備中央町の吉備高原学園高等学校で2018年6月9日、AMDAボランティアセンター名誉顧問小池彰和が講演を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      この講演会は、吉備高原学園高等学校PTAの後援事業の一環として行われ、全生徒、保護者、教職員約600名に聴講頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      吉備高原学園は、岡山県と民間の教育機関で構成された学校法人が運営する学校で、全寮制が大きな特徴です。不登校等で思うように中学校へ通えなかった人や高校を中途で退学した人たちもこの高校に入学し、再チャレンジを応援する学校です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      • シンガポール大学の医学生のネパール・トリブバン大学教育病院での研修

                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年06月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                        ネパール担当 アルチャナ ジョシ

                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは次世代の育成に力を入れるために「TAPPプログラム」を開始しました。TAPPプログラムはTriple Aパートナーシップ プログラムの略で、AMDA, AMSA(アジア医学生連絡協議会), AMSA Alumni (卒業生部会)の三者が協力して活動を行います。その一環として、今回は2018年5月14日から6月9日まで、シンガポール大学医学生9人がネパール・トリブバン大学教育病院(TUTH)での研修プログラムに参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 6月12日山陽新聞夕刊「一日一題」第2回 生きてさえいれば

                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年06月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                          山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          第2回目からは、AMDAの活動で出逢った「明日を創る女性たち」をテーマに女性の視点から書いていきます。6月12日の「一日一題」は、「生きていればこそ」と題して、一人のモンゴル人女性の過酷な運命と乗り越えたあとに見えた希望について綴りました。是非ともご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報2 大阪北部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年06月18日

                                                                                                                                                                                                                                                                                            6月18日午前7時58分、大阪北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生。これを受け、AMDAは本部職員で調整員の男性2人の派遣を決定し、同日午後1時からAMDA本部(岡山市北区伊福町)で出発式を行った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                            新聞社やテレビ局のカメラなどが取り囲む中、調整員の2人は「今後の緊急医療支援の可能性も視野に入れ、余震の発生も注視しながら現地の状況把握に力を入れたい」と決意を述べた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                            派遣チームは本日夕刻の現地入りを目指す。到着後、自治体の対策本部などでの情報収集や避難所などを巡る予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報1 大阪北部地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年06月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                              6月18日午前7時58分、大阪北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生、大阪では震度6弱を観測した。この地震に対し、AMDAは現地に入り、避難者への訪問とニーズ調査を行うことを決定。AMDA本部より2名の職員が本日AMDA岡山本部を出発、大阪に入る予定。【派遣者】大西彰(おおにしあきら)調整員/AMDA本部職員/50歳神倉裕太郎(かみくらゆうたろう)調整員/AMDA本部職員/26歳【出発】

                                                                                                                                                                                                                                                                                              • バングラデシュ腹腔鏡外科学会、バングラデシュ医師会と連携協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年06月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                バングラデシュ担当 橋本 千明
                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                バングラデシュ医師会との
                                                                                                                                                                                                                                                                                                協定締結の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                2018年1月20日、21日、AMDAはバングラデシュ腹腔鏡外科協会、バングラデシュ医師会と覚書を交わし、医学教育、防災、緊急医療支援、リハビリ医療などの分野で協力することで合意しました。具体的な提携内容として1) 医学教育交流プログラムの実施と研究開発、2) GPSPおよびAMDA多国籍医師団への協力、3) これ以外の分野での協力形態の模索の3点が主眼となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAバングラデシュ支部長のナイーム医師は、現在バングラデシュ腹腔鏡外科協会の会長を務めています。バングラデシュ腹腔鏡外科学会は外科、産婦人科、泌尿器科の医師を中心に約1000

                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 岡山県新庄村「がいせん桜まつり」にて、中学生がAMDA募金の呼びかけ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年06月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  プロジェクトオフィサー 神倉 裕太郎 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  岡山県新庄村で4月15日に開催された「がいせん桜まつり」にて、新庄中学校の生徒の皆さんが、AMDAの募金を呼びかけてくれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  「がいせん桜まつり」とは、1906年岡山県新庄村に植えられた100歳以上になる長寿の桜の開花を祝い、毎年開催されているお祭りです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  その「がいせん桜まつり」で、手作りの募金箱と、AMDAの活動写真などが紹介されたパネルを置き、中学生自らが参加者の方々に募金を毎年呼びかけてくれています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 6月5日山陽新聞夕刊「一日一題」第1回 相互扶助から生まれるもの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年06月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                    山陽新聞夕刊「一日一題」に6月、7月の毎週火曜日にAMDA理事、難波 妙が寄稿しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    6月5日に掲載された第1回は、「相互扶助から生まれるもの」と題して、熊本地震の経験をもとにご支援をくださった方々への感謝の気持ちを綴りました。是非ともご一読いただければ幸甚に存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 「こども食堂」に2回目のお米配布

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年06月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      参与 今井 康人

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAは2018年6月7、8日、岡山県内の「こども食堂」の運営に取り組む9団体に米290kgを配布しました。3月12日に続いて2回目で、前回より5団体、170kg増えました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAが災害時の備蓄用に冷凍保存している県内産「きぬむすめ」を、団体の要望に沿って10kg入り袋にしてAMDA本部にて手渡しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      年間に167日間こども食堂を開催し、子ども約千人が利用したという「子どもの家」(赤磐市山陽)の小阪田徹代表理事は「本当においしいお米ですね」と笑顔をみせるなど、皆さんに大変喜んでいただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      各団体とも「運営は赤字ぎりぎりで、肉や魚の調達が難しいのが悩み」と話されていました。AMDAは今後も年4回、お米を配布するとともに副食費の支援を準備しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパールの障がい者団体パートナーILC-LaitpurよりAMDA宛の感謝状

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年06月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ネパール担当 アルチャナ ジョシ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2015年4月25日にマグニチュード7.8の大地震がネパール中部を襲い、ネパール各地に甚大な被害をもたらしました。地震の影響で負傷し、一命は取り留めたものの障がいを抱えた人々は数多くいます。しかし、医療機関やリハビリセンター退院後の受け皿となる自宅は倒壊し、自立した生活を送ることが難しい状況にあります。また、ネパールにおける身体障がい者は、非常に困難な状況に置かれており、自ら動くことができないうえ、家族が「障がいは病気」だと認識しており動かさないなどの要因から、結果として家に閉じこもり、障害がない部分も含めて体が動かなくなることなどから、最悪の場合はそのまま死に至る場合もあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • インドネシアAMDAフードプログラム現地報告:4月〜5月分

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年06月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAインドネシア アラニ アクバル ファクリ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          (訳:近持 雄一郎)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          【4月】

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          マカッサルで販売されている有機米

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2018年4月中旬、AMDAフードプログラムのモニタリング調査のため、南スラウェシ島マリノ・バトゥラピシ地区にあるAMDA農場の有機水田を訪れました。その際、州都マカッサルのスーパーマーケットに立ち寄ってリサーチをしたところ、AMDAの有機米は2キロあたり66,500ルピアで販売されていました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAインドネシア支部で有機米の流通を担当するブラエン氏の事務所を訪れ、バトゥラピシで栽培された有機米がきちんと売られているかどうか確認したところ、概ね順調に運営されているように思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA連携野土路農場で田植え体験

                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年06月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA参与 今井 康人

                                                                                                                                                                                                                                                                                                             フードプログラムの一環として、有機無農薬栽培で稲作に取り組んでいる新庄村のAMDA連携野土路農場で6月2日、田植え体験が行われ、地元農家をはじめ岡山、玉野市などから約20人が参加しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                            田植えは約8アールの水田で行われ、10センチ程度に成長したコシヒカリの苗を約1時間かけ、横に張った糸の目印に植えていきました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                             初めて体験する参加者も多く、泥に足を取られるなど悪戦苦闘をしながらも、慣れるに従って手際よく処理していました。真庭市富原から参加した主婦(56歳)は「田植えは楽しく、夢中になって時間の経つのを忘れました」と額の汗をぬぐいながら笑顔で話していました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 吉備中央町国際化推進協会「国際貢献について」講演紹介

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年05月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              パキスタン担当 岩本 智子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              国際化推進協会の皆様

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2018年5月15日に吉備中央町国際化推進協会総会で同協会会員24名を対象に「国際貢献について」と題した、講演の機会をいただきました。同会員の方によると、吉備中央町国際化推進協会は主な活動の一つとして、中国淮安市楚州区と吉備中央町との中学生の交流事業を行っており、きっかけは吉備中央町出身で日本と中国の国交回復にご尽力された岡崎嘉平太氏と中国淮安市出身の周恩来氏の関係がもとになっていると伺いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              講演では、AMDAの活動理念や活動規範を説明した後、実際行っているパキスタンでの活動を紹介しました。吉備中央町国際化推進協会の方とお話する中で、私自身がご縁の大切さを改めて学びました。日中国交回復にご尽力され、周恩来氏が

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」参加者募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年05月31日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                7月14,15日に「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」を開催いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAにおける災害鍼灸活動は東日本大震災から始まりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                災害時に過酷な環境を強いられる被災者にとって、鍼灸治療の役割は大きく、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAはこれまで東日本大震災の他、広島土砂災害、福知山広域水害、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                そして熊本地震において災害鍼灸活動を展開してきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは、これまでの災害鍼灸活動を含む医療支援活動の経験をもとに、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                今後の発生が想定される南海トラフ巨大地震など大規模災害に備えています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                有事の際の円滑な鍼灸活動を目指し、「AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」をAMDAは実施しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ネパール復興障がい者支援16〜寝たきりだった青年の今〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年05月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA委託  理学療法士 西嶋 望

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年4月25日に起きたネパール地震から3年が過ぎました。障がい者支援プロジェクトも国産車いす製造支援より始まり、訪問活動を中心とした活動を現地障がい者団体と行ってまいりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDAダマック病院長の感想

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年05月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ネパール担当 アルチャナ ジョシ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAダマック病院長のナビン医師



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAネパールは1989年に設立。現在、アムダダマック病院、アムダメチ病院とシッダールタ母と子の病院、三つの病院があります。今回、インド・ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックで働くバビータ氏の研修を受けたAMDAダマック病院ナビン院長に研修受け入れへの経緯、バビータ氏の研修中の様子についてお話を伺いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • インド・ビハール州ブッダガヤ:グンゼ様提供による下着を妊産婦に配布

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年05月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      インド担当 岩本 智子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ご支援いただいているグンゼ様よりメッセージ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      下着を手渡すAMDAスタッフ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      わたしたち『グンゼラブアース倶楽部』は、2006年4月、グンゼ株式会社の創立110周年を記念し設立されました。以来、社会貢献活動を行っている団体への支援などを通じてお互いが支え合い、より良い社会づくりを実現する仲間になりたいと活動を継続しています。活動資金は社員の毎月100円からの寄付金と同額の会社からのマッチングで運用しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDA様への支援は2009年よりスタートし継続して行なっていますが、最初に訪問させていただいたスタッフの感想に“「わたしはあなたを必要とするからあなたを支援する

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 大槌健康サポートセンターだより

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年05月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDA大槌健康サポートセンター長 佐々木 賀奈子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        4月12日におかやまコープさんから寄贈していただいた軽自動車が届きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        お陰様でたっぷり荷物が積めます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        織り機を積んで会場に持ち込み、さをり織り教室を開催いたしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今回内陸部からお越しいただいている講師の方がお休みでしたが、参加者同士で教えあい、お互いにお勉強になり楽しかったです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        さをり織りの縦糸をかける難しさも出来上がると喜びになります。隣の部屋で鍼治療を受けていた患者さんは、カランコロンとリズミカルな音が心地いいと話されていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        大槌でも桜が咲き始めました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         昔話で孵化場でお花見した話でもり上がりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA連携野土路農場にて田植え体験

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年05月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          6月2日(土)、AMDA連携野土路農場で田植え体験と
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          アヒルの放鳥が行われます!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          田植えは、昔ながらの手植えで行います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          旭川源流の水とアヒル、そして完全無農薬で作った
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          野土路農場のお米を使った軽食付きです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          また当日は新庄村に伝わる田植え踊りの披露が
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          予定されています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ぜひお越しください!



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「第5回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議」の開催日決定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年05月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            「第5回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議」の開催日が決定しました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ■第5回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             日時:2018年7月15日(日)13:20〜17:20
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             場所:岡山国際交流センター
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             参加費:無料

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」の開催日決定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年05月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム」の開催日が決定しました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ■第5回AMDA災害鍼灸チーム育成プログラム
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               日時:2018年7月14日(土)13:00〜17:30
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     2018年7月15日(日)9:15〜11:30
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               場所:岡山国際交流センター

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 「第2回AMDA・赤磐市防災国際フォーラム」の報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年05月14日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                参与 今井 康人

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                会場に熱気 市民ら100人が熱心に聴講


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAと赤磐市が主催する「第2回防災国際フォーラム」が2018年5月12日、赤磐市桜が丘東の桜が丘いきいき交流センターで開かれました。テーマは「私たちは熊本地震を忘れない。熊本地震から赤磐市の防災を考える」。参加した市民ら約100人は講演や対談、寸劇を通し、防災の心構え、事前準備の必要性などを学びました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                講演は、16年4月に震度7の地震に2度見舞われた熊本県益城町の広安小学校の当時の校長、田中元先生に依頼、快諾を得て実現しました。同小学校には約800人が避難、グラウンドは二次災害を懸念し、車内で就寝する家族の車で埋まりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • インド・AMDAピースクリニックのスタッフがネパール・AMDAダマック病院で研修〜バビータ氏からの感想〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年05月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ネパール担当 アルチャナ ジョシ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  32か国に支部があるアムダは支部内外との交流や研修を行っています。今回、インド・ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックで働き始めて4年目になるバビータ氏が2018年4月15日から29日までネパール・AMDAダマック病院で母子保健サービスを中心に研修を受けました。研修後、ブッダガヤに帰ったバビータ氏から研修までの経緯と研修への想い、これからの意気込みについてききました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  バビータ氏より:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ロヒンギャ難民医療支援活動17 〜ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(3)〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年05月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA グループ代表 菅波 茂
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    パレスチナ難民キャンプの様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2018年2月。ヨルダン在住の清田(せいた)明宏、国連パレスチナ難民救済機関保健局長(UNRWA、WHO世界保健機構からの出向)から私宛にメールが届いた。「パレスチナ難民出身の医師たちが同じような難民であるロヒンギャ難民に医療支援を行いたいという希望がある。是非AMDAと一緒に活動ができないだろうか」と。私に「NO」の選択肢はなかった。非常にうれしい提案だった。AMDAバングラデシュ支部との調整後、2名の医師がコックスバザールのロヒンギャ難民キャンプ内にあるAMDA診療所にて、バングラデシュ医療チームを通じてロヒンギャ難民への支援を行い帰国した。彼らの旅費は清田明宏保健局長が個人的にいただいた賞金を費用としてあてた。また、2名の医師たちも貧しいロヒンギャ難民の子ども達に喜捨をした。自分たちが難民

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA中学高校生会定例会の活動紹介

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年05月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ボランティアセンター事務局長 竹谷 和子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAには中学生、高校生が活動している「AMDA中学高校生会」というボランティアグループがあります。今年度最初の定例会を4月15日にAMDA事務所で行いました。現在22名のメンバーがいますが、この日16名の参加者を迎えとても活発なミーティングになりました。リーダーを中心に今年度の活動について「南海トラフの災害」を想定し若者が普段から取り組める防災、災害時への対応の取り組みについて、また「AMDAスリランカ平和構築プログラム」への参加を通し国際協力への取り組みの2点について確認しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • フィリピン大統領府と協力協定を締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年05月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        フィリピン担当 岩本 智子
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        協力協定に署名する大統領府長官エバスコ氏
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        (右から2人目)と菅波代表

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年11月27日にフィリピン大統領府とAMDAは災害に対する協力協定を締結しました。大統領府長官レオンシオ・エバスコ氏、大統領府長官筆頭秘書官であるグロリア・メルカド氏とAMDAが協力協定に署名し、フィリピン、日本、または他国における災害時の支援に加え、フィリピンにおける医療、教育、生活分野における活動でも協力していきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        この協定の原点は、2013年10月に起こったボホール地震です。フィリピン中部、ビサヤ諸島の一角にあるボホール島の被災が大きく、アムダはその中でも被害の大きかったマリボホック町への支援活動を行いました。当時、マリボホック町長であったのがエバスコ氏、ビサヤ地区海軍予備役大尉としてAMDAの活動に協力してくださったのがメルカド氏でした。その後もフィリピンでは2013年フィリピン台風30号、最近では2017年フィリピン台風26・27号など、海外では2014年ネパール地震など、現在に至るまで災害時にパートナーとして協力して活動しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • フィリピンマヨン山噴火被災者医療支援活動〜活動に参加したビコール大学医学部生からのレポート〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年05月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          中段真ん中に写るエレンさん

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          〜活動に参加したビコール大学医学部生ディビナグレース・エレンさんからのレポート〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          塵で覆われた携帯電話スクリーンを指で操作しながらふと顔をあげると、夜の闇の中、マヨン山の美しい曲線に沿ってどんどん広がり流れ落ちる赤い筋が私の目に入りました。しばらくしてその携帯に、すでに5日間休校していた大学から、やっと明日から講義が再開され普段の生活に戻るであろうという知らせが入りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ロヒンギャ難民医療支援活動16 〜パレスチナ難民の私が、ロヒンギャ難民支援に参加する思い〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年04月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            国連パレスチナ難民救済事業機関 前保健局副局長健政策企画担当官 アリ カダール
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            診療を待つロヒンギャ難民の少年

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2018年2月にロヒンギャ難民医療支援にご参加頂いた、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の前保健局副局長 保健政策企画担当官で医師のアリ・カダール氏は、パレスチナ難民として難民キャンプで育ちました。キャンプでの生活を経験したアリ医師にとって、今回のロヒンギャ難民医療支援には特別な思いがありました。支援参加にあたってアリ医師が綴った手記をご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            今回の派遣に参加する最初の動機となったのは、悲惨な状況にある人々への人道支援の重要さといった、私自身の経験でした。私はパレスチナ難民で、国連が設置した難民キャンプで生まれ、育ちました。国際的な団体による人道援助によって医療や食糧が提供され、学校にも通うことができました。こうした支援がなければ、逆境に立たされたキャンプでのあの時期を、私は生き延びることはできなかったでしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ロヒンギャ難民医療支援活動15 〜UNRWAの医師と活動して〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年04月25日









                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              難民キャンプで活動する UNRWAアリ医師(左)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              とバングラデシュ人医師 (右)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ロヒンギャ難民支援第2次派遣で、UNRWAの医師とともに活動した押谷晴美看護師からの手記をご紹介いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              UNRWAの医師は、彼ら自身がパレスチナ難民であることから、自分たちも難民としての生活をしながら、海外で学ぶ機会を得て医師となり、UNRWAで多くの人を支援してきた。彼らとともに、ロヒンギャ難民キャンプの活動を行う中で、現状・疾患別データをもとに話し合いをした。UNRWAの医師のデータ分析ではこれから生活習慣病も増えてくる傾向にあること、生活習慣病をターゲットにした診療所も必要になって来ると思われた。また、彼らの実体験があるからこそわかったことであるが、難民たちが、不安や身体的・精神的な症状を訴えている患者が少ない。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • パレスチナ難民キャンプ出身の医師たちがAMDA と共に活動する意義(UNRWA、清田医師)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年04月24日









                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                UNRWA保健局長 清田明宏医師

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                国連パレスチナ救済事業機関(UNRWA ウンルワ)保健局⾧ 清田明宏医師より、パレスチナ難民キャンプ出身の医師たちがAMDAと共に活動する意義について、手記を頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                今から70年前の1948年、イスラエル建国を巡って第一次中東戦争が起こった。その戦禍を逃げるため、当時のパレスチナの地から75万人がガザ・ヨルダン川西岸、ヨルダン、レバノン、シリア等の近隣地域に逃れた。パレスチナ難民の発生だ。それから70年、彼らは依然難民のままだ。すでに3代にわたる家族もあり、その総数は530万人になる。20世紀からの最大の負の遺産とも

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)と連携協力協定を締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年04月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは2018 年2 月1 日、国連パレスチナ難民救済事業機関(United Nations Relief and Works Agency for Palestine Refugees in the Near East: UNRWA、ウンルワ)と連携協力協定を締結しました。UNRWA は、1950 年にパレスチナ難民の保護と支援を目的に設立され、教育や医療、社会保障などの活動を継続しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  UNRWAは、1949 年8月に国連決議で採択された国連傘下の人道支援・人材開発機関です。『教育、健康、支援、社会奉仕、マイクロファイナンスなど、直接的な支援や取り組みを通じて、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • イオン倉敷にて黄色いレシートキャンペーン! そして、まちかどトーク!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年04月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    イオン倉敷が黄色いレシートキャンペーン AMDAにギフトカードを寄付


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    イオン倉敷(倉敷市水江)の「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の2017年度贈呈式が4月11日、同店で行われ、AMDAはギフトカードを頂きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    岡山県内の身体障害者支援団体、小学校PTAの代表ら約50人が出席。各団体はカードの贈呈目録を受け取った後、活動報告をしました。AMDAボランティアセンター事務局長竹谷和子が、AMDAの理念やロヒンギャ難民支援などの活動を報告した後、「頂いたギフトカードは大切に使わせていただきます」とお礼を述べました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    贈呈式に先立ち、AMDA本部職員とボランティアの計7人は、黄色いたすき姿で買い物客に協力を呼び掛けました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 〜AMDA東日本国際奨学金〜 NO.4

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年04月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      東日本国際奨学金受給者のインタビュー4人目の方をご紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      平成24年2期生 古舘 笑海さん


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      医療事務の仕事について9ヵ月が経ちます。今は責任感や楽しさを感じられるようになってきました。進路を考えて進学し、学んでいた学生時代があっという間に感じます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      私は大槌中学2年の時、東日本大震災に遭いました。自宅も被害を受け、家族で盛岡へ避難し、新たな場所で暮らしを始めました。中学は盛岡で過ごしましたが、高校受験の時は地元の大槌高校に進学することを選びました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      大槌高校では、中学の時の同級生とまた一緒に勉強をすることができました。高校に通うにもバスでは不便なこともあり、母に送り迎えをしてもらいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 赤磐市で「第2回AMDA・赤磐市防災国際フォーラム」が開催されます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年04月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        5月12日土曜日13時半から、赤磐市桜が丘東の「赤磐市桜が丘いきいき交流センター」にて「第2回AMDA・赤磐市防災国際フォーラム」を赤磐市と開催いたします。このフォーラムは、赤磐市との間で結ばれた「連携協定」に基づいて開催されるもので、今回は「私たちは熊本地震を忘れない。熊本地震から赤磐市の防災を考える。」をテーマに、熊本地震時にAMDAが活動を通じてお世話になりました避難所の熊本県益城町立広安小

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • RSK朝耳ラジオで毎月第3、4週の火曜日8時30分「AMDA命を救うラジオ」放送中

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年04月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          RSK朝耳ラジオで2018年4月より第3週,第4週の火曜日8時30分から「AMDA命を救うラジオ」放送中・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動様々な分野の方々にご出演いただいています。ぜひお聴きください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 山陽学園大学大学院講義「国際医療論」講義紹介

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年03月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            次世代教育の一環として、学校関係で実施している講義について紹介していきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            山陽学園大学大学院での講義を担当するのは、昨年(2017年)に続き今年で2年目で、今年はスタッフ3名で通算計4時限の講義を担当しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            受講生は、現役の看護師として勤務しながら学んでいる2名です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ネパール復興障がい者支援報告15 〜今こそ福祉の街づくりのチャンス〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年03月29日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              誰もが住みよい街づくりを呼びかける

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDA復興障がい者支援活動では、個々の障がいのある方の訪問活動を行っています。カトマンズ近郊だけでなく、遠隔地にもモバイルキャンプとして現地の障がい者団体とチームで巡回訪問を行っています。また訪問時に外に出てカウンセリングをしながら、近隣住民との「障がい理解」をテーマとしたお話し「IDOBATA GAFU Program」も行っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その傍ら、各地の行政機関に対しても障がい理解促進のため「バリアフリーキャンペーン」も行ってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ネパール復興障がい者支援報告14 〜訪問リハビリテーションと訪問ピアカウンセリング〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年03月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ネパールは雨期には雨で道路が寸断されやすいため山間部では土砂崩れ、平野部では洪水が発生しやすく地方に行くことが難しくなります。現在は乾季ですので地方で活動するのに良い時期です。地方での活動では、モバイルキャンプとして同行する障がい者当事者団体のスタッフらと物資などを十分準備・計画して行きます。1月はモバイルキャンプを3か所実施しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • モンゴル内視鏡研修事業

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年03月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  東亜大学医療学部教授佐藤拓史医師(モンゴル国立医科大学招聘教授、消化器科スーパーバイザー)が3月15日から26日の日程でモンゴルを訪問し、モンゴル国立医科大学で内視鏡研修を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  モンゴルでは、胃がん発生率が高く、死亡者数は肝臓がんに続いて二番目。モンゴル国民の健康に対して重要な役割を担うモンゴル国立医科大学付属病院では、年間約1050人が上部消化管内視鏡検査を、約200人が下部消化管内視鏡検査を受けています。発見される胃がんの3/4が進行がんであり、内視鏡的治療ができる状況を過ぎています。そこで保健省は、ガンの早期発見のための内視鏡医の検査、診断、治療の技術向上を図っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 〜AMDA東日本国際奨学金〜 NO.3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年03月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     東日本国際奨学金受給者のインタビュー3人目の方をご紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    平成24年2期生 小野寺香子さん


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    看護師として働いて8ヵ月となりました。小さい頃からの夢であった看護師としての仕事は、とてもやりがいを感じています。勤務先は、ICUの病棟です。患者さんの状態も刻一刻と変化していくため、命を身近に感じ、看護師として、医療のチームとしてしっかりと患者さんやご家族に向き合っていく毎日です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    東日本大震災をきっかけに、「人の役に立つ仕事をしたい」という、以前からの思いが強くなりました。自宅のある大島も被害も受けたこともあり、実家に帰るとはできず内陸の親せき宅へ避難していました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • インドネシア、ムスリムインドネシア大学との連携協力協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年03月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAインターナショナルは、インドネシアにあるムスリムインドネシア大学医学部と2018年1月20日、連携協力協定を締結しました。目的は明日の希望をもって人々が生活できる「平和」を目指し協力していくパートナーシップ構築です。当日は同大学にて、100名以上の医師や学生が出席する中、AMDAインドネシア支部長タンラ医師と、ムスリムインドネシア大学医学部長でありAMDAインドネシア副支部長ワヒド医師が調印しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 認定NPOの更新しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年03月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        3月8日に岡山市より認定NPOとして認定期間を更新する旨の通知をいただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        岡山市市民協働企画総務課、武裕子課長補佐から菅波理事長に通知書が渡されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        再認定期間は平成35年5月7日まで更新され、引き続き皆さまからのご寄付が税控除となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        武課長補佐より「岡山市に事務所をおき復興支援や人道支援活動で世界的にも有名な団体で今後ますますのご活躍を期待しています。」とのお言葉をいただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        菅波理事長は、国際人道支援活動に加え、アムダは、国連経済社会理事会総合協議資格のある団体として国内ではわずか3団体のうち唯一NPO団体であり国連で政策提言ができることやアムダの持つ役割を伝えました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 「倉敷からの風」がチャリティーオークション

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年03月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          東日本大震災の復興支援を目指す倉敷市の芸術家の団体「倉敷からの風」(杉田修一代表)は3月15日から4日間、作品のチャリティーオークションを同市本町、ギャラリー十露で開きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          大震災直後の2011年から毎年実施。AMDAに寄付された売上金は被災地支援に使われています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          7回目となる今回は、作家52人が絵画や彫刻、写真、工芸など130点を展示。オークションは通常の半値を最低限価格としてスタートする仕組みで、市民らはじっくりと品定めをして入札希望価格を決めていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 菅波代表が「旅の文化賞」受賞

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年03月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            文化の質的向上に貢献した個人や団体を顕彰する「旅の文化賞」にAMDAグループの菅波茂代表が選ばれました。4月8日に東京で開かれる表彰式に出席し、受賞記念講演をする予定です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            旅の文化賞は、近鉄グループホールディングスの文化事業を推進している「旅の文化研究所」が選考。所長は民族学の第一人者として知られる神崎宣武氏が務め、1993年に設立。旅の文化を様々な観点から調査・研究をしている団体です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            菅波代表は岡山大医学部在学中に休学し、アジア放浪の旅をして人道支援活動の必要性を痛感。1984年にAMDAを創設し、世界32の国・地域にある支部のネットワークを生かして多国籍医師団を結成。災害地の援助や生活再興のため、地域の文化を大切にしながら支援していることが高い評価を受けました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDAグループ副代表・小林米幸医師が神奈川県医療功労賞受賞

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年03月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAグループ副代表でNPO法人AMDA国際医療情報センター理事長の小林米幸先生が「第46回神奈川県医療功労賞」(読売新聞社主催・厚生労働省ほか後援)を2月9日受賞されました。賞は長年にわたり地域医療や福祉に貢献した人に贈られるものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              小林先生は、これまで外務大臣表彰、神奈川医学会学術功労賞、県民功労賞など数々の賞を受賞されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              詳しくはこちら

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ロヒンギャ難民医療支援活動14: 菅波代表、ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(2)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年03月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2018年1月17日、18日にAMDAグループ代表の菅波がロヒンギャ難民キャンプの視察を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                以下、菅波による難民支援医療活動についての手記を掲載いたします。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ※尚、手記第1弾は下記リンクよりご覧いただけます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                http://amda.or.jp/articlelist/?work_id=5800

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは1984年の発足後 59ケ国で190件の緊急人道支援の貴重な経験した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 東日本復興支援チャリティーオークション「倉敷からの風」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年03月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  3月15日から18日までの4日間、倉敷市本町のギャラリー十露にて、倉敷市内で絵画教室を主宰する杉田修一氏を代表とする芸術家有志の会「倉敷からの風」による東日本大震災復興支援のためのチャリティオークションが開かれます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  倉敷からの風URL→  http://kaze.kurashiki-craft.com/

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  このオークションは発災後毎年開催され、今回で7回目を迎えます。このオークションによるご寄付は、AMDAをとおして岩手県大槌町や宮城県気仙沼などでの被災者支援に役立てられています。倉敷市本町のギャラリー十露にどうぞお気軽にお寄りください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 「こども食堂」にお米を配布

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年03月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     AMDAが2017年12月に設立した「こども食堂支援プラットフォーム」事業の一環として3月12日、岡山県内で「こども食堂」の運営に取り組む4団体に米120kgを配布しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAが災害時の備蓄用に冷凍保存している県内産の「きぬむすめ」で、団体の要望に沿ってモミを玄米にし、AMDA本部で手渡しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    岡山市北区のこども食堂担当者(56歳)は「運営費に苦慮していた。とてもありがたい。ごはんをしっかり食べて幸せそうな子どもの顔を見るのが楽しみ」と笑顔。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    同市中区のこども食堂代表(55歳)は「おにぎりパーティーをしたい。子どもが大喜びすると思う」と話していました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • アイ薬局が移動型調剤車を導入

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年03月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      日頃医薬品準備等でご協力頂いている、アイ薬局(岡山県総社市)が「移動型調剤車」を導入しました。導入を決めたのはアイ薬局村木理英社長、監修したのはこれまでAMDA熊本地震緊急救援活動への参加など、医薬品管理に関する助言を継続的に頂いている薬剤師、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の名倉弘哲教授(救急薬学)です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      こうした「動く薬局」のような調剤設備のある移動型調剤車は、2011年の東日本大震災を教訓に全国で導入、いわゆるモバイルファーマシーと呼ばれます。これまでに宮城、和歌山、広島、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDAの活動にご参加いただいている医師がNHKで紹介されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年03月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        東日本大震災以降、数々のAMDAの緊急医療支援活動にご参加いただいている 鈴記好博医師(徳島大学大学院総合診療医学分野)が3月2日午後6時10分よりNHK徳島の「とく6徳島」で紹介されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        番組内では、AMDAとして東日本大震災時の被災地での巡回診療、熊本地震の際の避難所での衛生管理、そして南海トラフ災害発生時を見据えた、勤務先である美波病院(徳島県美波町)での避難者受入への準備などが紹介されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第2回AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年03月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2018年1月27日から2日間の日程で、第2回AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議をマレーシアの首都クアラルンプールで開催いたしました。会議には14ヶ国から総勢46名の支部長と関係者が出席しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          会議の主題は、AMDAがすすめる世界平和パートナーシップ(GPSP)の進捗とAMDA南海トラフ災害対応

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「AMDAマレーシア支部長、アンソニー医師」にインタビューしました!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年03月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            アンソニー医師ご家族と


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            5月にマレーシアでAMDA学生インターンをしていた青山学院大学法学部法学科 4年野本 遥香さんと金沢大学 国際学類 4年新家 夢紬さんがAMDAマレーシア支部長、アンソニー医師にインタビューをしました。そのインタビュー内容が届きましたのでご紹介いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDAマリノ農場活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年03月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAフードプログラムは、「食は命の源」をコンセプトにアジアに有機農業を普及することを目的とするプログラムです。AMDAはこれまでの緊急医療支援活動を中心とした、国内外での活動の中で、「安全、安心な食」が健康な体づくりに不可欠であること、そして「安全、安心な食」の付加価値は、貧困地域の生活向上につながることに着目し、有機農業の普及を通じアジア地域での貧困緩和を目指しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2011年に岡山県新庄村の野土路地区に連携農場を立ち上げて以来、2013年にインドネシアから、2014年にフィリピンからそれぞれ研修生を受け入れてきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最初の海外からの研修生を受け入れて早いものでもう5年。新庄村で研修したインドネシアの卒業生たちは今も故郷で有機農業の普及活動を続けています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今回は、5年前に巣立っていった卒業生たちの活躍について報告します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 関西学院大学の連続公開セミナー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年03月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2018年3月3日(土)関西学院大学図書館ホールにて連続公開セミナーに参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                「後方支援基地と南海トラフ巨大地震〜広域被災地への対応探る」と題して各方面の方からの発表が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                基調講演で、岩手県遠野市 本田敏秋市長より3.11東日本大震災前から準備されていた、遠野市の沿岸被災地後方支援への取組みを伺う事が出来ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA連携野土路農場で無農薬米を販売

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年03月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは「食は命の源」のコンセプトのもと、名水で知られる岡山県新庄村のAMDA連携野土路農場で、有機農業の普及事業であるフードプログラムに取り組んでいます。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  同農場では2011年から無化学肥料・無農薬にこだわった"アヒル農法"による米づくりを続けています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 〜AMDA東日本国際奨学金〜 NO.2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年03月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     東日本国際奨学金受給者のインタビューお2人目をご紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    平成23年1期生 鈴木 公二さん

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      自分の出身地の宮城県にある総合病院で理学療法士として働いています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    国家試験に合格し、地域の医療現場で仕事に就くまでの学生の期間、AMD
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    Aさんの奨学金にも助けられ、夢をあきめずに取り組むことの後押しとな
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     震災の時は、理学療法学科2年生の時期でした。私の住んでいた地域は沿
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    岸部で、津波により自宅は全壊、近所の家も跡形もなく流されてしまいま
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    した。学校生活で使用する筆記用具や、参考資料の一部も無くなりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    4月から県外での長期実習も控えている時期だったので、実習にむけての準
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    備に不安を持ちながら過ごしていたのを思い出します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     津波後の数週間は、避難所での生活をしていました。その時、パーキンソ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ン病であろう高齢者が避難所内の歩行が難しかった様子を見ていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパール内視鏡技術研修事業

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年03月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ネパールで佐藤拓史医師(東亜大学医療学部教授、モンゴル国立医科大学消化器科スーパーバイザー)による内視鏡技術研修が2月23日から3月4日の日程で行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ジャパ郡、ダマック市にあるAMDAダマック病院で内視鏡を担当するディワス医師は、2015年4月のネパール地震で甚大な被害を受けたシンドゥパルチョック市における緊急医療支援活動で、内視鏡の専門家である佐藤医師に出会い、2016年8月から岡山済生会総合病院において岡山県海外技術研修員として4か月間の内視鏡治療に関する研修を終了しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 全国屈指福祉フォーラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年03月05日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        「総社市の挑戦〜全国屈指の福祉先駆都市へ〜」をテーマにした同市とAMDA主催の「福祉フォーラム」が2018年3月3日、総社市三須の国民宿舎・サンロード吉備路で開かれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 3月10日備前焼作家による東日本復興支援チャリティー (from bizen)のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年03月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          今回で8回目となる備前焼作家さんによる「東日本復興支援チャリティー -from bizen- 」が、3月10日(土)に開催されます!



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          東日本大震災で被災した方々に、「備前の地より、今、少しでもできることを…」との思いで始まり、毎年回を重ね、本年度も下記の通り開催となりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • NPO法人仙台夜まわりグループ様からのご報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年02月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            東北復興支援の一環で路上生活者支として食糧をお送りしているNPO仙台夜回りグループから届いた食料のお写真をいただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            困窮者への食糧支援や、サロン活動や夜まわりで提供する軽食やおにぎりを作る際に活用させていただきます、とお知らせいただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ロヒンギャ難民医療支援活動13: 第2次医療チーム派遣、押谷看護師からの帰国報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年02月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              【派遣期間】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2018年2月1日〜2月13日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              【支援活動参加の経緯】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              昨年11月に、「AMDA緊急救援(ER)ネットワーク」登録者対象に、ロヒンギャ難民医療支援活動参加の募集があった。8月にロヒンギャ難民問題が日本でも報道されていたが、日が経つにつれ報道が少なくなり、自分自身で現状を見に行きどのような支援ができるかを提言できればと思い応募して参加となった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              【関わった活動内容】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ロヒンギャ難民キャンプ内にある日本バングラデシュ友好病院が運営する診療所にてAMDAバングラデシュの現地スタッフと国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)から参加した医師2名と診療、難民の方へのインタビュー、10月からの疾患別患者集計、診療所環境改善への助言を行なった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 〜AMDA東日本国際奨学金〜 NO.1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年02月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 2011年3月11日の東日本大震災後、医療人を目指す被災地在住の高校生、専門学校生を対象に2017年度までに8校延べ315人、総額5,670万円を給付してきました。社会人になり各方面で活躍中の奨学金受給者のインタビューをご紹介いたします。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 尚、この奨学金は2017年度をもちまして終了いたします。長らくのご支援誠にありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                平成23年1期生 佐藤 慎さん


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 東日本大震災の時は、高校1年の3月でした。陸前高田市にある自宅は、津波の被害にあい、避難所、仮設住宅での生活となりました。高校は、隣の市の大船渡高校に列車で通っていました。しかし、列車も津波被害を受け不通となり、代行のバスを使って1時間ほどかけて高校に通うことになりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 高校の授業再開と共に、高校2年生として自分の進路についても考える時期もやってきました。「自分にできることは何か」と考えたときに、高校の先生からAMDAの奨学金の話をしていただきました。このことが、将来地域のためにできる仕事、医療人としての仕事をする進路へ進む後押しとなり、勉強に励みました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • インド・ビハール州ブッダガヤ:健康教育と栄養プログラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年02月26日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  健康教育学級の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2月13日AMDAピースクリニック(APC)で行った健康教育学級に、17名の妊産婦が集まりました。この健康教育学級は1週間に一度行っており、対象はAMDAピースクリニックに登録している妊産婦です。授業の後には、栄養プログラムとして、地元の安価で栄養価の高い食材を使用し、自宅でも作れる料理を作って提供しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回のトピックは母乳育児についてでした。母乳育児の重要性とその効果、授乳の仕方、予測される母乳育児に関するトラブルについて、APC看護師が参加者に教材を使って説明し、参加した妊産婦は聞き入っていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 出張報告:2018年フィリピン・マヨン山噴火被災者支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年02月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    出張報告:2018年フィリピン・マヨン山噴火被災者支援【はじめに】2018年2月9日、日本からマニラに到着した私は、同日夜6時頃、AMDAフィリピンのナヴァロ支部長にお会いし、翌日のアルバイ州での医療支援活動について打ち合わせをしました。ナヴァロ支部長によれば、すでにAMSAフィリピン(ビコール大学支部)が現地入りして眼科手術を行っており、健康診断や血圧測定、避難者の健康相談などを実施しているとい

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 総社市・AMDA合同福井雪害緊急支援活動のお礼

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年02月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2月初旬に福井県で昭和56年以来の雪害に見舞われて、総社市・AMDA合同福井雪害緊急支援で福井県勝山市長から除雪車用の軽油供給支援の要請を総社市長が受けて支援を行いました。AMDAの職員は、福井県勝山市訪問後に持込んでいた温湿布を、雪下ろしや除雪作業で疲労されている職員にと勝山市福祉健康センター長にお渡して来ました。活動を終えてからも状況を注視していましたが、下記のメールを頂き、一安心しました。今

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 3月3日 総社市と全国屈指福祉フォーラムを開催いたします

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年02月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        この度、総社市と共に「総社市の挑戦」〜全国屈指の福祉先駆都市へ〜をテーマに、フォーラムを開催いたします。21世紀の日本では、本格的な人口減少社会への対応や気候変動による災害、南海トラフ地震への備えが大きな課題となっています。そのような中、相互扶助による地域力を生かした社会づくりが急務となっています。総社市では、全国屈指の福祉先駆都市として、様々な社会的弱者への対応や、被災地支援や被災者の受入、自主

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • インド・ビハール州ブッダガヤ:AMDAピースクリニック初、双子誕 生!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年02月21日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          双子の女の子を抱くS.D.

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年12月28日には、AMDAピースクリニック(APC)*にて母子保健事業開始以来、初めて双子の女の子が誕生しました。2017年6月、近所のお友達に紹介されて、妊娠3か月目に入っていたS.D.さんが最初にAPCを訪れた際、吐き気とめまいに加えて熱もありました。その後も栄養不足により体調を崩すことも多く、医師が薬を処方し、APCインド人看護師が継続的に家庭訪問し支援を継続してきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          無事出産を終えたS.D.さんから「APCの人たちに妊娠中の私を支えてもらったおかげで、元気な双子を授かりました。今は私が他の妊婦さんにAPCを紹介しています。」という嬉しい声が届きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 3月3日 関西学院大学の連続公開セミナーへ参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年02月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            後方支援基地のあり方をテーマに、関西学院大学災害復興制度研究所主催の公開セミナーが3月3日に関西学院大学図書館ホールで開催されます。AMDAでは、2015年より準備を進めている南海トラフ災害対応プラットフォームについて報告をさせて頂きます。日時:2018年3月3日(土)13時から17時30分会場:関西学院大学図書館ホール兵庫県西宮市上ヶ原一番町1−155主催:関西学院大学災害復興制度研究所共催:日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 赤磐市でAMDA被災地間交流フォーラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年02月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              東北三陸沿岸復興支援と南海トラフ地震の備えを話し合うAMDA主催の「第4回被災地間交流フォーラム」(赤磐市、赤磐市社会福祉協議会後援)が2018年2月18日、同市下市の山陽老人福祉センターで開かれ、「災害時の岡山の果たす役割」について活発な討議が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 2018年 AMDAハイチ支部 歯科プロジェクト 活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年02月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                実施場所:ハイチ国Fond-des-Negres・救世軍病院(Bethel Clinic)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                実施日:2018年2月03日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ロヒンギャ難民キャンプでの医療支援活動を報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年02月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ミャンマーから隣国のバングラデシュに逃れているイスラム系少数民族ロヒンギャ難民支援のため、AMDAから2018年2月1日、第2次医療チームとして派遣された看護師が2週間の滞在を終えて帰国、13日にAMDA本部(岡山市北区伊福町)で難民キャンプでの活動報告をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA・ERネットワーク登録の押谷晴美看護師(滋賀県長浜市在住)で、国連パレスティナ難民救済事業機関(UNRWA)のアリ・カダール医師、ヨセフ・ファスフス医師の2人とバングラデシュの首都ダッカで合流。現地に向かい、AMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院のメンバーらと一緒に医療活動に当たりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  報告会で押谷看護師は1日の患者数について120〜130人、主な疾患は上気道感染症や胃腸・皮膚疾患などと説明。生活ぶりも竹と布製の簡素な建物に住み、食糧も十分に行き渡っていない状態。特にトイレの衛生状態が悪く、感染症の拡大が懸念されると指摘しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  押谷看護師は「難民の方が早く古里のミャンマーに帰り、家族が誰かに襲われる恐怖を感じない“安心した生活環境”に戻ってほしい」と願っていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ロヒンギャ難民医療支援活動12: ロヒンギャ難民キャンプへ派遣した、押谷看護師からの中間報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年02月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2018年2月1日から、ロヒンギャ難民支援のためバングラデシュへ派遣した押谷晴美看護師より届いた中間報告を掲載いたします。2月7日現在の報告です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    【ロヒンギャ難民キャンプを視察して】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2/1に日本を出発し、2/2の夜中にバングラデシュの首都ダッカに到着。今回、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)からの2名の医師と合同で活動することになった。彼ら自身パレスチナ難民であり彼らの経験からもより効果的な支援ができないか模索できるいい機会と考えている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報3 フィリピンマヨン山噴火被災者医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年02月11日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      フィリピン南部のマヨン火山の噴火を受け2月8日、岡山を出発したAMDAの調整員1名は現地時間2月9日未明フィリピンのマニラに到着した。AMDAフィリピン支部と合流後、調整員は2月10日、マニラから南に約500キロの位置にあるマヨン火山ふもとのカマリグ県(Camalig)に到着。フィリピン支部が事前に視察を行った、避難所 (Cotmon National High School)で支援活動を開始した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      今回の活動には、AMDA及びAMDAフィリピン支部のほか、AMSA(アジア医学生連絡協議会)、AMSA Alumni(アジア医学生連絡協議会卒業生部会)、地元にあるBicol University医学生、及び現地ボランティアの、計100名近い方々が参加した。医師・看護師・薬剤師などで構成される医療チームが避難所内の全家族 266世帯1071名に対し巡回診療を実施、長引く避難生活で病気にかからないための予防教育も行った。避難した人々の中には、上気道感染が最も多く、消化器系疾患なども見られた。この活動では、上記医療支援活動に加え、避難所では清潔な水を得ることが困難である等の状況を踏まえ、食糧に加えて、バケツや石鹸等の物資も配布した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール復興障がい者支援13

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年02月08日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        女子決勝ネパール対バングラディッシュ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ネパールにて2015年4月25日に発生しました地震災害では、多くの方が脊髄損傷などの障がい者となりました。ネパールは「障害」という概念がまだ十分知られていないため「病気」と混同している方が多く、障がい当事者やその家族もまた同様に捉えている方が多くいらっしゃいます。そのため障がい者となって寝たきりとなる方が少なくありません。更に、障がい者となった方は、これまでできていた生活が困難となり、生きる希望を失い、何もやる気がなくなると言う方も多くいらっしゃいます。そのため現地の障がい当事者団体からピアカウンセラーを派遣していただいて、私(理学療法士)とピアカウンセラーとで訪問活動を実施してきました。障がい当事者の経験に基づくお話は、だれもが共感なさることばかりで、最後には

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報2 フィリピンマヨン山噴火被災者医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年02月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          フィリピン・ルソン島南部アルバイ州で起きたマヨン山噴火を受け、AMDAは2018年2月8日、調整員を派遣した。10日にAMDAフィリピン支部などと合流し、被災者医療支援チームとして活動する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          派遣したのは、岡山倉敷フィリピノサークルの西アニー副代表(総社市在住)。JR岡山駅から午後3時28分発の新幹線で出発。関西国際空港で乗り換え、9日未明に首都マニラに到着する予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          マヨン山は1月13日以降、活発な火山活動を繰り広げ、2月7日時点で被災者数は8万7452人。52カ所の避難所には1万5383世帯、5万8069人が身を寄せている

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 総社市・AMDA合同福井雪害緊急支援活動2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年02月08日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2月8日8:00に総社市を出発した総社市・AMDA合同チームは、北陸自動車道を通り福井インターで降りた後、国道158号線・157号線を経由し勝山市に到着しました。 勝山市内は、現在も雪が降り続いており、1メートルを超える高さの積雪が見られました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 総社市・AMDA合同福井雪害緊急支援活動開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年02月08日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              北陸地方では、振り続く大雪の影響で2月7日現在140センチを超える積雪が観測され、昭和56年以来の雪害に見舞われています。 福井県勝山市長から、除雪車用の軽油供給支援の要請を受けて総社市長は支援を決定。 総社市職員4名(一般職員2名、消防職員2名)とAMDA調整員1名は2月8日8:00、乗用車1台、タンクローリー1台に各々乗車し総社市役所を出発しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              総社市・AMDA合同チームは、勝山市側と連絡を取り合い、ルートを確認しながら現地入りし軽油の供給を行う予定です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              出発式の中で、総社市の片岡市長は、「勝山市長からの依頼により今回の支援を決めた。 支援は大切だが職員の安全が最優先であり、気を付けて行ってきて欲しい」と激励の言葉を掛けられました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報1 フィリピンマヨン山噴火被災者医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年02月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                フィリピン・ルソン島南部アルバイ州で起きたマヨン山噴火を受け、2月8日、AMDAは現地へコーディネーターを派遣する。コーディネーターは、2月10日のAMDAフィリピン支部を中心とした被災者医療支援に加わる予定である。 フィリピンの首都マニラの東南東500キロに位置するマヨン山は先月13日以降、活発な火山活動を繰り広げており、2月5日時点での被災者数は86,052人。58ヶ所の避難所には1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA玉野クラブによる「バングラデシュ活動報告会」の報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年02月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA玉野クラブ長竹谷和子は昨年10月バングラデシュを訪問した際の活動を中心に報告会を開催しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2月3日午後5時から玉野市東児市民センターで行い、地元玉野市の人々を中心にほぼ30名の人々に参加していただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA玉野クラブは2009年4月に設立し、国際協力、ボランティア活動を通してバングラデシュ国への支援を継続しています。先ずは身近な地域にご理解いただき、ご支援いただくことで活動を盛り上げたいと考え地元玉野で報告会を開催しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 岡山県洋蘭展でチャリティーコーナー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年02月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    「咲かせよう美しい花、みんなの夢〜AMDAとともに」をテーマにした岡山県洋蘭協会主催の「第61回洋蘭展」が2018年2月2日から3日間、総社市の農マル園芸で開かれ、AMDAは県洋蘭協会のご厚意でチャリティーコーナーを開設しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今年で22回目になります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    会場には会員の力作がずらりと並び、華やかな雰囲気。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    洋蘭の栽培相談コーナーをはじめ、世界の珍しいランや肥料など園芸資材も並び、家族連れらが次々と訪れて一足早い春の訪れを感じていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    会員の方々から提供された洋蘭の即売チャリティーコーナーも設けられ、売上金は毎年AMDAに寄付して頂いております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ロヒンギャ難民医療支援活動11: 菅波代表、ロヒンギャ難民キャンプを訪れて(1)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年02月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2018年1月17日、18日にAMDAグループ代表兼理事長の菅波がロヒンギャ難民キャンプの視察を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      以下、菅波の手記を掲載いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2018年1月17日にバングラデッシュのコックスバザール県にあるミャンマーから逃れているロヒンギャ難民のキャンプを訪れた。世界でも有数の140kmの長さをほこる美しいビーチから山間に入った場所にロヒンギャ難民キャンプがある。見渡すかぎりの山々に過密な住居群が広がっている。なお、難民キャンプからコックスバザールに向かう車両の乗客は軍による検問所で

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ロヒンギャ難民キャンプに第2次医療チーム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年02月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは、ミャンマーから隣国のバングラデシュ難民キャンプに逃れているイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民支援のため、2018年2月1日、第2次医療チーム(医師2人、看護師1人)を派遣しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         国連人道問題調整所(UNOCHA)の1月29日の発表によると、17年8月から難民キャンプ内に移動した人は68万8千人に増加。ジフテリア、流行性耳下腺炎の拡大が懸念されており、AMDA診療所を訪れる患者数はさらに増える傾向にあることから、第2次派遣に踏み切りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        この日は、押谷晴美看護師(AMDA・ERネットワーク登録、滋賀県長浜市)がJR岡山駅午後0時16分発の新幹線で出発。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2月2日にバングラデシュの首都ダッカに到着。医師2人と合流し現地で活動後、13日に帰国する予定です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        医師は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のアリ・カダールさんと、ヨセフ・ファスフスさんです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 2月18日(日)AMDA第4回被災地間交流フォーラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年02月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          東日本大震災から7年が過ぎようとしています。AMDAが裏方となり三陸沿岸3県の被災した商店街が連帯して開催し、一品を持ち寄り競う「復興グルメF-1大会」は昨年秋で15回を数え、昨年10月帰還が始まった浪江町での復興祭に呼ばれ「復興グルメF-1大会in浪江」として開催するまでになりました。復興グルメF-1大会実行委員会メンバーの商店街の方々は、それぞれ被災した町の再生を積極的に担う商店街のお世話役の

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ロヒンギャ難民医療支援活動10: 第2次医療チーム派遣(AMDA速報2)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年01月31日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA本部はロヒンギャ難民医療支援活動 第2次医療派遣チームとして3名(看護師1名、医師2名)の派遣を行う。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAのロヒンギャ難民キャンプの活動は、AMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院の合同チームを中心に行っており、コックスバザール(Cox’s Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプ内の診療所にて、1日平均約130名の患者を無料診療、医薬品提供を実施している。昨年10月の開設以降、延べ9,759名の患者の診察を行ってきた(1月21日時点)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ロヒンギャ難民医療支援活動9: AMDAグループ菅波茂代表難民キャンプ視察

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年01月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              昨年10月22日よりクトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプ内の診療所でロヒンギャ難民に対し医療活動を実施していますが、現地時間1月18日より2日間、AMDAグループ菅波茂代表が難民キャンプに入り、キャンプの実情と医療活動の実際について視察を行いました。また、日本から長崎大学熱帯医学所国際保健学部 山本太郎教授及びNPO法人TMAT事務局 野口幸洋氏も一緒に難民キャンプに入り、約1週間現地での実情調査を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              視察の報告につきましては、後日、手記をホームページに掲載する予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • インターンシップを終えて

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年01月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2018年1月4日からAMDA本部(岡山市北区伊福町)でインターンとして研修していたシンガポールの男子高校生シオン・マエダ・コウさん(16歳)が研修を終え、30日、AMDA職員とボランティアに体験内容と感想を発表。「相互扶助などAMDAの理念が勉強でき、素晴らしい経験だった。大人になったら積極的にボランティア活動に取り組みたい」と抱負を述べましたホームステイをした赤磐市千躰、AMDAボランティアの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 大槌健康サポートセンターより

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年01月29日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  5年ぶりに天然酵母ポリパンの梶先生が大槌にお越しくださいました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   梶先生と川越の安藤さんからは教室の開催の様子を話していただいたり、アムダの天然酵母ポリパン教室講師養成講座に以前参加していただいた石巻の春日さんは3人の子育てをしながら親子カフェ経営と天然酵母パン教室をなさっているそうです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   大槌からは桜井さんが今お勤めしながら、依頼があるときはパン教室をしている、今回都合がつかず参加出来なかった大槌メンバーの中でも定期的に釜石でパン教室をなさってるお話など、梶先生がまいた天然酵母ポリパンは根ついています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 大槌健康サポートセンターより

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年01月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    一貫張り教室



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    初めての参加者は浅いざるから下和紙や着物生地を張り古文書をちぎり重ねて張る、夢中になって作る!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 四国DMAT実動訓練(徳島県)への参加報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2018年01月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2018年1月20日(土)徳島県内において「四国DMAT実動訓練」が行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAは「南海トラフ地震」に備えて「AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム」を設置し、医療機関・自治体・企業・各種団体等と地震発災時の被災自治体への医療チーム派遣について事前計画を策定し準備を行っている所です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ロヒンギャ難民医療支援活動8: 第1次派遣、米田医師からの帰国報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2018年01月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        派遣期間

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年12月10日〜12月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        支援活動参加の経緯

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年10月より、ニュースでミャンマーからバングラデシュに逃れるロヒンギャ難民が急増したことを知っており、以前に一緒に活動をしたことのあるAMDAバングラデシュのスタッフが難民支援活動を始めたことを知り応募を決めた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 熊本県益城町役場職員の方々への鍼灸治療

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2018年01月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          熊本地震復興支援の一環として昨年7月より月2回行っている災害鍼灸プログラムが今年も1月11日から始まりました。益城町は、前日に大雪警報が発令され、当日は雪が積もっていました。役場会議室に設けた治療室には、20名の職員の方が来られました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           治療を受けた職員のお一人から「肩こりと腰痛が改善され、体が軽くなりました。おかげで仕事も頑張れます。ありがとうございました。」というメッセージを頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • アフリカ・ルワンダ小児医療・学校保健 2017年度活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2018年01月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            94年のルワンダ大虐殺事件直後から緊急医療支援を実施してきたAMDAでは、15年からルワンダの医療人材育成や学校保健支援などの分野で支援を再開し、本年も技術移転の一環として9月に日本から医師がルワンダに入り学校健診の分野で活動してきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            この派遣については、2016年に続き2度目、岡山県の海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)の助成を受け実施しているものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 2月3日(土) 午後5時 バングラデシュ活動報告会のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2018年01月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDA玉野クラブ主催いつもAMDA玉野クラブへご支援ご協力を賜りありがとうございます。昨年10月末AMDA玉野クラブ長竹谷がバングラデシュを訪問しました。その際に体験したこと等を中心に報告したいと思います。寒い時期、少し遅い時間ではございますがご参加いただきますようご案内申し上げます。1日時:2月3日(土)午後5時〜2場所:玉野市東児市民センター住所:玉野市梶岡700電話:0863−41−151

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ロヒンギャ難民緊急医療支援活動を報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2018年01月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                【ロヒンギャ難民緊急医療支援活動を報告】                                                                   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは、ミャンマーからバングラデシュに逃れた「ロヒンギャ難民」の緊急医療支援活動の報告会を1月6日、岡山市北区伊福町の本部で開催。2017年12月11日から23日まで現地で診察に当たった米田哲医師=北九州在住=は「難民は不衛生な状況に置かれ今後、コレラやマラリアなどの大流行が予測される」と強い懸念を示しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • フィリピン台風被害で緊急救援報告会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2018年01月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2017年末、大きな台風被害が出たフィリピンにAMDA本部から派遣された調整員2人が帰国、1月5日に同本部で緊急支援活動報告会を開きました。フィリピン出身の大山マージョリーさん(岡山倉敷フィリピーノサークル代表、井原市在住)と、同じく調整員で理学療法士の三宅孝士さん(赤磐市からAMDAに出向中)。2人は12月20日から30日まで滞在。橋が壊れ、土砂崩れで道路が寸断された中を船やバイク、徒歩で支援物

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • インターンシップにシンガポールの高校生が参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2018年01月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    シンガポールの男子高校生シオン・マエダ・コウさん(16歳)が1月4日から、AMDA本部でインターンとして研修を始めました。赤磐市のAMDAボランティア宅にホームステイをしながら31日まで学びます。父親はマレーシア人。母親は岐阜県多治見市出身の日本人で、父親が日本に留学中に知り合い結婚しました。父親が懇意な交流を続けているAMDAグループの菅波茂代表にインターンシップを依頼し、実現しました。シオンさ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報2 フィリピン台風27号被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年12月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      台風26号に続き、クリスマス直前にフィリピンを襲った台風27号(現地名:熱帯低気圧ビンタ)による大雨の影響で同国南部ミンダナオ島にあるカガヤンデオロ(Cagayan de Oro)川は氾濫、下流にある都市カガヤンデオロは甚大な被害を受けた。25日に大統領府官房長官上級秘書であり海軍予備役であるメルカド氏と同台風の被害状況と被災地での活動について協議した結果、AMDAは被害の大きいカガヤンデオロにて食糧物資の配布を決定した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 2月18日(日)13:30〜16:30赤磐市社会福祉協議会老人福祉センターみのり荘にて「第4回被災地間交流フォーラム-東北三陸沿岸復興支援と南海トラフ地震への備え」を開催します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年12月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        第4回被災地間交流フォーラム-東北三陸沿岸復興支援と南海トラフ地震への備えAMDAでは2011年3月12日からの緊急医療支援活動に続き、復興支援の一環として同年活動していた岩手県大槌町と宮城県気仙沼市の仮設商店街の交流会を開催しました。被災した商店街同士でなければ共有できない思いがある一方、一言に仮設商店街と言っても状況は実に様々で、直接情報を共有しあい連携する機会がとても大切であることが確認され

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • フィリピン台風救援へ募金活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年12月26日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは25日、台風被害を受けたフィリピンの被災者救援を呼びかけ、JR岡山駅とイオンモール岡山を結ぶ通路で募金活動をしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          参加したのはAMDA職員とボランティア、岡山倉敷フィリピーノサークルのメンバーの計10人。ブルーのAMDAカラーのジャンパー姿などで協力を訴えました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報1 フィリピン台風27号被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年12月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年12月22日深夜2時前、フィリピン台風27号(現地名:熱帯低気圧ビンタ)が同国南部ミンダナオ島東ダバオ州(ProvinceofDavaoOriental)に上陸し、島全土に被害が及んでいる。同台風による大雨の影響でカガヤンデオロ(CagayandeOro)川の氾濫により、下流にある都市カガヤンデオロが甚大な被害を受けている。 AMDAは台風26号被災者に対する緊急支援活動でフィ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報4 フィリピン台風26号被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年12月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現地時間23日にAMDA看護師はフィリピン中部のビリラン(Biliran)島に移動し物資支援を開始、翌日2次チームの派遣者2名がチームに合流し物資支援に加わった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              両日合わせて、ナバル(Naval)市、アルメリア(Almeria)市、カイビラン(Caibiran)市、ビリラン市の8地区691世帯に支援物資を配布した。被災地の状況は、足の付け根くらいまで浸水していたり、橋が崩壊していたり、田んぼの稲が完全に浸水している状態。避難者の中には、頭を超える洪水に見舞われた人、自宅の屋根以外が全て流されてしまった人もいた。家の中・敷地内・道路に流れ込み堆積した泥をかき出し、子供も手伝って土嚢袋に入れたり道端に寄せたりしているが、なかなか地面が見えてこない状況もある。そのような状況の中、被災者の方たちは「メリークリスマス!支援物資をありがとう!」と物資を受け取られた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • こども食堂支援プラットフォームが発足

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年12月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは23日、こども食堂支援プラットフォームを設立しました。同食堂は家庭の貧困など諸問題を抱える子どもの居場所づくりを目指し、県内各地で取り組みが活発化しており、AMDAは食堂の支援を通し子どもの健やかな成長を願って初めて発足させました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                プラットフォームは県内の財界、教育、福祉関係などの団体でつくる世話人会(代表・友實武則赤磐市長ら構成員6人)が推進組織。米や副食などの購入費をはじめ、職場見学やボランティアの場の提供を目的としており、全国では初めての試みとされています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報3 フィリピン台風26号被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年12月23日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  現地時間12月20日早朝にフィリピンの首都マニラに到着したAMDA看護師は同日、現地協力者であるフィリピン大統領府官房長官上級秘書であり海軍予備役であるメルカド氏に会い、台風26号の被害状況について共有いただいた。フィリピン中部ビリラン島が特に甚大な被害を受けているとの情報をうけ、AMDAは23日と24日の2日間、被災者への食料物資支援を行うことに決定した。物資配布に向け、22日にAMDA看護師はメルカド氏及びスタッフと一緒にセブ島に移動し、被災地ビリラン島で配布する720世帯分の食料物資を購入。フィリピン海軍予備役司令部の協力により予備役の方々と、麺4袋、インスタントコーヒー、魚缶、ミートローフ缶、ポークビーンズ缶、各2缶、ビスケット1袋と飲料水1リットルを袋詰めにし、各家庭に配布できるよう準備した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • フィリピン緊急支援へ2次派遣

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年12月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    調整員大山マージョリーさん(右)と三宅孝士さん

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    調整員大山マージョリーさん(右)と三宅孝士さん

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA本部は12月22日、台風26号が上陸し大きな被害が出ているフィリピンの緊急支援のため、第2次派遣をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    フィリピン出身で調整員の大山マージョリーさん(岡山倉敷フィリピーノサークル代表)と、同じく調整員で理学療法士の三宅孝士さん(赤磐市からAMDAに出向中)の2人。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA本部(岡山市北区伊福町)で出発式があり、赤磐市職員が友實武則市長の激励文を代読し、2人は「必要な支援に的確に取り組みたい」と意欲を示しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報 2 フィリピン台風26号被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年12月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      フィリピンに大きな影響をもたらしている台風26号(アジア名:ウルドゥジャ/URDUJA)は、現地時間17日朝に熱帯低気圧となったが、引き続きフィリピンを西に移動し、中部のマスバテ島、ロンブロン島、パナイ島、パラワン島に上陸した。その後、熱帯低気圧はフィリピンを抜けたものの、現地の報道によると、19日時点で41人の死者が出ている。また、フィリピン国家災害対策本部(NDRRMC)によると、19日朝の時

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報1 フィリピン台風26号被災者に対する緊急支援活動開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年12月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年12月16日午後(現地時間)にフィリピン中部サマール島に上陸した台風26号(アジア名:ウルドゥジャ/URDUJA)は、フィリピンに大きな影響をもたらしている。同国中部ビリラン島のビリラン州災害対策本部によると、17日現在、26人の死者が出ている。一方、17日フィリピン国家災害対策本部(NDRRMC)の発表によると負傷者19人、51,004世帯221,953人が影響を受け、87,917人が

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • ロヒンギャ難民医療支援活動7: 難民キャンプ入りした米田医師からの中間報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年12月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          本日、初めてRohingya難民のためのKutupalongキャンプに入った。1992年にキャンプができて、以降、今年の8月までは20万人が暮らすキャンプとなっていたが、8月以降、流入してくる人口が急増して、現在は100万人を超えるといわれている。どのような状況になっているのか、想像がつかないままキャンプに入った

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          キャンプは、入り口に近いところは昔から難民が住んでいたエリアで奥に向かって拡がっている。昔からのエリアは、一見すると普通の町や村にしか見えない。通り沿いにはあらゆる商店・・肉や卵、魚などの食料品、雑貨、衣類、仕立て屋、散髪屋、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ロヒンギャ難民支援へ募金活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年12月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは、ミャンマーからバングラデシュに逃れるイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民を支援するため12月14日、JR岡山駅とイオンモール岡山の連絡地下道で募金活動をしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             会場には難民の生活ぶりを紹介したパネル(A3判)6枚を掲示。ブルーのアムダカラーのジャンパー姿の職員、ボランティア10人がビラ200枚を配りながら、市民に協力を呼びかけました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ロヒンギャ難民医療支援活動6: 11月難民キャンプ視察報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年12月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDA本部より看護師1名が11月14、15日にバングラデシュ、コックスバザール県内クトゥパロン(Kutupalong)のロヒンギャ難民キャンプに入り、AMDAバングラデシュと日本バングラデシュ友好病院と共に1年間活動を予定している仮設診療所を訪問しました。キャンプ内で、難民の方々の生活状況を視察、実際に難民の方からもお話をお伺いしてきましたので報告いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 陸上自衛隊の国際緊急援助隊(JDR)総合訓練に参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年12月11日



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2017年12月6日陸上自衛隊の国際緊急援助隊(JDR)総合訓練にAMDA本部より1名、AMDA緊急救援ネットワークより看護師が1名参加しました。本訓練は、11月29日から12月8日の期間、派遣の準備から活動終了までを想定された訓練となっていました。以下、AMDA緊急救援ネットワーク、稲垣真梨奈看護師からの報告です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ロヒンギャ難民医療支援活動5: ロヒンギャ難民支援へ医師を派遣

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年12月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   AMDA本部は12月11日、ミャンマーからバングラデシュに逃れるイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民を支援するため、医師を現地に派遣しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回の派遣者は小児科医である米田哲医師(北九州市在住)。12時28分発の新幹線でJR岡山駅を出発。関西空港からバングラデシュの首都・ダッカに到着後、約300km離れたコックスバザール県内クトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプに向かいます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ロヒンギャ難民医療支援活動4: 日本人医師第1次派遣(AMDA速報1)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年12月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年8月末以降、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民が増加している。この状況を受け、AMDAはAMDAバングラデシュ支部と日本バングラデシュ友好病院と共に1年間、支援活動を実施することを決定した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA中学高校生会の岡本さんに善行少年表彰

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年11月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      岡山中央署管内の2017年度善行少年表彰式が11月27日、岡山市中区浜の同署であり、AMDA中学高校生会の岡本茅子さん=岡山市北区奉還町、岡山城東高校3年=が受賞しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      岡本さんはAMDA中学高校生会に所属し、4年間にわたりスリランカ紛争復興支援活動や東日本大震災の復興に向けてのボランティア活動に取り組んでいることが高く評価されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      県教委主催の「地域ボランティアリーダー研修」でもAMDAの活動報告をしたり、「高校生フォーラム」を開催してファシリテーター役も務めました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 「小春日和の書展」に出展

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年11月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        "農民書家"として知られる小野田松濤さん(岡山市北区楢津)と門下生による書道展「小春日和の書展」が11月24日から3日間、同所の母屋やログハウス「風の家」、果樹園、選果場など7カ所で開催。AMDAも小野田さんのご厚意で、道路沿いの広場にパネルなどを展示させて頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        パネルは、AMDAが救援活動に出向いたインド北部洪水、熊本地震などで活動を伝える30枚(A3判)と、AMDAの歩みを記した9枚を掲示。地元の方から寄贈を受けた柿、カボチャも会場に並べ、募金を入れてもらいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDAこども食堂支援プラットフォーム発足フォーラムのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年11月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          下記のとおりAMDAこども食堂支援プラットフォーム発足フォーラムを開催致します。年末のご多用の折とは存じますが、是非ともご出席を賜りますようお願い申し上げます。記日時2017年12月23日午後2時〜5時15分(5時30分〜茶話会同センター地階)場所岡山国際交流センター7階多目的ホール岡山市北区奉還町2-2-1会費無料プログラム(敬称略)詳しくは右のご案内をクリックください開会あいさつ友實武則赤磐市

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 神辺本陣での茶華会展示会にて、AMDAのパネル展示を行いました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年11月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            11月18日〜19日に、広島県福山市神辺町の神辺本陣を会場に開催された茶華会展示会にて、AMDAのパネル展示を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            神辺本陣は、AMDA創立者でグループ代表理事長である菅波茂医師の実家です。菅波医師はこの家の次男として生まれ、岡山大学医学部に通うまでこの本陣を住まいとしていました。以前より歴史文化を生かしたまちづくりの一環として、秋の一日この本陣を公開されてきましたが、今年初めて菅波代表のプロフィールとともにAMDAの活動を伝えるパネル類の展示と、岩手県大槌町のAMDA健康サポートセンターでの教室作品の手芸品等の販売を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 赤磐市で初の防災国際フォーラムを開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年11月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAと岡山県赤磐市共催の「防災国際フォーラム」が11月19日、赤磐市内の桜が丘いきいき交流センターで開かれ、近い将来、発生が懸念される南海トラフ地震やスリランカでの国際平和構築プロジェクトなどをテーマに論議を交わしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAと赤磐市が締結している災害時の連携協力協定に基づき、初めて企画した催しです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              フォーラムは、AMDAグループの菅波茂代表と赤磐市の友實武則市長が対談。菅波代表が「災害支援には事前交流によるコミュニケーションづくりが大切になる」として大きな被災が想定されている高知、徳島県などと赤磐市の住民同士が"踊り"で触れ合うイベントの開催を提案。会場から大きな拍手が起こり、友實市長も前向きな検討を約束しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ネパールの夜:クトゥンバ来日記念チャリティイベント案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年11月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ネパールの伝統音楽グループが来日、岡山でも演奏会を開きます。詳しくはこちらをご覧ください。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 来岡のネパール医師が先進技術を取得し帰国

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年11月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  最先端の医療技術取得のため、8月25日に岡山市を訪れていたネパールの女性医師が約3カ月の研修を終え11月16日、同医師の受け入れに尽力したAMDA本部(岡山市北区伊福町)を訪問、お礼を述べるとともに「祖国では学んだ技術を生かしたい」と意欲を示しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   医師はブダトォキ・ビマラさんで、首都カトマンズから南東へ約700km離れたAMDAダマック病院に勤務する産婦人科医。岡山では日本語研修の後、9月4日から11月15日まで岡山済生会総合病院(岡山市北区)で腹腔鏡手術を中心に学びました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ロヒンギャ難民医療支援活動3: 難民キャンプの現状

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年11月15日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    キャンプを視察するスタッフ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ロヒンギャ難民キャンプはコックスバザール県(Cox’s Bazar District)の、ミャンマーとの国境沿いに位置し、45km離れたウキヤ地区 (Ukhia) にその主要なひとつがあります。その中のクトゥパロン(Kutupalang)難民キャンプで政府から許可を得たAMDAバングラデシュが10月22日から診療所を開設し、活動をすすめています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    キャンプのメインロードに設置された診療所で無料診療、医薬品の提供を行っており、連日100名以上の患者が訪れています。キャンプの中には6万人以上の妊婦が暮らしており、患者の中には妊婦や子供が多くいます。診療時間は9時から14時、診療スペースが限られているため人で溢れています。患者の多くは下痢、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ロヒンギャ難民支援活動 〜 支援活動のための街頭募金活動を実施 〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年11月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       AMDAは、ミャンマーからバングラデシュに移動するイスラム系少数民族・ロヒンギャ難民を支援するため11月10日、JR岡山駅東西連絡通路で募金活動をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       難民キャンプの様子を紹介したパネル(A3判)3枚を掲示。ブルーのアムダカラーのジャンパー姿の職員、ボランティア9人が市民らに協力を呼びかけました。市民らは「頑張ってね」と職員に声をかけながら、快く募金に応じて頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ロヒンギャ難民支援活動2: 難民キャンプでの医療支援活動をスタート

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年11月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        難民キャンプの様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年8月末より、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民の数は増えており、10月29日時点で約60万人に上り、以前から難民としてバングラデシュに住む人も合わせると82万人になります(国連人道問題調整所)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        コックスバザール(Cox’s Bazar District)県の難民キャンプで行った調査をもとに、地元から許可を得たAMDAバングラデシュは同県ウキヤ(Ukhya)地区にあるクトゥパロン(Kutupalong)難民キャンプの一角に仮設診療所を開き医療支援活動を開始しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 熊本地震の被災地・熊本県益城町の町長がAMDAを訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年10月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           熊本地震の被災地・熊本県益城町の西村博則町長が10月31日、AMDA本部(岡山市北区伊福町)を訪れ、医師や看護師らの緊急支援活動のお礼を述べるとともに「復興はこれからが本番。全力で取り組んでいきたい」と意欲を示しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          西村町長は、出迎えたAMDAの難波妙理事と笑顔でがっちり握手。再会を喜び合った後、記者会見に臨み、「4月16日の本震直後、私の人生はこれで終わったと感じた。と同時に、怒りと絶望感に襲われた。町民も同じ考えだった」と振り返りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ルワンダ小児医療・学校保健支援活動報告会を開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年10月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            活動報告される頼藤先生と中村先生

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            10月29日(日)午後、「ルワンダ小児医療・学校保健支援活動報告会を開催しました。会場の岡山国際交流センター5階会議室は、四国医療専門学校の看護学生38人を含む約60人の参加者でいっぱいになりました。ルワンダは94年のジェノサイドで国民の10〜20パーセントが殺害されたと言われています。AMDAは94年5月から隣国ザイールに逃れたルワンダ難民とルワンダ国内避難民の緊急医療支援を実施し、2002年まで復興支援を継続していました。再び2015年からルワンダ国内の小児医療・学校保健の支援活動を岡山県海外技術研修印事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)として展開しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • モンゴル国ウランバートルの平和記念祭に参加して

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年10月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAボランティア    矢部賢次
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAボランティア 矢部朝子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年のインドネシアスラウェシ島の慰霊祭に参加して以来、2年振りに夫婦揃って平和記念祭に参加できたことは、この上ない喜びであり、今回お世話をしてくださったAMDAの皆様には本当に感謝している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              初めてのウランバートルは想像していた以上に車社会であり、一日中が交通ラッシュの状態には圧倒された。また、笑顔が素敵で温かい人達に触れる機会を多く経験させていただき、あっという間の5日間であった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 生協おかやまコープと協定10周年のつどい

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年10月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                生協おかやまコープ主催の「AMDA協定10周年のつどい」(AMDA、AMDA社会開発機構共催)が10月23日、岡山市北区奉還町のオルガホールで、会員ら約100人が出席して開かれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                おかやまコープの平田昌三理事長が「協定を結び、AMDA基金を設けたのは、会員の提案がきっかけでした。あれから10年が経ちましたが、今後も"岡山発国際貢献"を一緒に発信していきたい」とあいさつ。市川洋子全体理事がおかやまコープの活動報告をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAグループの報告もあり、ボランティアセンターの成澤貴子センター長が「"多様性の共存"などAMDAの活動理念を説明した後、「お互いの違いを大切にすることで平和を目ざしたい」と述べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 10月20日 「買い物客に初のアンケート調査」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年10月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは10月20日、岡山市北区の大野辻コープで、市民と交流を深めるための「第3回街かどトーク」を開き、来場者にAMDAへの感想や提案を記入してもらう初のアンケート調査を実施しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   生活協同組合おかやまコープ岡山西エリア(吉田淳子委員長)の好意で、大野辻コープが企画した買い物客の憩いの場「あっとほーむカフェ」に街かどトークが合流したものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  会場では東日本大震災や熊本地震をはじめ最近、発生したパキスタン洪水、メキシコ沖地震などのパネル写真(A3判)25枚を掲示。東北の被災地支援のための特産品も会場に並べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ロヒンギャ難民支援活動1: 支援活動に向けたニーズ調査を実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年10月18日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年8月末から、ミャンマーからバングラデシュに移動するロヒンギャ難民の数は増えており、現在まで約537,000人の難民が流入し、以前から難民としてバングラデシュに住んでいる人も合わせると800,000人に上ります(国連人道問題調整所[UNOCHA]10月16日)。 このような状況を受け、継続的に情報収集を行ってきたAMDAバングラデシュは難民キャンプの環境の悪化による避難民の健康状態を憂慮し、ロヒンギャ難民支援活動を行うことを決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 「マーシーマレーシア」にインタビューしました!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年10月14日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAインターンとして、野本遥香さんがAMDAと協力協定を結んでいるマーシーマレーシア(Mercy Malaysia)事務所を訪問した際にインタビューを行いました。今回は、そのインタビュー内容と野本さんの感想をご紹介いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 「復興グルメF―1大会」、「なみえ復興祭」同時開催 AMDAボランティア・バス運行

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年10月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        「復興グルメF―1大会」、「なみえ復興祭」 同時開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        東日本大震災の被災地・福島県浪江町の町役場敷地内で7日、地域活性化イベント「復興グルメF−1大会」と「なみえ復興祭」が同時開催され、多くの住民らでにぎわいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        「復興グルメF−1大会」は、被災地の商店街から出品された自慢の逸品を来場者が味わい、投票でNO.1を決める大会。15回目の開催で、同実行委が主催し、AMDAが協賛しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        「なみえ復興祭」は、東京電力福島第1原発の事故で全域が帰還困難

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 相生市看護専門学校 災害看護(統合分野)講義完了報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年10月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          山を背にした学校正門相生市看護専門学校は山を背にした旭町の旧小学校の建物を再利用した校舎に1学年40人が学ぶ落ち着きある家庭的な雰囲気の学校です。社会人入学の方々も多く学生さんは皆熱心です。 AMDAのメールマガジンを掲示看護師養成校の必須科目に「災害看護」が加わった平成22年からご依頼を受けご縁ができました。公開講座災害セミナーにも毎年バスで参加されています。学内にはAMDAメールマガ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 2017 AMDAモンゴル事業報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年10月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAがモンゴルで事業を開始してから今年で10年目となりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            世界平和パートナーシップ構想(GPSP)に基づいて実施された本年度のモンゴル事業は、8月30日から9月17日まで、子どもの眼科健診をはじめとして様々な事業が実施されました。詳しくは報告書(こちら)を、是非ご覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            長期にわたりましてご支援とご理解をいただきました多くの皆様方に心より感謝申し上げます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ルワンダ小児医療・学校保健 支援活動報告会のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年10月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              94年のルワンダ大虐殺事件直後から緊急医療支援を実施してきたAMDAでは、15年からルワンダの医療人材育成や学校保健支援などの分野で支援を再開し、本年も技術移転の一環として9月に日本から医師がルワンダに入り主に医療・保健の分野で活動してきました。尚、この派遣については、岡山県の海外技術研修員事業(国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業)として実施しているものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              この20年程の発展は「アフリカの奇跡」と呼ばれるルワンダですが、医療や子どもをめぐる環境などを中心に、現場をよく知る

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDAが和気町・旧大国家住宅でパネル展示

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年10月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは9月30日から2日間、岡山県和気町の地域活性化イベント「和気ものづくりフェスタ2017」の会場の一つとなった旧大国家住宅(同町尺所)で、国際医療ボランティア活動を紹介する写真パネルを展示しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                パネルはA3判、計40枚で、モンゴルでの眼科健診など中長期的な取り組みをはじめ、メキシコ沖地震などの緊急医療支援、AMDA中学高校生会のスリランカ和平構築などの活動を紹介。1984年に発足したAMDAのこれまでの歩みも年表で紹介しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報6 メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年09月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  現地時間27日朝、オアハカ(Oaxaca)州フチタン(Juchitán)第9地区(La Novena Sección)にある小学校が避難所となっていると聞き、AMDA・天理教メキシコ出張所チームはそこへ向かった。盗難等防止のため避難所のセキュリティは厳しかったが、代表者に説明し今回特別に中に入ることができた。その避難所には約50人の方がいまだ避難生活を送っているとのことだったが、チームが訪問した日中は約3分の2の方が片付け等の作業や仕事のため外出していた。山看護師は、天理教メキシコ出張所の被災地での支援活動にも医療者として参加し、前日に引き続き、積極的に血圧測定や血糖測定のうえ、生活指導を実施した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報5 メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年09月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA・天理教メキシコ出張所チームは現地時間25日朝、メキシコシティからオアハカ(Oaxaca)州フチタン(Juchitán)へ向かった。25日午後、大人用・乳児・新生児おむつ、生理用品、ビニールシートが不足しているとのフチタンからの情報があり生活支援物資を途中のサリナクルス(Salina Cruz)で購入し、同日夕刻にフチタンへ入った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    さらに26日、チームは日持ちのする食料を中心にサラダ油、黒豆、米、ビスケット、パスタ、トイレットペーパーを購入した。活動場所をフチタンの中でも貧しい地区の一つである

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • インド・ビハール州ブッダガヤ地区シュリプール村 プライマリ―ヘルスケア事業、生活支援〜家庭用井戸完成〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年09月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      インド井戸周りにある
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      煉瓦造りの壁も完成

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAは貧困率の高いインド・ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて、母子保健支援事業を行っています。2016年11月からはブッダガヤにあるシュリプール村でのプライマリーヘルスケア事業も新たに始めました。シュリプール村での活動は、以前AMDAピースクリニックに勤務していたヴェーダ氏を中心に行っています。プライマリーヘルスケアとは地域住民参加型で、住民の健康に関する知識向上に加えて、地域の社会的経済的発展により、貧困の中にあっても住民の健康を増進していくプログラムです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      今回、村にあるお年寄りの家や現在計画中の果樹園に使用する水を確保する必要があることから、AMDAは家庭用井戸設置への支援を行うことに決定しました。井戸を掘る際、ヴェーダ氏、村の人々と水脈にあたるかどうか心配しましたが、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • インド・ビハール州ブッダガヤ地区シュリプール村 プライマリーヘルスケアー事業、生活支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年09月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        完成を喜ぶ村の人々

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは2009年度よりインド・ビハール州ブッダガヤでアムダピースクリニックを開院し、アーユルヴェーダを中心とした医療支援を開始しました。2014年には地域のニーズに対応するため母子保健支援に切り替え再スタートを切りました。2016年11月からはブッダガヤにあるシュリプール村でのプライマリーヘスルケアー事業も新たに始めています。プライマリーヘルスケアーとは、地域住民参加型のプログラムで、住民の健康に関する知識向上に加えて、地域の社会的経済的発展により、貧困の中でも住民の健康を増進していくプログラムです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報4 メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年09月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          現地時間24日朝、山看護師は現地協力者の天理教メキシコ出張所の方と一緒に首都のメキシコシティ(Mexico City)よりに南に150キロ以上離れたモレロス(Morelos)州に入り、計4地域でニーズ調査を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          最初に入ったクアウトラ(Cuautla)市の被害は少なく、支援センターとなる総合病院を訪問したが、既に物資だけでなく医薬品も十分に届いているとのことであった。その他、紹介された2カ所に行ったが建物の半壊・一部損壊はあったものの、物資も十分で医療支援も行われていた。更に、今回の地震の震源地である

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • フィリピン・ミンダナオ島難民支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年09月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            避難所の子どもに「お絵かきセット」を
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            手渡すAMDAスタッフ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年5月23日にフィリピン・ミンダナオ島マラウィ市で起きた武力衝突は現在も続いており、フィリピン政府はミンダナオ全土において12月末まで厳戒令を敷いています。フィリピン社会開発省によると359,680人の難民が発生し(8月30日時点)、避難生活を余儀なくされています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは武力衝突が始まった当初から現地協力者と連絡を取り合いながら状況を見守っていた中、7月末に難民支援の可能性について話し合うためAMDAから2名をフィリピンに派遣しました。内1名はミンダナオ島出身で、岡山倉敷フィリピーノサークル*代表である大山マージョリー氏。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 復興グルメF-1大会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年09月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2017年10月7日(土)に、福島県浪江町の役場敷地内で開催される「復興グルメF-1大会 in浪江」のチラシが出来ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最終申込は、10月3日(火)までです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              申込までの期間が少ないですがよろしくお願いします。








                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • コープフェスタにAMDAが出展

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年09月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 9月23日にコンベックス岡山(岡山市北区)で開かれた「コープフェスタ2017」にAMDAコーナーを設け、来場者と交流を深めました。フェスタを主催する生活協同組合おかやまコープ様とは、災害時の連携協力協定を締結して10年目の節目となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                コーナーには東日本大震災や熊本地震の復興支援活動をはじめ、AMDA中学高校生会のスリランカ平和構築活動やメキシコ地震など最近の自然災害の写真パネル(A3判)40枚を展示。募金の協力を呼び掛けました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報3 メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年09月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  メキシコシティで実施されていた診療の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  日本時間23日午前5時半すぎ(現地時間22日午後3時半すぎ)、山看護師は首都のメキシコシティ(Mexico City)に到着した。予定通り天理教メキシコ出張所の渡邉所長と合流、メキシコ国内での被害状況や支援の可能性について情報収集並びに翌日の活動について協議を行った。尚、天理教メキシコ出張所については、建物が一部損壊したが大きい被害はなく、発災後止まっていた電気もその日の昼には再開した。しかしながら、いまだ水の供給は止まっている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  現地時間23日昼頃、被害が大きいメキシコシティ内にてニーズ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報2  メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年09月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    本日9月21日、山看護師は予定通り岡山駅を出発し東京に到着した。本日成田空港近くにて1泊し、明日午後5時過ぎの全日空機に乗り成田を出発、現地時間の22日午後3時20分ごろ(日本時間23日午前5時20分ごろ)、首都のメキシコシティ(Mexico City)に到着予定。到着後、先週までメキシコ沖地震緊急支援でご協力頂いていた天理教メキシコ出張所の渡邉所長と合流し今後の活動について検討する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    日本時間20日現在、UNOCHA(国連人道問題調整事務所)の発表によると、5つの州で217人の死者が出ており、特に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 2017年11月19日 AMDAと赤磐市が初の防災国際フォーラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年09月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAと災害時の連携協力協定を締結している岡山県赤磐市は共催で、初の防災国際フォーラムを開催します。テーマは「防災を通した、安全・安心の"まちづくり"を考える」です。AMDAグループ代表の菅波茂代表と赤磐市の友實武則市長による対談をはじめ、南海トラフ災害対応プラットフォームの準備状況、AMDA中学高校生会のスリランカ平和構築活動についてそれぞれ報告をします。入場無料。申し込み

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報1 メキシコ中部地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年09月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        日本時間9月20日午前3時頃、メキシコ中部を震源とするマグニチュード7.1の大地震が起こった。午後2時頃の国家緊急委員会の発表によると、メキシコの5つの州で226名の死者が出ている。また、現地協力者の情報では、震源地から120キロ離れた首都メキシコシティでも地震発生時には強い揺れを感じ、発生から約6時間経った時点でもメキシコシティの広い範囲で停電しているとのことだった。上記の情報を受け、AMDAでは今月のメキシコ沖地震に続き、同国中部地震に対して緊急救援活動の実施を決定し、看護師1名を派遣する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • バングラデシュ北部洪水支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年09月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          8月半ばからの大雨によりバングラデシュ北部でも洪水が発生、8月21日時点で死者数114名、約700万人が被災した。この状況を受け、AMDAバングラデシュ支部は、日本バングラデシュ友好病院及びSociety for Anti Addiction Movement (SAAM)という地元の団体と合同で、8月22日から26日までの5日間、被害が大きいクリグラム(Kurigram)地区及びガイバンダ(Gaibandha)地区に医療チームを派遣し、緊急医療支援活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          活動地では、被害者の方に飲料水や米、ジャガイモ、塩やビスケットなどの食品、マッチやろうそくといった生活用品を配布

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール在住の西嶋さんが岡山で活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年09月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAから業務委託を受けているネパール在住の理学療法士・西嶋望さんが9月19日、岡山市北区の岡山国際交流センターで「AMDAネパール地震復興支援・身体障がい者支援」と題して活動報告をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            西嶋さんは2015年4月のネパール地震直後に日本からネパールに移住。地震で四肢切断、脊髄損傷の患者が急増したことから障がい者支援の必要性を痛感し、まず現地で車いす製造に取り組んだ経緯を説明しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            車いすを提供する際は、自己の考えに固執し自己満足に終わらないよう「現地の障がい当事者主体」をモットーに、障がい車宅への訪問活動を開始。まず寝たきりを防ぐことに重点を置いたとしたうえで「障がいは病気ではない」と周囲の理解を求めることに尽力した、と述べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • インド ビハール州ブッダガヤ:AMDAピースクリニックの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年09月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAピースクリニックは2009年にアーユルヴェーダクリニックとして開院。2014年からは地域のニーズに対応し、母子保健サービスを提供するクリニックとして再スタートを切りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現地看護師による家庭訪問と妊産婦健診


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAピースクリニックには現地看護師が常駐しています。その現地看護師とスタッフ2人で、ブッダガヤ内にある対象地域に住む妊産婦の家庭訪問を継続して行っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              暑い日には40℃以上になる炎天下の中歩いて各家庭を訪問するのはかなり体力的に負担がかりますが、妊産婦との絆を深め、信頼関係を築くため定期的な家庭訪問は欠かせません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その信頼関係があるからこそ、妊産婦や新生児の状態が変化すると看護師に連絡、相談があります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              家庭訪問の際には、妊産婦の健康相談、健康指導、新生児予防接種の接種状況の確認、妊産婦健診の日の案内と健診事前登録などを行います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報6 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年09月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                日本時間16日、AMDAチームは被害が大きいオアハカ州フチタン(Juchitan)での活動を無事に終えた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAチームは朝、現地協力者が実施している食糧支援を援助するために地元にてミルク、豆、パン、砂糖、コーヒー、ビスケット、オートミールの粉などの食糧を調達し、協力者に提供した。活動で残った医薬品についても、前日共に活動した地元のメキシコ人医師へ提供した。その後、フチタン入りした日にお話をお伺いし、活動地について情報提供してくださった被災者の方を訪れた。この方の情報提供は活動場所の選定など活動に生かされた

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ネパール地震復興支援 障がい児、障がい者支援活動報告会案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年09月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年4月に発生したネパール大地震被災者救援のためAMDAは、緊急医療支援活動に引き続き、様々な復興支援をおこなってきました。なかでも障がい児、障がい者の自立を目指した支援は、ネパール在住の理学療法士、西嶋望さんが中心となって現在も行っています。この度、西嶋望さんの一次帰国に合わせて、岡山で活動報告会を開きます。AMDA職員ネパール担当のアルチャナシュレスタジョシの報告もあります。9月19日(

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 手刈り稲刈り体験参加者募集!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年09月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    実りの秋を迎え、新庄村のAMDA連携「野土路農場」のアヒル米が実ってきております!そこで、恒例、稲を手で刈り取る手刈り稲刈り体験をしたいと思います!日頃食べているお米を自分達の手で刈り取ることでお米に感謝の気持ちが産まれるのではないでしょうか?是非参加してみてくださいね!日時9月24日(日)10時から13時ごろまで集合場所新庄村野土路農場持参物帽子長袖長ズボン長靴軍手タオル飲み物(鎌はこちらで用意

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報5 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年09月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      メキシコ沖地震発災から8日目、AMDAチームは被災地3カ所での医療支援活動を継続して行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAチームが昨日医療支援活動を行ったオアハカ州フチタン(Juchitan)内の被災地において道路脇で生活している家族に震災時の様子や現在の生活についてお話を伺ったところ、「地震が起こった日からずっと余震が続いていて、夜は道路で寝ている。中庭がある家の人たちは中庭で寝たりしており、とにかく怖くて、夜はみんな建物から出て寝ている。水道・電気・ガスの供給は一時止まったりもしたが今は特に問題ない。食品の価格も安定して

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • メキシコ沖地震の被災者救済で街頭募金活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年09月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは9月14日、JR岡山駅の東西連絡通路で、メキシコ沖地震の被災者支援を呼び掛ける募金活動をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ユニフォーム姿の職員やボランティア9人は市民らに協力を呼び掛け、地震の被害状況を載せた写真やチラシ(A5判)150枚を配布しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報4 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年09月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          日本時間の8日午後2時前にメキシコ沖を震源とする地震が発生した。AMDAは翌日、メキシコ沖地震被災者に対する緊急支援を行うことを決定。日本時間9月12日に予定通りメキシコ入りした派遣者2名は、天理教メキシコ出張所と現地コーディネータから被災地の状況を共有いただいた。被災地では食料・医薬品ともに不足しているため物資と医薬品をメキシコシティで調達し、翌13日に空路にて被災地に近いオアハカ(Oaxaca)州ウワトゥルコ(Huatulco)へ現地コーディネータと天理教メキシコ出張所協力者2名とともに移動。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報3 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年09月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            アムダより日本から派遣した2名は日本時間9月12日午後5時すぎ、予定通りメキシコの首都メキシコシティに到着した。まず現地コーディネータと合流、その後現地協力団体である天理教メキシコ出張所の方々とミーティングを行い詳しい情報収集を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            現地協力団体からの情報によると本震の際はメキシコシティも揺れが長く続き、地震警報システムも作動したとのことだが震源より1000キロ離れており大きな被害はない。今回の震源はチアパス州で、最も被害が大きかったのはオアハカ(Oaxaca)州フチタン

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 2017年度 岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」集中講座実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年09月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              9月8・10・11日の3日間で、今年度の岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」集中講義が完了しました。この講座はオムニバス形式による講義で2002年から16年続くものです。保健福祉学研究科の看護学、保健福祉学、栄養学専攻の大学院生が対象です。3日間のうち1日を県立大学主催・AMDA協力で公開講座「災害セミナー」として今年で14回目になりました。4年前からは相生市看護専門学校の災害看護の授業の一部として看護学生約40人も参加されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              講師陣は、初回からご講義いただいているRNN(人道援助宗教

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 総社市が被災者受け入れ条例制定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年09月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 全国初…菅波代表「画期的な取り組み」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                総社市の片岡聡一市長は9月12日、市庁舎で記者会見し、9月7日の8月定例市議会最終日で、南海トラフ地震など大規模災害の被災者の受け入れ条例を制定したことを明らかにしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                全国で初の試み。同市と災害時の連携協力協定を結んでいるAMDAの菅波茂代表も会見に同席し「画期的な試み」と高く評価しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                条例は被災者の居住環境を確保し、生活再建に寄与することを目的とし、居住を希望する被災者に対して民間の空き家住宅に入居できるよう努め、避難生活支援金(1世帯10万円)を支給するとしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 岡山県立大学大学院が「災害」テーマに公開講座

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年09月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  岡山県立大学大学院が主催、AMDAが協力する第14回セミナー「災害医療援助特論」公開講座が9月10日、岡山市北区の岡山国際交流センターで開かれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA職員が南海トラフ地震の想定規模や事前準備、訓練の内容などを説明。続いて、AMDAと災害連携協力協定を締結している徳島県美波町職員の浜大五郎さんが「住民主体の事前復興まちづくり」と題して講演しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  美波町は、南海トラフ地震で人口の約30%が犠牲になる

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報2 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年09月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    鈴記好博医師と山崎希看護師の2名は、予定通り午前10時16分発の新幹線でJR岡山駅を出発した。成田空港で午後5時過ぎの全日空機に乗り換え、現地時間の11日午後3時20分ごろ、首都のメキシコシティ(Mexico City)に到着予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    鈴記医師はJR岡山駅で報道陣の取材の受け「被害の激しい地域で診察に当たる予定。感染予防や環境整備にも努めたい」と意欲を示し、山崎看護師は「詳しい現地情報がまだつかめていないが、被災者の力となれるよう頑張りたい」と話した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報1 メキシコ沖地震緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年09月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      日本時間の8日午後2時前、メキシコ沖の太平洋を震源とするマグニチュード8.1の大きな地震が起こった。現地メキシコの大統領発表によると、61名の死者が出ている。メキシコのオアハカ(Oaxace)州、チアパス(Chiapas)州、タバスコ(Tabasco)州が被害を受けていている。最も死者が集中しているのがメキシコ南部のオアハカ(Oaxace)州、で全体の死者の61名のうちの、45名を占めている。&n

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDAスリランカ平和構築プログラムに参加して

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年09月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今年度AMDAスリランカ平和構築プログラムへ広島大学大学院生内田涼さん、金沢大学新家夢紬さんの2名が参加されました。内田涼さんはAMDAと連携協定を結んでいる広島大学大学院国際協力研究科開発科学専攻(山根達郎准教授研究室)に在籍されています。山根達郎准教授は2003年AMDAスリランカ医療和平プロジェクトの立ち上げからご尽力いただき、今回のプログラム参加は山根准教授からご紹介いただいた経緯がありま

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA東日本復興支援「復興グルメF−1大会in浪江町」ボランティアバス運行と参加者募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年09月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年10月7日に「第15回復興グルメF-1大会」を福島県浪江町(場所:浪江町役場駐車)で開催します。復興グルメF-1大会はAMDAが東日本復興支援事業として行っている「被災地間交流事業」の一つです。今回は、避難指示が今年解除された浪江町の復興祭のひとつとして、同町役場を会場に開催することとなりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 2017年度スリランカ医療和平プログラム AMDA中学高校生会活動報告 AMDAスリランカ紛争後復興支援平和構築プログラム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年09月07日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            最後のお別れ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA中学高校生会は今年度も「AMDAスリランカ平和構築プログラム」に参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2003年にスリランカ3か所でAMDAが医療和平プロジェクトを実施している際、AMDA中学高校生会(当時はAMDA高校生会)は事業地域を訪問し巡回健康教育活動などの参加や文化交流をおこなったのが最初の活動です。そして2004年にはスリランカの高校生を日本に招き岡山で交流会を開催しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            内戦終了後2011年からスリランカのシンハラ、タミル、イスラムタミルの生徒たちが参加しお互いを知り、理解する

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • インド洪水支援で街頭募金活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年09月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは9月5日、JR岡山駅の東西連絡通路で、インド洪水の被災者支援を呼び掛ける募金活動をしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              職員ら6人がユニフォーム姿で市民らに協力を呼び掛け、洪水で浸水した民家の写真や被害状況を記したチラシ(A5判)160枚を配布しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              市民らは「頑張ってね」「AMDAに期待しています」と声を掛けながら、快く募金に応じていただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              インド北部ではモンスーンによる洪水で被害が拡大。国連人道問題調整事務所 (UN-OCHA)によると、9月1日現在で死者943人、被災者は約3200万人にのぼっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDAが

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年09月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 AMDAは9月4日、職員が街頭に出て市民とふれあう"街角トーク"をJR岡山駅の東西連絡通路で実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                市民の声に謙虚に耳を傾け、市民とともに歩むAMDAをめざして企画。今回は8月4日に次いで2回目です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                職員とボランティア8人がAMDAのユニホーム姿で参加。「開かれた相互扶助」「多様性の共存」などの理念を書いたチラシ(A5判)160枚を配布。AMDAが国内、海外で活動する姿を紹介した動画もパソコンで流しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                職員が市民から伺った声をご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 新聞掲載予定のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年09月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  9月15日(金)毎日新聞岡山版に月1回'93年から続く菅波理事長のエッセイ「夢童」9月17日(日)山陽新聞に今年度毎月掲載の「海外リポート」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA 速報2 インド ビハール州北部洪水支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年09月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    9月1日早朝にガヤを出発したAMDA-ガヤ大学協働チームは洪水の被災が大きいビハール州北部に昼過ぎに到着し,食料や生活物資等の配布活動を実施した。場所はビハール(Bihar)州サマスティプール(Samastipur)市 ガンガ バンド(Ganga Bandh)地区にある3つの村(ラジュワ、アヤガハット、ティラ ジャトマルプール)で300世帯を対象にパン、ジャム、クッキー、乾燥米、インドのお菓子グル、石鹸、バケツ、停電対策としてロウソクとマッチ箱を1セットとして支援物資の配布を実施した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 9月3日岡山市・備前市の防災訓練に参加しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年09月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2017年9月3日 当日は、晴天に恵まれて屋内・野外で様々な訓練が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      <岡山県岡山市東区西大寺の緑花公園にて岡山県/岡山市の総合防災訓練が行われました。>


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAから、ボランティア4名と職員2名で参加。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      百花プラザ内にてパネル展示と映像展示を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      来場者には、パネル等によりAMDAの活動について説明し、岡山シティエフエム(レディオモモ)の取材を受けました(ER活動からの日頃の防災についての提言)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 岡山県立大学学生ボランティア東北復興支援活動の現地受け入れ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年09月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        気仙沼向洋高校視察

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        岡山県立大学から今年も東北復興支援学生ボランティア活動企画が実施され8月28日から31日まで8人の学生さんらが気仙沼、南三陸町、陸前高田、大槌町などを訪問しボランティア活動を実践されました。現地プログラム調整をAMDAが担当させていただきました。  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        震災から6年半経っても岡山から大学独自のツアーを計画され新幹線とバスで遠路来てくださることがうれしいと、AMDA参与の気仙沼復興商店街の坂本正人副理事長/復興グルメF-1大会実行委員会委員長はじめ地元のAMDA関係者の被災地の方々は、大変忙しい中、熱心に受け入れ準備・当日の説明など奔走くださいました。大槌町では地元の方々との交流のみならず心のこもった

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報1 インド ビハール州北部洪水支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年08月31日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ※地図をクリックすると、拡大します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          南アジアにおいてモンスーンによる洪水が発生し、インドでも甚大な被害が発生している。8月24日にUN-OCHA(国連人道問題調整事務所)が発表した情報によると、死者が600人以上を記録し、約3200万人が被災している。その中で、インド北部のビハール州は24日現在最も多く死者が出ており、被災者も1000万人を超えている。既にインドの軍及び州の災害対応チームが救助を開始しているが、多くの方が避難生活を余儀なくされている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDAでインターンシップを経験して

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年08月31日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            インターンシップの紹介
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            名桜大学国際学群国際文化専攻3年
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            井上瑠七(いのうえるな)さん


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 2017年度スリランカ医療和平プログラム開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年08月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今年も8月5〜7日の3日間の日程で、“AMDAスリランカ平和構築プログラム”が開催されました。スリランカ内紛の悲しい歴史は今も記憶に新しく、2003年から実施してきたAMDA医療和平プログラムに始まる継続的な復興支援活動は、「平和」が続く社会を目指し、次の世代への意識改革が大きな目標の一つとなっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その主なプログラムが2011年から始まった異なった宗教・民族の学生たちが参加する平和構築プログラム(Peace Building Program)です。 2013年からは日本人学生も参加し、さらに多様性を体験するプログラムとなっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 看護師資格を有する職員募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年08月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは看護師資格を有する職員を募集しています 看護師資格を有する職員募集■職種本部事務局勤務職員■職務内容国内外の活動現場への出張や、本部での後方支援業務、各種調整業務等■採用時期随時■募集人数1名■処遇当法人の規定に準拠。社会保険、雇用保険加入。■応募方法履歴書(和文、英文)写真付、志望動機書(和文、英文各A4-1枚程度)を、郵送またはメールにてお送りください。随時受け付けます。採

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 2017年度 南相馬市産米『天のつぶ』購入のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年08月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今年も「風評被害からの復興支援」として、南相馬「天のつぶ」購入告知をいたします。詳しくはご案内・申込用紙などご覧ください。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  東北に思いを寄せる皆さま


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  アムダは東日本大震災の復興支援の一環として「風評被害からの復興」に取り組んでおります。そこで2014年度からは、アムダが東北の復興支援事業でかかわりのある南相馬市の農家のみなさんが置かれている現状を鑑み、お米の共同購入の呼びかけを行わせて頂いております。昨年度までに延べ207人の皆様にご協力頂き、計4,175kgの購入が実現できました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 笹山徳治氏の著書「さるかに共和国建国宣言」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年08月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAの中国での緊急救援活動にご協力をいただき、今年2月に突発性間質性肺炎のため逝去された笹山徳治氏の著書「さるかに共和国建国宣言」が7月31日刊行されました。同郷の福山市出身の菅波AMDAグループ代表も推薦しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパール医師が来岡、先進医療技術を取得へ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年08月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ネパールの女性医師が岡山県の2017年度国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業の補助を受け来岡。8月28日、同医師の受け入れに尽力したAMDA本部(岡山市北区伊福町)を訪れ、最先端の医療技術の取得に意欲を示しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      医師はブダトォキ・ビマラさん(43歳)で、首都カトマンズから南東へ約700km離れたAMDAダマック病院に勤務する産婦人科医。岡山では日本語研修の後、9月4日から11月15日まで岡山済生会総合病院(岡山市北区)で腹腔鏡手術を中心に学びます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 「第15回復興グルメF-1大会 in 浪江町」10月7日(土) 開催決定!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年08月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        岡山駅からのボランティアバスも運行します。詳細は確定次第ホームページにてお知らせします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDAネパール地震復興支援-身体障碍児者支援活動 ネパール在住 西嶋望 理学療法士による報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年08月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2015年4月25日にネパールで発生したM7.9の大地震で甚大な被害が発生したことを受け、翌26日からAMDAは緊急医療チームを派遣し、5月15日までに、日本、インド、バングラデシュ、カンボジア、フィリピン、カナダ6か国から、医師13人、看護師7人、助産師2人、薬剤師1人調整員2人の計6か国27人を派遣しました。発災当日から動き始めたAMDAネパールの医師らと共に、活動は初期からゴルカ郡、ヌワコット郡、シンドゥパルチョーク郡で実施し、5月15日からは政府による活動地割り当てに従いシンドゥパルチョーク郡に移り活動を続け、現在に至っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 第14回災害セミナー「大規模災害(南海トラフ地震)への対応準備」:岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」公開講座

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年08月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            【日時】平成29年9月10日(日) 13:30〜17:30 13時15分 受付開始 <参加無料>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            【場所】岡山国際交流センター2F 国際会議場

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 朝日医療大学校と連携協力協定を締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年08月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは8月25日、朝日医療大学校(岡山市北区奉還町)と連携協力協定を締結しました。相互扶助の理念のもと双方が協力し合い、地域や国際社会への貢献、人材育成に寄与することを目的としています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              締結式は、菅波茂代表と柚木脩学校長が協定書に署名・調印した後、菅波代表が「豊富な人材、研究内容を活用させていただき、災害鍼灸という新しいコンセプトをWHOに提案できるよう努めたい」と協力を依頼。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA ネパールによるネパール南部で発生した洪水救援活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年08月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                8月11日から降り続いた大雨によりネパール南部地域(タライ平野)で発生した洪水、地滑りは多くの人的・物的被害をもたらした。20日現在、ネパール内務省の発表によると死者143人、行方不明者30人、負傷者43人、44,683世帯が避難生活を余儀なくされている。また、79, 812軒が全壊、144, 444軒が半壊もしくは建物の一部に被害を受けている。AMDAネパールによると水はほとんど引いているが、被害を受けた住民は今も避難生活を強いられている。この状況を受けAMDAネパールは政府の指示のもと、被災自治体や地方保健所と連携し8月19日から救援活動を開始している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • インド・ビハール州ブッダガヤ シュリプール村で農業用井戸完成

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年08月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは2009年度よりインド・ビハール州ブッダガヤでアーユルヴェーダクリニックを開院。2014年には地域のニーズに対応するため提供するサービスを母子保健に切り替え再スタートを切りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • トリブバン大学医学部及び教育病院設立記念日に参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年08月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ギャネンドラ バハデゥル カルキ財務大臣より
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    感謝状の贈呈

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年4月25日にマグニチュード7.8の大地震がネパール中部を襲いました。AMDAは翌日の26日から1か月間、医療チームを被災地に派遣し、緊急医療支援活動を行いました。また、現在も震災被災者のための復興支援活動を継続して行っております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    地震直後にはカトマンズにあるトリブバン大学教育病院には多くの被災者が運ばれ、治療を受けました。トリブバン大学教育病院は、日本の援助を得て35年前に建てられた耐震構造だったので、大地震の後に頻繁に続く余震の中でも、地震の影響を受けることはなく、多くの医師たちは安心して医療活動ができたそうです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • パキスタン家庭健康プログラム 〜救急箱支援〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年08月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      パキスタン家庭健康プログラム    〜救急箱支援〜この度、AMDA、茅ヶ崎中央ロータリークラブ、現地NGOであるNRSPの3者が協働で行っているパキスタン家庭健康教育プログラムにおいて、茅ヶ崎中央ロータリークラブからNRSPに救急箱を支援いただけることになりました。この救急箱はプログラムに参加した受講生が住む村に設置されプログラムで学んだことを実践で活用でき

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDAメチ病院とAMDAダマック病院への訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年08月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年7月12日から13日、菅波代表はAMDAシンガポール支部長ラオ医師と共にAMDAダマック病院とAMDAメチ病院を訪問しました。AMDAネパールにはダマック市、ドゥラバリ市とブトワル市の三つの市に病院があり、それぞれの市の市役所、商工会議所及び住民の支援や協力を得ながら病院の運営をしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 北九州豪雨緊急支援活動の一旦終了

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年08月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          7月5日の九州豪雨で福岡県朝倉市に緊急支援活動に入った、AMDA-総社市-野口健合同緊急支援チームは、7月8日に緊急支援活動を終了し7月10日に総社市役所で活動報告を行いました。7月10日を持って、北九州豪雨緊急支援活動を一旦終了しました。今後も局地的に激しい雨が予想されることからAMDAでは警戒感を持って注視し続けています。北九州豪雨での指定ご寄付ご寄付指定いただいた緊急救援活動の寄付総額が、そ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 街角トークを実施しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年08月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは8月4日、JR岡山駅の東西連絡通路で、日頃の活動を伝えるチラシ(A5判)150枚を配布、市民らと話し合いの輪を広げる"街角トーク"を実施しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            チラシには災害発生時に医師や看護師を緊急派遣し、その後の中長期復興支援活動に努めていることなどを記入。職員ら8人が午前11時半から約1時間、市民らに手渡しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ネパール復興障がい者支援12 〜訪問活動〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年08月03日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAによる障がい者支援活動では、現地の障がい者団体をパートナーに今年4月より第三期の活動が継続されております。できる限り対象となる障がい者当事者に必要な活動とするため、より近い立場にある障がい者団体のメンバーからの提案や情報は大変有益です。それは当事者でないと気が付かない問題や悩みがあるという事によるものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • モンゴル、ウブルハンガイ県グチウンス村でサジー植林プロジェクト開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年08月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDA菅波代表は人類愛善会モンゴルセンターと協力して、モンゴル、ウブルハンガイ県グチウンス村(ウランバートルからゴビ沙漠の大草原を越えて四輪駆動車で10時間、村の人口は2300人)でサジー(英語名 シーバックソーン)の植林プロジェクトを開始しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                サジーは、モンゴルの厳しい気候でも育つ大変生命力の強い植物で、栄養価の高いオレンジの実をつけます。その用途は、健康食品、化粧品だけではなく、環境保全などさまざまです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • フィリピン・レイテ島地震医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年08月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA・レイテ医師会合同医療ミッション

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2017年7月6日の夕方4時フィリピン・レイテ島西部を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生しました。レイテ医師会と連絡をとり現地の状況を注視していたところ、59世帯197名が避難テント生活を続けているレイテ島カナンガ町ヒロクトガン地区で医療ニーズがあるという情報が入り、AMDAは7月28日に現地入りし、レイテ医師会と合同で医療支援活動を行うことを決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA中学高校生会が体験発表

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年08月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    岡山県内の高校生を対象にした「地域防災ボランティアリーダー研修」(県教委主催)が8月1日、岡山市南区の岡山芳泉高校で開かれ、AMDA中学高校生が体験発表をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAのユニフォーム姿のメンバー6人は、AMDAの活動理念である「相互扶助」「多様性の共存」「援助の3原則」について説明。「平和とは何ですか」と会場に問いかけ、AMDAでは「今日の家族の生活と明日の家族の希望が実現できる状況ととらえている」と述べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA中学高校生会と高知県黒潮町の中高生が交流

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年08月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDA中学高校生会の代表3人が7月29日、高知県黒潮町を訪れ、地元中高生と防災教育交流会を開きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAと黒潮町が南海トラフ地震に備え、2015年2月に連携協力協定を締結したのがきっかけで交流が始まり、今回の意見交換会が実現しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      会場は黒潮町入野の大方高校で、黒潮町側は大方中学校と佐賀中学校、大方高校の生徒がそれぞれ活動を発表。AMDA中学高校生会も取り組みを述べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 8月1日RSKラジオにAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム副本部長・三宅孝士が出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年07月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まっています。毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動来週、8月1日(火)はAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム副本部長・三宅孝士が出演し、九州北部豪雨緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 2017年7月23日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポート ハイチ編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年07月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年7月23日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第七弾としてハイチ編が掲載されました。各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 中学高校生が集うボランティアグループ「AMDA中学高校生会」の定例会のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年07月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            国内外の人道支援活動に関心のある中学高校生から成る「AMDA中学高校生会」というボランティアグループがあります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            「誰かを笑顔にしたい」「誰かの役に立ちたい」という想いで国内外の支援活動や、国際問題に目を向け、ボランティア活動に取り組んでいます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            最近の主な活動としては、地域防災に基づいた活動や、スリランカ復興支援・平和構築スポーツ交流を通じて国際貢献活動に取り組んでいます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 第4回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議 開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年07月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              7月23日、南海トラフ地震の支援体制や取り組みを探るプラットフォーム調整会議を岡山国際交流センターで開きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              連携する中四国の自治体や経済団体、医療機関などから約300人が出席。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              物資の供給や生活支援策など活発な話し合いが行われました。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              議長団は片岡聡一・総社市長、徳田善紀・丸亀市副市長(市長代理)、松田久・岡山経済同友会代表幹事、菅波茂・AMDAグループ代表で構成。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 第4回災害鍼灸チーム育成プログラム開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年07月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDA主催の「第4回災害鍼灸チーム育成プログラム」が7月22日、23日に岡山市北区の岡山国際交流センターで開かれ、全国から参加した鍼灸師ら約30人は有事の際の円滑な鍼灸活動の意義、ノウハウなどを学びました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                22日の1日目講義では、菅波代表が「鍼灸の最大のポイントは治療を通し体にさわることで生まれる相互の信頼関係を構築すること。今後の活躍を期待している」とあいさつしました。その後、講師6人が講演しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 岡山県鍼灸師会と連携協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年07月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  7月22日、将来発生が予想される南海トラフ地震に備え、公益社団法人岡山県鍼灸師会(内田輝和会長)と連携協力協定を締結しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  協定書では、被災者の緊急人道支援を円滑に行うことを目的とし、岡山県鍼灸師会はAMDAからの連絡を受け、被害が予想され徳島、高知県内に、可能な範囲で鍼灸師、マッサージ師ら専門職を派遣するとしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報4 AMDA-総社市-野口健 合同緊急支援 -九州豪雨被災者に対する緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年07月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    九州豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市で支援活動をしたAMDAと総社市などの合同チームは10日、総社市役所で活動報告会を開いた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    チームは6日正午に出発。朝倉市側と打ち合わせをした上で、7日は小・中学校を中心に数カ所を回り、8日まで活動した。7日には総社市環境観光大使の登山家の野口健さんらも参加した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    報告会には現地に入った8人が参加。「生活用水が不足している」「避難所の暑さ対策も必要」―などと実情を訴え、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 「国際医療貢献プラットフォーム」岡山で設立総会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年07月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      世界の命を守る仕組みづくりを目指す一般財団法人「国際医療貢献プラットフォーム」の設立総会が7月9日、岡山市内のホテルで開かれました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      プラットフォームは、AMDAが昨夏、開いた第4回国際貢献医療フォーラムで、参加者からの提案をきっかけに設立が決まりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      今後の取り組みとして、先端技術の開発や災害時の支援、人材育成に取り組む医療、財界、教育関係者らがノウハウや情報を持ち寄ることで、岡山から「日本発世界貢献」を目指します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報3 総社市・AMDA合同緊急支援 -九州豪雨被災者に対する緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年07月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        本日8日、総社市より第2次チームが昨日実施した調査結果をもとに準備した物資を積み、朝倉市で活動しているAMDA・総社市・野口健 合同チームへ合流した。チームは福岡県朝倉市での物資支援を中心に活動を実施した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        暑さ対策として総社市より扇風機が準備され設置したほか、杷木中学校避難所へ段ボールベッドの支援を行った。これは、熊本地震支援における長期的な避難所支援の経験より導入を提案、受け入れられたものである。居住家屋が被災し自宅に住むことのできない方は、長期的に避難生活が続く可能性が高い。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報2 総社市・AMDA合同緊急支援 -九州豪雨被災者に対する緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年07月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          大分県、福岡県を襲った記録的な豪雨により、各地で被害が出ている。7日15時現在も、北九州市、朝倉市を含めて7万人以上に避難指示(緊急)が出ている。福岡県の発表によると、人的被害は26件、家屋被害は住家の216件、道路被害は92件である。AMDA・総社市・野口健 合同チームは、最も被害の大きかった福岡県朝倉市で活動を開始した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA-総社市-野口健合同被災地支援隊 福岡県朝倉市へ到着しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年07月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             総社市役所を6日の正午に出発し、福岡空港で野口健チームの小島さんと18:32に合流し朝倉市役所へ、19:31に到着しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            総社市より持ち込んだ支援物資を朝倉市役所側の体育センターに引渡しを行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA・総社市合同支援チームが岡山を出発しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAと総社市の職員で結成する九州北部豪雨の被災地支援チームの出発式が6日、総社市役所前広場で行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              同チームはAMDAから2人(そのうち1人は、AMDAへ研修で派遣されている赤磐市職員)、総社市から2人、の計4人です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報1 総社市・AMDA合同緊急支援 -九州豪雨被災者に対する緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                7月5日から九州北部で降り続く大雨のため、九州各地で警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっている。6日現在、169,459世帯399,870名に緊急の避難指示が発令されている。各地で避難所が開設されている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                このような甚大な被害を鑑みて、総社市とAMDAでは、合同チームを編成し緊急支援活動を実施することを決定。6日正午に総社市役所を出発し九州に入る。避難所を訪問し、被害の状況や避難者ニーズを調査する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 神戸で初の「AMDAの集いin関西」を開催しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年07月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAとAMDA兵庫(事務局・兵庫県明石市)共催の「AMDAの集いin関西」が7月1日、神戸市の毎日新聞社神戸支局で開かれ、「南海トラフ地震と国内外の大規模災害に備えた取り組み」と題して講演や質疑応答が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  「AMDAと一緒に被災者救援の第一歩を踏み出しませんか」と呼び掛けて初めて開催。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • スリランカ平和構築活動に対する募金活動を行いました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年07月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    7月3日、岡山市内でスリランカでの平和構築活動に協力を呼び掛ける募金活動をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ユニフォーム姿の本部職員14人が、JR岡山駅東口と西口を結ぶ通路に集合。和平構築活動の写真パネルを手に、活動内容や趣旨を記したちらし約200枚を通りかかる方々に配布し、募金を呼び掛けました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 2017年6月25日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポート アフガニスタン編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年06月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2017年6月25日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第六弾としてアフガニスタン編が掲載されました。各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報4 スリランカ南西部洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年06月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        5月末にスリランカを襲ったモンスーンによる大雨で、スリランカ南西部では洪水や地滑りの被害が発生した。AMDAスリランカは洪水発生翌日から活動を実施し、6月7日に日本から現地入りしたAMDA調整員と看護師は、AMDAスリランカとともに10日まで救援活動を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        9日、現地コミュニティナース(保健師)とスリランカ最大の都市コロンボから南東約100キロに位置するラトナプラ(Ratnapura)県パラドーラ(Paradola)村の視察をしたAMDA看護師はまず、月2回妊婦健診が行われているクリニックを訪れた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第4回災害鍼灸チーム育成プログラム参加者募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年06月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAにおける災害鍼灸活動は東日本大震災から始まり、広島土砂災害・福知山広域水害、そして熊本地震において展開してきました。災害時の過酷な環境における鍼灸治療の役割は大きく、これまでの災害鍼灸活動を含む医療支援活動の経験をもとに、今後の発生が想定される南海トラフ巨大地震など大規模災害に備えます。その一環として、災害鍼灸チーム育成講座を開催し、有事の際の円滑な災害鍼灸活動をAMDAは目指しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報3 スリランカ南西部洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年06月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            モンスーンによる大雨に見舞われたスリランカでは南西部で洪水が発生している。AMDAスリランカが洪水発生翌日から活動を行っている。6月7日に日本からスリランカ入りしたAMDA調整員1名と看護師1名は、AMDAスリランカと現地協力団体であるセントジョン救急サービス スリランカ (St.John Ambulance of Sri Lanka) と合流した後、翌8日には洪水により被災したラトナプラ(Ratnapura)県カラデナ(Karadena village)村で支援活動を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 6月9日スリランカ洪水緊急医療支援活動への街頭募金を行いました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年06月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは6月9日、洪水被害で200人以上が犠牲となったスリランカでの緊急医療支援に協力を求める募金活動をしました。AMDAのユニホームを着用した本部職員ら9人が参加。岡山市北区本町の岡山高島屋前で、被害の惨状を伝える写真パネルを手にチラシを配布、大きな声で「スリランカでは多数の死傷者が出ています」「皆さんの協力をお願いします」と呼び掛けました。市民らは「頑張ってね」「AMDAに期待しています」と

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 「AMDAの集い in 関西」7月1日に開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年06月07日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 この度、AMDA緊急救援ネットワークにご登録いただいている方、そしてまだご登録いただいていないけれど国内外災害の救援活動にご興味のある方と直接お会いし、皆様の交流を深める機会として「AMDAの集い in 関西」を企画いたしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 この集いではAMDA・AMDA兵庫が国内外で行っている活動やAMDA緊急救援ネットワーク登録者による被災地支援活動のご紹介に加え、被災地支援の経験から始まった、南海トラフ災害に備えた取り組みについてお話しすることにより、参加者の皆様のご理解を深めていただく機会にしたく考えております。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  是非ともこの機会にお集まりいただき、災害支援活動にご興味を持っていらっしゃる方々のネットワークを広げ、更には是非ともAMDAの支援活動にご参加いただければ幸いに存じます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報2 スリランカ南西部洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年06月06日





                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  モンスーンの影響により5月25日から数日間に渡りスリランカ南西部は大雨に見舞われ、洪水や地滑りなど甚大な被害をもたらした。スリランカ災害管理センターによると、死者213名、負傷者150名、行方不明者79名、20,000棟以上が損壊し、約60万人以上の人の生活に支障がでている(6月5日時点)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA連携 野土路農場で田植え祭りが開催されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年06月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     AMDAフードプログラムの一環として、有機無農薬栽培で稲作に取り組んでいる新庄村のAMDA連携 野土路農場で6月3日、田植え祭が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    JR岡山駅からバスで現地に到着した参加者12人は早速、田植えに挑戦。7アールの水田に入り、コシヒカリのポット苗を約1時間かけ、横に張った糸の目印に植えていきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    参加者の大半は初めての体験で、水田に足を取られてバランスを崩しそうになる姿も見られましたが、慣れるに従って手際よく処理していました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 6月6日RSKラジオAMDA本部職員 アルチャナ・シュレスタ・ジョシが出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年06月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まっています。毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動明日、6月6日(火)ネパール担当部長のアルチャナ・シュレスタ・ジョシが出演し、2015年4月に発生したネパール中部地

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 釜石市長からお礼の手紙をいただきました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年06月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        5月8日、岩手県釜石市で大規模な山林火災が発生し、AMDAは翌日の9日から3日間、本部職員の橋本看護師と岩手県大槌町でNPO法人を設立して活動する元持幸子さんを調整員として派遣し、緊急支援活動を実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        元持さんは、東日本大震災緊急医療支援活動期からAMDA職員として4年ほど活動した後、地元である大槌町でNPO法人を立ち上げられました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        釜石市長からAMDAにお礼の手紙が届きましたのでご紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        こちらからご覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 阿南市と牟岐町、海陽町と連携協力協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年06月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          菅波代表(左)阿南市岩浅市長(右)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは5月30日、南海トラフ災害で被災の恐れがある徳島県の阿南市と牟岐町、海陽町の1市2町と連携協力協定を締結しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは大震災が発生した際、徳島県、高知県の10カ所に緊急医療支援チームを派遣する計画で順次、協定を結んできており、今回の協定で派遣予定のすべての市町と協定を締結したことになります。両県と各市町との協定のもと、南海トラフ災害への準備がより一層進むことになります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 2017年5月28日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポート ペルー編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年06月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年5月28日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第五弾としてペルー編が掲載されました。各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報1 スリランカ南西部 洪水被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年05月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              モンスーンの影響で数日間に渡り大雨が降り、その結果スリランカ南西部では洪水や土砂崩れが発生した。同国災害管理センターによると、少なくとも169名が死亡、112名が行方不明、112,000人もの人々が避難を余儀なくされ、洪水によっておよそ50万の人々が影響を受けている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 5月30日RSKラジオに黒住教・副教主 黒住宗道先生がご出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年05月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まっています。 毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動明日、5月30日(火)黒住教・副教主黒住宗道先生が出演されます。ぜひお聞きください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 絃伶会40周年記念 第7回筝曲演奏会 ふるさと讃歌のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年05月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDA鎌倉クラブの根津伶子クラブ長が会長を務める絃伶会40周年記念の演奏会が6月4日岡山県赤磐市で行われます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  入場無料です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  爽やかな初夏のひとときに、和の音色を楽しみませんか。ぜひお越しください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  絃伶会40周年記念
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  第7回筝曲演奏会 ふるさと讃歌
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  【日時】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  平成29年6月4日(日)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  12時30分開場 13時開演
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  【場所】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  赤磐市立中央公民館大集会室
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (赤磐市下市337 電話:086-955-0069)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • インドネシア 口唇口蓋裂無料手術プロジェクト

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年05月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年5月8日から9日かけて、今年で3度目となる口唇口蓋裂無料手術がインドネシアのスラウェシ島南部バンタヤン(Bantaeng)地区で行われました。毎年恒例となったこのプロジェクトはAMDAが長い間活動を共にしてきた台湾IHA(Taiwan International Health Action)と合同で行うものです。AMDAと台湾IHAは、インドネシアに限らず、スリランカやインド、トルコなどで歯科プロジェクトや斜視手術を行うなど、これまで様々な活動を共に行ってきました。そんな中、AMDAインドネシア支部が今年の口唇口蓋裂プロジェクトの対象地にバンタヤン地区を選出し今年度の活動が決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 5月23日RSKラジオに、医療法人 芳越会 理事長・ホウエツ病院長の林秀樹先生がご出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年05月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まっています。毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動明日、5月23日(火)は徳島県にある医療法人芳越会理事長・ホウエツ病院長の林秀樹先生が出演され、南海トラフ災害対応プ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ムネ製薬株式会社様(兵庫県淡路市)と連携協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年05月17日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ムネ製薬西岡社長(左)とご寄贈いただいた医薬品

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2017年5月15日、ムネ製薬株式会社様(兵庫県淡路市)とアムダは連携協定を締結しました。ムネ製薬様は、本州から車で明石海峡大橋を渡り淡路島へ入り車で15分程の場所にあります。日本で最も多くの種類の浣腸を製造している、創業110年を超える製薬会社です。今回、国内大規模災害に向けた協定を締結することとなり本社へ伺いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        【協定締結の経緯】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        昨年、岡山でのザグフェスというイベント会場で西岡一輝社長がAMDAブースにスタッフに声をかけてくださったことがきっかけです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 6月3日、AMDA連携のとろ農場で田植え体験が開催されます

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年05月17日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          6月3日、AMDA連携のとろ農場で昔ながらの田植え体験とアヒルの放鳥を行われます!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          昔ながらの手植えで田植えを行います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          旭川源流の水とアヒル、そして完全無農薬で作ったのとろ農場のお米を使った軽食お昼ごはん付きです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          また当日は新庄村に伝わる田植え踊りの披露が予定されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          岡山から往復バスを運行します。ぜひお越しください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「ザグフェス2017」に出展しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年05月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは5月13日、14日にコンベックス岡山で開かれた株式会社ザグザグ様主催の「ザグフェス2017」にブースを設けました。当日は職員が中心となり、AMDAの活動紹介を行いました。AMDA中学高校生会もボランティアに来てくださいました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAの参加は今回で2回目となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            会場にはAMDAのスローガン「救える命があればどこへでも」や活動理念、設立経緯をはじめ、東日本大震災での診療風景、最近の復興支援活動などを紹介するパネルを展示。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • パキスタン家庭健康教育プログラム 中間報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年05月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              【プログラムの立ち上げまでの経緯】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2013年9月にAMDAがパキスタンにおけるポリオ撲滅活動の事前調査を行い、2014年1月にAMDA、茅ヶ崎中央ロータリークラブ、NRSPによる第二回目の事前調査が行われました。その事前調査では、家族の健康管理において中心的な役割を担うのは女性であり、健康管理の知識が必要になる前にポリオに関する教育を含む健康教育をすることの重要性が判りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その結果、日本の学校で通常行われている健康教育を受ける機会がないパキスタンのへき地に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報3 釜石森林火災避難者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年05月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                釜石市内の避難所は、昨日午後2時頃、平田小学校の避難所が釜石商業高等学校体育館に統合され、1か所となった。午後4時に橋本看護師と元持調整員が午前中訪れた旧釜石商業高校体育館を再度訪問した際、釜石市社会福祉協議会も入り、地元行政による避難者へのケアが整っている状況を確認した。また、本日午前中は釜石周辺の東日本大震災支援活動協力者などに連絡を取り、聞き取り調査を行った結果、被害の拡大に関する新たな情報は得られなかった。午後2時には避難指示も解除されたことから、今回の活動は本日終了することと決定し、橋本看護師と元持理学療法士・調整員は、それぞれ帰途につくこととした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報2 釜石森林火災避難者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年05月10日



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   10日、AMDAチームの橋本看護師と元持調整員は、朝、釜石市役所を訪問し情報収集の後、避難所となっている旧釜石商業高等学校体育館と平田小学校を訪ねた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  旧釜石商業高等学校体育館では駐在している釜石市の2人の保健師から、避難所生活3日目になって避難者が体を動かす機会がない、という情報を得た。そこで、体操の時間をもつことを提案し、避難者に声をかけて体操を一緒に行うことを実施した。体操には避難していた高齢者と子ども計12人が参加した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報1 釜石森林火災避難者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年05月09日



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    5月8日岩手県釜石市で発生した広範囲な山火事は、懸命な消火活動が続けられているものの、9日12時現在もまだ燃え続けている。現在も旧釜石商業高校など4か所の避難所に70人余りの避難者が避難している模様である。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    この度の釜石での甚大な災害に対して、AMDAでは避難者への慰問とニーズ調査を行うことを決定した。大槌町出身の元AMDA職員と本部からの看護師の2名が本日釜石市内に入る。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 明日5月9日のRSKラジオ「AMDA命を救うラジオ」に川崎医科大学附属病院の園尾 博司病院長がご出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年05月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まっています。毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動明日、5月9日(火)は川崎医科大学附属病院の園尾博司病院長がご出演され、南海トラフ災害対応プラットフォームについてお

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • スリランカごみ処分場堆積物崩落事故 災害支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年04月28日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        スリランカの正月にあたる2017年4月14日、首都コロンボ近郊のミートタムッラ(Meethotamulla)において、ごみ処分場の堆積物が崩落し、周辺住民およそ1,800人に被害が及んだ。同国災害管理センターによれば、今回の事故により30名が死亡、11名が負傷したほか、8名が行方不明となっている。負傷者は病院に搬送されたが、228世帯から成る980人が住む場所を追われ、現在安全な場所へ避難している。約200軒の家屋が被害を受け、完全に倒壊した家屋は60軒にのぼる。発災直後より、災害管理センター、陸軍、海軍、空軍、警察が支援を行っている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 震災が起きた後で死なないために〜「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年04月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          震災が起きた後で死なないために〜「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          熊本地震でともに活動させていただいた野口健氏が本を出版されましたのでご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 2017年4月23日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポート カンボジア編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年04月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年4月23日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第四弾としてカンボジア編が掲載されました。 各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA連携 野土路農場で今年もアヒル農法による有機米栽培を行います

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年04月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDA連携 野土路農場で、今年もアヒル農法による有機米栽培の準備が始まっています!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              4月21日にはAMDAボランティアの矢部ご夫妻が野土路農場を訪れ、マックス農場長とともにアヒル小屋を作りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              野土路農場では田んぼの準備や、また耕された畑では、ジャガイモの栽培が始まっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              秋の収穫時期には美味しい新米が売り出される予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 5月13日、14日ザグフェス2017に出展します!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年04月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                5月13日(土)14日(日)にコンベックス岡山で開催されるザグフェス2017に、今年もAMDAブースを出展します!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                東日本大震災復興支援活動のご紹介や、復興支援のための物産を販売します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ザグフェスは、毎年たくさんの方が来られる楽しいイベントです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ぜひお越しください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                https://www.zagzag.co.jp/zagfes/2017/

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 明日4月25日のRSKラジオ「AMDA命を救うラジオ」にAMDAグループ菅波代表が出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年04月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まります。毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。・被災地リポート・南海トラフ災害対応プラットフォーム・西のジュネーブ東の岡山・AMDAの活動明日、4月25日(火)はAMDAグループ菅波代表が出演します。ぜひお聞きください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパール地震復興支援報告11 〜2年の節目を迎えて〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年04月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年4月25日で震災から2年を迎えます。2年前のこの日、偶然カトマンズに滞在中で被災も経験しました。経験した事のない程の突然の揺れに恐怖のあまり立つこともできずに泣き崩れていたネパール人の姿は今も忘れる事が出来ません。あれから2年。障がい者支援も第二期をこの3月で一旦終えて、4月からは第三期として始動しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ちょうど2年が経つ現在。ネパール地震に対する障がい者支援のこれまでの活動を振り返ってみたいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDAハイチ支部が第六回無料歯科検診を実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年04月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAハイチ支部による毎年恒例の無料歯科検診が同国中部の都市Fond-des-Negresで行われました。会場となったのは、救世軍が運営する病院Bethel Clinicです。検診はハイチ支部長で歯科医のフレデリック医師を中心とした9名のチームが担当し、2月10日から二日間の日程で行われました。このプロジェクトは2010年より同病院とAMDAハイチが共同で行っているもので、日本のAMDA本部が支援しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      検診を受けた患者の数は初日が22名、二日目が47名の計69名です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 4月14日、タイ モンフォート高校の皆様からご寄付

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年04月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        4月14日、タイモンフォート高校の皆様からご寄付をいただきました。今回AMDA事務所を訪れたのは、モンフォート高校3年生のパナッダーさんと同高校で日本語を教えている吉田先生です。モンフォート高校の皆様からは、熊本地震をきっかけに約1年前からご寄付を続けていただいております。日本文化の授業の一環として、クラスの皆さんでチャリティーイベントを行い、おかきの販売とゲームを企画し、その収益からAMDAへの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 明日4月18日のRSKラジオ「AMDA命を救うラジオ」に両備ホールディングス株式会社の松田社長が出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年04月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          RSKラジオ番組「朝耳ラジオ」内で、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時25分頃〜約6分間の放送で始まります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ・被災地リポート
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           ・南海トラフ災害対応プラットフォーム
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           ・西のジュネーブ東の岡山
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ・AMDAの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議と災害鍼灸チーム育成プログラム開催日決定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年04月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議と災害鍼灸チーム育成プログラムの開催日が決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ■第4回災害鍼灸チーム育成プログラム
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            日付:2017年7月22日(土)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            場所:岡山国際交流センター

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ■第4回AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            日付:2017年7月23日(日)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            場所:岡山国際交流センター

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 在ペルー日本国大使館ホームページにて、AMDA医療チームの表敬訪問の様子が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年04月13日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              在ペルー日本国大使館のホームページにAMDA医療チームが株丹 達也駐ペルー日本国大使にペルー洪水被災者への緊急救援活動報告を行った際の様子をご紹介いただきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              また、現地の新聞にもAMDA医療チームの活動と報告の様子が掲載されましたのでご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              【在ペルー日本国大使館ホームページ】

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              日本語: http://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000431.html
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              スペイン語: http://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000432.html

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報9 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年04月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                現地時間4月10日のチームの活動地は被災したピウラ県の県庁所在地にあたるピウラ市内となった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                市内の公園に診療用テントが用意され、複数の医療者が午前午後診療にあたるものであった。AMDAとSES(Socios En Salud)の合同チームは午前中だけで95人を診療した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報8 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年04月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  現地時間4月9日、この日はピウラ県 (Piura Region) モロポン郡 (Morropón Province) バタネス(Batanes)で支援活動を行った。バタネスへは、川の水位が上がり道が見えない中、行けるところまでバスで移動後、水の中をボートと歩きで目的地の学校に向かった。少し前までは水位が高く、この先は完全に孤立していた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回、診療活動を行ったバタネスの学校は洪水が町を襲った際、避難所として機能していた。診療した住民の中には家の一部が流され、最近までこの学校に避難していた方もいた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパール シンドゥパルチョク郡ヤムナダンダ村におけるAMDAの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年04月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年4月25日ネパール国土を襲った大地震から間もなく2年が経ちます。しかし、今でも多くの被災者はテントやトタン板でできた箱のような家に住んでいます。シンドゥパルチョク郡ヤムナダンダ村では、地震が起きた直後には医療支援がはいりました。この村には地震前より、診療所はなく、郡病院まで行くためには、山を2つ越え、整備されていない道を車で5時間程度、ひた走らなければなりません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    そのため、住民たちは体調が悪くなっても、すぐに医師に診てもらうことは不可能です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報7 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年04月10日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現地時間4月7日夕刻、渡久地医師と松永調整員は、リマから空路でピウラ県に到着した。ピウラは今回の洪水で一番被害の大きかった地域である。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現地協力団体Socios En Salud(英訳:Partners in Health)とAMDAペルー支部の協力でビタミン剤、抗生剤、解熱剤、降圧剤、胃薬など、合計13箱をリマから持ち込んだ。ピウラでのAMDAのチームは、渡久地医師、松永調整員に加え、Socios En Saludの医師2名、調整員1名、AMDAペルーの調整員1名の、合計6名。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 4月11日、RSKラジオ「AMDA命を救うラジオ」に藤田病院の岡本院長先生が出演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年04月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        4月からのRSKラジオ新番組「朝耳ラジオ」内、「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時26分頃〜約6分間の放送で始まります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ・被災地リポート
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ・南海トラフ災害対応プラットフォーム
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ・西のジュネーブ東の岡山
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ・AMDAの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        明日、4月11日(火)は南海トラフ災害対応準備でご協力いただいています藤田病院の岡本康久院長先生が出演されます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報6 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年04月07日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          現地時間4月6日は、首都リマから北に約20km離れたリマ県(Lima Region)カンタ郡(Canta Province)サンタロサ デ キベス地区(Santa Rose de Quives District)ワラビ(Huarabi)という集落で診療を行った。ここは2日前にAMDAが活動したレティシア(Leticia)から車で10分ほどの場所にある。ワラビは、レティシアと同じく近くにチジョン川(Rio Chillon)が流れているが、川の水位が上がった際も人的被害はなく、家も無事であった。現在は水位が正常に戻り、水も引いている。また、洪水時には土砂で道が寸断されている所もあったが、今は回復している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報5 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年04月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            現地時間4月5日も、渡久地医師と松永調整員は現地協力団体Socios En Salud(英訳:Partner in Health)とともに診療活動にあたった。この日の活動地は、首都リマから東に約20km離れたカハマルキア(Cajamarquilla)である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            カハマルキアのすぐそばにはワイコロロ川(Huaycoloro)がある。住民の住む土地からは5メートルほど高低差があるが、洪水により家が18軒流された。住民は当時避難していたためこの町で死者は出なかったとのことである。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ネパール地震復興支援報告10 〜障がい者支援 貴重な現地パートナー〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年04月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年4月25日に発生しましたネパール地震ですが、AMDAによるネパール復興障がい者支援は現在も継続しております。時間の経過とともにニーズも変化してきておりますので、その変化に合わせて調整を繰り返しながら行っております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              最近の傾向は、震災により障がい者となった方々は、バリアの多い大変な環境で不自由のままですが生活が固定化してきています。また震災によらない障がい者のニーズも増えてきております。そのため自立生活にむけた物資による支援より、教育的

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報4 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年04月05日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                現地時間4月4日、渡久地医師と松永調整員は現地協力団体であるSocios En Salud(英訳:Partners in Health)の事務所があるリマ郡のカラバイヨ(Carabayllo)地区へ向かった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                そこで診療に必要な医薬品を車に積み込んだ後、Socios En Saludの看護師1名とともにカラバイヨ地区の隣町レティシア(Leticia)へ向けて出発。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                この日診療を行うレティシアは、近くにチジョン川(Rio Chillon)が流れており、10日ほど前まで氾濫していたが現在は平常の水位に戻っているようであった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 南三陸病院が看護職員を募集しています

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年04月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2011年当時AMDAがお手伝いさせていただいていた南三陸病永宮城県南三陸町)が一昨年12月本設再開され看護職員を募集されていますので、以下告知協力させていただきます。 南三陸病院からのメッセージ「南三陸病院は、地域の医療・保健・福祉を総合的に担う病院として開院しました。住民に親しまれ、信頼される病院を目指して、一緒に働いてみませんか?地域医療に興味のある方を募集しています。(看護師及び

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報3 ペルー洪水被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年04月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    4月1日に日本を出発した渡久地医師と松永調整員は、アメリカ・ダラスを経由して現地時間2日、ペルー首都リマに到着した。首都リマの空港近辺や町の中心部は洪水による被害はない模様であった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    3日、AMDAペルー支部のスタッフと現地協力団体:Socios En Salud(英訳:Partners in Health)とともに今後の活動について協議した。Socios En Saludとは、2007年のペルー沖地震緊急医療支援活動の際に、ともに活動した経緯がある。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • RSKラジオ新番組の中で「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日始まります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年04月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      4月からのRSKラジオ新番組「朝耳ラジオ」の中で「AMDA命を救うラジオ」が毎週火曜日8時26分頃から始まります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      毎週火曜日を次の4つのテーマで、各分野から様々な皆様にお話いただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ・被災地リポート
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ・南海トラフ災害対応プラットフォーム
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ・西のジュネーブ東の岡山
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ・AMDAの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      第一回目となった本日4月4日は、復興グルメF-1大会運営事務局 代表であり、宮城県気仙沼南町復興商店街 副理事長である、坂本正人さんです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 4月3日ペルー洪水緊急医療支援活動への街頭募金を行いました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年04月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        4月3日お昼頃、岡山高島屋西側にてAMDA中学高校生会を中心にペルー洪水緊急医療支援活動への街頭募金を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • ペルー洪水緊急医療支援活動:ペルーに向けて出発

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年04月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          本日4月1日、AMDA本部職員の松永調整員は岡山から成田空港へ移動しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          そしてAMDA沖縄の渡久地医師と成田空港にて合流し、ペルーに向けて出発しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2名はアメリカ・ダラスを経由し、現地時間2日早朝にペルー首都リマに到着予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          なお、ペルー国家緊急オペレーションセンター(COEN)によると、現地時間30日午後2時時点で、死者98人、被災者133,097人、影響を受けている人895,489人となっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 2017年3月26日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポート インドネシア編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年03月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年3月26日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第三弾としてインドネシア編が掲載されました。各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 4月7日(金)AMDA-MINDS10周年企画  第1弾 「開発途上国の母子保健活動を学ぶ」のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年03月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAのグループ団体であるAMDA-MINDSは設立10周年を迎えます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              設立10周年企画として、さまざまな企画を皆様にお届けする予定です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その第1弾として、母子保健事業に関する活動のご紹介とともに、ミャンマー駐在スタッフが現在実施中の活動についてお話します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              下記ご案内をご覧いただき、ぜひご検討ください。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報2 ペルー洪水被害に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年03月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                先月より海面水温上昇によるエルニーニョ現象によってペルー各地で豪雨が頻発、結果として洪水や土石流が発生し、多くの人が被災、もしくは日常生活に何かしらの影響を受けた。ペルー国家緊急オペレーションセンター(Centro de Operaciones de Emergencia Nacional [COEN])によると、3月27日現在、91人が死亡し、122,788人が被災した。797,789人の日常生活に支障をきたしている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第14回復興グルメF-1大会にあわせて、岡山からボランティアバスを運行しました!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年03月29日















                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  宮城県南三陸町で開催される「第14回復興グルメF-1大会」に参加するため、3月24日(金)午後7時、「ボランティアバス」は岡山駅を出発しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ボランティアは、「復興グルメF-1大会」の準備から大会当日の運営、片付けまでを担います。「ボランティアバス」は、被災地の方とともにイベントを成功させ、復興に向けた喜びを共有することを大きな目的としています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 第14回復興グルメF-1大会 in南三陸町 報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年03月29日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年3月26日(日)、第14回目となる『復興グルメF-1大会』が宮城県南三陸町の志津川仮設魚市場で開催されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    仮設店舗で営業していた南三陸町の「さんさん商店街」が、今年3月3日、1.5キロほど離れたかつての町の中心部に移転オープンしました。これを機会として南三陸町での開催となったのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今回の大会には、岩手県、宮城県、福島県から14チームが参加し、地元食材を使った絶品グルメを来場者にふるまいました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    各ブースでは岡山からのボランティアスタッフと助け合いながら完売を目指し、行列ができるブースもありました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報1 ペルー洪水被害に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年03月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      南米のペルーで先月から海面水温の上昇によるエルニーニョ現象により、大雨が数週間にわたって断続的に続いている。ペルー国家緊急オペレーションセンター(CentrodeOperacionesdeEmergenciaNacional[COEN])によると、ペルー各地で豪雨が起きており洪水や土石流で、これまでにペルー全土で75人が死亡、20人が行方不明、99,475人が被災、626,298人が日常生活に何ら

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 3月17日、佐藤康介看護師、第14回日本看護技術学会学術集会、優秀賞受賞報告のため本部訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年03月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        独立行政法人国立病院機構災害医療センター救命救急病棟の佐藤康介看護師は、2011年川崎医療福祉大学の時にAMDA国際塾に応募しましたが、自衛隊での職務経験などが考慮され、同年に行われたスリランカ和平事業にボランティアとして参加しました。その後、AMDAでのインターンを重ね、川崎医療福祉大学でもボランティア団体を立ち上げるなど、災害支援への理解を深めました。この度、「災害支援を専門とする災害支援者の特性について明らかにするための実態調査」で第14回日本看護技術学会学術集会において優秀書を受賞され、調査に協力したAMDAに、指導教官の関西福祉大学看護学部副学部長の掛田崇寛先生とともに受賞の報告に来てくださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 倉吉市 石田 耕太郎市長からお礼状が届きました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年03月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          時下、ますます御精栄のこととお喜び申し上げます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          され、平成28年10月21日に発生した鳥取県中部地震におきましては、多大なる御支援を頂き、倉吉市民を代表しまして、心より御礼申し上げます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          このたびの震災により、倉吉市では多くの被害がありましたが、頂いた温かい御支援を力にして、市民一丸となって復興への歩みを進めてまいります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          未筆ながら、御支援を賜った皆様のますますの御繁栄を心よりお祈り申し上げ、御礼の言葉に代えさせていただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 医療法人創和会しげい病院とAMDAが連携協力協定を締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年03月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            医療法人創和会しげい病院とAMDAが2月1日、今後発生しうる大規模災害に備えた連携協力協定を締結しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            南海トラフ地震発生時には、しげい病院とAMDAは連絡を取りながら徳島、高知県内の被災地での支援活動に、対応可能な範囲で緊急医療チームを派遣するというものです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            さらに、緊急時の人道支援活動を円滑に行うため、平時から交流することも協定の中に含まれています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 「第6回倉敷からの風」開催中です!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年03月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              倉敷を中心としたアーティストの方々によるチャリティオークション「第6回倉敷からの風」開催中です!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              会場は、倉敷美観地区・大原美術館の近くにある、スペースみきとクラフト&ギャラリー幹2階です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2011年の地震発生から、代表の杉田修一さまを中心に、作家仲間に呼びかけ、準備期間1年を経て地震発生翌年の3月に「第1回倉敷からの風」を開催されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第6回目となった今回も、50名の作家による作品約140点が出品されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • インド・ブッダガヤにおけるAMDAの活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年03月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAピースクリニック

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                アーユルヴェーダクリニックとして2009年に開院したAMDAピースクリニックは、2014年に母子保健サービスを提供する「母と子のクリニック」として再スタートを切り、貧困における健康増進を目的とした包括的プライマリーヘルスケア(PHC)プログラム(※1)の一環として活動を展開しています。AMDAピースクリニックがあるブッダガヤは仏陀が悟りを開いた地として有名です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 東北三陸沿岸地域から学ぶ南海トラフ地震への備え 被災地間相互交流公開フォーラム開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年03月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  東日本大震災の被災地の方々による津波の経験と教訓から、南海トラフ地震津波への備えを考えるAMDA主催の公開フォーラムが2月28日、岡山県生涯学習センターで開かれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  テーマは「東北三陸沿岸地域から学ぶ南海トラフ地震への備え」です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  まず、AMDA職員が南海トラフ災害対応プラットフォームの取り組みについてご説明しました。事前の備蓄、また四国の自治体と支援に入っていただく予定の医療機関との事前交流の重要性を強調しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークション「倉敷からの風2017」開催のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年02月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークション「倉敷からの風2017」が開催されます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    日時:2017年3月7日(火)〜12日(日)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    会場:スペースみき 及び クラフト&ギャラリー幹2階(倉敷市中央1-6-8)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    倉敷からの風HP:http://kaze.kurashiki-craft.com/

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    アーティストの方々がご自身の作品をチャリティーとして出品される、「第6回倉敷からの風2017」東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークションが、今年も開催されます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパールご一行AMDA事務所を表敬訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年02月23日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ネパール トリブバン大学より医学部長Jagdish Prasad Agrawal教授、看護学科Nira Pandey教授、Rameshwar Prasad Pokharel教授が来日、2017年2月15日、ご一行が岡山県立大学保健福祉学部看護学科 佐々木純子准教授、山形真由美様とAMDA事務所を訪問されました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 東日本復興支援チャリティー −from Bizen―のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年02月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今回で7回目となる、備前焼作家さん方による「東日本復興支援チャリティー −from Bizen―」が、3月11日(土)10時から、岡山駅一番街コンコース広場にて開催されます!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        東日本大震災が発生したその年から東日本支援のための本イベントを開催されており、今回も売上金の全額(一部経費を除く)を、AMDAと子どもシェルターモモさんへご寄付くださいます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 2月19日山陽新聞オピニオンにてAMDA海外リポート ネパール編が掲載されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年02月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年2月19日山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第二弾としてネパール編が掲載されました。各国の災害、文化、国民性、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介しています。こちらからどうぞご高覧ください。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 平成28年度全日本病院協会主催災害訓練に参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年02月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2017年2月5日、平成28年度全日本病院協会主催災害訓練が主催が全日本病院協会、全日本病院協会徳島県支部、ホウエツ病院共催徳島県医師会・美馬市でホウエツ病院及び3つの会場で実施されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            全日本病院協会は災害時医療支援活動班AMATを持ち災害の急性期〜亜急性期において災害時要援護者にも配慮した医療救護活動を実施できる医療チームとして協会会員病院支援、災害時要援護者支援、患者の病院間搬送を担います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 「東北の新月」上映会とAMDA大槌健康サポートセンター長の報告会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年02月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               日系3世のカナダ人映画監督が東日本大震災の被災地でボランティア活動を通じて出会った東北の人々との交流を撮影したドキュメンタリー映画「東北の新月」の上映会と、映画に登場したAMDA大槌健康サポートセンターの佐々木賀奈子センター長(鍼灸師)の報告会が2月17日、岡山市北区奉還町のオルガホール岡山で開かれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              監督のリンダ・オオハマさんは、東日本大震災後、単独来日し地元の方々と交流しながら約2年間ボランティア活動に従事。今回の映画は東日本大震災を風化させてはならないとの思いから制作されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 南海トラフ災害に向けて藤田病院、高知県須崎市を訪問(2017/1/20)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年02月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2017年1月20日、医療チームが高知県須崎市を訪れました。訪れたのは藤田病院(岡山市東区)の岡本康久院長、水元勇看護師の2名です。藤田病院の藤田理事長はAMDA代表菅波の岡山大学の先輩、岡本院長もアジア伝統医学研究会を通じての繋がりがあります。岡本院長は1995年に起こった阪神・淡路大震災の際、災害援助船として駆け付けた済生丸(岡山済生会病院所有の巡回診療船)に乗り救援の医療班の第1班のメンバーとして支援に入りました。更に、東日本大震災の緊急救援活動へも避難所での診療や巡回診療に携わりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • おかやまコープ備北エリア主催イベントにて講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年02月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2月14日、おかやまコープ備北エリア主催のアースラブPJにて、AMDA大槌健康サポートセンターのある岩手県大槌町の現状について、AMDAボランティアセンター参与竹谷が話しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  大槌町の現状や、AMDA大槌健康サポートセンターと昨年同センターから独立し、現在はAMDAの事業委託先である任意団体Tsubomiの行っている活動について紹介し、組合員の方々は熱心に耳を傾けられていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 2月11日「ひょうご・こうべ・ワールド・ミーツforYOUTH」にAMDAブース出展しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年02月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2月11日神戸国際展示場2号館にて「ひょうご・こうべ・ワールド・ミーツforYOUTH」-第4回高校生「国際問題を考える日」が開催され、AMDAもブース参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    昨年神戸で開催された「G7神戸保険大臣会合」に合わせて開催された「ひょうご・こうべ保健医療ハイスクールサミット」をふまえ、今回初めてG7神戸保健大臣会合推進協議会と高校生「国際問題を考える日」、兵庫県教育委員会、大阪大学、WHO神戸センターが共同で開催されることになられたということです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 株式会社中野コロタイプ様よりご寄付

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年02月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2月10日、株式会社中野コロタイプ様より、「AMDA募金付き年賀はがき」によるご寄付をいただきました。印刷費の一部がAMDAへのご寄付となる企画をご考案くださり、2008年からは継続してご寄付贈呈にお越しくださっています。さらに、ハイチ大地震や東日本大震災などの際にも温かいご支援をいただいており、AMDAスタッフ一同の心強い支えとなっています。当日お越しくださった、株式会社中野コロタイプの黒住利之

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ワン・ワールド・フェスティバルに出展しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年02月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2月4、5日に西日本最大級の国際協力イベントであるワン・ワールド・フェスティバルが大阪市で開催され、AMDA国際医療情報センターと共同で出展しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今回で第24回目となるワン・ワールド・フェスティバルには、2日間で25,000人の方々が来場されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAも毎年出展させていただき、多くの方に当法人の活動をご紹介することができました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ブースに立ち寄られた皆様は、熱心に活動紹介のパネルを見て、AMDAスタッフからの説明に耳を傾けられていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 南海トラフ災害に向けて医療チーム、徳島県美波町を訪問(2017/1/19)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年02月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年1月19日、AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム事前交流として医療チームが徳島県美波町を訪れました。訪れたのは佐藤拓史医師(AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム運営委員会副委員長)、鈴記好博医師(徳島大学大学院総合診療医学分野、美波町国民健康保険美波病院所属、AMDA兵庫副理事)、福山医療センターの医師、調整員の2名です。AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム協力医療機関の美波町への事前訪問は初めてで、福山医療センターの自治体との事前交流は徳島県牟岐町に続いて2回目となります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA東日本復興支援「復興グルメF-1大会in南三陸町」ボランティアバス運行と参加者募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年02月03日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            3月26日(日)に「第14回復興グルメF-1大会」が宮城県南三陸町(場所:志津川仮設魚市場)で開催されます!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            これはAMDAが東日本復興支援事業の一環として行っている「被災地間交流事業」の一つです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            本大会の開催に伴って、前日の会場準備および当日の運営をお手伝いしてくださるボランティアスタッフを募集します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 岡山経済同友会・AMDA合同記者会見

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年02月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               岡山経済同友会の松田久代表幹事とAMDAグループの菅波茂代表が1日、岡山市内で記者会見し、日本における大規模災害時連携への可能性を求めてスイス・ジュネーブを訪問、各国連機関との密接な関係を構築されたことを報告しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              一行は1月14日から20日まで訪問。国際連合人道問題調整事務所(UNOCHA)などの実務担当者らと会談し、大規模災害発生時の連携についてお話し、ご理解を得ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 岡山市鍼灸マッサージ師会主催の学術講習会で今井賢治先生が講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年01月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                帝京平成大学教授の今井賢治先生(ヒューマンケア学部鍼灸学科)が2017年1月29日岡山市文化福祉会館で「大規模災害におけるAMDAの鍼灸支援活動」と題して講演しました。これは、岡山市鍼灸マッサージ師会主催の学術講習会です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                この日の講演では今井先生はAMDAの活動理念「ローカルイニシアチブ・相互扶助・多様性の共存」の説明と共に、大規模災害時の鍼灸活動の必要性と鍼灸活動を円滑に行うためには団体間の情報共有が重要であると話されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第60回 洋蘭展が開催されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年01月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  第60回洋蘭展が、総社市の農マル園芸で1月25日から5日間開催され、会場を訪れた人たちはたくさんの華やかな洋蘭とその香りに一足早い春の訪れを感じていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  また、会場内にはAMADチャリティーコーナーを設置され、岡山県洋蘭協会の会員さんから提供された洋蘭を、お客様にご購入いただき、それをAMDAへご寄付くださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 1月22日 山陽新聞「オピニオン」にてAMDA海外リポートの掲載が始まりました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年01月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2017年1月22日 山陽新聞「オピニオン」のページにて、「AMDA海外リポート」第一弾としてスリランカ編と同時にAMDAグループ菅波代表インタビューが掲載されました。「AMDA海外リポート」は2017年、月一回(第三日曜日)掲載される予定です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    各国の災害、内戦後の復興状況や歴史、文化、そしてAMDA海外支部の取り組みなどを、海外支部長らの寄稿という形でご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 倉敷アカデミックウインズ 第25回定期演奏会のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年01月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      長い間AMDAをご支援いただいている倉敷アカデミックウインズ様の第25回定期演奏会が、2月19日に倉敷市民会館で開催されます!開演前にはロビーでチャリティーアンサンブルが行われます。また、人気ゲームのテーマ曲など、お子様も楽しめるような曲目を考えられています。団員のみなさま定期演奏会に向けて猛練習されています。ぜひ足をお運びください! 日時:2017年2月19日(日)場所:倉敷市民会館(

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 関西のイベントでのAMDAブース出展 ご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年01月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2月の週末に関西で開催される2つのイベントに、国際交流・協力に関わるNGO団体としてAMDAブースを出展、活動紹介パネルを展示しています。AMDAスタッフが常駐しておりますので、どうぞお気軽にお声がけください!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ※右の写真は、昨年2月開催のワン・ワールド・フェスティバルの様子です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • インターンシップ紹介

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年01月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          インターンシップ紹介
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          韓国 国立ハンバッド大学日本語学科4年生
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          金 良(キム・リャンヒョン)さん

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA大槌健康サポートセンターの活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年01月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA大槌健康サポートセンターでは、センター長である佐々木賀奈子鍼灸師による鍼灸治療のほか、地元コミュニティ形成のため教室を開き地元の方々に喜ばれています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            1月11日には、花巻市からお招きした講師の指導でさをり織り教室を行い、8名が参加しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            初めての方はマフラーやテーブルセンターを織り、何度か織っていた方々は整経台を使って縦糸の掛け方にチャレンジされました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • フィリピン台風26号緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2017年01月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2016年12月25日、台風26号(英語名:ノックテン)がルソン島の南東に位置するフィリピン・カタンドゥアネス島に最初に上陸した後、ルソン島アルバイ州を通過し、大きな爪痕を残した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは、台風通過直後から現地協力者であるフィリピン大統領府長官首席秘書官であるメルカド氏と連絡を取り、台風26号による被災状況を注視してきた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA元職員 大政朋子さんが第20回日本統合医療学会学術大会で講演をしました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2017年01月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAの元職員で東北を始め国内外の様々な事業に携わってきた大政朋子さん(現AMDAプロジェクト研究員)から、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                昨年12月仙台で開催された日本統合医療学会学術大会での発表についてご報告いただきましたのでご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA中学高校生会OG 黒田さんからの寄稿文

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2017年01月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年AMDA中学高校生会メンバーとしてスリランカを訪れた黒田良美さんから、寄稿文をいただきましたのでご紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 2月28日 東北三陸沿岸地域から学ぶ南海トラフ地震への備え 公開フォーラムのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2017年01月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    東北三陸沿岸地域から学ぶ南海トラフ地震への備え東日本復興支援とAMDA南海トラフ災害対応プラットフォームAMDAでは2011年3月11日からの緊急医療支援活動に続き、復興支援の一環として、同年活動していた岩手県大槌町と宮城県気仙沼市の仮設商店街の交流会を開催しました。被災した商店街同士でなければ共有できない思いがある一方、一言に仮設商店街と言っても状況は実に様々で、直接情報を共有しあい連携する機会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 1月25日-29日 第60回洋蘭展のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2017年01月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      第60回洋蘭展が総社市の農マル園芸で開催されます!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      会場にはたくさんの洋ラン展示、また洋ラン教室が開かれ、栽培相談もしていただけます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAのコーナーもあり、東北特産品もお買い求めいただけます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ぜひ、お立ち寄りください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール地震復興支援報告9 〜障がい者支援 シンドゥパルチョーク郡〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2017年01月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        障がい者支援では、現地製造の車いす支援とともに福祉用具等も用意してカトマンズ近郊の訪問活動や、山間地域に車いすやポータブルトイレ、福祉用具等を車に積んで障がい者宅を訪問するモバイルキャンプをCILカトマンズのピアカウンセラーらと実施しております。自立生活にむけ「必要な方に必要な支援を」と取り組んでおります。この活動を通じて感じていますことは、効率的に活動しようとすれば、どこかに対象者に集まっていた

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 2017年 本年もよろしくお願いいたします

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2017年01月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2017年本年もよろしくお願いいたします2016年は熊本地震を始め、岩手県岩泉水害、鳥取地震など災害にあわれた地域の方々には被災後初の新春を迎えられ一層に感慨深く睦月をお過ごしのことと拝察申し上げます。年初、熊本地震で甚大な被害を受けた益城町をAMDA職員が訪れました。益城町は、まだ被災の爪痕は残っていましたが、倒壊家屋の解体もすすみ瓦礫は片付けられ、空き地が目立つようになっていました。益城町でも

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • インドネシア洪水被災者に対する緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2017年01月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            インド洋を通過したサイクロンの影響により、12月21日から23日にかけてインドネシア、西ヌサ・トゥンガラ州は大雨に見舞われた。西ヌサ・トゥンガラ州災害対策機関によると人口10万人以上が住む州内の33地域が洪水により浸水した。AMDAインドネシアはただちに支援活動を行うことを表明し、AMDA本部の協力の下、AMDAインドネシアより医師2名、医学生1名と調整員1名を被災地に派遣することを決定した

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報2 茨城地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年12月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              12月28日21時38分ごろ発生した茨城県北部を震源地とする地震被災地にむけ、翌29日朝7時岡山駅を出発した大西調整員と埼玉から出発した山河看護師はJR品川で合流し、日立市で下車、ここからはレンタカーで震度6弱の揺れが観測された高萩市に向かった。途中、北茨城市と高萩市の間で地震による落石のため通行止めになっている道路箇所があるものの目立った建物被害などはなかった。高萩市に到着後、市役所を訪問し情報

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報1 茨城地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年12月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                12月28日21時38分ごろ茨城県北部を震源地とするマグニチュード6.3の地震が発生し、茨城県高萩市では震度6弱の揺れを観測した(気象庁発表)。AMDAは被災地における支援ニーズ調査のため、看護師1名、調整員1名を現地に派遣することを決定した。29日、大西調整員は新幹線で岡山から茨城県へ向かい、品川駅で山河看護師と合流し、高萩駅へ向かう。 ■AMDAからの派遣者山河城春(やまかわしろはる

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第14回復興グルメF-1大会開催日決定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年12月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  東日本大震災被災地の商店街の皆さんが地元特産の食材をふんだんに使用したグルメでナンバー1を決める、「復興グルメF-1大会」の開催日が決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  日にち:2017年3月26日(日)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  場所:宮城県南三陸町

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  大会に向けて、岡山からもボランティアバスを運行する予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 2月17日「東北の新月」上映会のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年12月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    被災地で支援活動を続けている、ひとりの日系カナダ人がいます。映画監督のリンダ・オオハマさんです。彼女は震災後単独来日。その後2年にわたり、被災者に寄り添い被災者とともに行動してきました。その彼女がボランティア活動を通して出会った東北の方々とのエピソードの数々をドキュメンタリー映画にしました。この映画に、AMDA大槌健康サポートセンター長の佐々木賀奈子さん一家が出演しています。この映画と佐々木センタ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報3 総社市・AMDA合同緊急支援チーム派遣 –糸魚川大規模火災被災者緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年12月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      新潟県糸魚川市で12月22日に発生した大火災を受け、総社市とAMDAは現地での支援活動を決定。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      総社市・AMDA合同支援チームは24日の現地入り後、被災者の方々への物資支援を行い、「はるばる遠くから来て頂いた。温かい気持ちが何よりうれしい」と喜ばれた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      そしてチームは現地での活動を終え25日夜、岡山へ戻った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      チームの一員として現地入りしたAMDA橋本千明看護師は「焼け焦げた後の特有のつーんとする臭いが周囲に漂い、映像とは違って自分の目で見た惨状は想像以上。大きなショックを受けた。」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 糸魚川大火の惨状に大きな衝撃

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年12月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        現地入りしたAMDA看護師が語る
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        新潟県糸魚川中心部で12月22日に発生した大火を受け、総社市とAMDAの合同支援チームの一員として現地入りしたAMDAの橋本千明看護師は26日、地元テレビ局の取材を受け「焼け焦げた後の特有のつーんとする臭いが周囲に漂い、映像とは違って自分の目で見た惨状は想像以上。大きなショックを受けた。早い復興を願っている」と語りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        現地では24日から2日間、糸魚川市の対策本部や2カ所ある避難所、地元の商店街振興組合などを巡り、総社市から持参したクリスマスケーキ、パンなどを届けました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報2 総社市・AMDA合同緊急支援チーム派遣 −糸魚川大規模火災被災者緊急支援活動−

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年12月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           12月22日に糸魚川市内で大火災が発生し、363世帯・744名に避難勧告が出され、約150棟、4万平方メートルが焼損する事態となった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           この被害の大きさを鑑み、24日、10時に総社市役所を出発した総社市AMDA合同支援チームは、同日17時に新潟県糸魚川市に到着した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報1 総社市・AMDA合同緊急支援チーム派遣 −糸魚川大規模火災被災者緊急支援活動−

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年12月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             12月22日に糸魚川市内で大火災が発生し、363世帯・744名に避難勧告が出され、約150棟、4万平方メートルが焼損する事態となった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            糸魚川市に向けて、総社市とAMDAが合同で支援チームを送り出すことが本日決定。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            総社市から4名、AMDAから1名の5名のチームで、24日10時、総社市役所から出発いたしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDAが赤磐市と災害連携協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年12月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは12月21日、国内や海外で地震が発生した際の被災地支援や、人材育成で連携する災害協力協定を結びました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              自治体との協定は総社、備前市などに次いで13件目ですが、今回の協定は初めて自治体職員(1人)をAMDAに派遣する内容を盛り込んだのが特徴です。職員は2017年4月からAMDA本部(岡山市北区伊福町)で勤務し、被災地での活動にも参加する予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              調印前にAMDAグループ代表の菅波茂代表と友実武則市長が

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 南海トラフ災害に向けて徳島県牟岐町職員が医療機関を訪問(2016/12/19)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年12月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                南海トラフ災害が発生した場合には徳島県・高知県を含めた太平洋側での甚大な被害が懸念されます。AMDAでは南海トラフ災害に備えて、事前準備を進めています。そのひとつとして、予め支援協力表明してくださっている医療機関と基礎自治体をマッチングし、事前に交流する取り組みを行っています。11月、12月に倉敷成人病センター(倉敷市白楽町)と国立病院機構福山医療センター(福山市沖野上町)、諸國眞太郎クリニック(岡山県岡山市)から代表者の方々が支援に入っていただく予定の徳島県牟岐町を訪れ、牟岐町長、副町長や役場の方との顔合わせ、牟岐町内の避難所確認などを行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA中学高校生会の活動からみる平和構築プログラム−スリランカ紛争後復興支援活動−を開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年12月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  12月18日、岡山市北区の岡山国際交流センターで「AMDA中学高校生会の活動からみる平和構築プログラム−スリランカ紛争後復興支援活動―」を開催しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAが実施しているスリランカでの平和構築プログラムの報告とともに、内戦停戦後の2003年からスリランカでの平和構築交流事業を断続的に行っている「AMDA中学高校生会」の活動報告会を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 第4回食糧と人道支援シンポジウムを開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年12月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    南海トラフ地震を見据えたAMDA主催の「第4回食糧と人道支援シンポジウム」が12月17日、岡山市北区の岡山国際交流センターで開かれ、地震の準備の現状を共有し食糧支援の在り方を考えました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAグループの菅波代表が基調講演し、国内外の過去の大地震の課題と反省点を振り返り、「南海トラフ地震の特徴は被害が広範囲で大規模なうえ、対応が長期化する」と説明。食糧や医薬品などの事前備蓄と、相互信頼を構築するための被災予定地との事前交流の大切さを強調しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 南海トラフ災害に向けて倉敷成人病センター、徳島県牟岐町を訪問(2016/11/21)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年12月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      牟岐町役場にて福井町長(左)睨寨事長(右)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      南海トラフ災害対応への取組みの一つとして現在AMDAが力を入れて実施しているのが、被災地となる基礎自治体と医療チームを派遣して下さる協力医療機関との事前交流です。関係機関との顔合わせにより平時から顔の見える関係をつくること、実際に活動予定地を訪れることで、支援の具体的イメージを持つことが目的です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2016年11月21日、南海トラフ災害対応プラットフォーム事前交流として倉敷成人病センター理事長睨寨事長、岸本看護部長を含む5名が、徳島県牟岐町を目指しました。倉敷成人病センターは、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • インドネシア・スマトラ島地震被災者に対する緊急医療支援活動3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年12月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        現地時間7日に発生したインドネシア・スマトラ島北端のアチェ州でマグニチュード6.5の地震によって、102名の死者、重傷者125名を含めた500名以上の負傷者が出た(インドネシア国家防災庁発表)。また150以上の家屋と14のイスラム教寺院を含めた多くの建物が地震により影響を受けた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAインドネシア支部は麻酔科医2名をスラウェシ島マカッサルからアチェの被害地域へ派遣し、ピディ県シグリ(Sigli)にある地元の病院でハサヌディン大学から派遣された整形外科医3名とともに活動した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 南海トラフ災害に向けて諸國眞太郎先生、徳島県牟岐町を訪問(2016/12/9)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年12月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAでは近い将来発生が予想される南海トラフ災害に向けて、事前準備を進めています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          甚大な被害が心配される徳島県と高知県の9市町に支援チームの派遣を予定しており、予め支援協力を表明してくださっている医療機関と基礎自治体のマッチングを行っています。医療機関の方々とともに、支援に入る予定の基礎自治体を訪れ、事前に市町の状況や行政の方と顔合わせをすることによって、具体的な支援活動のイメージが湧きます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2016年12月9日、諸國眞太郎クリニック(岡山県岡山市)の諸國眞太郎先生が徳島県牟岐町を訪問しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 12月7日 海上自衛隊呉地方総監部防衛部と、陸上自衛隊第十三旅団を訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年12月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            12月7日、広島県内の海上自衛隊呉地方総監部防衛部と、陸上自衛隊第十三旅団を訪問しました。これは、大規模災害に備えてAMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム準備の一環としての、顔を合わせです。林先生と佐藤先生、初雁先生のご人脈により、協力機関との関係が着々と広がっていることに感謝です。≪参加された先生方のご紹介≫ホウエツ病院の林先生(徳島県)小倉記念病院の佐藤先生(福岡県)戸田中央医科グループ戸

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議2016

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年12月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2016年12月1日から2日間の日程で、AMDAインターナショナルアジア地域支部長会議がマレーシアの首都クアラルンプールで開催されました。会議には12ヶ国から総勢29名の支部長と関係者が出席しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              会議の主眼となったのは、AMDAの世界に広がるネットワークをさらに拡大していく、相互扶助ミッション(Mission of Sogo-Fujo)構想についてです。AMDAは現在、この構想の下『世界平和パートナーシップ(GPSP)1』、『南海トラフ災害対応プラットフォーム2』、『アジア災害ネットワーク3』、『トリプルAパートナーシップ・プログラム(TAPP)4』を推進しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • インドネシア・スマトラ島地震被災者に対する緊急医療支援活動2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年12月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                現地時間7日午前5時3分インドネシア・スマトラ島北端のアチェ州でマグニチュード6.5の地震が発生。報道によると、これまでに97人の死亡が確認され、その他に数百人が負傷したとみられる。この被害状況を受けAMDAインドネシア支部から麻酔科医2名と、ハサヌディン大学から整形外科医3名がアチェ州都バンダアチェにあるザイナルアビディン病院へ派遣されることになった。医師らはインドネシア支部のあるスラウェシ島か

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • スマトラ島沖地震被災者に対する緊急医療支援活動 情報収集開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年12月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  米地質調査所によると、インドネシア・スマトラ島のアチェ州で現地時間7日午前5時3分、マグニチュード6.5の地震が発生。震源地はアチェ州シグリから南東へ約19キロ離れた地点。少なくとも25人が死亡、その他にも数百人の負傷者が出ている。このような状況を鑑み、AMDAはインドネシア支部長と連絡を取り情報収集を開始。現地の状況やAMDA支援チームの派遣の必要性を調査している。 【最近のインドネシ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 佐藤拓史医師が福岡県立大学看護学生に対し講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年12月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム運営委員会・副委員長であり、先日のハイチ・ハリケーンや熊本地震の際にも支援チームとして現地で活動してくださった佐藤拓史医師(福岡県在住・岡山市出身)が、12月1日、福岡県立大学看護学部で講義されました。その様子が同大学ホームページでご紹介されました。こちらからぜひご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動 まとめ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年12月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現地時間10月4日午前7時ごろ、カリブ海にあるハイチ共和国にカテゴリー4の大型ハリケーン「マシュー」が上陸。世界保健機構によると死者546名、行方不明者128名、避難者約1万8000名の被害を出した(11月10日時点)。ハリケーンによる衛生環境悪化、水の供給が止まったことに伴い、コレラの報告件数が上昇していた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAハイチからの被災状況報告を受け、AMDAは現地時間10月10日より、AMDAハイチと協力し、大型ハリケーン「マシュー」被災者に対する緊急医療支援活動を開始した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 第4回 食糧と人道支援シンポジウム「南海トラフ地震津波対応準備と食糧支援」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年12月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAでは南海トラフ地震の発生を見据え対応準備を種々進める中で、「食は命の源」の認識のもとに、食料の確保が重要と考えています。東日本大震災発災翌年からお米をご提供いただいている「AMDA支援農家」の皆様はじめご協力各位にご参加いただき、発災から5年以上経過した東北・仙台地域の現状を知り、南海トラフ地震津波への準備の現状を共有し、食糧支援の在り方を考えます。また、プログラムの最初には、お米の贈呈式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 福島沖地震被災者緊急支援活動を終えて

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年11月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          11月22日午前5時59分、福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          福島、茨城、栃木県で震度5弱を観測したのを受け、AMDA派遣チームは同日午後1時過ぎ、JR岡山駅を出発しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          午後6時半に福島駅に到着し、埼玉県在住の山河看護師と合流しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          元AMDA職員の伴場さんが立ち上げた団体「Bridge for Fukushima(BFF)」の事務所を訪問。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          スタッフの話によると、福島市内ではほとんど被害がなく、BFFが問い合わせた沿岸部にある団体の情報でも大きな人的被害はないようでした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて開院8周年記念式典が開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年11月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2016年11月17日、インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて開院8周年記念式典が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ビハール州ブッダガヤにある大菩提寺(マハーボーディー寺院)は、釈迦牟尼が悟りを開いた仏教の聖地として知られ、各国の仏教寺院が立ち並び、タイ、スリランカ、台湾などから多くの参拝者が訪れています。しかしながらビハール州はインドの最貧州といわれ、多くの人が貧困で苦しんでいます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報3 福島沖地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年11月24日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              23日に訪問した南相馬市の方から、地震発生の状況を伺った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              22日朝には避難所が6カ所開設され約420人が避難、昼に同市が炊き出しを行った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              津波警報、注意報が解除されてから避難者は徐々に減り、夜には誰もいなかったとのこと。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              南相馬市では、一部の保育所を除く全ての幼稚園、小中学校、高校が休校したそう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              同日夕方には一般社団法人Bridge For Fukushimaのご紹介で、NPO法人相馬はらがま朝市クラブに向かい、地震発生当時の状況や相馬市の現在の様子などを伺った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ネパール地震復興支援:公立学校のトイレ建設プロジェクト完成

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年11月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDA はネパール地震発生後の復興支援活動の一環としてゴルカ郡の2つの公立学校にトイレを建設しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                今年、11月17日、大地震の震源地であったバルパク村から1Km離れたところにあるハンサプール村の小中高等学校を訪ねました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ハンサプール村はカトマンズから200Km西にあります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                カトマンズからゴルカ郡のゴルカバジャルまで143Kmの道は整備されていましたが、渋滞に巻き込まれ5時間かけて到着しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第27回ネパール医師会総会 特別記念講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年11月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ネパール医師会の第27回総会が2016年11月10日から12日までネパールのダハラン市にあるビピコイララ医科大学で行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年4月25日、ネパールで発生した大地震の後に精神疾患の患者が急増したため、アムダは日本医師会、ネパール医師会と共同で地震の影響を受けた10地域の医療従事者約400人に心理カウンセラー養成講座を実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  受講生たちは、講習を受けた後、それぞれの地域に戻り、精神疾患で苦しんでいる患者にカウンセリングしながら治療を提供しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 11月20日 総社市防災訓練に参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年11月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAと大規模災害時の連携協力協定を結んでいる総社市で11月20日、防災訓練(同市主催)が行われ、AMDAも参加しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    訓練は総社市北小学校で行われ、警察や消防、自衛隊、自主防災組織などの団体、地域の方々など約400人が参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    震度6弱の地震が発生し、同小学校体育館に避難所を開設し、地域の方々が避難するとの想定で行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパール地震復興支援報告8 〜現地製造車いす〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年11月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      昨年4月25日のネパール中部地震では多くの方が障がい者となられた状況を受けて、AMDAによる障がい者支援は継続しております。今回は、現地製造の車いす支援のこれまでの経緯と現在の状況についてご紹介いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現地製造の車いすは、震災後より現地の障がい者団体「CILカトマンズ」の提案から始まりました。車いすの国内製造はネパールの障がい当事者の昔からの念願でもあったのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      震災以前のネパールの車いす事情は、外国による支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報2 福島沖地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年11月23日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        22日岡山を出発した難波調整員と松永調整員は、夕方福島駅に到着し、山河看護師と合流した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        到着後チームは福島市内にある、AMDA元職員の伴場賢一氏が創設した一般社団法人Bridge For Fukushima(BFF)の事務所を訪問。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        事務局の方にお会いし福島市内の状況を伺ったところ、福島市内はほとんど被害がないとのことだった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        避難所も開設されていないそう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDAフードプログラム連携 野土路農場のお米を在大阪インドネシア共和国総領事館に贈呈

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年11月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAフードプログラムでは、アジアへの日本の有機農法普及のため活動を続けております。その一環として、源流の村岡山県真庭郡新庄村野土路地区で、農薬を使用しないアヒル農法で作られたコシヒカリや、ヒメノモチを栽培しております。美味しい新米をAMDAが活動する国々の駐日大使館や総領事館に贈呈するため、11月21日、在大阪インドネシア共和国総領事館を訪問し、その際にAMDAフードプログラムの趣旨や、インド

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報1 福島県沖地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年11月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            11月22日午前5時59分、福島県沖で最大震度5弱(推定マグニチュード7.4)の地震が発生した。気象庁は福島県と宮城県の太平洋岸に津波警報、青森県から伊豆諸島にかけて津波注意報を発令。AMDAは、福島への調査チームの派遣を決定。調整員2名が本日岡山を出発し、福島へ向かう。福島で山河看護師と合流し、現場の状況や被災者のニーズを調査する。 ■派遣者出発について11月22日(火)13:00岡山

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 日本健康心理学会第29回大会で佐藤医師が講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年11月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAの緊急医療支援チームで活動していただいている佐藤拓史医師(福岡市在住)が11月19日、岡山大学で開かれた日本健康心理学会第29回大会で特別講演を行い、海外での活動について報告しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              佐藤医師は10月14日〜27日、大型ハリケーンに見舞われたハイチに飛び、西部モロン市を拠点に活動。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              コレラが大流行し、開設したコレラ治療センター(CTC)の通路まで埋まるほど患者が殺到したとお話しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 「ディワス医師(ネパール)研修修了式へ出席」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年11月19日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                岡山県庁での修了式の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                平成28年度岡山県国際貢献ローカルトゥローカル移転事業(研修員受入)の助成を受け、来日していたネパールのディワス・ラズ・ボホラ医師の研修修了式が11月17日岡山県庁で行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ディワス医師はAMDAダマック病院に所属する内科医で、2014年より内科指導医として勤務してきました。AMDAダマック病院はカトマンズから約500km東に位置しています。高度な医療機器や高度な診断や治療技術を持つ人材が不足しており、治療の困難な患者を首都のカトマンズへ紹介せざるを得ないという課題がありました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 南海トラフ災害に向けて事前交流福山医療センター、徳島県牟岐町を訪問(2016/11/16)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年11月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  南海トラフ災害対応への取り組みのひとつとして、被災地となる基礎自治体と医療チームを派遣して下さる協力医療機関との事前交流を行っています。関係機関との顔合わせにより平時から顔の見える関係をつくり、実際の活動場所と想定される施設を事前に訪れることでどんな場所でどのように活動するか、具体的なイメージを持つことができます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2016年11月16日、事前交流として国立病院機構福山医療センターから医師、看護師、調整員の3名が徳島県牟岐町を目指しました。福山医療センターの岩垣博己院長は

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 11月13日山陽新聞掲載記事

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年11月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    11月13日山陽新聞にて、AMDA熊本地震支援活動に関する記事が掲載されました。甚大な被害を受けた熊本県益城町出身であるAMDA・難波妙が、現地での約1か月間におよぶ支援活動の中で見た被災地の現状などをお話しています。こちらからご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 菅波代表のAMDAダマック病院とAMDAメチ病院訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年11月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAダマック病院は1992年からメチ県ジャパ郡でブータン難民と地域住民の双方に医療サービスを提供しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      この病院は地域に根差したコミュニティ病院で、患者にとって私立の病院より経済的な負担が少なく済みます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      しかし、医療技術や医療器具が不足しており、治療の困難な患者をカトマンズや他病院に紹介せざるを得ないという状況がありました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      このような理由から、患者の期待に応えるために医師の技術をより高め、高度な医療器具を揃えていく必要がありました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 12月18日(日)スリランカ紛争後復興支援活動報告会を開催します!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年11月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは内戦が勃発していたスリランカで停戦合意がなされた翌年の2003年から2006年の間、対立する3つの民族に対し、医療を通じて平和に寄与する「医療和平」プロジェクトを実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2003年にAMDA中学高校生会のメンバーがスリランカを初めて訪れて以来、断続的に交流プログラムを実施、各民族グループの同世代と交流し平和構築活動を行っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        昨年に引き続き、今年の夏もAMDA中学高校生会のメンバーがスリランカで活動しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        報告会ではスリランカ医療和平事業の展開について、また、AMDA中学高校生会のみんなの思いを紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        入場無料です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 「AMDA国際医療貢献定期預金」のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年11月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2016年11月1日から30日の間、トマト銀行様の取り組みとして「AMDA国際医療貢献定期預金」の取り扱いが行われています。 店頭表示金利に0.05%上乗せした、期間限定の特別商品となっています。これは、株式会社トマト銀行様が社会貢献活動の一環として取り組んでいただいたもので、預入総額の0.1%(上限30万円)がAMDAへ寄付されるものです。ご寄付に関して、預入をされたご本人様の負担はな

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 広安小学校のAMDA救護所において診療を受けられた皆さまへ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年11月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            熊本地震で第2次医療チームとして参加くださいました岡山大学大学院環境生命科学研究科准教授頼藤医師が、同研究科・医歯薬学総合研究科と共同で、「熊本地震被災地の救護所における医療環境に関する検討」と題した内容の研究を行おうとしております。つきましては、皆様のご協力をお願い申し上げます。研究の詳細に関しましては、実際現地において4月17日から22日の間に診療に携わってくださいました頼藤医師の研究室のホー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 11月19日(土)佐藤拓史医師による特別講演のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年10月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ハイチ・ハリケーン、熊本地震、ネパール地震での緊急医療支援活動に参加くださった佐藤拓史医師が、11月19日に岡山大学津島キャンパスで特別講演をします。日本健康心理学会第29回大会の一般公開講演として講演されます。事前申込不要で、どなたでもご参加いただけます。ぜひお越しください! 日時:11月19日(土)14:00から16:00場所:岡山大学津島キャンパス文法経講義棟26番講義室共催:岡山

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ハイチ・ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動に参加の医師ら2人が記者会見

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年10月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                10月28日、大型ハリケーン被害を受けたハイチで緊急医療支援活動をした佐藤拓史医師と、AMDA職員の松永健太郎調整員が、AMDA本部(岡山市北区伊福町)で記者会見し、現地での活動報告をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                活動拠点は、ハイチの首都ポルトープランスから西へ315キロ離れたモロン病院です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                周辺は建物の屋根が飛んでいたり、大木も根こそぎ吹き飛ぶなど、ハリケーンの影響を強く受けていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ルワンダ訪問の中原医師が講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年10月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  10月23日、岡山医療センター小児外科医長の中原康雄医師がアフリカ・ルワンダでの学校健診結果を基にした「小児医療の現状」と題した講演を、岡山国際交流センターで行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  中原医師は、AMDAが申請した岡山県平成28年度国際貢献ローカルトゥローカルの事業派遣としてルワンダに行ってくださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報3 鳥取地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年10月27日



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    10月25日、AMDAチームは朝から車中泊をされる方の可能性がある場所を4か所訪れた。そこに車中泊をされていると思われる車輛は見られなかった。引き続き倉吉市内避難所をまわり調査を行った。倉吉保健所長とお会いし、AMDAの活動についてご報告した。その後倉吉市の保健師を取りまとめられている方にもご相談した。結果として、避難所の医療に関しては行政機関で対応されていることから、AMDAチームは翌日岡山へ一旦戻ることを決定した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報15 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年10月25日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現地時間24日、AMDAチームは首都ポルトープランスで在ハイチ日本大使館の八田大使を表敬訪問し、これまでの活動を報告した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAが厚生省コレラ対策担当官と連携し活動したことを深く関心をもって聞いてくださり、労いのお言葉をいただいた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報2 鳥取地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年10月24日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        10月24日、橋本看護師と大西調整員はAMDA本部を出発し、岡山駅にて山河看護師と合流した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        一行は北に向けて出発し、11時30分頃鳥取県倉吉市に到着した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        倉吉市に設置されていた鳥取県中部地域対策本部に行き、そこで倉吉市の保健所長と面会した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        倉吉市内の避難所は計18か所、そのうち看護師が常駐しているのは1か所のみと伺った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        また、物資は足りており、病院機関は本日よりすべて通常通り再開されるとのこと。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報14 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年10月24日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          現地時間21日、ジェレミー市にいる厚生省のコレラ対策担当官から、AMDAチームに引き続き衛生や食糧支援を行ってほしいと要請を受けた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          その結果、佐藤医師と松永調整員の帰国後も、AMDAハイチ支部メンバーが、マフラン市(Marfranc)で新たなCTU(コレラ対応センター)立ち上げの際の衛生面での支援と、レメア市(Lemaire)病院での食糧支援を行うことになった。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          また、モロン病院の入院患者が収容可能人数を超えたため、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          コレラ患者はレメア市の病院へ搬送されることが決定した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報1 鳥取地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年10月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            10月21日午後2時7分、鳥取県中部で最大震度6弱(マグニチュード6.6)の地震が発生した。鳥取県によると、これまでに県内7つの自治体で合わせて16人がけがや体調不良で医療機関に搬送された。相次ぐ余震が観測されており、22日もおよそ1500人が避難所で夜を明かした。また、23日は地震後初の雨予報となっており、土砂崩れなど更なる被害が懸念される。AMDAはこのような状況を鑑み、調査チームの派遣を決定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報13 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年10月21日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第2次派遣チームとして活動した押谷看護師と森田調整員は現地時間19日、帰国の途に就いた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現在ハイチでは佐藤医師、松永調整員、AMDAハイチ支部の医師らが引き続き西部モロン市のサントレ・サンテ・デ・モロン病院で活動している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報12 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年10月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAチームが活動しているモロン市のサントレ・サンテ・デ・モロン病院の状況などについて佐藤医師から報告が寄せられた。現地時間19日時点で、コレラ患者は48名。内訳は、大人が34名、子どもが14名。さらにその他2名の患者がおり、計50名が入院している。モロン市は、ジェレミー市よりさらに西に位置しており、3,4日前までは道が塞がっており立ち入ることが出来なかった場所である。ようやく道路が通行可能にな

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報11 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年10月19日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  WHOによると、今回のハリケーンによるハイチ国内の死者は546名、コレラ感染の疑いのある患者は1,351名、175,509名が避難生活を送っている。(10月17日発表)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  現地時間18日朝、AMDAチームはジェレミー市でのWHO
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ヘルスクラスタミーティングに参加し、活動内容についてプレゼンテーションを行い、サントレ・サンテ・デ・モロン病院の状況を厚生省のコレラ対策担当官に報告した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報10 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年10月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAチームは現地時間17日早朝に、ハイチ厚生省コレラ対策担当官であるフランソワ医師とミーティングを行い、ジェレミー市から車で1時間半ほどのモロン(Moron)市のサントレ・サンテ・デ・モロン(SENTRESANTEDEMORON)病院を紹介された。フランソワ医師からは、“日本から医療チームが来てくれてありがたい”とお言葉をいただいた。モロン市へ向かう道では、大きな木々が

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報9 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年10月17日



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      第2次派遣チームの佐藤医師、押谷看護師、森田調整員は、ハイチに無事到着した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      先に到着した佐藤医師と松永調整員は、WHOがすでにジェレミー市へ送っている医薬品を地元WHOの事務所で確認した後、ポルトープランスの薬局にて妊婦にも使える抗生物質や降圧剤などの医薬品に加え、コレラ感染防止のためキャップ、シューズカバー、エプロン、グローブなどを購入した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報8 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年10月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        第2次派遣チームの佐藤医師、押谷看護師、森田調整員は、予定通りに本日、成田空港、名古屋空港からそれぞれハイチ・ポルトープランスを目指して飛び立った。到着は現地時間15日の予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 熊本地震から半年

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年10月14日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          10月9日、AMDA職員 橋本看護師(4月の緊急医療支援活動の際にも益城町で活動)が熊本県益城町を訪れました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは現在、益城町に唯一残る避難所である益城町総合体育館で熊本在住の鍼灸師による鍼治療を週1回継続しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 第13回復興グルメF-1大会にあわせて、岡山からボランティアバスを運行しました!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年10月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2016年10月9日(日)に、第13回復興グルメF-1大会が宮城県石巻市で開催されました。岡山からは10月7日(金)夜に、ボランティアバスを運行しました!8日午前に宮城県石巻市に到着後、地元のバスに乗り換え牡鹿半島を視察に行きました。語りべさんである斎藤さんと一緒に出発しました。震災時の様子や、斎藤さんが船で津波を乗り越えたお話などに、ボランティアの皆さんは真剣に聞き入っていました。昼食をとるため

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報7 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年10月13日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第2次派遣チームのメンバーとフライトが決定した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第2次派遣チームは14日に日本を発ち、15日(現地時間)にハイチに到着予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              11日AMDA松永調整員は第2次医療チーム受け入れのため、一旦ジェレミー市(グランダンス県)から車で約7時間走りハイチ首都ポルトープランスに戻り、AMDAハイチ支部長とともに、調整を続けている。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              NPO法人TMATからの派遣2名は同日帰国の途に就いた。(現地時間時間-14時間)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第2次医療チームが現地入りした際には、ジェレミー市の病院St Antoine国立病院での活動のほか、ジェレミー市内で巡回診療を行う予定。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 社会医療法人全仁会 倉敷平成病院とAMDAが連携協定締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年10月12日




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 2016年10月11日、社会医療法人全仁会 倉敷平成病院とAMDAは連携協定を締結しました。当連携は、南海トラフ災害を含む、将来発生しうる大規模災害に備えて連携協力を推進し、実際に大規模災害が発災した際、倉敷平成病院から医療チームを派遣いただくことで円滑に被災地での緊急人道支援活動を行うことを目的としています。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第13回復興グルメF-1大会in石巻 報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年10月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2016年10月9日(日)に、第13回復興グルメF-1大会が同大会実行委員会と同運営事務局の主催で、宮城県石巻市のサン・ファン・バウディスタパークにて開催されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回の第13回大会では、福島県、宮城県、岩手県から15団体が集いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  大会当日の朝に雨が降るなど天気が心配でしたが、大会が始まると雨も上がり、たくさんの方々にご来場いただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報6 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年10月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    10日、ハイチ西部の都市ジェレミ-市(グランダンス県)に入り宿泊した派遣チーム一行は、11日早朝から市内の調査を行った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    市内で最も規模の大きいSt. Antoine(セントアントワン)国立病院を視察。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    慢性的医師不足に加え、ハリケーンの際に避難し、その後連絡の取れない医師がいるとのこと。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    重度の挫創・膿傷で麻酔手術を要するようなケースは首都ポルトープランスの病院に紹介するシステムになっている。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    破傷風トキソイドなどはおいていない。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今回のハリケーンで発生したコレラ患者対応のために急きょ設置された隔離施設に医師はおらず、30人ほどの脱水患者の点滴などをナース1人と医学生で対応している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報5 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年10月11日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      松永調整員ら一行は現地時間の10日朝ポルトープランスを出発し、西部のJeremie(ジェレミー)まで、途中いくつもの地域を視察しながら移動し、午後8時ころジェレミーに到着した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      途中の、Fonds des Negres(フォン デ ネグル) のベテルクリニックは、salvation armyが運営している医療施設で、2010年12月にコレラ対応医療支援でAMDA活動した病院である。当時ともに活動した地元医師からも情報を収集した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      周辺では大きな被害はなかったようで、この病院において特に混乱はなく通常の状態であるとのこと。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム  〜高知県黒潮町、学校法人川崎学園、AMDA事前交流〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年10月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         AMDAは32年に渡る緊急支援の経験から災害に対して備えることの大切さを痛感してきました。災害の発生はほとんどの場合、予測できませんが、南海トラフ災害発生は予測されており、具体的な災害対応準備を進めることが可能な災害だと考えています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        南海トラフ災害に備えて、昨年9月に開催したAMDA南海トラフ地震対応プログラム第2回調整会議にて「AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム」が立ち上がり、災害による被災が予測されている高知県、徳島県をはじめとした四国内9基礎自治体と被災地に入る際の経由地である香川県丸亀市と岡山県総社市、岡山県内の基礎自治体(備前市、和気町)、そのほか多くの医療機関、団体が参加しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 10月23日 アフリカ・ルワンダの小児医療の現状、幼稚園・小学校での学校健診実施報告会のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年10月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          10月23日(日)の10:00から、岡山国際交流センター5階でアフリカ・ルワンダの小児医療の現状、幼稚園・小学校での学校健診実施報告会を開催します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          平成28年度岡山県国際貢献ローカルトゥローカル技術移転事業の助成を受け、ルワンダで活動された専門家による医療状況や学校健診への取組などの活動報告を行います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ルワンダで実際に活動された先生からのお話を聞くことができる貴重な機会です。皆さまぜひお立ち寄りください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報4 ハイチ大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年10月10日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             8日朝、岡山を出発した松永調整員は成田空港からマイアミ経由で、9日8:15(日本時間22:15)に、ポルトープランス空港に到着した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            今回合同で活動することとなったNPO法人TMATの医師1名、看護師1名とマイアミで合流し3名でポルトープランスに入った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            到着直後にAMDAハイチ支部長のマックフレデリック歯科医師と合流。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            その後情報共有と、首都市内の調査と物資調達を行った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報3 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年10月08日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               本日8日、9時15分よりAMDA本部で出発式を行った後、松永調整員は岡山駅に向かい予定通りの10時7分発の東京行き新幹線で岡山を出発した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAハイチでは支部長のマック・ケビン・フレデリック歯科医師(岡山大学歯学部留学)を中心に情報収集と活動の展開予測を立てており、活動候補地域としては、被災の激しかったニップ県ミラゴアン郡、南県アカン郡アカン市などの地名があがっている。ミラゴアン郡のフォンテネ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              グ市やアカン市は、2010年の地震後に無料歯科検診活動を実施した地域である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報2 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年10月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                過去10年近くで最大級の大型ハリケーン「マシュー」による被害が広がっている。ハイチでの犠牲者は140人にのぼる。ハリケーンセンター(NHC)では、7日夜にかけてフロリダ半島を直撃もしくは沿岸をかすめる可能性があり甚大な被害をもたらす可能性があるとして厳重な警戒を呼び掛けている。ハリケーンは米東部時間午後2時(日本時間7日午前3時)時点でウェストパームビーチの東南東205キロの地点にあり、22キロの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報1 ハイチ・大型ハリケーン被災者に対する緊急医療支援活動 開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年10月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  カテゴリー4の大型ハリケーン「マシュー」は現地時間10月4日午前7時頃にカリブ海のハイチに到達。同日午前に最大風速145mph(約65m/s)を記録し、暴風雨を伴いながらカリブ海を通過し5日までに、少なくとも26人が死亡した模様である。直撃を受けたハイチと隣国ドミニカでは、倒木や家屋倒壊によって20人以上が死亡したほか、土砂崩れや川の氾濫が確認されている。ハリケーンは北上を続け6日以降、米南部に接

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 10月22日 研修員ふれあい講座〜ネパール編〜のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年10月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    10月22日(土)の10時から、岡山国際交流センターの地階で研修員ふれあい講座〜ネパール編〜が開催されます。講師は、ネパールのAMDA病院の医師、ディワス・ラズ・ボホラ先生です。ネパールについての興味深い話や2015年のネパール大地震からの復興の話を聞き、ネパールとの交流を深めませんか?お話はほとんどが英語でされますが通訳がつきますのでご安心ください。AMDAスタッフによる分かりやすい解説もござい

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 菅波代表が日本胸部外科学会で講演

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年10月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAグループの菅波茂代表は9月30日、岡山市内で開かれた第69回日本胸部外科学会定期学術集会で、「南海トラフ地震・津波への日本胸部外科学会の参加」と題して講演をしました。「救える命があればどこへでも」とのAMDAの活動方針を紹介し、支援と協力を求めました。菅波代表は南海トラフ地震の発生予想確率について「3年以内に80%」と指摘。その根拠として、太陽異変による黒点数減少、茨城県と高知県沖における

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 10月8日 国際貢献・協力セミナーのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年10月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        10月8日(土)に13時から、岡山国際交流センター7階で国際貢献・協力セミナーが開催されます!第一部はAMDAから、AMDAの活動全般のお話、また9月にアフリカ・ルワンダにて集団学校健診の導入、普及への支援と母子手帳導入のための活動をした小児医療専門家から報告を行います。第二部では、AMDA国際医療情報センターから、在日・訪日外国人が被災した場合にはどのような対応が求められているかについてお話され

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 益城町 西村博則町長からメッセージが届きました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年09月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          熊本地震を体験し思うこと 益城町長西村博則今回の熊本地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された全ての皆様にお見舞い申し上げます。震度7の地震が2回も発生するという、誰もが予想できない事態が起こり、地震発生当初、私は「何で益城町なのだ!」と持って行きようのない怒りと絶望感に襲われていました。しかし、「自分たちも頑張るから町長も頑張れ!」「私たちに何かできるこ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • アフリカ・ルワンダへ小児医療専門家を派遣、学校健診を実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年09月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2016年9月5日、ルワンダの首都キガリから「千の丘の国」と称されるやわらかな曲線の丘を車で8時間かけルワンダの西の端、コンゴとの国境にあるルシジ郡に岡山から医師が訪れました。小児外科の中原康雄医師(国立病院機構岡山医療センター、平成28年度岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業専門家)、小児科の頼藤貴志医師(岡山大学大学院環境生命科学研究科、アムダとして派遣)の2名です。今回の活動目的は新生児・乳幼児・小児の死亡減少を目的とした地方公立病院における小児医療のレベルアップ、ルワンダにおける集団学校健診の導入、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • ネパール地震復興支援報告7 〜訪問リハビリテーション〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年09月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現在の障がい者支援としては、現地製造の車いす支援と福祉用具支援をもとに訪問リハビリテーションを行って閉じこもり予防や自立生活にむけたサポートを行っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              昨年のネパール地震で被災された方々については、未だに仮設住宅などで生活をしておられる方々が多数いらっしゃいます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今回は、被害が大きかった山間部のひとつダディン郡からポカラ市内に避難して来ておられる、あるご家族に対する訪問リハビリテーション活動について紹介いたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 国際ロータリー第2750地区国際奉仕研究委員会様のホームページでご紹介

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年09月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                この度、国際ロータリー第2750地区国際奉仕研究委員会様のホームページでご紹介いただきました。ホームページはこちら 複数のロータリークラブ様からこれまでいろいろなご支援をいただきました。現在は茅ヶ崎中央ロータリークラブ様とパキスタンで保健向上共同プロジェクトを実施しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA東日本復興支援「復興グルメF-1大会in石巻」ボランティアバス運行と参加者募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年09月26日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  10月9日に「第13回復興グルメF-1大会」を宮城県石巻市(場所:サン・ファン・バウティスタパーク)で開催します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  これはAMDAが東日本復興支援事業の一環として行っている「被災地間交流事業」の一つです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  本大会の開催に伴って、前日の会場準備および当日の運営をお手伝いしてくださるボランティアスタッフを募集します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  岡山から本大会に合わせて、ボランティアスタッフ用のバスを運行し、被災地の視察や復興について考える研修の時間や交流会も設けます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 三井住友信託銀行岡山支店・岡山中央支店ロビーで、AMDA活動パネル展が開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年09月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAが被災地などで活動する様子を紹介する「パネル展」が9月末まで、岡山市北区駅元町の三井住友信託銀行岡山支店・岡山中央支店ロビーで開かれています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    パネルは大型サイズ(縦103m、横78m)2枚と普通サイズ(縦30m、横42m)14枚です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    熊本地震や東日本大震災での医療活動、ネパール復興支援、スリランカ和平活動の様子を紹介しており、支店を訪れた人たちに熱心に見学していただいています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 野土路農場で収穫祭

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年09月23日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAと地元農家が連携して経営している「野土路農場」(岡山県新庄村)で9月22日、恒例の収穫祭が行われ、地元民や岡山市などから約50人が参加しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      当日は残念ながら雨が降り稲刈り体験はできませんでしたが、踊りの披露など、楽しいイベントになりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 第9回 GPSP(世界平和パートナーシップ構想)魂と医療のプログラム モンゴル仏教総本山ガンダン寺で開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年09月20日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2016年9月4日、モンゴル仏教総本山ガンダン寺において、第9回平和祈願祭が大本モンゴル本部とともに行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ハルハ河戦争から77周年目となる本年も、宗教法人大本様にご参加いただき、ガンダン寺のご住職がたとともに、第二次世界大戦で尊い命を捧げたモンゴル、日本両国の犠牲者のご冥福を祈り、世界平和を祈願しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年09月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは2010年から毎年モンゴルにおいて、子供の目の健康を守るための事業を行ってきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          本年度は、2016年8月31日、人類愛善会のご協力のもと、川崎医療福祉大学感覚矯正学科教授高裕子先生と学生4名及び日本視能訓練士協会顧問守田好江先生が、AMDAグループ菅波茂代表、AMDAシンガポール支部長ドンラオ先生とともに、モンゴルの首都、ウランバートルから南西約500キロにあるウブルハンガイ県グチンウス村で、子どもを中心とした眼科健診を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • のとろ農場収穫祭のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年09月15日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDA連携のとろ農場の収穫祭が9月22日(祝)行われます!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            5月に植えた稲が、農場長マックスさんとアヒルにより農薬不使用化学肥料不使用で育てられ実りの秋を迎えました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            そこで、昔ながらの稲刈りin新庄村のとろ農場 が開催されます!!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            自らの手で稲刈りして、新庄村の恵みをお昼ごはんにいただきませんか?

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 南海トラフ地震を想定し大規模防災訓練(徳島県)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年09月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              先日(9月1日)に行われた徳島県での防災訓練がJRT四国放送でニュース放送されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAと自衛隊、NEXCO(西日本高速道路)で、高瀬PAから徳島県海陽町まで自衛隊機で医療チームの搬送訓練を行い、徳島県防災訓練へ参加しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 9月9日「救急の日」:AMDA ER (緊急救援) ネットワークのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年09月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 9月9日は「救急の日」です。総務省によると、「救急の日」は救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に1982年に定められました。今日は、「救急の日」にちなんで、AMDAER(緊急救援)ネットワークのご紹介とご案内をいたします。  AMDAでは被災地での緊急支援活動にご参加いただける医療者の方を募集しています

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA大槌健康サポートセンターに避難者受入れ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年09月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  9月8日、大槌町では引き続き水害が懸念される中、避難所では横になれない方がAMDA大槌健康サポートセンターへ3名避難を希望され、健サポに避難宿泊されました。因みに指定避難所となっている大槌高校は裏山の土砂崩れの恐れがあるということで今回は避難所にはならないということです。9月7日に岡山のAMDA本部から支援物資として防塵マスク、使い捨て手袋、レインコート、ごみ袋などが届き活用されています。&nbs

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 岡山県立大学の皆さまが岩手県大槌町を訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年09月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAと連携協定を結んでいる岡山県立大学では、昨年から東北へボランティアバスを出しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今年はアムダからの委託を受け、大槌町出身の2人による任意団体Tsubomiが現地コーディネートを担当してくださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    8月21日22日、岡山県立大学の皆さまが、ボランティアで大槌町を訪問されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    まず到着されてから、町内視察を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    旧大槌町役場から、ひょっこりひょうたん島のモデルになった蓬莱島などを視察されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 南海トラフ地震を想定し大規模防災訓練

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年09月02日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       「防災の日」の9月1日、徳島県防災訓練にてAMDAと自衛隊、NEXCO(西日本高速道路)などは徳島県海陽町で、南海トラフ地震を想定した大掛かりな防災訓練を実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      参加した約100人は本番さながらの真剣な表情で被災者らの救出作業に取り組みました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA大槌健康サポートセンターから届いた台風10号で受けた地元の被害の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年09月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        台風10号が東北に上陸し、多くの被害をもたらしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        岩手県大槌町にある「AMDA大槌健康サポートセンター」のセンター長である佐々木賀奈子鍼灸師から当時の状況が入りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        8月30日に台風が接近し、昼間には近所の方や利用者さんが15人ほど来院していました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        そして夜間には60 代1人、70代4人の方々が大槌健康サポートセンターに身を寄せていました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        停電した区域もあったため、瓢箪ランプに火をともし、みんなで一夜を明かしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 日本災害看護学会にAMDAネパール担当部長が出席

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年08月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          8月27日に日本災害看護学会 第18回 年次大会 久留米シティプラザで行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAネパール担当部長アルチャナ・シュレスタ・ジョシが出席しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ネパール大地震の後に高知県立大学の教員とともに避難移住地において看護師がモニタリングした生活環境とそれに伴った看護活動に関する中長期的な課題について研究しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「野口健 熊本県益城町 テント村プロジェクト報告会」のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年08月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAと連携協定を結んでいる総社市の環境観光大使である登山家の野口健氏が、9月19日(祝)に「野口健熊本県益城町テント村プロジェクト報告会」を行います。皆さま、ぜひ足をお運びください。「野口健熊本県益城町テント村プロジェクト報告会」講師:登山家野口健氏(総社市環境観光大使)日時:平成28年9月19日(祝)午前10時から12時会場:総社市民会館参加費:無料定員:約1000名主催:総社市お問い合わせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • モンゴル・ウランバートルから600KM離れたグチンウス村での眼科検診

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年08月30日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              モンゴル・ウランバートルから600KM離れたグチンウス村での眼科検診に向けて、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAグループ菅波代表、川崎医療福祉大学高先生を含むメンバーが今朝日本を出発しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現地でのスケジュールをお知らせします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 岡山県立大学大学院「第13回災害セミナー」を開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年08月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 AMDAと岡山県立大学大学院(総社市)による「第13回災害セミナー」が8月28日、岡山市北区の岡山国際交流センターで開かれ、参加した約90人は緊急医療支援活動に取り組んだ医師らの講演に熱心に耳を傾けていました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                同大学院の「災害医療援助特論」の集中講義(26、28、29日)の一環で、28日を一般公開することでAMDAの取り組みを市民らと共有、地域社会の防災力向上につなげるのを目的に行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                講演は、AMDA南海トラフ災害対応プラットフォーム運営委員会副委員長の佐藤拓史医師(岡山市出身、福岡県在住)が熊本地震の被災地での活動に触れ、「医療者にとって最も大切なことは“救命”。次に避難者が何を望んでいるかを推察することが求められる」と強調。「医療チーム全員が“五感”を使って協力し合うことが災害医療」と述べました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA・立正佼成会一食平和基金合同事業 スリランカ洪水・地滑り災害被災地支援フォローアップ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年08月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  5月15日から降り続いた熱帯性低気圧による大雨の影響で、スリランカのほぼ全域が洪水や地滑りに見舞われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  この災害による被災者は約30万人、死者行方不明者は200人以上にのぼりました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  このような状況を受け、AMDAでは6月2日に調整員を現地に派遣し、AMDAスリランカ、St.Johns Ambulance Sri Lanka、現地ライオンズクラブの3者と協力し、洪水で被災した2つの地域(マルワナ村、コロンナワ村)で医療活動や学校に通う生徒への物品支援を行いました。スリランカ洪水・地滑り災害被災地支援は、立正佼成会一食平和基金との合同事業として行っております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 8月15日付琉球新報にAMDA沖縄支部長である大仲良一医師が紹介されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年08月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    8月15日付琉球新報に、沖縄セントラル病院理事長であり、AMDA沖縄支部長である大仲良一医師が紹介されました。大仲医師はAMDA沖縄支部長として1995年の設立以来、AMDAの活動にご尽力くださっています。最近では、2013年にフィリピン、ミンダナオ島を襲った台風24号被災者の緊急救援活動の際、AMDA沖縄から看護師1名を派遣いただき、被災地でAMDA看護師と一緒に活動しました。また、甚大な被害が

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパールニュースサイトで紹介したAMDA活動記事

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年08月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAは昨年4月に発生したネパール中部地震でAMDAネパール支部と協力して緊急救援活動を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現在も、車いす製造支援など、復興支援活動を続けております。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      また、ネパールのテレビ局イメージチャンネル研修員たちを日本に招待し、岡山と東北で研修を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      そして、今年4月に発生した熊本地震ではネパールの方々も心を痛めていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール地震復興支援報告6 〜車いすおよび福祉用具支援と訪問リハビリテーション〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年08月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         ただ今の活動は、障がい者を主な対象として活動をしておりますが、その一環でカトマンズ市内にある避難所を訪問して以来、避難所での活動も定期的に実施しております。 昨年4月25日の震災から1年以上が過ぎているのですが、カトマンズ市内でもテント生活者はまだ多数いらっしゃいます。そして今年5月と6月には、避難生活の続く地域も時々訪問して健康状態を見させていただきつつ、理学療法士としてで

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 「第6回絃伶会筝曲演奏会」開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年08月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          9月25日(日)にAMDA鎌倉クラブ協力により、「第6回絃伶会筝曲演奏会」が行われます!これは、東日本大震災復興支援のためのチャリティー演奏会です。日時:平成28年9月25日(日)14:00開演(13:30開場)場所:鎌倉生涯学習センターホール主催:鎌倉絃伶会協力:AMDA鎌倉クラブ後援:鎌倉市鎌倉朝日新聞社お問い合わせ:根津章伶(Tel:090-4619-8701、Fax:0467-24-296

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA委託事業を行っている「Tsubomi」の活動が岩手日報で紹介されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年08月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは、東日本大震災緊急医療支援活動に続き、2011年12月に岩手県大槌町でAMDA大槌健康サポートセンターを設立、様々な世代・環境にある方々の心身の健康のサポート、コミュ二ティ構築支援など幅広い活動を行ってきました。そして、同センターの一部が、更に地元に根付いた活動を展開すべく、今年5月より新団体「Tsubomi」として独立し、今年度はAMDAの業務委託として、「ママのための講座サロン」「食

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDAマリノ農場での活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年08月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2016年7月4日から13日まで南スラウェシ州マリノのAMDAマリノ農場をAMDA職員がモニタリングのため訪問しました。2016年2月はじめ、雨季の豪雨のなか植えた稲は、収穫の季節を迎えていました。 (2月の田植え準備の様子と7月の稲刈りの様子。)昨年生産した有機米が好評で高値で販売できたことを受け今年から新たに6軒の農家が有機栽培米づくりに挑戦しましたが、全ての農家が無事収穫を得ること

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 2016年スリランカ和平構築プログラム 青少年交流事業

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年08月10日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2011年に、次世代交流による和平構築を目的に始まったスリランカ青少年交流事業は今年で6年目を迎えた。2016年7月29日から31日の3日間に渡り行われた交流事業は、AMDA、AMDAスリランカ支部、セントジョンズアンビュランスが合同で、スリランカ北東部にあるトリンコマリーで開催した。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 「周産期等の女性にやさしい災害対策研修会」で報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年08月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回の熊本地震被災地での支援活動を踏まえ、災害時における周産期等の女性に対する支援を徳島県全体の関係者で学び、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  避難行動要支援者対策の充実を図ることを目的に、「周産期等の女性にやさしい災害対策研修会」が7月30日、徳島県美馬郡のつるぎ町半田病院で行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  当日は、「災害時に母児を守るため、私たちができること」と題して、国立保健医療科学院生涯健康研究部、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  主任研究官の吉田穂波先生が講演され、引き続き、つるぎ町立半田病院内科医長、DMAT隊員、河野誠也先生、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 台湾IHA、岡山県内災害拠点病院を視察

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年08月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAと協力協定を結んでいる台湾保健省の外郭団体、台湾IHA(台湾国際医療支援チーム)より2名の方が、7月9日の「第3回南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議」出席のため来岡されましたが、会議前日の8日、日本の病院における災害対応の見学のため、災害拠点病院である岡山済生会総合病院及び川崎医科大学付属病院を視察されました。岡山済生会総合病院では、病院内の免震構造や救急センターを視察し、またこの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 岡山県立大学大学院「災害医療援助特論」公開講座 第13回災害セミナーのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年07月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      熊本地震発災から3か月が過ぎました。現在も益城町立広安小学校の体育館には避難生活を続ける人々が。そして被災者の方々が先の目途が立たない生活を余儀なくされています。東日本大地震から5年がたち、地域社会ではさらに高齢化が進みました。そんな中で発生した熊本地震は、高齢社会が直面する大規模災害をより鮮明に私たちに示しました。昨年4月に発生したネパール大地震のAMDA緊急医療支援活動に参加され、熊本地震には

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 第4回国際医療貢献フォーラムを開催しました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年07月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         AMDAが提唱している国境を越えた人道支援のための構想「西のジュネーブ・東の岡山」を論議する第4回国際医療貢献フォーラム(岡山県共催)が24日、岡山市北区の岡山国際交流センターで開かれ、構想の実現に向けて産官学が連携して具体的な取り組みを進める「国際医療貢献プラットフォーム」の設立を決めました。医療関係者や自治体、企業、NGO(非政府組織)などの46団体、約140人が出席。岡山経済同友

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 任意団体Tsubomi(大槌町)の主催するコンサートのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年07月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          岩手県大槌町の任意団体Tsubomiが開催するアムダ委託事業のコンサートをご案内いたします。Tsubomiは現在、月に4回仮設または公営住宅団地を訪問して「音カフェ」を行っております。8月7日(日)に、その特別編としてハープデュオのミニコンサートを大槌町コミュニティプレイスにて開催いたします。【日時】2016年8月7日(日)11:00から12:00【場所】大槌町コミュニティプレイス【出演者】レ・コ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール地震復興支援 〜車いす製造研修支援活動報告5〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年07月21日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            山間部での訪問活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ネパールの障がい者支援では、これまでにネパール現地製造車いす=14台、ポータブルトイレ=17台、松葉づえ=7組、サーモス(魔法瓶)=9個、湯たんぽ=7個、充電式懐中電灯=7個、充電式ヘッドライト=7個、白状杖=1本、ユーリン(尿)バッグ=20個、ベッドシーツ=100枚、枕カバー=100枚、毛布カバー=22枚、防水シーツ(日本から調達)=15枚、防水シーツ(ネパールで調達したテーブルクロス用シートでの代用)=40枚、簡易トイレ=40枚、間欠導尿カテーテル(50本入り)=5箱、以上を現地の障がい者団体CILカトマンズを介して、ネパールの障がい者の方々に支援してきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 国際ソロプチミスト岡山様よりAMDA中学高校生会に助成金

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年07月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              国際ソロプチミスト岡山様より19日、AMDA中学高校生会の活動に対する助成金を頂きました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              国際ソロプチミスト岡山発足20周年を記念して1991年に創設した「岡山愛の基金」の一部で、AMDA中高校生会のスリランカ医療和平プログラムが評価されたものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              岡山市内のホテルで行われた贈呈式では、「愛の基金」運営委員会の逢沢俊枝委員長が贈呈書を読み上げ、AMDAボランティアセンター長の小池に手渡しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 熊本市の特別養護老人ホーム「シルバーピアさくら樹」大内麻由美訪問介護事業所 所長からのメッセージ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年07月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                熊本地震を体験してシルバーピアさくら樹大内麻由美平成28年4月14日(木)、21時26分頃に人生初めての震度7という地震に遭い、家の家具が全て倒れたが奇跡的に家族全員怪我もなく、命からがら着の身着のまま歩いて益城町保健福祉センターに避難した。一時間もしないうちにテレビ局、新聞記者の車が次から次に進入し、私達にカメラをむける。「震源地益城町、震度7、どんな感じでしたか?」と聞かれ、改めて自分達の身に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報24 熊本地震緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年07月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  4月14日の熊本地震発生から、明日で3か月となる。AMDAが活動を行っている益城町立広安小学校に最大800人いた避難者は、7月13日時点で体育館に102人、特別活動室に6人、車中泊は3人、トレーラーハウスは7人の合計118人となった。仮設住宅に入った方々や、自宅の片づけが終わった方々が避難所を離れられて、少し避難者数は減ったものの帰宅先を探している方は未だ多くいる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAが避難者の方々に対して行っている鍼治療事業は熊本在住の6人の鍼灸師によって続けてられている。毎週火・木・日曜日の14時から20時まで広安小学校体育館で行われている鍼治療には、今も毎回20人以上の方々が施術を受けに訪れる。避難者の方々は今も頻繁に続く余震や厳しい暑さなど厳しい状況の中で生活されている。また大雨でなかなか家の片づけ作業が進まず、さらに今後台風の発生が予想されるため、一体いつ片付けが終わるのかと本音を漏らす方もいる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 7月24日第4回国際医療貢献フォーラム開催のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年07月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    7月24日に岡山県と共催で行う第4回国際医療貢献フォーラムについてご案内申し上げます。岡山県は、世界に信頼される国際貢献先進県おかやまの実現を目指して、2004年に岡山県国際貢献活動推進条例を制定しています。AMDAでは、岡山県とともに2013年12月の第1回国際医療貢献フォーラム以来毎年、国際医療貢献に取り組む団体が一堂に会して各々の取組について発表、意見交換を行うフォーラムを開催しています。今

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 第3回災害鍼灸チーム育成プログラム開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年07月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      大規模災害発生時における鍼灸治療の重要性が再認識されています。4月に発生した熊本地震においても災害鍼灸のニーズは非常に高いものでした。AMDAは7月8〜9日の両日、第3回災害鍼灸チーム育成プログラムを開催し、全国各地から参加した鍼灸師ら29人はAMDAグループの菅波茂代表ら講師4人の話に熱心に耳を傾けました。1,2回目は東北被災地で開催し、岡山での開催は初回となるものです。菅波代表は、尊敬と信頼に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 【熊本地震支援活動】広安小学校七夕まつり〜ネパール餃子「もも」作り

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年07月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        熊本地震発生から2か月半が経ちましたが、避難されている方々は、地震発生後頻繁に続く余震の恐怖と激しく降る雨、そして厳しい暑さなど、大変な状況の中で生活されています。ネパールでも1年前に起きた大地震で家が全壊した人々は、いまだにテント生活を続けています。ネパール地震の時、AMDAは医療従事者を派遣し、緊急救援活動を実施しました。 現在も復興支援活動を行っています。今回、熊本で地震が発生し、AMDAが緊急救援活動を開始した直後から、ネパールの人々から何かができれば協力しますと声をかけていただきました。その後、ネパール医師会、AMDAネパール、岡山ネパール

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第3回南海トラフ災害対応プラットフォーム調整会議開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年07月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは9日、南海トラフ災害に備えた第3回調整会議を岡山市北区の岡山国際交流センターで開き、岡山、香川、徳島、高知の14自治体はじめ全国の医療・教育機関、海外のNGOなど約70団体約270人が具体的な対応策を協議しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          議長団は総社市の片岡聡一市長、丸亀市の梶正治市長、AMDAグループの菅波茂代表が務め、会議は3部構成で行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDAと川崎学園が連携協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAと学校法人川崎学園(倉敷市)が6日、南海トラフ地震に備えた連携協力協定を締結しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAグループの菅波茂代表と川崎学園の川誠治理事長が協定書に署名、押印し、協定締結されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            菅波代表は「近い将来発生が予想される南海トラフに向けてこの連携協定はとても意義深い」と述べました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            川理事長は「川崎学園は、中四国の地域医療のため人材育成を重要視している、南海トラフ地震が発生した際には被害が甚大であることが予測される四国で役立ちたいと考えている。AMDAと協力しながら、できることをしたい」と話しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 岡山市吉備学区連合町内会と連携協力協定を締結

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAは6日、将来発生が予想される南海トラフ地震など大規模災害に備え、岡山市吉備学区連合町内会と連携協力協定を締結しました。AMDA本部で行われた調印式で、西村会長は「AMDAは医療支援だけでなく、避難所の運営全般に細やかな配慮をしていただける頼もしい存在」と述べた後、両者は協定書に署名、押印しました。協定書は、災害が発生した場合、同町内会は可能な範囲でAMDAの活動に協力するのを始め、吉備学区

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 新庄村「のとろ ほたる祭り2016」開催のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                7月23日(土)18時から、新庄村で「のとろほたる祭り2016」が開催されます!愛宕祭りやバーベキューも楽しめます!【詳細】日時:2016年7月23日(土)18時〜21時会場:「新庄村有機農業サポートセンター」野土路地区当日の流れ:17時…受付開始18時…お母さんの絶品“田舎料理”&バーベキュー19時…愛宕祭り(火の神様を祭

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA・立正佼成会一食平和基金合同事業 スリランカ洪水・地滑り災害被災地支援2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年07月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  5月中旬にあった集中豪雨によりスリランカのほぼ全域で発生した深刻な水害と地滑りは、コロンボを含む主要都市においても甚大な被害をもたらしました。全国における被災人口は25万人にのぼり、100人以上の死者が出ています。救援の第二段階として、アムダはスリランカ支部および同国保健省と協力して、コロンナワ村で無料診療を行いました。コロンナワはコロンボ郊外の低平地に位置しており、スリランカにおける主要な三つの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDAと岡山県看護協会が連携協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年07月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     AMDAと岡山県看護協会は5日、将来発生が予想される南海トラフ地震に備え、連携協力協定を締結しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    協定書によると、県看護協会は被災地に対応可能な範囲で看護職を派遣。必要に応じて両団体で連絡協議会を設置し、被災者への医療、健康、衛生などに関する事項を協議するとしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 最近のAMDA中学高校生会の活動について

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年07月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       6月現在21名のメンバーがいるAMDA中学高校生会は毎月ほぼ1回の定例会(集会)を持ち、活動の計画や準備、作業また活動終了後は活動報告や振り返りをし次の活動に繋げるようにしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      今年度の主な活動予定の一つとして、岡山県教育庁保健体育課の主催「高校生地域防災ボランティアリーダー養成研修会」への参加です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      今年度で3回目になりますが県保健体育課から参加の要請をいただき「高校生にできること〜AMDA中学高校生会の活動を通じて〜」と題し、自分達の体験発表をする予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDAと和気町が連携協力協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年07月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         AMDAと岡山県和気町は4日、大規模災害時などにおける連携協力協定を締結しました。人材育成や国際交流、南海トラフ地震発生時の緊急人道支援活動の分野で協力することで地域社会、国際社会に貢献することを目的としています。和気町役場で行われた調印式には、AMDAグループの菅波茂代表と大森直徳町長が出席。協定書に署名、押印し、がっちりと握手を交わしました。大森町長は「災害だけでなく文化面でも協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • モンゴルの子どもたちの目を守る活動にぜひご協力をお願いします

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年06月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは今年9月にモンゴル・グチンウス村の小中学校で行う眼科検診事業のため、JAPANGIVING(ファンドレイジングサイト)でページを開設しました。モンゴルの子どもたちの目を守る活動にぜひご協力をお願いします。http://japangiving.jp/p/3625 ■モンゴルでの眼科検診事業についてAMDAは、モンゴル眼科協会の要請を受け、2010年から毎年、日本から専門家をモンゴ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール地震復興支援 〜車いす製造研修支援活動報告4〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年06月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ネパール地震障がい者支援では「CIL(CenterofIndependentLiving)カトマンズ」という現地の障がい者団体をパートナーに活動を続けております。できるだけ障がい当事者の立場にたった支援を行うために障がい当事者の方々と取り組んでおります。震災から1年が過ぎて被災して障がい者となられた方々の中には、被災した山間部の村にお戻りになる方も増えてきております。障がい者には決して簡単に生活で

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA・立正佼成会一食平和基金合同事業 スリランカ洪水・地滑り災害被災地支援

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年06月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              5月中旬にスリランカ全土を覆った低気圧により、17日夜の時点で水害と地滑りが発生。主要な河川の水位が上昇し、特に西部・中部の各地(コロンボ、カトゥナヤカ、ラトマラナ、マンナー、トリンコマリー、クルネーガラ、ケガッレ、ヌワラエリヤ、ラトナプラ、カルタラ、キャンディー、プッタラム、バッティカロア、アヌラダプラ)で洪水が起きました。5月末までの死者数は100人を超え、行方不明者も依然として多く、当局は豪

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 熊本支援活動にボランティアとして参加した、ベトナム人研修生のリュウ・トゥイ・ホアさんの報告書が届きました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年06月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ベトナム175軍病院計画・総合部日越関係等のリーガルアシスタントリュウ・トゥイ・ホアベトナムの研修生  熊本県でボランティア 平成28年5月1日(日曜日)に日本へ来ました。はじめての活動はアムダの熊本県のボランティアです。まず、アムダの事務所(岡山市)で短いトレーニングに参加しました。小池様と岩本さんとアムダのスタッフがアムダを紹介して、熊本県のボランティアの説明をし

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 7月の催事についてのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年06月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  7月に行う3つの催事についてご案内いたします。7月8日には被災地でニーズが高まっている災害鍼灸チーム育成プログラム、9日には南海トラフ地震が発生した際に迅速で確実な医療チームを派遣するための調整会議、24日には岡山県と共催で、「国際貢献先進県おかやま」の実現を目指すフォーラムを開催します。 記■第3回災害鍼灸チーム育成プログラム日時:2016年7月8日(金)13時00分から17時30分会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパール地震復興支援:「トリブバン大学教育病院 (TUTH)・AMDA合同健康支援プロジェクト」報告2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年06月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年4月25日に発生したネパール中部地震直後に行われた緊急救援医療活動に引き続き、アムダの支援によってシンドゥパルチョク郡病院にトリブバン大学教育病院(TUTH)の災害医療支援委員会(ODMC)は、医療従事者を派遣し、継続して医療サービスを提供しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    派遣された医療従事者は現在も医療テントや仮設病院の中で一般診療、外科的な治療、精神的な治療に続いて出産後のケアに従事しています。これらの活動は、適切な医療サービスを受けた患者やその家族だけではなく、地域行政からも大きいな評価を得ています。同時に、派遣された医療従事者も被災者に貢献できたことに感謝の気持ちを

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 熊本県 益城町立広安小学校 田中元校長先生から、AMDAの活動についてのレポートが届きました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年06月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      熊本県 益城町立広安小学校におけるAMDAの活動について
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      広安小学校長 田中 元







                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      4月14日の前震以降、広安小学校では、AMDAの皆さんによる活躍のおかげで、益城町随一の充実した避難所運営ができた。そして、多くの被災者の皆さんがその活動に対して心から感謝されていた。以下、その功績について、より具体的に述べてみたい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 中外製薬株式会社の方々によるボランティア活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年06月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        6月10、11日の2日間、中外製薬株式会社の35名の社員の方々が益城町広安小学校でボランティア活動を行いました。広安小学校のプール周りや、裏庭、運動場の周りの草刈りを行いました。プール開きの前に、児童たちが通るプールへつながっている道を確保できました。また裏庭は学童保育の児童たちが遊ぶスペースであるため、雑草がなくなり、児童たちは早速ボール遊びをして楽しんでいました。広安小学校の先生方も人手が十分

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 6月8日付の毎日新聞社説にてテント村について取り上げられました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年06月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          6月8日付の毎日新聞社説にて、熊本地震でのテント村について取り上げられましたのでご紹介します。こちらからご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報23 熊本地震被災者緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年06月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            小学校が再開し、自宅に帰られる方もおられ、最大およそ800人を数えた広安小学校の避難者数は、6月7日現在体育館に136人、特別活動室には11人、車中泊は10人の合計157人となっている。自宅が半壊や全壊などで、再び住むことができず、また仮設住宅が決まっていない方が避難所での生活を続けている。AMDAは現在も避難者への熊本市在住の鍼灸師による鍼治療をサポートしている。熊本在住の6人の鍼灸師による、広

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 歌手のさだまさし氏が広安小学校を訪問

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年06月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              4月23日(土)に歌手のさだまさし氏が広安小学校避難所にカステラとどらやきを持って避難者の激励に来られました。そこで広安小学校救護所で活動するAMDAも訪ねてくださり、同日夜、佐賀からの生放送のNHKテレビ「なまさだ」でもAMDAのことを紹介くださいました。また、6月4日(土)に香川県で開催されたコンサートに成澤理事長、難波理事をご招待いただき、コンサート内でAMDAのことをご紹介くださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 総社市・丸亀市・AMDA熊本地震支援活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年06月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                6月3日、熊本地震で合同支援チームを結成したAMDAと総社、丸亀市は総社市役所で記者会見を開き、活動報告を行いました。記者会見は、AMDAグループ代表の菅波茂と丸亀市の梶正治市長、総社市から片岡聡一市長と荒木勝美市議会議長が出席しました。菅波代表は「AMDAが行政と協力して活動をするのは、国内災害は自治体抜きでは行えないから。総社市が益城町と連携を取り、AMDAが円滑に活動をできた。そして、今回の

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 「シルバーピアさくら樹」の地域交流誌

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年06月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  5月4日から、AMDAは熊本市にある特別養護老人ホーム「シルバーピアさくら樹」へ介護福祉士の派遣を行っていました。「シルバーピアさくら樹」とは、その以前から広安小学校にいた要介護者の方への入浴支援などでAMDAと協力して活動していた経緯があり、益城町の福祉避難所に指定されました。そして広安小学校に避難していた要介護者の「シルバーピアさくら樹」へと移動後、AMDAは施設への介護福祉士の派遣を行い、要

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報 6 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年06月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    4月16日の地震発生から1ヵ月以上が経過したエクアドルでは、支援活動の内容も、緊急救援から復興支援に移行している。アムダは現地大学UniversidadSanFranciscodeQuito(USFQ)と合同で支援活動を行っており、現在、第9陣となる派遣者(医師、看護師、教育関連の専門家)が現地で任務に当たっている。同国北西部湾岸に位置するマナビ県ペデルナレスでは、アムダ-USFQによる合同チーム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 備前市とAMDAとの連携協定調印式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年05月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAと備前市は5月31日、南海トラフ地震など大規模災害発生時に協力して緊急支援活動を行う連携協定を締結しました。岡山市内で行われた調印式には、AMDAグループ代表の菅波茂と備前市の吉村武司市長が出席。協定書に署名、押印した後、菅波代表が「食糧や避難所の確保など自治体の総合力と、災害支援条例の制定などを期待している」と述べました。吉村市長は「豊富な知識と経験を持つAMDAの協力を得ることで、防災

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 国立病院機構福山医療センターとAMDAの連携協定調印式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年05月31日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        5月30日、国立病院機構福山医療センターとの連携協定調印式を執り行いました。これは、大規模災害が発生した際の、医療従事者の派遣について連携をし、被災者への緊急人道支援を円滑に行うことを目的とするものです。当日は、国立病院機構福山医療センター院長の岩垣博巳様と、AMDAグループ代表菅波が協定書にサインをしました。調印式のあとは、菅波が「熊本地震緊急医療支援活動と南海トラフ災害対応プラットフォーム」と

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 特定非営利活動法人航空医療研究所とAMDAの連携協定調印式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年05月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          5月29日、特定非営利活動法人航空医療研究所と連携協定調印式を執り行いました。AMDA兵庫代表の江口先生のご紹介により、今回連携協定が執り行われる運びとなりました。これは、大規模災害が発生した際の、医師等の輸送について連携をし、被災者への緊急人道支援を円滑に行うことすることを目的とするものです。当日は理事長である木内俊一郎氏にお越しいただきました。調印式のあとは、緊急時における輸送に関して、これか

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「やかげ町家交流館」で、「AMDA熊本地震被災地支援活動写真展」が開催中

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年05月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            「やかげ町家交流館」で、「AMDA熊本地震被災地支援活動写真展」が開催中です!また、6月26日と7月10日には熊本支援の「チャリティーコンサート」が行われます。みなさま、ぜひ足をお運びください! ◎中林淳眞ギタートークコンサートー日本人ギタリストとして初めてカーネギーホールで公演ー2016年6月26日(日)開演午後2時(開場午後1時30分)入場料500円プロフィール:1927年生まれ。1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 熊本地震 AMDA・岡山県老人保健施設協会合同 介護支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年05月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              岡山県老人保健施設協会会長 藤本宗平様よりメッセージを頂きました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              「災害は忘れないうちにやって来る」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              熊本地震の余震が続いている4月20日AMDAグループ菅波代表より岡山県老人保健施設協会(老健協)に介護支援ボランティアの派遣依頼の一報が入りました。災害対策委員会委員長とともに、直ちに県下の会員施設にボランティア募集を依頼し、スケジュール調整を開始しました。5月27日まで延べ12名の介護福祉士を交代で熊本市東区佐土原の「特別養護老人ホーム シルバーピアさくら樹」に派遣しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報22 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年05月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                【介護支援について】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは岡山県老人保健施設協会(老健協)との合同事業として介護支援を行っている。介護福祉士等を「特別養護老人ホーム シルバーピアさくら樹」に介護支援ボランティアとして派遣しているもので、これまで、延べ12名の介護福祉士が老健協から紹介され、AMDAチームとして派遣された。(以下にこれまでの派遣者掲載)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAが4月15日から活動を継続している避難所の益城町立広安小学校には、日常生活の手助けを必要とする要介護者も避難していた。避難所での生活は困難が多く、限られたスタッフだけでは

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報21 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年05月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  熊本県益城町出身のAMDA理事・GPSP支援局長、難波妙調整員が16日、約1か月ぶりに岡山の本部に帰還した。難波調整員は、4月14日の晩、震度7の前震後、直ちに熊本に向け出発した。地元熊本で100人を超えるAMDA支援チームを受け入れた難波調整員は「すばらしいチームワークだった。それぞれ異なる職場の医師、看護師、薬剤師、鍼灸師、理学療法士、介護福祉士と多職種が一緒に活動することで大きな成果をあげることができた。」と、派遣者として参加いただいた方々への感謝を、支援者としてのAMDAの立場と、本震も経験した益城出身の被災者として述べている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • インドネシアの口唇口蓋裂プロジェクト

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年05月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    台湾IHAと合同で、アムダは去年に引き続きインドネシア・スラウェシ島東部パレパレおよびバル地区で、口唇口蓋裂の患者さんを対象に無料で形成・再建手術を行いました。三日間におよんだこのプロジェクトは、アムダ・インドネシア支部が持つ広域的なネットワークにより実現したものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    アムダ本部から調整員1名、台湾IHAから9名のスタッフが参加した合同チームは、マカッサル国際空港に到着した後、陸路を三時間かけてパレパレ地区にある病院Andi Macassau Hospitalに向かいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報20 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年05月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      各地に大きな爪痕を残した熊本地震から約1カ月が経過した。今も約1万人が避難生活を送っており、仮設住宅の建設など住居の確保が早急な課題となっている。AMDAは地元の医療機関が再開してきていることをうけ、広安小学校(熊本県益城町)で4月15日から開所した医師の駐在する救護所を5月5日に終了し、6日以降体育館に開設していた救護室は14日をもって終了した。一方で鍼灸師によるはり治療やマッサージの施術は継続しており、15日は広安小学校とテント村で30人がはり治療を受けている。なおテント村でのはり治療は土日のみ行われることになっている。益城町陸上競技場のテント村の救護室は、引き続き看護師が駐在している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール地震復興支援:公立学校のトイレ建設プロジェクト

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年05月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2015年4月25日にゴルカ郡のバルパックを震源地としてマグニチュード7.8の大地震がカトマンズ中部を襲いました。ゴルカ郡のバルパックはじめ、多くの地域が被害を受け、90%の建物が全壊しました。被害が大きかったため、ゴルカ郡には国内および国際支援団体が多く入っていました。しかし、まだまだ支援が行き届いていない地域もあります。その中でも学校建物やトイレの建設、水道設備の建設が必要という声があり、この要望に応えるために、アムダネパールはカナダのローズ財団とアムダの資金協力で、現地のNGO と共同でゴルカ郡ドゥワコット村(Dhuwakot)とハンサプール村(Hansapur)、両村の二つの公立学校にトイレを建設することが決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報19 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年05月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAが支援活動を継続している広安小学校の体育館で11日、避難者と支援スタッフの合同音楽会が開かれた。AMDA鍼灸チームのはり治療を受け、症状が改善した避難者が「スタッフへのお礼に」と縦笛のケーナをプレゼントしたのがきっかけで、避難所で音楽会の開催が決まった。避難者は笑顔であふれ、和やかな雰囲気に包まれた。当日は避難者と支援スタッフがケーナとギターで「あの素晴らしい愛をもう一度」などを演奏、看護師や避難者が合唱した。避難者らは「久しぶりに楽しい時間が過ごせた」「明日から頑張ろうという気持ちがわいた」と喜んでいた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • アレルギーを持っている男子児童へアルファー米を贈呈

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年05月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            被災地では、アレルギーを持っている子どもたちのために、アレルギー対応食品の補充に奔走している方もいらっしゃいます。AMDAが活動している広安小学校にも、アレルギーを持っている3年生の男子児童がいました。震災直後より、AMDA救護所でエピペンを預かり、食料も、他の食べ物と混同しないように、総社市から頂いた電気ポットをアレルギーの方用として使用していました。男子児童は現在、アレルギーにも対応していて調

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報18 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年05月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDA医療チームが活動する広安小学校(熊本県益城町)では、避難所生活がまもなく1カ月を迎える。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              9日からの授業再開で各教室から体育館に移った避難者の中には、長引く学校での寝泊まりに「今後の生活はどうなるの?」と不安を募らせる人もいる。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              体育館の救護室で患者に対応している看護師は、空いた時間には被災者を巡回訪問。血圧や血糖値の測定などを行い、体調管理に努めている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              また、心臓の痛みを訴える被災者が救護室に訪れた。心疾患の疑いがあるため、日赤チームの医師による往診を受け、薬の処方を受けた。この方は後日、大きい病院で診断を受けることになった。他団体と連携を取り、引き続き被災者のケアにあたっている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 5月14日(土)、15日(日)にコンベックス岡山で「ザグフェス2016」が開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年05月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                5月14日(土)、15日(日)にコンベックス岡山で「ザグフェス2016」が開催されます!AMDAもブースを設け、現在AMDAが行っている熊本地震支援活動の写真パネル展や、ミニ災害体験コーナーを行います。AMDAのブースは、大展示場と中展示場の間のスペースです。ブース配置図はこちらmap.pdf。非常食の試食コーナーもあります。皆様ぜひお越しください!日時:5月14日(土)10:00〜17:005月

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第8回倉敷アカデミックウインズ演奏会のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年05月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  第8回倉敷アカデミックウインズ演奏会わくわくコンサートが5月22日(日)水島公民館大ホールにて開催されます。お子さんも楽しい盛りだくさんのプログラムです!「あなたも指揮者コーナー♪」もあります。会場ではAMDAの募金箱も設置されます。 たくさんのご来場をお待ちしております! 日時:平成28年5月22日開場13:30開演14:00会場:水島公民館大ホール(駐車場は、水島公民館前と

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報17 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年05月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDA医療支援チームが活動している被災地の広安小学校(熊本県益城町)では、特別活動教室にいる要支援者10人を除く被災者138人が寝泊まりしていた各教室から体育館に移動。広安小は被災者と同居する形で9日に授業を再開し、4月14日の熊本地震(前震)から25日ぶりに児童の元気な声が校内に響いた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    田中校長は登校した児童全員を前に「地震で怖い思いをし、大切なものを失った。少しずつ心と体の健康を取り戻してほしい」と励ました。さらに避難生活が続く被災者にも言及し「元気なあいさつや優しい言葉をかけてほしい」と児童に協力を求めた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報16 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年05月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDA緊急医療支援チームが熊本地震(震度7の前震)翌日の4月15日、被災地入りして約3週間を迎えた。同チームは広安小学校(熊本県益城町)保健室に開設していた救護所を5月6日、医師が常駐しない救護室として体育館に移転した。夜勤勤務をやめ、診察時間は午前9時から午後6時まで。被災者から人気の高いはり治療と看護師による巡回訪問がメーンとなる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      これらの措置は、地元の開業医が復旧したこと、緊急を要する重症患者の治療や病院搬送にめどが立ち、軽症患者のみとなったことや、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報15 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年05月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        本日4日は被災地でも強風が吹き乱れ、テント村も影響を受けた。緊急災害対策チーム「BERT」からの派遣でチームに加わっている調整員は、総社市役所職員とともに、強風を受けているテントに対し補強作業を施した。「BERT」からの調整員は、本来のオートバイでの災害支援のみならず、車輛での救急患者や医療チームの派遣者を含めた搬送、また調整員としての業務に幅広く活躍している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        避難所生活の長期化に伴い、介護福祉士や理学療法士の避難者に対するケアの需要が高まっている。介護福祉士は、避難者に対し、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報14 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年05月02日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          避難所の広安小学校(熊本県益城町)では、震災直後の医師らによる応急措置がほぼピークを越し、鍼灸師や介護福祉士、理学療法士らによる支援活動にウエートが移りつつある。その中で、医師と看護師、介護福祉士、理学療法士ら医療関係者が一緒に回診するユニークな試みを実施。患者の状態をそれぞれの視点から分析、意見交換したうえで、質の高い医療を目指すチームワークの良さを発揮している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          5月1日には、日常生活を送るのに手助けを必要とする要介護者5人が初めて入浴を体験した。地元の特別養護老人ホームが入浴施設を提供、利用したお年寄りは半月ぶりの入浴に「生き返ったみたい。幸せです」と感謝していた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 台湾ルーツが被災地入り、アムダ本部岡山にも来訪

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年05月01日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAと協力協定を結んでいる台湾のNGO「台湾ルーツ」の一行5人は4月25日夜から28日午前まで、被災地の熊本県益城町を訪問。同日午後2時からAMDA本部(岡山市北区伊福町)で記者会見を開き、「台湾の国民は(熊本地震による被害を)心から悲しんでいます。地震を受けた国として参考になるものがありました。」と語った。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            被難所の広安小学校の印象については「被災地の皆さんは緊急時でもマナーを守り、ごみもきちんと分別していた。こうした日本人の立派な態度を台湾の国民に伝えたい」と述べた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 熊本地震被災者緊急支援 AMDAと連携協定を結んでいる十字屋グループ様によるご協力

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年05月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAと災害時連携協定を結んでいる株式会社十字屋グループ(本社:岡山県真庭市)社員2名と給水車が4月23日に総社市を出発し、翌24日から29日まで給水車を使った支援活動に従事してくださいました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              4月23日に総社市役所にて行われた出発式では、十字屋グループ代表の牧生夫様、現地入りした社員2名が参加されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              十字屋グループ代表の牧様は、被災地の皆様のために頑張ってくださいと激励されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動 AMDA速報5

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年04月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                エクアドルで4月16日に発生した地震から2週間が経過し、AMDAが活動する西海岸の港町ペデルナレスでは徐々に元の生活に戻り始めているものの、雨期の到来による避難所の生活環境の悪化が懸念されている。そのため、首都キト市にあるサンフランシスコ・デ・キト大学(USFQ)医学部とAMDAの合同チームは伝染病流行の事前防止策を組み立てている。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                エクアドル政府は5月2日に被災各地の学校を再開する予定であったが、非常事態下にあるため早くとも7月まで延期することとなった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報13 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年04月30日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   AMDA医療チームは当初からの活動地である広安小学校に加えて、益城町立総合運動公園陸上競技場に設置されたテント村内救護室でも27日から活動している。救護室に訪れる方への血圧測定や生活指導を行うとともに、テント村内の心疾患を持つ方、糖尿病を持つなど持病を持つ被災者への巡回を行っている。29日は7人の方がテント村救護室に来室した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  鍼灸のはり治療は、広安小学校救護所内のベッド3つのうち2つを使い実施している。29日は避難所開設当初から運営に尽力されてきた広安小学校教職員の方を含めた36人の方がはり治療を受けた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 4月27日 岩手県立大槌病院新築落成式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年04月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    津波で大きな被害を受けた岩手県上閉伊郡大槌町で、4月27日岩手県立大槌病院新築落成式が執り行われました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2011年3月15日から大槌町に長期支援に入っていた、AMDAの高岡邦子医師と緊急時最後まで残ったJMAT青森チームの中村医師に感謝状が送られました。




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報12 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年04月27日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDA医療チームが救護所を開設している広安小学校(熊本県益城町)では、27日も医師2人、看護師5人らの体制で診療活動を続けている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      26日の患者数は35人と初めて30人台に減少。これまで最も多かった急性呼吸器感染症が8人と大幅に減り、災害ストレス関連症状が9人とワーストになった。長引く避難所生活で頭痛や不眠、肩こりなどを訴える人が今後も増えることが懸念される。感染症対策としては仮設・多目的トイレの壁に掃除マニュアルを書いた用紙を貼り、ボランティアが1日3回、丁寧に掃除を繰り返している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動 速報4

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年04月27日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        24日未明にエクアドル首都のキトに到着したニティアン・ヴィーラヴァーグ調整員は、現地協力団体であるサンフランシスコ・デ・キト(SANFRANCISCODEQUITO)大学関係者と合流し、24日未明にエクアドル北西の海岸沿いの被災地マナビ(Manabi)県ペデルナレス(Pedernales)に向かった。 キト到着後、直ちに西海岸の港町ペデルナレスに移動したヴィーラヴァーグ調整員が見たのは、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報11 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年04月26日


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          活動地の広安小学校(熊本県上益城郡)周辺は、地元の商店、診療所や薬局が部分的に通常営業を開始している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          25日の患者数は41名、急性呼吸器感染症の患者が15名と最も多く、次いで災害ストレス関連症状が10名であった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           AMDA医療チームは、昨日夜に災害鍼灸治療活動を開始した。車中泊で寝返りを打てない、お風呂で体を温められない、震災後の後片付け(がれきを撤去する等)による疲労などの理由から、痛みを訴える方

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 第12回復興グルメF1大会開催に合わせて、岡山からボランティアバスを運行しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年04月26日

















                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             福島県南相馬市で開催される「第12回復興グルメF-1大会」に参加するため、2016年4月15日(金)夜7時、9回目となる「ボランティアバス」を運行しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA速報10 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年04月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               AMDA緊急医療支援チームは余震が続く中、避難所の広安小学校(熊本県益城町)で診療活動を続けており、地震発生翌日の4月15日に現地入りして11日目を迎えた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               24日の患者数は45人(男性22人、女性23人)。急性呼吸器感染症の患者が17人と最も多く、次いで災害ストレス関連症状(頭痛、不眠)9人、外傷7人など。熊本県内の他の避難所でノロウイルスの陽性患者が確認されたことから25日、広安小学校でも土足禁止などの衛生管理を強化した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ネパール地震一周忌慰霊祭報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年04月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                昨年4月25日ネパール中部を襲ったマグニュチュド7.6の地震で約9000人が命を落とした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                本日、4月24日は地震発生から一周忌を迎え、AMDAネパールが主催してバクタプル郡にある、ヒンズー教のチャングナラヤン寺院で慰霊祭を行った。この寺院は、地震発災3日後に、AMDA医療チームが入り周辺の村人に医療サービス提供した場所である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAネパール支部長はじめAMDA本部スタッフのほかネパールスタッフ、現地の医療活動の協力者、ヒンズー教僧侶、地域住民、婦人会のメンバー、現地メディアなど50人がこの寺院での慰霊際に参加した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動 速報3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年04月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  4月23日に岡山駅を出発したAMDA調整員のニティアン・ヴィーラヴァーグは、同日夕刻、成田空港からアメリカ・ダラスフォートワース空港を経由して、23日深夜(日本時間24日午後1時半)にエクアドルの首都キト(Quito)に到着した。ヴィーラヴァーグ調整員はただちに現地協力団体であるサンフランシスコ・デ・キト(SANFRANCISCODEQUITO)大学関係者と合流し、24日未明にエクアドル北西の海岸

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報9 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年04月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    広安小学校でのAMDA緊急医療支援チームは、現場のニーズに寄り添い、様々な活動を実施している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    小学校屋内には約300人、屋外車中泊の方約500人。患者数22日48人、23日49人。医療対応は、急性期医療から亜急性期医療対応に変化してきている。外科処置は殆どなくなり、現在最も多いのは急性呼吸器感染症で、災害ストレス関連(頭痛、不眠、肩こり)、皮膚疾患、外傷の再診の順でみられる。インフルエンザも発生している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    22日には80台女性が肺炎の疑いで救急搬送となった。また、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA速報8 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年04月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      本日伊丹空港から予定通り出発した第5次派遣チームは広安小学校で活動するAMDAチームに合流した。また、福岡から車輛で広安小学校に向かっている看護師1名が現在移動中。今晩チームに合流する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      4月21日の患者数は47名。外傷、整形疾患、腰痛、膝の痛み、特に、上気道感染の症状の患者さんが多くみられた。簡易洋式トイレを多目的トイレに設置し、和式トイレの多い避難所で、高齢者の方も座って排便できるようになり、非常に喜ばれた。防災対策本部での朝晩1回ずつのミーティングが始まり、現場はシステム化されている。また、地元の調剤薬局が復旧しはじめており、薬はできるだけ地元の医療機関を利用するように促している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動 速報2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年04月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        4月17日 にエクアドル共和国で発生したマグニチュード7.8の地震により、死者数は570人、負傷者は7,000人以上、行方不明者は155人にのぼり、また25,000人以上が避難生活を強いられているという。さらに最大でマグニチュード6.2の強い余震も報告されている。(エクアドル政府危機管理室21日 発表)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        現在、AMDA本部はコロンビア、ボリビア、ペルーの各AMDA支部と、現地の状況確認および連絡・調整を行っている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報7 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年04月21日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは広安小学校に発災翌日から入っているが、20日の段階で同救護所を全面的に任された。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          20日に岡山駅から医師、看護師、薬剤師の3名チームと、総社市からトラック便に道場した調整員の第4次派遣者は、その日18時頃には益城町の第3次チームに合流した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          本日21日は朝から激しい雨が降る中、避難所内巡回を行った。長時間固い床に体を預けていることから、褥瘡の患者さんがいた。そのため、今後はマットレスを敷いた部屋を作る必要がある。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 熊本地震 ご寄付に関して

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年04月21日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAでは今後も緊急医療支援活動、復興支援活動を行っていきます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            皆様の温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            【募金の受付先】
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            A.お振込
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ■郵便振替:口座番号01250-2-40709
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            口座名「特定非営利活動法人アムダ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            通信欄に「158熊本支援」とご記入下さい
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ■楽天銀行 ロック支店 普通預金

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 熊本地震 緊急医療支援活動 参加者募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年04月21日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現在、予定を大きく上回る応募をいただいておりますため、募集を停止しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              再度募集を行う際には改めて告知させていただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現在、避難所である広安小学校(熊本県上益城郡益城町)を中心として医療支援活動を実施しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              以下の募集日程において、被災地で活動していただける医師、看護師、薬剤師、調整員などを募集しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報1 南米 エクアドル共和国地震 被災者に対する緊急医療支援活動 開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年04月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                4月17日、日本時間08:58にエクアドル共和国エクアドル市を震源とするマグニチュード7.8の地震が発生(米国地質調査所USGS発表)。この地震により死者数は413人、負傷者は2500人以上に上っているという。さらに余震も続いており、最大でマグニチュード5.1の強い余震も報告されている。(エクアドル政府18日発表)いまだ瓦礫の下敷きになっている被災者も多くいると考えられており、死者数、負傷者数とも

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • AMDA速報6 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年04月19日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  昨夜、第一次派遣チームの佐藤医師、岩本看護師、山河看護師、大西調整員が益城町での任務を終え、今朝それぞれの地に戻った。そして本日、第3次として、米田恭子助産師・看護師がチームに加わった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは広安小学校での診療運営を益城町より任されることとなった。本日はNPO災害看護支援機構から3人の看護師と一人の調整員人がAMDAチームと協力して診療活動を行った。また、東京から派遣されたスクールカウンセラーも広安小学校に加わった。一方、保健福祉センターでの診療はJMAT熊本県医師会チームが任される

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • AMDA速報5 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年04月18日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    4月17日に岡山を出発した第2次派遣チームの3名は福岡を経由し、車輛で現地に到着した。被災地の最寄りとなる南関ICからは、道路の混雑が激しく、益城町への30kmの道のりを4時間かけて移動することとなった。第1次チームが活動している避難所・益城町立広小学校に当日合流した。本日18日は、6時から広安小学校保健室での診療活動を医師3人で開始した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    同避難所では17日夕方に電気が復旧したものの、依然として水とガスのライフラインは止まっている状況。発災から続く余震のため、同避難所には多くの避難者が詰めかけており、廊下やホールなどで過ごす

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 ネパール訪問〜シッダールタ母子専門病院訪問報告書

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年04月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2016年3月9日に東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科の教授および学生たちがネパールアムダ病院ーシッダールタ母子専門病院訪問しました。その時のご報告を紹介します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      Binod先生と一緒に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 佐藤 恵美


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      私にとって、初めて訪れたネパールで最初に見学させていただいた病院がSCWHでした。SCWHは首都のカトマンズとは違い、道路のいたるところに牛がいるのどかなブトワルの町に存在し、多くの子供たちや母親が訪れていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      始めにネパールの妊婦検診や看護師の勤務形態についてのお話を伺いました。政府は家での出産ゼロを推奨しているけれども、実際は10%

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA速報4 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年04月17日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        現地では電気が停まっている中、17日も8:30頃から益城町の広安小学校で診療を開始し、ガラス破片や釘を踏んでしまった患者さんなどの治療にあたっている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        また、大人や子どもにも便秘の症状や、昨夜の雨の影響から風邪をひいた被災者の診療を続けている。17日の診療者数は52名。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        被災者の中には、せん妄(何処にいるのか自分でもわからなくなる。悪夢をみる)など、環境の急な変化で精神的に影響を受けた方などが多く見受けられている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA速報3 熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年04月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          地震が続く中、総社市・AMDA合同チームは、益城町内での活動を継続している。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          益城町災害対策本部が、同町保健福祉センター内に移設され、元々ここに避難していた被災者の一部は広安小学校に移り、新たな地震からの避難者も増えていることから、避難者の人数は時間を追い増えている。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          避難所には、釘を踏んで破傷風予防の処置の必要な被災者や、インフルエンザの疑われる被災者もみうけられる。災害対策本部となった保健福祉センターには、日本医師会として熊本県医師会JMATチーム、DMAT、近県薬剤師会が入り、広安小学校避難所で昨夜から活動しているAMDAも加わり医療情報の共有、特殊な薬剤の補完など、医療部門間での協力調整が始まった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • AMDA速報2 –熊本地震被災者緊急医療支援 総社市・AMDA合同活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年04月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            15日に総社市役所を出発した合同支援チームは同日18時頃福岡県で佐藤 拓史医師と合流、20時頃福岡八女インター付近のホームセンターにて生活支援物資の追加購入を行った後、22時10分被災地益城町の避難所・広安小学校に入った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            発災当日未明に岡山から益城町に入った益城町出身の職員難波 妙GPSP支援局長が実家が被災しつつもチームの受け入れ調整を行い、益城町内での活動が15日から開始した。まず合流し、打ち合わせを行った後、22時40分頃から佐藤医師ら医療チームが広安小学校にて診療・医療活動を開始した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 第12回復興グルメF-1大会は予定通り開催します

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年04月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              第12回復興グルメF-1大会は、予定通り開催いたします。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA速報1 総社市・AMDA合同緊急支援 –熊本地震被災者緊急支援活動-

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年04月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                4月14日21時26分、熊本県熊本地方益城町中心として震度7を観測する地震が発生した。激しい余震も続き、被災地では外で一夜を明かす人々も多くみられた。避難所となった益城町の小学校体育館では200人を超える避難者が不安な一夜を過ごした。負傷者は950人以上にのぼる。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                このような状況を受け、同日総社市とAMDAでは、合同チームを編成し被災者支援を実施することを決定し、15日に総社市役所を出発し被災地益城町に入る。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                なお、AMDAと総社市との合同緊急支援活動は、2011年1月ブラジル

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ネパール地震復興支援:「トリブバン大学教育病院(TUTH)・AMDA合同健康支援事業プログラム」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年04月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年4月25日にネパール中部を襲ったマグニチュード7.8の地震で75郡のうち14の郡が深刻な被害を受けました。カトマンズの東、88?の距離にあるシンドゥパルチョク郡は被害が最も深刻だった郡の一つであり、郡全体の40%の人々が被災し、3532人が犠牲となりました。頻繁に続く余震から地すべりや土砂崩れなどが発生し、道が塞がり、支援が届きにくい地域はたくさんありました。また、家が全壊してしまった人々は狭いテントに大勢で住むことになり、トイレなども整備されず、屋外で排泄するなど環境汚染が懸念されました。その結果、下痢、赤痢など感染症を訴える患者が増加していました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパール 障がい者支援活動2016年3月

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年04月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年4月に発生したネパールの地震で障がいを負われた方が多くいらっしゃいます。医療機関やリハビリセンターを退院後、生活をしていく自宅は地震の被害を受け倒壊するなど、障がい者にとってバリアが多い環境にあります。障がい者が自立した生活を送ることが出来るようになるまでには、まだ周囲のサポートが必要な状況です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAは震災によって負傷し障がいが残った方々に対する支援を2015年7月から継続しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 学校法人藍野学園様とAMDAとの間で連携協定調印式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年04月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      4月1日学校法人藍野学園様(大阪府茨木市)とAMDAとの間で連携協定調印式が同大学あるバスホールで執り行われました。インドネシアのハサヌディン大学医学部麻酔科教授でAMDAインドネシア支部長のH.A.タンラ先生がご縁をつないてくださったもので、本協定においても立会人として同席いただいています。学校法人藍野学園様とハサヌディン大学との連携協定調印に続いて、AMDAとの調印が執り行われたものです。ハサ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 一般社団法人岡山経済同友会とAMDAの連携協定調印式

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年03月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        3月24日岡山国際ホテルにて、一般社団法人岡山経済同友会とAMDAの連携協定調印式と記者会見が執り行われました。経済同友会代表幹事である萩原邦章様、松田久様と、AMDA代表の菅波が協定書にサインと捺印をし、協定が無事結ばれました。これは将来起こりうる南海トラフ地震に向けて、岡山の地元企業の方々に輸送や物資調達など協力関係を確立させ、事前に準備し万一発災した際にすぐに対応するための連携協定です。岡山

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDAネパール支部25周年式典が挙行されました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年03月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          1989年の設立以来、AMDAインターナショナル支部の中でも中心的な活動を行ってきたAMDAネパールが、創立25周年を迎え、2016年3月9日に記念式典を挙行しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAネパールは、1993年にジプチに流入したソマリア難民の支援活動に救援チームを派遣して以来、2010年のハイチ地震、2013年のフィリピン台風30号支援等、多くのAMDA多国籍医療団の救援活動に参加してきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2015年4月25日に発生したネパール地震では、震災直後から緊急救援活動を開始し、AMDA本部、各国支部、ネパール医師会、トリブバン大学教育病院などとともに幅広い支援活動を展開し、現在もこれらの団体とともに、医療支援が届きにくい地域への健康支援事業プログラム(アウトリーチ・クリニック)やボランティア心理カウンセラー養成講座等、様々な復興支援活動を継続して行っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール国家協議会「ネパール農村地域の学校・コミュニティにおける災害後の心理社会支援強化について」概要報告書

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年03月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ネパール国家協議会「ネパール農村地域の学校・コミュニティにおける災害後の心理社会支援強化について」概要報告書が神馬征峰先生よりとどきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2015年4月25日に発生したネパール大地震では、75県のうち31件が深刻な被害をうけ、全国で約3分の1近くの人々が被災しました。 この震災は、ネパールの政策決定・計画担当者にとって、災害に対する準備体制の必要性と重要性を見直す大きなきっかけとなりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            そこで、グリーン・タラ・ネパールと東京大学は、日本医師会とAMDA

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 毎日新聞(3月17日付)掲載記事

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年03月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAでは、将来起きると予想されている南海トラフ巨大地震に備え支援体制の構築を進めています。岡山県内や四国の各自治体、医療機関などと連携し、万一発災した場合にはスムーズな支援活動を行えるよう対策を立てています。毎日新聞(3月17日付)で、その活動についての記事が掲載されました。こちらからぜひご高覧ください。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDA災害鍼灸ネットワーク代表世話人 今井賢治氏のインタビュー記事

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年03月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                3月10日付の鍼灸柔整新聞にて、AMDA災害鍼灸ネットワーク代表世話人である今井賢治氏のインタビュー記事が掲載されました。東日本大震災が発生した際にAMDAの医療チームとして現地で行った活動などをお話されています。どうぞこちらをご高覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 台南市政府へ義捐金をお届けしました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年03月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  3月10日、台南市政府社会局へ義捐金をお届けしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  実際に台南市にある被害を受けたマンションへ赴くと、がれきは全て撤去され平地になっていました。台南市民の方々は被害に遭った方々を思い、心を痛めている様子でした。また、地震発生時には大きく揺れを感じ、とても怖い思いをされたようです。地震発生直後には水も停まり、不便を強いられたそうですが、台南市政府が2月8日に立ち上げた防災対策本部の迅速な働きもあり、今は元通りの生活を送っているそうです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 3月10日台南市政府社会局の方へAMDAから義捐金をお渡ししました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年03月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    旧正月休暇只中の2月6日に台湾南部で発生した地震では、局所的に大きな被害が発生し、多くの台湾の方々が心を痛めています。台南市政府は、8日に防災対策本部を立ち上げ、台南市民の方々の対応にあたっています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    AMDAでは日本の支援者様からお預かりした台湾被災者の方へのお気持ちを、台南市政府に対しての義捐金としてお渡しすることを決定しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    (写真:AMDA職員成田と社会局職員蘇様と呉様)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 震災から5年

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年03月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      3.11.2016

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      岡山でそして日本中で、鎮魂を祈り今も続く様々な困難な生活に思いを馳せ一日も早い復興を願わずにはいられないこの日に、これからも多くの方々とともに東北に心を寄せ、復興を進めるための歩みの中で私たちの出来ることを続けていく決意を新たにしています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 東日本大震災 復興支援活動 AMDA速報 災害鍼灸チーム育成プログラム 参加者募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年03月10日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        東日本大震災では、避難所での鍼灸治療の効果が注目され、現在でも被災地で鍼灸治療のニーズが高まっています。2016年11月には、23年ぶりに日本で世界鍼灸学会世界大会Tokyo/Tsukubaが開催されます。AMDAは東日本大震災の経験を基に、今後来る南海トラフに備えて災害鍼灸チームの養成講座を開催します。たくさんの方々の参加をお待ちしています。 画像をクリックしますとpdfファイルが開き

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • from bizen(備前焼作家有志)様よりご寄付

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年03月08日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          3月5日第6回東日本復興支援チャリティー―frombizen―〜備前から被災地へ継続的支援のカタチ〜備前焼販売が行われ備前焼の若手参加の皆さんが中心となったチャリティーイベントが開催されました。備前焼作家有志の方々は、東日本大震災復興支援を今も継続して行っているAMDAにご賛同いただき、引き続きご支援いただいております。当日会場には、去年も来たというリピーターの方も多くおられ、今年も大盛況でした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール地震復興支援事業:ネパールのテレビ局 日本での研修後の取り組み

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年03月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            テレビ番組の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2015年4月25日にマグニチュード7.8の大地震がネパール中部を襲った。AMDAは発災当初からAMDAネパール支部や現地協力団体と協力し緊急救援を行った。現地に入って活動していたAMDAグループ代表の菅波が現地テレビ局Image Channelから取材を受け、日本の防災について話をしたことがきっかけとなり、岡山の山陽放送局のご支援・ご協力を受け、Image Channelスタッフの来日が実現。日本における災害時報道のあり方や防災についての研修を計画し、実施した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            (来日したImage Channelスタッフの研修報告書はこちら)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 日本医師会に御礼と報告の訪問 ― ネパール地震被災者支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年03月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              昨年4月に発生したネパール地震に対して、日本医師会、ネパール医師会、AMDA合同で被災者への医療支援活動を実施しています。この度、AMDAネパール支部長でネパール医師会副会長のサロジ・オジャ医師と菅波代表が、支援への御礼と報告に日本医師会横倉会長を訪ねました。日医ニュース(3月5日付)で紹介されていますのでご高覧ください。(下記の画像は、「http://www.med.or.jp/nichiion

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 日本医師会・ネパール医師会・アムダ3者合同ネパール地震災害復興支援事業報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年03月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                震災後における心理社会的支援−ボランティア心理カウンセラー養成講座― 2015年4月25日にネパール中部で発生した、マグニチュード7.8の大地震の後に生き延びた被災者は、厳しい居住環境や治安問題を抱えたまま、余震への恐怖や大地震の痛ましい思い出に苛まれる心理的な問題にも直面していた。 アムダは、緊急医療支援活動中に、精神的なサポートが必要な患者が多くいたことに注目し、日本医師会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • カリオペ医師(ルワンダ共和国)からの報告書

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年03月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ルワンダ国アキンティジェ・シンバ・カリオペ医師(ルワンダ政府保健省付属公立病院ミビリジ郡病院長)は、岡山県が実施している国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業研修生として来日し、2015年8月から10月末までの2ヶ月間研修を受けました。この研修は、子どもの健康向上や保健教育に関する知識と技術の習得を目的として実施され、日本での乳幼児健診と、小学校における学校保健の運営手法を学ぶために岡山県内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 備前焼作家による東日本復興支援チャリティー ― from bizen ― 〜備前から被災地へ 継続的支援のカタチ〜開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年02月29日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    東日本大震災で被災した方々に、「備前の地より、今、少しでもできることを…」という備前焼作家さん方の思いから始まった東日本復興支援チャリティーイベントが3月5日岡山一番街にて開催されます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    平成23年から毎年開催されており、今回が第6回目となります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    当日の売り上げの一部は、AMDA東日本大震災復興支援活動のために、ご寄付いただけます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    備前焼若手作家さんたちの作品が、500円からお求めいただけます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    皆様ぜひ足をお運びください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA東日本復興支援「第12回復興グルメF−1大会in南相馬」ボランティアバス運行と参加者募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年02月23日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      4月16日に「第12回復興グルメF-1大会」を福島県南相馬市(場所:鹿島生涯学習センター)で開催します。これはAMDAが東日本復興支援事業の一環として行っている「被災地間交流事業」の一つです。本大会の開催に伴って、当日の運営および翌日の会場片付け等をお手伝いしてくださるボランティアスタッフを募集します。岡山から本大会に合わせて、ボランティアスタッフ用のバスを運行し、被災地の視察や復興について考える

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • おかやまコープ備北エリアの主催するにじ色カフェでAMDA活動についてお話をしました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年02月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2月18日、おかやまコープ備北エリアの主催するにじ色カフェで、AMDAボランティアセンター参与 竹谷から東日本大震災被災地の現状についてお話をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第5回東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークション「倉敷からの風2016」開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年02月22日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          第5回東日本大震災復興支援のためのチャリティーオークション「倉敷からの風2016」が3月8日から3月13日まで開催されます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          たくさんのアーティストによる作品が出品されます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          収益の一部は、AMDA東日本大震災被災地支援のために使用されます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          詳細は、倉敷からの風ホームページをご覧ください。http://kaze.kurashiki-craft.com/
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          みなさま、ぜひ足をお運びください!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          【日時】2016年3月8日(火)から3月13日(日)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ネパール地震復興支援  〜車いす製造研修支援活動報告3〜

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年02月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ネパール中部地震障がい者支援活動報告理学療法士西嶋望(ネパール在住)昨年4月25日のネパール中部地震から10か月が経とうとしている現在、復興はゆっくりと進んでおります。しかし首都カトマンズでもまだ広い空き地ではテント生活の方も一部ですがいらっしゃいます。私たちが活動している障がい者支援においては、医療機関を退院し親類宅やカトマンズ市内で比較的バリアフリーに近い環境の借家で療養生活をスタートさせた方

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • インド・ブッダガヤAMDAピースクリニック定期的無料歯科診療を開始

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年02月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              インド・ブッダガヤAMDAピースクリニック(APC)は2009年に開院以来、包括的プライマリヘルスケア(PHC)プログラムの一環として、地域保健と社会開発に関わる様々なサービスをブッダガヤ・マスティプール村の人々に提供してきました。APCでは2015年10月から、母子保健事業を開始しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              包括的PHCプログラムの一環として、APCでは新たに歯科診療を開始し、1月30日に第1回無料歯科診療を実施しました。まず、APCのスタッフが数日前から診療を希望する患者の事前登録を行い、診療日当日には、登録した患者25名のうち、12歳以下の子ども2名を含む18名

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • インドネシア・マリノ農場より報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年02月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2016年2月2日から5日にかけて、AMDA本部職員がインドネシア、南スラウェシ州ゴワ県マリノ村バトゥラピシ地区にてAMDAが行っている有機農業普及プロジェクトのモニタリングに訪れました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                このプロジェクトで昨年収穫された有機栽培米がおいしいと評判を呼び高値で販売することができたことから、今年は新たに5軒の農家が有機栽培に挑戦してみたいという希望を持っているとの報告をスタッフから受け、彼らの家を訪ね歩き、肥料についてのアドバイスや土地の測量を行いデータの共有を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ハイチ大地震 復興支援事業 第6回無料歯科診療を実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年02月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAは2010年のハイチ大地震で被災した地域への復興支援を継続しています。2016年AMDAハイチ支部は第6回無料歯科検診事業を1月30日にフォンデネグ市のサルベーション・アーミー病院で実施しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAはこれまで2010年のハイチ大地震の被災者に様々な支援プログラムを行ってきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  1.    一年間にわたる義肢支援事業。AMDAが日本人義肢装具士をハイチに派遣し、災害で被害を受けた人々に義肢を製作し提供
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2.    3年連続で実施されたスポーツ親善交流プログラム。ハイチ、隣国のドミニカ共和国、日本の中学生を招へいしサッカーの試合を開催
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  3.    義肢支援を受けた患者とその家族が集まるクリスマスを祝う会の実施
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  4.    定期歯科検診の実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • おかやまコープ様にフィリピン台風24号、27号被災者に対する緊急医療支援活動を報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年02月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2016年2月10日、ご寄付をいただいた、おかやまコープ様の組合員理事の方々へ、フィリピン台風24号、27号被災者に対するAMDA緊急医療支援についての活動報告を行いました。まず、フィリピン台風24号被災地出身のフィリピン国会議員バタオイル レオポルド氏からおかやまコープ様に対して贈られた感謝状を、AMDA理事の難波からおかやまコープ様の田中照周専務理事へ、お渡ししました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    続いて、被災地での活動についてAMDA看護師岩本から報告を行いました。被災地の様子や、現地のニーズに応えて行う実際の支援活動についてお話しました。特に、おかやまコープ様とAMDAのシールが貼られた井戸のポンプを贈呈している

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 「2016年岡山市新成人の集い報告展」開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年02月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2016年岡山市新成人実行委員会の方々が1月10日岡山ドームで行われた成人式の開場にて、AMDAの活動に対する募金、またAMDAの活動についてご紹介くださいました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      その報告展が岡山市役所にて下記の日程で行われます。入場無料です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      皆様ぜひ足をお運びください!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 東日本大震災復興支援 第5回絆チャリティライブのご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2016年02月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        東日本大震災復興支援第5回絆チャリティライブがAMDA福山クラブの協力により開催されます。 3月5日(土)、6日(日)2日間連続で絆チャリティライブが福山市内で開催されます!さらに、2月27日(土)に絆チャリティライブプレイベント(無料)が開催されます!たくさんのアーティストや地元高校生が出演するイベントなど、内容盛りだくさんです。また、各会場では皆様のお家に眠ったままの漫画、ヤングミセ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 台湾への派遣の延期につきまして

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2016年02月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          昨日、台湾南部地震に対しての緊急支援開始として2名の派遣のお知らせをいたしましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          現地との再調整の必要が生じましたことから、一旦派遣を延期することといたしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          関係者の皆様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          旧正月の只中ではございますが、再調整を続けて、情報確定次第改めて速報にてお知らせしたく存じます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「親子防災フェスin四万十町」開催 1月24日(日)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2016年01月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            1月24日(日)に高知県高岡郡四万十町窪川四万十会館にて「親子防災フェスin四万十町」が開催されました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            当日は、四万十町も大雪で15cmも積もり、防災フェスへの参加が危ぶまれましたが、寒い中を親子連れの方が参加していただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            防災フェスティバルの内容は、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ・起震車
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ・地震ざぶとん
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ・火起こし
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ・ロープワーク

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • アフガニスタン北東部・パキスタン地震被災者に対する緊急支援活動3 AMDA速報3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2016年01月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年10月26日、アフガニスタン、バダクシャン(Badakhshan)州にあるヒンドゥークシュ山脈を震源にマグニチュード7.5の地震が発生し、パキスタンにも大きな被害をもたらした。国連人道問題調整事務所(UNOCHA)によると、アフガニスタンでは死者117名、負傷者544名、建物被害12,794件が報告されている(2015年12月23日現在)。パキスタン政府国家災害管理局(NDMA)によると、パキスタンでは死者280名、負傷者1,770名、建物の全半壊あわせて109,123棟の被害が報告されている(2015年12月22日現在)。地震発生のニュースを受けてすぐ、地元協力者であるAMDAアフガニスタンとパキスタンの

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 在日台湾同郷会様、在日台湾婦女会様、日本台湾医師連合様から感謝状

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2016年01月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    (写真は感謝状を手にする菅波代表)2016年1月4日、在日台湾婦女会の張信恵様より、在日台湾同郷会様、在日台湾婦女会様、日本台湾医師連合様連名で、AMDAグループ菅波代表に感謝状が届きました。この感謝状は2015年6月27日、台湾新北市の複合レジャー施設「八仙水上楽園」で起きた大規模な爆発火災事故(台湾粉じん爆発災害)を受け、7月2日AMDA本部は日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 福山市神辺公民館様より「パネル展」開催のご報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2016年01月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年12月22日、福山市神辺公民館の安田勝行館長と菅波眞吾様(AMDAグループ菅波代表のご実兄)が、「パネル展」のご報告に来られました。メッセージ:広島県福山市神辺地区は、AMDAグループ・菅波代表のご出身地です。このようなご縁から、公民館の社会教育事業の一環として9月1日〜12月18日の109日間、「国際社会で活躍する日本人」と題したAMDA様の活動を紹介するパネル展示をさせていただきまし

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 第59回 2016春の洋蘭展 「咲かせよう美しい花・みんなの夢〜AMDAとともに」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2016年01月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    恒例の春の洋蘭展が、下記の要綱で開催されます。AMDAは会場で、活動を紹介するパネル展示を行います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    岡山県洋蘭協会会員様による丹精込めて育てられた多数の洋蘭が、会場に一足早い春の訪れを感じさせてくれそうです。他にも世界の珍しい蘭や東北支援の海産物等の即売など、盛りだくさんの内容です。入場無料です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 【日時】2月24日(水)〜28日(日)9時〜17時(最終日は16時まで)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 【会場】農マル園芸 吉備路農園 特設会場(総社市西郡、0866-94-6755)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 【主催】岡山県洋蘭協会・日本蘭協会 東中国支部
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 【共催】AMDA
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 【問い合わせ】同協会(フジ・ナーセリー内)電話:086-277-8311

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 「おおつち感謝祭」のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2016年01月06日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      画像をクリックしますと
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      pdfファイルが開きます

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDA大槌健康サポートセンターは、1月30日(土)、31日(日)、岩手県大槌町で開催される「おおつち感謝祭」に参加します。当日は物産販売のチャレンジショップを出店し、手作り小物や地元の加工食品の販売を手掛けます。詳細は下記のとおりです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      主催者からのメッセージ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      「岩手大槌町へご支援いただいた皆様へ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      東日本大震災から5年を迎えようとしています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      大槌町では、これまでいただいた多くのご支援に「ありがとう」を伝えたいという思いから「おおつち感謝祭」を開催する事となりました。精一杯のおもてなしをご用意しておりますので,ぜひ、大槌町に足をお運びください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • フィリピン台風27号被災者に対する緊急支援活動 AMDA速報3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年12月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2015年12月23日に北サマール州に入ったAMDA看護師は12月23日と24日の2日間、地元の協力者とともに被災地のビクトリア町16のバランガイ(地区)で物資支援を行った。続いて支援に入った町内のバランガイのひとつであるゾーン1(Zone1)では政府機関から一度、米の配給があったものの医療支援は入っていないようだった。そのため医療支援活動と炊き出しの実施を決定、28日に山間部を含めた郡内の被災地に支援の実施を知らせる呼びかけを行った後、翌29日同地区で医療支援活動、炊き出し、物資支援を行った(左の写真は血圧測定を行うAMDA岩本智子看護師)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA野土路農場と新庄村の農産物を駐日外国公館へ贈呈

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年12月28日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          インドネシア大使館
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ダデン・グナワン農業担当官(写真右)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAでは駐日外国公館を表敬訪問し、AMDA野土路農場及び新庄村の農産物(無農薬米とお餅)の贈呈を行うことにしています。その第一弾として12月21日、AMDA職員がインドネシア大使館とバングラデシュ大使館を訪問。AMDA野土路農場及び新庄村の農産物(無農薬米とお餅)を贈呈し、AMDAと新庄村での取り組みについて報告しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          インドネシア大使館のダデン・グナワン農業担当官は「現在インドネシアの農業は質より量の時代は終わり、より安全、安心、おいしさにこだわった有機農産物を買い求める人(中間層から富裕層)が爆発的に増えつつある。しかし、農家のパッケージングや流通面でマーケットの要望に追いついていない面があり、技術的な支援を必要としている」と国内事情を説明されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 高知県/高知市/須崎市/黒潮町とアムダとの南海トラフ地震防災対策第一回協議会

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年12月28日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2015年12月25日に、高知県/高知市/須崎市/黒潮町とアムダとの南海トラフ地震防災対策第一回協議会が開催されました。この協議会は、2014年12月26日に「高知県とアムダとの大規模災害時の支援に関する協定書」に基き開催がされたものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            高知県庁3階の防災作戦室で、高知県、高知市、須崎市、黒潮町とアムダのメンバーにより「協議会設置要綱について」「各機関の防災への取り組み状況について」の協議が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • フィリピン台風27号被災者に対する緊急支援活動 AMDA速報2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年12月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              20日夕方マニラに到着したAMDA看護師は、21日現地の協力者であるフィリピン開発アカデミー(DAP)のスタッフと合流し、被災地からのより詳細な情報を基に、支援内容について協議した。フィリピンの主食である米は政府の機関・DSWP(フィリピン社会福祉省)により、すでに配布されていたことが判明した。そのため、敬虔なカトリック教徒が多いフィリピンであることを鑑み、クリスマスを祝うための食糧の配布が提案された。23日に北サマールに入ったAMDA看護師は、ビクトリア町で「パンシット(Pansit)」と呼ばれる現地の焼きそばの材料であるビーフン麺1キロとサーディン(いわし)の缶詰を1パックとし、2000世帯分を準備した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 南三陸病院の新しいスタート

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年12月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                東日本大震災で被災し、多くの命が犠牲になった南三陸町志津川病院が、2015年12月14日、南三陸病院・総合ケアセンターとして再スタートを切りました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                AMDAは東日本大震災の緊急救援に引き続き、復興支援の一つとして仮設の南三陸診療所、登米市の志津川病院に対し、年3回の医療スタッフの派遣を2014年まで3年間実施しました。医師、看護師、学生、調整員を含め述べ100人以上がこのプロジェクトに参加しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                今回、AMDAのボランティア看護師として何度も南三陸診療所や志津川病院に支援に入った山河城春看護師が、新病院のオープンに参加し、入院患者の移送などを手伝いしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • フィリピン台風27号被災者に対する緊急支援活動開始 AMDA速報1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年12月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  2015年12月14日にフィリピン中部・サマール島北部の北サマール(Northern Samar)州ラオアン(Laoang)に最初に上陸した台風27号(現地名:Nona)は、フィリピンの広範囲に大雨・暴風をもたらした。フィリピン国家災害対策本部の発表によると死者17名、負傷者20名、行方不明3名。現在約22万人が避難を余儀なくされており、全国で約13万棟の建物被害が報告されている。(12月18日現在)現地からの情報によると、一部の地域では電気、電話などのライフラインが使えない状況が今も続いている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • フィリピン台風24号被災者に対するフォローアップ活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年12月16日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    10月18日にフィリピン・ルソン島に上陸した台風24号は、死者48名、負傷者83名、行方不明者4名。300万人以上が台風による被害を受けました(フィリピン国家災害対策本部11月3日発表)。パンガシナン州出身のAMDA協力者から支援要請を受け、AMDAでは21日に緊急支援の開始を決定。ルソン島西海岸に位置し、マニラからおよそ200kmの場所に位置するパンガシナン州リンガイェン町にAMDA看護師を派遣し、緊急救援として医療活動と食糧支援を行いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    12月3日には緊急救援のフォローアップとして、AMDA看護師が再度、パンガシナン州リンガイェン町を訪れました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • GPSP医療と魂のプログラム タクロバン(フィリピン)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年12月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2015年12月1日、GPSP世界平和パートナーシップ構想のもと、フィリピン、レイテ州タクロバン市サンホゼ地区にある体育館において、AMDAとレイテ州元副知事、現レイテ州議員であるバグラヤ議員が協力して和平構築の一環として「医療と魂のプログラム」を開催しました。サンホゼ地区は、2013年フィリピン台風30号がタクロバン市で最初に上陸した地区です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2000年に「AMDA医療と魂のプログラム」としてフィリピンで始まり今年で15年を迎えた当プログラムでは敵味方なく、第二次世界大戦で亡くなった全ての方々と災害で亡くなった方への慰霊を現地の宗教者、日本からの宗教者、現地の人々と一緒に協力して行っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • GPSP医療と魂のプログラム(ASMP) インドネシア マカッサルで開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年12月14日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2015年11月18日、インドネシアのマカッサルで「GPSP医療と魂のプログラム慰霊祭」が行われました。第二次世界大戦の終戦から70年という節目の年にあたる今年は、在マカッサル日本領事事務所長の谷昌紀様のご臨席を賜ったほか、日本からご出席いただいた臨済宗の大屋昌基様、山内正樹様、魚住和寛様、鮎川直樹様、AMDAボランティアスタッフの矢部賢一さん、矢部朝子さんご夫妻、そして、AMDAインドネシア支部

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • おかやま国際塾5期生報告会 開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年12月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          おかやま国際塾(注)5期生はベトナム・ブンタウ省とホーチミン市にある大学の学生と協力し2015年6月から日本での事前研修を行った後、8月18日から25日の日程でベトナムでの現地研修を現地学生と一緒に行いました。その報告会が2015年11月18日、岡山大学文法経講義棟24番講義室で行われました。サブタイトルを“グローバル社会で活躍するために”と題して行われた報告会の立案、計画、運営まで全て塾生が中心となって行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 「第3回 食糧と人道支援シンポジウム〜南海トラフ地震津波に向けた食糧支援」を開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年12月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            12月5日「第3回食糧と人道支援シンポジウム」を岡山市北区の岡山国際交流センターで開催しました。「南海トラフ地震津波に向けた食糧支援」を副題に掲げた今回は約30名が参加され、近い将来その発災が予想されている南海トラフ地震に特化した食糧支援体制について議論を深めました。県内59団体と個人で構成されるAMDA支援農場で代表世話人をされている竹内洋二氏から、一般社団法人子どもの家運営委員会の小阪田徹代表

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • AMDA ピースクリニック in ブッダガヤ、インド 開院7周年記念式典を開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年12月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年11月20日、インド、ビハール州ブッダガヤにあるAMDAピースクリニックにおいて開院7周年記念式典が行われました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              ブッダガヤは、周知のとおり仏教の聖地として各国の仏教寺院が立ち並び、タイ、スリランカ、台湾などから多くの参拝者が訪れています。しかしながらインドでは最貧州といわれています。2009年にこの地に開院した当初は、アユルベーダを中心とした診療を行っていましたが、自宅出産の多いこの地域の現状を憂慮し、2014年10月からは母子保健に特化した活動を行っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • ネパールのテレビ局 日本での研修について 最終報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年12月04日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                東日本大震災の被災地に入ったネパールTV 局のメンバーは、日本政府が震災から4ヶ月後には被害者全員に仮設住宅を提供し、生活のための補助金を支給し、現在は津波ですべてが流された地域にもう一度住みたいという被災住民の夢を叶えるために、被害を受けた地域を高台に移転して新しい街づくりを始めていることに驚きました。 ネパールでは、震災からすでに7か月が過ぎましたが、冬を迎えた今も多くの被災者はまだテントで暮らし、生活のために必要な水、電気、燃料、食料品などが十分に届いていない状況で、瓦礫もそのままの状態で残っており、復興までには15年も20年もかかると考えられています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • ネパールのテレビ局 日本での研修について その2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年12月03日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  木下記者に取材している模様

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回は1週間という短い滞在期間にも関わらず、慣れない日本で大阪、岩手、岡山と移動の多く緊張感あふれる旅でしたが、その分、多くの貴重な経験をすることができました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  岩手県大槌町の被災地では、震災後5年近くもなるのに、まだその被害の生々しい風景に触れました。また、震災当時、津波の悲惨な映像を撮り続けた岩手放送釜石支社の木下記者からは、強大な津波が一瞬にして自分が生まれ育った町を呑み込んでしまった時も、カメラマンとしてずっと撮影し続けたという話を伺いました。自然の力には逆らえません。しかし、後の世代にそれを伝えることは、防災教育の貴重な材料であり、記者としての大事な仕事であることを学びました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパールのテレビ局 日本での研修について その1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年12月02日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年4月25日にネパール中部地域を震源とするマグニチュード7.8の大地震が発生。さらに続く余震の影響もあり、人々はパニックに陥りました。 当時、緊急救援のため現地に入っていたAMDAグループ代表の菅波は、現地TV局Image Channelの取材を受け、日本の防災について話をする機会を得ました。 これが災害時の報道の役割を考えるきっかけとなり、岡山の山陽放送局のご支援・ご協力を受け、Image channelのスタッフが災害大国と言われる日本で、災害時の報道の在り方や防災について研修を実施することができました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    インドプレートとユーラシアプレートの間に位置するネパールは、大地震の可能性が極めて高い地域として知られていたにもかかわらず、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 食糧と人道支援のシンポジウム 第3回テーマ「南海トラフ地震津波に向けた食糧支援」のご案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年11月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAでは「食は命の源」の認識のもとに、東日本大震災を通じて改めてクローズアップされた、「災害後の食料支援」について、その重要性を考えるシンポジウムを開催しています。今回は「AMDA支援農家」の皆様にもご参加いただき農業生産者の立場から、今後発災しうる南海トラフ地震津波などの大規模災害時における食糧支援について、災害発災時の具体的なイメージを元に活発な意見交換が期待されます。また、プログラムの最

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 第11回復興グルメ F-1大会in 南三陸町 ボランティアバス活動報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年11月25日















                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        第11回復興グルメF1大会開催に合わせて、岡山からボランティアバスを運行しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第11回『復興グルメ F-1大会』 in 南三陸町 開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年11月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          2015年11月15日(日)、復興グルメF-1大会実行委員会と大会運営事務局の主催で、第11回復興グルメF-1大会を宮城県南三陸町ベイサイドアリーナ特設会場にて開催しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          当日は、ときどき小雨がちらついたものの大きな崩れはなく、町の内外から約3000人の方々が来場され、大盛況のうちに終了することができました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          南三陸町での開催は第4回大会につづき2回目で、岩手県、宮城県、福島県の9地域から11チームが参加しました。各ブースは助け合いながら完売を目指し、会場は熱気に包まれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 第14回 小春日和の書展

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年11月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            岡山市在住の書道家の小野田松濤先生と門下生による、毎年恒例の書道展です。今回のテーマは「笑顔になる書を」。屋内だけでなく、庭園などの屋外の作品展示も好評です。3連休のひととき、足を運んでみてはいかがでしょう。期間中は、AMDAの活動を紹介するパネル展示もあります。併せてご覧ください。日時:11月21日(土)〜23日(月・祝日)午前10時〜午後5時(最終日は午後3時半まで)※屋外の作品展示は、天候に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 平成27年度 総社市防災訓練に参加

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年11月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年11月15日(日)、AMDAは「平成27年度総社市防災訓練」に参加しました。AMDAは総社市と「大規模災害発生に関する連携協定」を締結していることから、災害発災直後に必要な講習を毎年実施する形で訓練に参加しており、今回で3回目になります。 今年度の防災訓練は同市原の維新小学校で実施され、自治会長など学区のリーダーを中心に約30人が訓練に臨みました。午前9時40分からグラウンドで

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • GPSP医療と魂のプログラム  コロンボ(スリランカ)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年11月17日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                GPSP世界平和パートナシップ構想、平和構築プログラムである「医療と魂のプログラム」が10月29日、スリランカ、コロンボで行われました。今回、コロンボのモラトゥワにあるサルボタヤ本部の平和センターで行われた慰霊祭は、スリランカの非営利団体サルボタヤ(共同体の経済的・社会的向上を目指す運動)とAMDAスリランカ、AMDA本部との共同開催となりました。AMDAは、この多宗教による平和の祈りの式典に、GPSP「医療と魂のプログラム」代表世話人である黒住教副教主、黒住宗道様にご参加をお願いしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • アフガニスタン北東部・パキスタン地震被災者に対する緊急支援活動2 AMDA速報2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年11月16日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  10月26日にアフガニスタン北東部を震源にマグニチュード7.5の地震が発生し、アフガニスタン・パキスタン両国にまたがり大きな被害が発生した。国連人道問題調整事務所(UNOCHA)によると、アフガニスタンでは死者117名、負傷者544名、建物の全半壊は20,178軒(2015年11月23日時点)。パキスタンでは、死者280名、負傷者1,982名、建物の全半壊は、103,268軒(15年11月9日時点)という被害状況である。震源地はアフガニスタン北東部であるが、被害はパキスタン側に多く発生している。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  アムダでは発災翌日から、アフガニスタンにおいてはAMDAアフガニスタン、パキスタンにおいては現地NGO National Rural Support Programme (NRSP)と連絡を取り合い、現地調査を開始した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  調査結果に基づき、被害の大きかったパキスタン側マルダン県ファティマ地区で家が全壊した被災世帯4軒の家を再建するための建設資材提供を行う事を決定し、現地では既に資材を購入し、建設が開始されている。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 災害時の医療支援に関する連携協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年11月12日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年11月11日(水)に、「全国訪問ボランティアナースの会キャンナス」様と「災害時の医療支援に関する連携協定」を結びました。キャンナス本部(藤沢市)にて、菅原由美(キャンナス代表)様と菅波茂(AMDAグループ代表)による調印式です。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 第11回『 復興グルメ F-1大会 〜集まろう!伝えよう!つながろう東北!〜』開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年11月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      11月13日に第11回となる「復興グルメ F-1大会」を下記の要領で開催する。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      各地の商店街などが、ご当地の食材で「復興グルメ」を調理、販売し、「復興グルメ」のNo.1を決定する。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      これまでAMDAが活動をしてきた被災地を含む9地域11チームによる復興グルメがエントリーしており、様々なイベントも同時開催される予定。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      AMDAの復興支援事業の一つとして「被災地間交流」をコンセプトとして誕生した本イベントは、2013年1月の第1回スタートからこれまでに10回。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        第1回  気仙沼市(宮城県)、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA南海トラフ地震対応プラットフォーム 輸送と通信のシミュレーションを実施報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年11月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        丸亀市陸上競技場を離陸する空路チームのヘリコプター

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        AMDAは11月9日、連携協定を結んでいる2県(徳島県、高知県)と8市町(岡山県総社市、香川県丸亀市、徳島県美馬市、阿波市、美波町、高知県高知市、須崎市、黒潮町)27名(輸送20名、通信7名)とともに「AMDA南海トラフ地震対応プラットフォーム 輸送と通信のシミュレーション」を実施した。これは近い将来その発災が予想されている「南海トラフ地震」について、AMDAが被災自治体と連携して円滑な医療救援活動を行うことを目的に、輸送と通信網の確認を行ったもの。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今回のシミュレーションは2016年1月11日午前7時に、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • AMDA-台湾IHA(International Health Action)合同インド・ブッダガヤ無料歯科診療活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年11月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          10月2日から4日、AMDAはインド・ブッダガヤにて、地元ロータリークラブやライオンズクラブ協力の下、台湾IHAと合同で無料歯科診療を行いました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAと台湾IHAは、以前からインドネシア、スリランカやトルコにおいて白内障手術、口唇口蓋裂手術、歯科診療プログラムを行っており今回で、6度目の合同医療ミッションとなります。この歯科診療活動には、歯科医師、歯科衛生士、調整員の3名が台湾IHAから現地に派遣されました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • おかやま国際塾5期生 報告会開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年11月06日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            画像をクリックしますとpdfファイルが開きますおかやま国際塾は、国際貢献活動への理解を深めかつ企画および管理能力を身につけてもらい、市民参加型人道支援外交に不可欠な、社会のグローバル化に対応できる人材を養成することを目的として2011年にスタートし、5年目を迎えました。おかやま国際塾5期生は、8月18日から25日の日程でベトナム現地研修に行ってきました。今回は、「グローバル社会で活躍するために」を

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • マリノ村有機農業技術移転プログラム 2015年技術指導中間報告2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年11月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAでは2011年からアジアへの有機農業技術移転を目的としたAMDAフードプログラムに取り組んでいる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              このフードプログラムの実践圃場の一つであるインドネシアスラウェシ島マリノ村に、2015年5月から9月まで約4か月に渡り、農業技術者であるAMDAスタッフ1名を派遣し、技術指導にあたった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              その後の活動として、2015年9月から2か月間のレポートが、元研修生らから先週AMDAに届いた。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              それによると、次の植え付けと収穫に向けて意欲的に

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • アフガニスタン北東部地震被災者に対する緊急支援活動開始 AMDA速報1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年11月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                10月26日、日本時間午後6時ごろ (現地時間午後13時30分ごろ)アフガニスタン北東部を襲ったマグニチュード7.5の地震は、カブールから約260km北北東に位置するヒンドゥークシュ山脈を震源としており(米地質調査所[USGS])、アフガニスタン・パキスタン両国にまたがり甚大な被害をもたらした。国連人道問題調整事務所(UNOCHA)によると、この地震による死者は、356人(アフガニスタン84人、パキスタン272人)、負傷者2,546名(アフガニスタン394人、パキスタン2,152人)、建物の全半壊は30,331棟(アフガニスタン4,964棟、パキスタン25,367棟)にのぼる(10月30日時点)。アフガニスタンの首都であるカブールでも建物への被害などが出ている。岩が道路を塞いでいる箇所もあり、被災地へのアクセスが難しい状況である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 秋のチャリティーイベント 開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年10月30日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  9月、10月に広島、岡山の各地で開催された様々なイベントに、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  AMDAのシニアボランティアの皆様にご活躍頂き、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  出展、協力しました。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  10日、11日大国家住宅一般公開では
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  和気町のイベントと協力する形で
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  230年の歴史を誇る住宅内で
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  パネル展と募金箱設置をしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • トマト銀行 AMDA国際医療貢献定期預金のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年10月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年11月1日から30日の間、トマト銀行様の取り組みとして「AMDA国際医療貢献定期預金」の取り扱いが行われれます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    店頭表示金利に0.15%上乗せした、期間限定の特別商品となっています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    これは、株式会社トマト銀行様が社会貢献活動の一環として取り組んでいただいたもので、預入総額の0.05%(上限30万円)がAMDAへ寄付されるものです。寄付に関して、預入をされたご本人の負担はないという商品です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA鎌倉クラブ第17回チャリティコンサート開催案内

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年10月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      日時:平成27年11月29日(日) 14:00開演(13:30開場)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      会場:鎌倉生涯学習センターホール きらら鎌倉
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      料金: 1500円(全席自由)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      お問合先:
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      TEL0467-24-2969、090-4619-8701 (AMDA鎌倉クラブ長 根津伶子)


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 第3回国際貢献医療フォーラム開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年10月26日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        「第3回国際貢献医療フォーラム」が2015年10月11日(日)午後1時から、岡山市北区奉還町1の岡山国際交流センター2階国際会議場で開催。約90人が参加しました。このフォーラムは、2013年12月の第1回から岡山県とAMDAが共催で開催しています。第3回目となる今回は「アジアの医療水準の実情と求められる医療協力における産学金官連携の可能性」を副題に掲げました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        開会にあたり岡山県足羽憲治副知事が、本フォーラム開催の果たす役割と重要性について述べられ、フォーラムがスタートしました。続いて日本バングラデシュ友好病院院長で、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 「社会貢献QUOカード ささえあい」発売のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年10月25日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          10月23日に「社会貢献QUOカード ささえあい」が販売開始となりました。この「ささえあいQUOカード」は、カードを購入した方が支援したい!と感じた寄付先を指定することができる新しい形の社会貢献型プリペードカードです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • フィリピン台風24号被災者に対する緊急支援活動 AMDA速報2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年10月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            23日にマニラに到着したAMDA看護師は、地元の協力者と合流し、被災地のひとつであるパンガシナン(Pangasinan)州に移動した。翌24日には、地元の地方警察所属の医師3名と看護師1名、州病院の看護師1名、その他マッサージ師や自治体職員などの協力の下、パンガシナン州リンガイェン(Lingayen)町の、ワワ地区(Wawa)とアプラヤ地区(Aplaya)で医療支援活動と物資支援と炊き出しを行った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            支援活動を行ったワワやアプラヤは、被害が大きかった地域にある地区であり、農村地帯。大部分で水は引いているものの収穫直前だった稲は全滅し、大きな被害となった。被災地に向かう車窓からは、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • フィリピン台風24号被災者に対する緊急支援活動開始 AMDA速報1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年10月22日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              AMDAでは21日に緊急支援の開始を決定し、本部から岩本看護師を派遣することとした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              10月18日にフィリピン・ルソン島東部のオーロラ(Aurora)州に上陸した台風24号は、上陸から3日間ルソン島上空に留まった。その影響を受け同島中部から北部にかけて広い範囲で水害が発生し、山間部では土砂崩れも多発するなど深刻な被害が発生している。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              22日のフィリピン国家災害対策本部の発表によると、およそ100万人が被災し、455以上の避難所に50万人近くが避難している

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • カリオペ医師(ルワンダ共和国) 研修終了報告会 開催

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年10月20日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                記者会見するカリオペ医師と永遠璃 マリールイズ氏

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                平成27年度岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業(研修員受入)の助成をうけ、来岡していたアフリカ、ルワンダ共和国、アキンティジェ・シンパ・カリオペ医師(写真右)の研修が終了するのを前に、10月14日AMDA本部で報告記者会見を行いました。会見には、「ルワンダの教育を考える会」、理事長の永遠璃(とわり) マリールイズ氏(同左)も同席しました。尚、マリールイズ氏は、1994年ルワンダの内戦当時、AMDAがルワンダ難民キャンプで緊急医療支援事業を行った際、ローカルスタッフとして医療チームの日本語通訳業務にあたりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 第41回 備芸会展 AMDAパネル展同時開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年10月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  下記のとおり開催されます。同時にAMDAのパネル展示など予定しています。日時:10月21日(水)〜25日(日)場所:岡山・天満屋6F葦川会館AMDAの軌跡パネル展も行っています。会場には募金箱が設置されています。また、期間中スタッフが常駐しておりますのでお気軽にお声掛けください準備中の様子

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ラオス農業視察報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年10月20日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    9月7日ラオス首都ヴィエンチャンからバスで40分ほどのタゴーン近郊にある
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    クリーン農業開発センター(Clean Agriculture Development Center)をアムダグループ代表菅波とフードプログラムスタッフ浅田他1名が視察訪問しました。ここを訪問することにした理由は、JICAのプロジェクトでアムダ野土路農場もある岡山県新庄村に農業視察に訪問していたラオスの人たちが勤めており、是非見学に来てくださいと言ってくれたことから始まります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    クリーン農業開発センターの代表であるセンケオ氏からプロジェクトについての説明を受けました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    LPPA(Lao pilot program in Asia)というプロジェクトに取り組んでおり、Organic(有機農業)5haとGAP(Good Agriculture Practice)12haの二つの圃場があります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • AMDA 徳島県と、国際医療支援に向けて連携協定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年10月09日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      10月8日、AMDAは国際医療支援に向けて、「国際的な医療救援活動に関する協定書」の調印を徳島県飯泉嘉門知事との間で取り交わしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      徳島県とは本年2月、「南海トラフ巨大地震等における災害時協定」を締結しています。今年5月ネパール地震被災者緊急医療支援活動時に、徳島県より、血圧計30台、聴診器30台、パルスオキシメーター(血中の酸素飽和度測定器)5台を提供いただき、派遣チームが現地に持ち運んだ実績があります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール地震に対するAMDA多国籍医療ミッションの報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年10月07日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        モハメド・フマユン・アランギール医師(AMDAバングラデシュ)から報告が届きました

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2015年4月25日午前11:55、ネパールで発生したマグニチュード7.8の地震は8,500人以上の命を奪い、2万2000人以上の人が負傷した。それを受け、AMDAは、その「相互扶助」の精神の下に多国籍医療チームの派遣を決定、私は、AMDAバングラデシュからその活動に参加した。AMDAネパール支部が指揮を取り、数週間にわたってAMDA多国籍医療支援活動(AMMM)が複数の被災地で実施され、私はヌワコット郡カビラス、ゴルカ郡パンドルンドゥラリとマホリヤで活動した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • コープフェスタ2015 出展報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年10月05日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          生活協同組合主催の「コープフェスタ2015」に、AMDAとしてブース出展させていただきました。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          このイベントは、おかやまコープの組合員の方、職員、関係メーカーや国際協力支援団体など
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          平素おかやまコープと関わりの深い皆様と来場者との交流を第一に食を中心としたイベントです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • マリノ村有機農業技術移転プログラム 2015年技術指導中間報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年10月01日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAでは2011年からアジアへの有機農業技術移転を目的としたAMDAフードプログラムに取り組んでいる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            このフードプログラムの実践圃場の一つであるインドネシアスラウェシ島マリノ村に、2015年5月から9月まで約4か月に渡り、農業技術者であるAMDAスタッフ1名を派遣し、技術指導にあたった。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            活動全体を振り返った報告を以下に紹介する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            前半の活動報告⇒マリノ村有機農業技術移転プログラム 2015年技術指導中間報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 「AMDAの連携協力に関する協定書」調印式の施行

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年09月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              2015年9月12日、総社市のサントピア岡山総社で「第2回AMDA南海トラフ地震対応プログラム調整会議」に先だち、輸送分野の包括連携を目的とした「AMDAの連携協定に関する協定書」の調印式が、両備ホールディングスと牛窓ヨットクラブとの間で取り交わされました(写真左から両備ホールディングス代表取締役専務の原雅之さま、菅波代表、牛窓ヨットクラブ副会長の磯部洋行様)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              これは南海トラフ地震が発災し、瀬戸大橋が通行不能になった場合を想定した海上ルートを確保するためのもの。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDAフードプログラム 野土路農場(新庄村)収穫祭開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年09月29日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                新庄村野土路地区にある「AMDA野土路農場」での毎年恒例の稲刈り体験と収穫祭が、2015年9月26日に約20人が参加して行われました。「AMDA野土路農場」は、アジアへの有機農業の普及・啓発を目的に2012年から始まった取り組み。アヒルを使った無農薬でコシヒカリなどの米と野菜の栽培を行っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                午前8時に岡山駅西口をバスで出発した参加者は、10時ごろ新庄村の野土路農場に到着しました。農場長の稲田泰男さんは「今年は8月に雨が続いたものの稲の生育は良好」と話された後、稲刈りの説明を受けた参加者は、鎌を手に早速稲刈りに挑戦。前日の雨で

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 研修員ふれあい講座 開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年09月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  岡山県の国際貢献事業「ローカル・トゥ・ローカル2015」の助成を受けて、8月17日より来岡されているカリオペ医師。「ルワンダに学校健診を導入する」という目標の下、岡山で日本の学校健診の仕組みや母子保健について研修を受けていらっしゃいます。この度、研修員のカリオペ先生から母国ルワンダ共和国についてお話を伺うイベントが開催されます。映画「ホテル・ルワンダ」などで知られる大虐殺の歴史から一変して、経済発

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 第2回AMDA南海トラフ地震対応プログラム調整会議開催報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年09月28日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    2015年9月12日、総社市のサントピア岡山総社で「第2回AMDA南海トラフ地震対応プログラム調整会議」を開催。県内外の自治体関係者、医療機関や企業など多方面から約170人が出席しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今回は6月27日に香川県丸亀市で開催された第1回目の会議を受け、実際に南海トラフが発災した時の具体的な進捗状況や課題、今後の取り組みが各関係団体から発表されました。中でも特に、大規模な津波被害が予想される高知県黒潮町と徳島県美波町のモデルケースでは、AMDAが活動する拠点病院の

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ルワンダ医師研修事業 受入れ報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年09月25日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業の助成を受け、アフリカのルワンダより、カリオペ・シンバ・アキンティジェ医師(ルワンダ政府保健省付属公立病院ミビリジ郡病院長)が8月17日より10月19日の予定で岡山県内で研修を行っている。この研修の大きな目的は、児童と幼児の健康状態の改善と、健康保持増進を目指すために、学校教育現場で、健康診断を継続的、かつ定期的に行うことで、包括的な学校保健の取り

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • AMDA東日本復興支援「第11回復興グルメF−1大会in南三陸」ボランティアバス運行と参加者募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年09月24日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        11月15日に「第11回復興グルメF-1大会」を宮城県本吉郡南三陸町(場所:南三陸町スポーツ交流村:ベイサイドアリーナ)で開催します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        これはAMDAが東日本復興支援事業の一環として行っている「被災地間交流事業」の一つです。本大会の開催に伴って、前日の会場準備および当日の運営をお手伝いしてくださるボランティアスタッフを募集します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • 第3回国際医療貢献フォーラム開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年09月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          このたびAMDAでは、岡山県とともに「第3回国際医療貢献フォーラム」を下記の要綱で開催することになりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          第3回となる今回は「アジアの医療水準の実績と求められる医療協力における産学官連携の可能性」と題し、各界の取り組みや報告など具体的な事例を踏まえ、活発な意見交換が期待されます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 本部勤務職員およびインターン募集のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年09月18日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAでは本部職員1名、本部インターン1名をそれぞれ募集します。 本部勤務職員に関する募集内容■職種本部事務局職員および緊急時派遣調整員■職務内容各種事業の本部での調整業務。■資格看護資格を有することが望ましい■採用時期11月1日(これより早い時期の採用もあり得ます)■処遇当法人の規定に準拠。社会保険、雇用保険加入。■応募書類履歴書(和文、英文)写真付、志望動機書(和文、英文各A4-1

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 総社市・AMDA合同プロジェクト 北関東豪雨災害 緊急支援活動 速報4

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年09月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              12日午前に総社市を出発し、栃木県日光市に到着した総社市・AMDA合同医療チームは、2日間に渡る日光市での支援活動を終えて、13日夕方栃木県鹿沼市役所へ移動。鹿沼市での支援活動に備えて、同日夕方に追加の支援物資として、現地で不足している土嚢、スコップ、デッキブラシ、ヘッドライトなどを購入した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              市内を流れる武子川が氾濫し、床下浸水の家屋が多くあり、13日夜の時点で2か所の避難所が開所されていた。避難所生活が長期化しないよう、全国から集まったボランティアなどの協力を受け、被災した家屋の土砂の掻き出しなどが12日から続けられているという。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • おかやま国際塾5期生、ベトナム海外研修

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年09月15日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                2015年度「おかやま国際塾(注)」に参加した第5期生3人は、8月18日〜25日、ベトナムの首都・ホーチミン市と、約120km東南のバリア=ブンタウ省を訪問。バリア=ブンタウ大学、ホーチミン師範大学といったベトナムの大学生らとともに様々な実践活動を通じて国際貢献について理解を深めた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                5年目となる今年度のテーマは「平和のために自分たちの立場でできることは何か?」。おりしも2015年は、日本は第二次世界大戦終結から70年、ベトナムはベトナム戦争終結40年という節目の年にあたる。これを受けて塾生は6月7日の開校式から3ヶ月間、ベトナムの文化、歴史、ベトナム戦争について学びつつ、現地の学生と具体的な現地での活動の調整を進めてきた。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 総社市・AMDA合同プロジェクト 北関東豪雨災害 緊急支援活動 速報3

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年09月13日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  チーム5人一行は本日朝、日光市災害対策本部を尋ねて情報確認を行った。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  日光市栗山の芹沢地区は福島県との県境に位置し、生活圏としては福島県よりの地域である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回の雨で福島側から入る道路は寸断されており、残された日光市側から入る道路も雨で通行不可能となり孤立する恐れがある為、避難指示が出された。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 総社市・AMDA合同プロジェクト 北関東豪雨災害 緊急支援活動 速報2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年09月12日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    本日12日予定通り空路で岡山を出発したAMDA・総社市合同チームは、羽田到着後、新幹線で宇都宮に到着。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    宇都宮からは、AMDA看護師の山河看護師がチームに合流し、総社市職員3人、AMDA調整員1人、看護師1人の計5人で、レンタカーを利用して、日光市役所に到着した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 総社市・AMDA合同プロジェクト 北関東豪雨災害 緊急支援活動

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年09月11日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      台風18号から変わった温帯低気圧の影響で、栃木県を中心とした北関東や東北地方で豪雨による家屋の浸水や堤防決壊、土砂災害が発生している。特に鬼怒川の堤防が決壊した栃木県の被害は甚大で、上流部の日光市でも、10日午前10時半すぎに、同市板橋で駐車場に面した斜面の土砂が崩れ、男性が巻き込まれたという通報や、県は10日15時現在でのまとめでは、土砂災害は30件を確認した模様である。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ネパール地震後 トリブバン大学教育学院(TUTH)・AMDA合同アウトリーチプログラムを見学して    K医師

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        公開日:2015年09月11日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         AMDAネパール復興支援プロジェクトのフィールドに見学に訪れた日本人医師K氏から、フィールドで感じたことなどのレポートが届きました。以下に紹介させていただきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        災害医療の現場を見学したいと思った私達は、震災後のネパールに入り、AMDAの復興支援の一つであるトリブバン大学教育病院と合同のアウトリーチクリニックを見学する機会を得た。そこで実際に見て、感じたことなどを報告する。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         1日目はネパールの首都であるカトマンズから見学先の仮設病院があるチャウタラへ移動した。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         被災地を目にした印象として、建物の損壊はまだ見られるが、生活は通常通りに近付いてきているのではないかと感じた。ライフラインも復旧し、復興作業が進んでいたり、子供たちを中心に笑い合っていたりした。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • モンゴル国視能訓練技術移転プラン事業 実施報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          公開日:2015年09月09日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          AMDAは2010年から毎年モンゴルへ日本から専門家を派遣して子どもの目の健康に焦点をあてたセミナーや検診等等の事業をおこなってきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          本年度は2015年8月26日からの3日間、岡山県国際貢献ローカル・トゥ・ローカル技術移転事業としての助成を受け、川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科、視能矯正専攻教授 高裕子先生ならびに視能訓練士協会 顧問 守田好江先生、モンゴル眼科協会、City Optic (ウランバートル市内眼鏡店)の協力を得て、子どもの目の健康に焦点をあてた健診活動を実施しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ハイチ大地震 復興支援事業 第4・5回無料歯科診療を実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            公開日:2015年09月05日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            AMDAは2010年のハイチ大地震で被災した地域への復興支援を継続しています。2015年AMDAハイチ支部は第4回無料歯科検診事業を1月31日にフォンデネグ市のサルベーション・アーミー病院、第5回を9月4日にアカン市のボッソ文化センターでそれぞれ実施しました。AMDAはこれまで2010年のハイチ大地震の被災者に様々な支援プログラムを行ってきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            1.    一年間にわたる義肢支援事業。AMDAが日本人義肢装具士をハイチに派遣し、災害で被害を受けた人々に義肢を製作し提供
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            2.    3年連続で実施されたスポーツ親善交流プログラム。ハイチ、隣国のドミニカ共和国、日本の中学生を招へいしサッカーの試合を開催
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            3.    義肢支援を受けた患者とその家族が集まるクリスマスを祝う会の実施
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            4.    定期歯科検診の実施

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 第2回 AMDA南海トラフ地震対応プログラム 調整会議開催のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              公開日:2015年09月04日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              現在AMDAでは今後起こりうる南海トラフ地震に備えて、基礎自治体および関係機関とともに医療支援を有効に実践するための準備プログラムとして「AMDA南海トラフ地震対応プログラム」を実施しております。第2回調整会議では、具体的な支援活動がイメージできるような避難所の情報共有、交通手段のイメージのほか、関係機関による災害に向けた備えの進捗状況の共有などを予定しております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • AMDAフードプログラム 野土路農場(新庄村)収穫祭 参加者募集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                公開日:2015年09月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                アジアに有機農業を啓発・普及することを目的に2012年度からスタートしたAMDAフードプログラム(注)の有機米の収穫に合せて、「収穫祭」を以下の通り開催することとなりました。秋の日の一日を自然の中で楽しく過ごすこの企画に、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 総社市消防団 相馬市視察研修同行記

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  公開日:2015年09月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   2015年7月21日から22日までの日程で総社市消防団の大月亮消防団長以下15名、総社市消防本部出原巧消防長以下2名、総社市危機管理室小池初男室長以下2名の合計19名が相馬市消防団員との意見交換、防災備蓄倉庫の視察と野営訓練、被災地の復興状況の視察を目的として福島県相馬市を訪れました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   この視察では幾たびかの困難を乗り越え、今まさに復興を成し遂げようとしている相馬市の防災と復興の現状を認識することが出来ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ネパール中部地震 震災から4か月 母国ネパールを訪れて

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    公開日:2015年09月03日
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    4月25日に発災したネパール中部地震の支援活動に調整員として5月1日から被災地での活動を行っていたAMDAインターン アルチャナ ジョシ氏(ネパール出身)。研究事業の一環で8月15日から8月22日の日程でネパールを再訪しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    その際に支援物資として、日本からのデニムテントを持ち込み、寄贈することもできました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    震災から4か月たった、ネパールの様子を以下に報告を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • ネパールでの緊急医療支援  ラマチャンドラ・カマト先生からの報告書

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      公開日:2015年09月03日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       ネパールで発生した地震とそれに続く余震は、被災者だけでなくネパール政府にとっても救護や支援の点においてネパールに大きな負担となっていた。この不測の事態を支援すべく、日本やインド、カンボジア、フィリピン、バングラデシュといった多くの国のAMDA医療チームが現地へ急いだ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       AMDAネパール支部は被害が大きかった4つの地域での支援を行う計画を立てていた。私はそのうちの一つであるヌワコット地域のカビラッシュ村で、地域健康センターと協力して支援を行った。医療活動の中でよく見られた身体的な症状は、外傷、発熱、呼吸器系の感染症、ぜんそく、下痢、皮膚疾患、消化器疾患であった。